《聖クリシュナの神譚詩》 第一巻



目次
はじめに
凡例 
  第一章      聖者せいじゃシャウナカの懇請こんせい
  第二章      スータ 口伝くでん神譚しんたんを語り始める
  第三章      しゅ御姿みすがたとその化身けしん
  第四章      ヴィヤーサの熟慮じゅくりょ懊悩おうのう
  第五章      ナーラダ ヴィヤーサに神譚しんたん口伝くでんすすめる
  第六章      ナーラダ仙のちと帰融きゆうへの道
  第七章      ヴィヤーサ シュカに神譚しんたん伝授でんじゅする
  第八章      クリシュナとパーンダヴァ一族いちぞく
  第九章      ビーシュマの帰融きゆう
  第十章      主はドワーラカーへ帰還きかんさる
  第十一章    ドワーラカーでのクリシュナ神
  第十二章    パリークシットの誕生とホロスコープ
  第十三章    ドリタラーシュトラの開眼かいげん
  第十四章    ユディシュティラの懸念けねん
  第十五章    主の捨身しゃしんとパーンドゥ五兄弟の北帰行ほっきこう
  第十六章    ダルマの神と地母ぢぼ神との会話
  第十七章    パリークシットのぎょうせき
  第十八章    パリークシットの受難じゅなん
  第十九章    パリークシット シュカに教えを

付記 *ローマ字表記によるサンスクリット語原典
    *和訳 参考文献







《聖クリシュナの神譚詩》 第二巻


目次

















《聖クリシュナの神譚詩》 第三巻


目次
  第一章      ヴィドゥラとウッダヴァの 邂逅かいこう
  第二章      ウッダヴァはく語りたり
  第三章       の御事績を語り継ぐ
  第四章      それぞれの 立ち
  第五章      聖仙マイトレーヤ 聖知 を語り始める
  第六章      宇宙 体の成り立ち
  第七章      ヴィドゥラはプラーナのずいたずねる
  第八章      ブラフマー の誕生
  第九章      ブラフマー  宇宙 創始の秘を語る
  第十章      ブラフマー  十種の創造を語る
  第十一章   〔 〕の支配力
  第十二章    ブラフマー神による宇宙 創造
  第十三章    野猪やちょのカルパの成り立ち
  第十四章    ヒラニヤークシャ兄弟の出自しゅつじ
  第十五章    ヴァイクンタと二人の門番 
  第十六章    ジャヤとヴィジャヤの転落 
  第十七章  ディティ妃 双生児を 
  第十八章  ヒラニヤークシャ 主に戦いをいど
  第十九章  ヒラニヤークシャの帰融きゆう
  第二十章  ブラフマー神の被造物 
  第二十一章 聖カルダマは主から予言をける
  第二十二章 スワーヤンブヴァ マヌ始祖の聖績せいせき
  第二十三章 カルダマとデーヴァフーティの家住期 
  第二十四章 主 カピラの降臨 
  第二十五章 主カピラは母にバクティ ヨーガを 
  第二十六章 プラクリティからの開展 
  第二十七章 プルシャとプラクリティ 
  第二十八章 ヨーガ体系の詳細 
  第二十九章 バクティ ヨーガの行法とカーラ 
  第三十章  不正をしたジーヴァのき場所
  第三十一章 胎児の成長過程と人間(ジーヴァ)救済 
  第三十二章 主カピラは解脱に至る道を 
  第三十三章 デーヴァフーティの解脱げだつ





《聖クリシュナの神譚詩》 第四巻


目次
  第一章      スヴァーヤンブヴァ マヌの後裔こうえい
  第二章      シヴァとダクシャの軋轢あつれき
  第三章      許されぬサティー妃の帰省きせい
  第四章      シヴァ神の正妃せいひ サティーの捨身しゃしん
  第五章      ダクシャの誅殺ちゅうさつ
  第六章      ダクシャの供犠の破壊と再催行さいさいこう
  第七章      ダクシャは供犠を完遂かんすい
  第八章      難行苦行するドゥルヴァ
  第九章      ドゥルヴァに与えられし主の恩寵
  第十章      ドゥルヴァ王とヤクシャの戦い
  第十一章   マヌ始祖しそ ドゥルヴァをいさめる
  第十二章    ドゥルヴァは常世の郷に招かれる
  第十三章    ドゥルヴァ王の後裔 城を捨てる
  第十四章    ヴェーナ王の罪と罰
  第十五章    化身プリトゥの降臨と戴冠
  第十六章    プリトゥ王への賛辞さんじ
  第十七章  プリトゥ王は大地の女神を殺さんとする
  第十八章  大地の女神の献身とプリトゥ王の治世ちせい
  第十九章  プリトゥ王の百馬供犠ひゃくばくぎ
  第二十章  主はプリトゥに 治世ちせいすべを伝授さる
  第二十一章 プリトゥ王の教説
  第二十二章 神仙クマーラ プリトゥに解脱の真髄を説く  
  第二十三章 プリトゥ王の帰融
  第二十四章 シヴァは主への賛歌を王子等に伝授さる
  第二十五章 ナーラダ仙(プラーチーナバリ国王に)昔話を聞かせる
  第二十六章 プランジャナ 狩猟の規矩を破る
  第二十七章 プランジャナ王 悦楽の前半生と神の摂理
  第二十八章 プランジャナの本当の姿とは?
  第二十九章 ナーラダ仙 プラーチーナバリに秘法伝授
  第三十章  プラチェータスに俗世で生きる知が授けらる
  第三十一章 至上主にまみえるすべ






《聖クリシュナの神譚詩》 第五巻


目次
  第一章      プリヤヴラタの大偉業
  第二章      後継こうけい望む アーグニードラ
  第三章      主は ナービ王の嗣子ししとて降臨さる
  第四章      リシャバの治世ちせい
  第五章      リシャバは 息子達に真理を説く
  第六章      リシャバは神通力を否定さる
  第七章      バラタ王の供犠と献身
  第八章      バラタは鹿に転生さる
  第九章      バラタ仙 最後の転生てんせい
  第十章      バラタとラフーガナとの遭遇そうぐう
  第十一章    バラタ ラフーガナ王に教示さる
  第十二章    バラタ 王の質問に答えらる
  第十三章    バラタは森の暮らしで人生を比喩ひゆする
  第十四章    バラタの偉業
  第十五章    プリヤヴラタの後裔譚こうえいたん
  第十六章    七大陸の中心
  第十七章    聖ガンガーの降下とシヴァ神の讃歌
  第十八章    ヴァルシャの支配者達による 主への讃美
  第十九章    シュカは ジャンブー大陸の教説を終えられる
  第二十章    他に六つある 大陸の説明
  第二十一章 太陽神の馬車とその移動
  第二十二章 惑星の位置とそのかかわ
  第二十三章 イルカの姿で具象されし天空
  第二十四章 ラーフの影響・七つの地下世界
  第二十五章 地界の根底に住む〔アナンタ〕とは
  第二十六章 地獄界の様相ようそう



Copyright (C) 2010 V.K.K. All Rights Reserved.