九章 ドゥルヴァに与えられし主の恩寵

第九章【ドゥルヴァに与えられし主の恩寵】



maitreya uvaca
ta evam utsanna-bhaya urukrame
krtavanamah prayayus tri-vistapam
sahasrasirsapi tato garutmata
madhor vanam bhrtya-didrksaya gatah
9-1





マイトレーヤは述べられり
「斯くの如くに神々は 御主に恐怖 除かれて
感謝の拝を捧げると 急ぎ各地に帰りたり
御主みすもドゥルヴァに会わんとて
マドゥヴァナなる森林へ ガルダに乗りて飛翔ひしょうさる



sa vai dhiya yoga-vipaka-tivraya
hrt-padma-kose sphuritam tadit-prabham
tirohitam sahasaivopalaksya
bahih-sthitam tad-avastham dadarsa
9-2




然りし時もドゥルヴァは 主を瞑想し沈思せり
その時突如フリダヤに 強き光輝がりて
蓮のうてなしたもう 人の姿が顕れり
はっと息呑む間もなくて そは消滅し 驚きて
目を見開けば直前に 立つその姿 見い出せり



tad-darsanenagata-sadhvasah ksitav
avandatangam vinamayya dandavat
drgbhyam prapasyan prapibann ivarbhakas
cumbann ivasyena bhujair ivaslisan
9-3



驚愕したるドゥルヴァは 地にぬかずきて礼拝し
目前にある御足おみあしに 思わずくちを触れにけり
主を仰ぎ見し少年は そのかんばせや首や腕
瞳のなかに御姿みすがたを 吸い込むごとく凝視ぎょうしせり


127

九章 ドゥルヴァに与えられし主の恩寵


sa tam vivaksantam atad-vidam harir
jnatvasya sarvasya ca hrdy avasthitah
krtanjalim brahmamayena kambuna
pasparsa balam krpaya kapole
9-4




いまだ幼きドゥルヴァは 主への礼節 讃美など
何一つとて知らざれば 為すすべもなく呆然ぼうぜん
ただ合掌し膝まずき 御主みすを見上げるばかりなり
すべて周知しゅうちの至上主は 御手みてに持たれし法螺貝で
さも愛し気に少年の ひたいをそっと撫でられり



sa vai tadaiva pratipaditam giram
daivim parijnata-paratma-nirnayah
tam bhakti-bhavo 'bhyagrnad asatvaram
parisrutoru-sravasam dhruva-ksitih
9-5




主への讃美の言葉こそ 即座に声で出せずとも
ドゥルヴァはすでに至上主の その本質を知覚せり
やがて御主みすより恒星の 守護者の任を与えらる
卓越したるドゥルヴァは
御主おんしゅの愛の一触いっしょくで 珠玉しゅぎょくの讃歌ほとばし



dhruva uvaca
yo 'ntah pravisya mama vacam imam prasuptam
sanjivayaty akhila-sakti-dharah sva-dhamna
anyams ca hasta-carana-sravana-tvag-adin
pranan namo bhagavate purusaya tubhyam
9-6





斯くてドゥルヴァは讃美せり
〈おお至上主よ御身様おみさまの 内にけたるこの吾は
まるで死したる者のごと 言葉も息も他も要らず
ただ 恍惚こうこつに浸りたり されど宇宙の大霊たいれい
御主みすの内部の御力みちからで 今やおのれ四肢ししや肌
気息や言葉 聴く力 全てが蘇生そせいいたしたり
おお偉大なる至上主に 帰命頂礼奉る

128

九章 ドゥルヴァに与えられし主の恩寵


ekas tvam eva bhagavann idam atma-saktya
mayakhyayoru-gunaya mahad-ady-asesam
srstvanuvisya purusas tad-asad-gunesu
naneva darusu vibhavasuvad vibhasi
9-7




唯一者ゆいいっしゃなる至上主は 火が 木によりて様々に
姿を変化させるごと マーヤーシャクティ駆使くしなされ
多様な姿 顕さる 最初に生みしマハト(宇宙卵)から
三つのグナの要素にて 創造されし有限の
人の内部(フリダヤ)しまして 〔照覧者〕とて支配さる




tvad-dattaya vayunayedam acasta visvam
supta-prabuddha iva natha bhavat-prapannah
tasyapavargya-saranam tava pada-mulam
vismaryate krta-vida katham arta-bandho
9-8




根源主なる御方おかたより 与えられたる聖知にて
ブラフマー神は覚醒し 御主みすの御意思を完璧に
うつして宇宙創始さる しかして造物ぞうぶつされし者(被造物なる人間)
すべてが御主みす御足おみあしに りて荒海あらうみ(有限の人生)渡るなり
おお至上主よ 願わくば 吾に御慈悲を与えませ




nunam vimusta-matayas tava mayaya te
ye tvam bhavapyaya-vimoksanam anya-hetoh
arcanti kaipaka-tarum kunapopabhogyam
icchanti yat sparsajam niraye 'pi nrnam
9-9




主こそは如意樹にょいじゅ(願望を叶える樹)それゆえに
マーヤーによる幻力で 知性失くせし諸人は
ただ感覚の喜びを 得る為 そして死の恐怖
逃れん為に礼拝し 解脱を願う者はなし



129

九章 ドゥルヴァに与えられし主の恩寵


ya nirvrtis tanu-bhrtam tava pada-padma-
dhyanad bhavaj jana-katha-sravanena va syat
sa brahmani sva-mahimany api natha ma bhut
kim tv antakasi-lulitat patatam vimanat
9-10




あちらこちらを逍遥しょうようし やがて死のけん 振るわれて
棺架かんかに入る者達の 道化どうけし話 聞くよりも
寂静の気に満たされし 至福の権化ごんげ 御身様の
蓮華の御足みあし崇拝し 御主おんしゅ讃える赤心の
真の帰依者に主の事績 聴聞をこそ願うなり



bhaktim muhuh pravahatam tvayi me prasango
bhuyad ananta mahatam amalasayanam
yenanjasolbanam uru-vyasanam bhavabdhim
nesye bhavad-guna-kathamrta-pana-mattah
9-11




おお無限なる至上主よ 絶えず御主を崇拝し
無垢むくで純なる主の帰依者 かかる聖なる方々と
何卒吾に良きえにし 結びたまえと願うなり
しかして御主みすの本質や 御事績ごじせきなどのアムリタを
夢中で飲みて味わえば この物質の荒海を
渡り切る夢 叶うらん 何卒ご縁 与えませ



te na smaranty atitaram priyam isa martyam
ye canv adah suta-suhrd-grha-vitta-darah
ye tv abja-nabha bhavadiya-padaravinda-
saugandhya-lubdha-hrdayesu krta-prasangah
9-12




御主みすの蓮華の御足おみあしの 芳香ほうこう聞きし帰依者等は
有限の肉体や息子等や 家 富 妻や友人に
執着 未練無くなりて 唯フリダヤに御主みす
ひたすら思い 慕うらん 吾もそれらをならいたし



130

九章 ドゥルヴァに与えられし主の恩寵


tiryan-naga-dvija-sarisrpa-deva-daitya-
martyadibhih paricitam sad-asad-visesam
rupam sthavistham aja te mahad-ady-anekam
natah param parama vedmi na yatra vadah
9-13




おお不生なる至上主よ 御主おんしゅ具象ぐしょうなされたる
宇宙卵(マハト)より造られし 動物 樹木じゅもく 爬虫類はちゅうるい
鳥や神々悪魔とか 死する定めの人間が
種々様々な姿とり 顕現したる現象の
吾はその理を知らざりき おお万有ばんゆうの支配者よ



kalpanta etad akhilam jatharena grhnan
sete puman sva-drg ananta-sakhas tad-anke
yan-nabhi-sindhu-ruha-kancana-loka-padma-
garbhe dyuman bhagavate pranato 'smi tasmai
9-14




カルパが終えしその時に 宇宙のすべて至上主の
たいの内へとけ入りぬ しこうして主は原海に
浮かびて揺れるアナンタに たいゆだねて静態せいたい
夜をゆったり過ごされる やがて黎明れいめい おとなうと
御主みすほぞから蓮花はすばなが 伸びてブラフマー(神)誕生す
おお最高の至上主よ 吾は崇敬奉る



tvam nitya-mukta-parisuddha-vibuddha atma
kuta-stha adi-puruso bhagavams try-adhisah
yad-buddhy-avasthitim akhanditaya sva-drstya
drasta sthitav adhimakho vyatirikta asse
9-15




最高我なる至上主は 永遠不滅 無碍自在むげじざい
純白にして穢れなく 全智全能 無比むひなりき
六富ろっぷに満ちし御方おんかたで 全三界(地・空・天)御主おんしゅなり
超越的な眼光がんこうで すべての物を見通され
宇宙を維持し護るため 供犠を何より喜ばれ
常世とこよさと(ヴァイクンタ)しまする

131

九章 ドゥルヴァに与えられし主の恩寵


yasmin viruddha-gatayo hy anisam patanti
vidyadayo vividha-saktaya anupurvyat
tad brahma visva-bhavam ekam anantam adyam
ananda-matram avikaram aham prapadye
9-16




理解を超える諸行為や 聖知を始め様々な
力を示す至上主よ 始めも無くて終わりなき
永久とわに不変の至福者で ただ 一つなる根源主
斯くも尊き至上主に 帰命頂礼奉きみょうちょうらいたてまつ




satyasiso hi bhagavams tava pada-padmam
asis tathanubhajatah purusartha-murteh
apy evam arya bhagavan paripati dinan
vasreva vatsakam anugraha-kataro 'sman
9-17




御主みすの蓮華の御足おみあしを あがむ帰依者に真実の
行くべき道を示されて 導き給う御方おんかた
吾の如くに意志弱く 挫折ざせつしやすき者達を
子牛育てる親牛の 慈愛のごとき優しさで
<是非に導き賜れ>と 伏して哀願奉る〉」




maitreya uvaca
athabhistuta evam vai
sat-sankalpena dhimata
bhrtyanurakto bhagavan
pratinandyedam abravit
9-18





マイトレーヤは述べられり
「斯くの如くにドゥルヴァに 讃美されたる至上主は
その純粋で聡明な 帰依者の心 でられて
言葉を返し 語られり




132

九章 ドゥルヴァに与えられし主の恩寵


sri-bhagavan uvaca
vedaham te vyavasitam
hrdi rajanya-balaka
tat prayacchami bhadram te
durapam api suvrata
9-19





聖バガヴァーン のたまわく
『おお王族(クシャトリヤ)貴公子きこうし
そちの心につちかいし 強き決意をあれは知る
行い難き苦行して 心澄みたる少年よ
あれそなたに幸福を 与えることを約すなり




nanyair adhisthitam bhadra
yad bhrajisnu dhruva-ksiti
yatra graharksa-taranam
jyotisam cakram ahitam

medhyam go-cakravat sthasnu
parastat kalpa-vasinam
dharmo 'gnih kasyapah sukro
munayo ye vanaukasah
caranti daksini-krtya
bhramanto yat satarakah
9-20・21















おお吉兆の貴公子よ なれには他とはことなれる
ドゥルヴァローカ(北極星)を与えなん
車の心棒しんぼうさながらに 惑星 星座 恒星が
巡るが如く見える星

しこうしてまたその星は 明るく光り輝きつ(二等星)
ブラフマー神の一日(昼と夜=2カルパ)を 生きる者より長く生き
ダルマやアグニ カシュヤパや シュクラや偉大な聖仙や
隠者や森に住む者が 敬う人を右にして 巡るがごとく
そしてまた 杭の周りを牛たちが 廻り続ける様のごと
天に輝く星々が ドゥルヴァローカを回るらん


133

九章 ドゥルヴァに与えられし主の恩寵


prasthite tu vanam pitra
dattva gam dharma-samsrayah
sat-trimsad-varsa-sahasram
raksitavyahatendriyah
9-22




ウッターナパーダ父王は 森へ隠遁いんとんする時に
後継者とて其の方に 国のすべてを与うらん
そちはダルマに従いて 感覚器官調整し
三万六千年という 長き統治をするならん




tvad-bhratary uttame naste
mrgayayam tu tan-manah
anvesanti vanam mata
davagnim sa praveksyati
9-23




なれ義兄弟きょうだいウッタマは 森へ狩猟しゅりょうに出たときに
死する運命さだめと知るべけれ 彼を溺愛せし母(スルチ)
悲嘆にくれて錯乱さくらんし 息子探して森に
火に包まれて焼死する




istva mam yajna-hrdayam
yajnaih puskala-daksinaih
bhuktva cehasisah satya
ante mam samsmansyasi
9-24




あれを満足させるには 供犠の施行せこういちなりき
故にそなた豊饒ほうじょうな 供物を供え謝礼して(バラモンに)
あれを崇拝すべきなり
さすれば御身おみはこの世にて 恩寵をけ満ち足りて
やがて死の時きたるなば あれを心にむかえなん




134

九章 ドゥルヴァに与えられし主の恩寵


tato gantasi mat-sthanam
sarva-loka-namaskrtam
uparistad rsibhyas tvam
yato navartate gatah
9-25




而して後にほうは が住む界に至るらん
すべての界の者達が 崇敬捧ぐ七人の
リシ達が住む星(北斗七星・大熊座)よりも
更に気高き星(北極星・小熊座)に行き 再び地には戻るまい』」





maitreya uvaca
ity arcitah sa bhagavan
atidisyatmanah padam
balasya pasyato dhama
svam agad garuda-dhvajah
9-26





マイトレーヤは述べられり
「斯くの如くに至上主は 崇敬捧げ讃えたる
ドゥルヴァの至誠 受け取られ 常世の郷を約束し
呆然ぼうぜんとして立ち尽くす 彼を見やりつ ガルダにて
おのさとへと帰られり




so 'pi sankalpajam visnoh
pada-sevopasaditam
prapya sankalpa-nirvanam
natiprito 'bhyagat puram
9-27




御主みすの蓮華の御足おみあしに 崇拝 讃美 奉仕して
願いが全て成就した ドゥルヴァなれども何ゆえか
あまり喜悦のさまもなく 父の城へと帰りたり」





135

九章 ドゥルヴァに与えられし主の恩寵


vidura uvaca
sudurlabham yat paramam padam harer
mayavinas tac-caranarcanarjitam
labdhvapy asiddhartham ivaika janmana
katham svam atmanam amanyatartha-vit-
9-28





ヴィドゥラは斯く問いしなり
「真理よく知る賢明な 神童しんどうであるドゥルヴァが
得難き御主みす御足おみあしを 拝して恩寵けたるに
なぜに心が屈託くったくし 満足できぬ仕儀しぎなりや?」



maitreya uvaca
matuh sapatnya vag-banair
hrdi viddhas tu tan smaran
naicchan mukti-pater muktim
tasmat tapam upeyivan
9-29





マイトレーヤは述べられり
「継母によりてはなたれし 暴言により傷つきし
心の痛手消えぬのを 至上主によりいやされて
その喜びが先行し こいねがうべきムクティ(解脱)
祈願せざりし後悔が 彼の心を責めるゆえ



dhruva uvaca
samadhina naika-bhavena yat padam
viduh sanandadiya urdhva-retasah
masair aham sadbhir amusya padayos
chayam upetyapagatah prthan-matih-
9-30





ドゥルヴァは斯くて思索せり
御主みすの蓮華の御足に 一意専心いちいせんしん奉仕ほうしして
つきの苦行にて 御主みすまみゆる 栄得たり
しかれど吾の信仰は 二元にげんした浅きもの
絶対的な禁欲者 サナンダ達(四兄弟)三昧さんまい(サマーディ)
一度の生で達しえぬ まこと至難の境地なり


136

九章 ドゥルヴァに与えられし主の恩寵


aho bata mamanatmyam
manda-bhagyasya pasyata
bhava-cchidah pada-mulam
gatva yace yad antavat
9-31




ああ愚昧ぐまいなるこの吾は 蓮華の御足みあし崇戴すうたい
物質的な存在を 断ち切る機会 得たるのに
有限である人の世の 権威や欲や成功を
御主おんしゅに祈願したるなり ああなんというおろかさよ




matir vidusita devaih
patadbhir asahisnubhih
yo narada-vacas tathyam
nagrahisam asattamah
9-32




敬虔けいけん思惟しい 堕落だらくさす アスラに負けしこの吾は
偉大な聖者ナーラダに 教えられたる真実を
理解できずに 世俗での よこしまごとが脳裏占め
事もあろうにムクティを 祈願すること忘れたり





daivim mayam upasritya
prasupta iva bhinna-drk
tapye dvitiye 'py asati
bhratr-bhratrvya-hrd-ruja
9-33




最高神の幻力で 眠りに落ちし者のごと
判断力を奪われて わが半分の兄弟(ウッタマ)
他人のごとく錯覚さっかくし 仇敵きゅうてきとみて憎みたり
ああこの一時いっときの感情を 吾は激しくいるなり





137

九章 ドゥルヴァに与えられし主の恩寵


mayaitat prarthitam vyartham
cikitseva gatayusi
prasadya jagad-atmanam
tapasa dusp rasadanam
bhava-cchidam ayace 'ham
bhavam bhagya-vivarjitah
9-34







おこながたき苦行して 至高の御主みすに御褒美を
戴きたるにこの吾は <輪廻の鎖 解かれよ>と
祈願すべきを ああなんと 寿命が尽きし者のため
無用な治療するごとく 有限の世の幸福を
強く願いし蒙昧もうまいを 犯せし吾を如何いかんせん



svarajyam yacchato maudhyan
mano me bhiksito bata
isva rat ksina-punyena
phali-karan ivadhanah
9-35




御主おんしゅは吾の本願ほんがん(解脱)を “与えなん”との御意ぎょいなのに
愚鈍ぐどんな吾は うかつにも 富裕な王に乞食こつじき
屑米くずまいさまに似て 泡沫うたかたのごと繁栄を
懇請こんせいしたる愚かさを…》」



maitreya uvaca
na vai mukundasya padaravindayo
rajo jusas tata bhavadrsa janah
vanchanti tad-dasyam rte 'rtham atmano
yadrcchaya labdha-manah-samrddhayah
9-36





マイトレーヤは述べられり 「親しみ愛すヴィドゥラよ
御身おんみの如くムクンダ(クリシュナ)に 唯ひたすらに奉仕して
蓮華の御足あしの塵のみを あじわいたしと請う者は
自然に享けし物のみに 心を満たし喜悦する
彼の如くに強烈に 望む境地は解るまい



138

九章 ドゥルヴァに与えられし主の恩寵


akarnyatma jam ayantam
samparetya yathagatam
raja na sraddadhe bhadram
abhadrasya kuto mama
9-37




ウッターナパーダ大王は “死せる息子が帰る”との
知らせ受けれどがえんぜず 《死にたる者が戻るなど
在るべきことで無かりけり まして悪事を働きし
吾に左様な幸運が 訪れること 有り得無し》



sraddhaya vakyam devarser
harsa-vegena dharsitah
varta-hartur atiprito
haram pradan maha-dhanam
9-38




次の瞬間大王は 偉大な聖者ナーラダが
明言めいげんされし文言もんごんを 思いて歓喜 高揚こうよう
“息子の帰宅”真実と 確信したる大王は
その喜びをもたらした 使者に真珠を与えたり



sad-asvam ratham aruhya
kartasvara-pariskrtam
brahmanaih kula-vrddhais ca
paryasto 'matya-bandhubhih
sankha-dundu bhi-nadena
brahma-ghosena venubhih
niscakrama purat turnam
atmajabhiksanotsukah
9-39 ・40










帰り来る息子をいち早く <見たし>と王は興奮し
金の細工さいくで飾られて 駿馬しゅんめける二輪車に
急ぎ飛び乗り 派手やかに ブラーフマナや家長等や
親族 大臣 役人に 取り囲まれて出かけらる
ケトルドラムや法螺貝や ヴェーダ詠誦えいじゅやフルートの
音色ねいろ響かせ大王は 城郭じょうかくでて 気もそぞろ


139

九章 ドゥルヴァに与えられし主の恩寵


sunitih surucis casya
mahisyau rukma-bhusite
aruhya sibikam sardham
uttamenabhijagmatuh
9-41




スニーティ妃やスルチ妃や そしてその他の王妃等と
義兄弟なるウッタマは 黄金造こがねづくりの輿こしに乗り
共に迎えに出向でむきたり



tam drstvopavanabhyasa
ayantam tarasa rathat
avaruhya nrpas turnam
asadya prema-vihvalah

parirebhe 'ngajam dorbhyam
dirghotkantha-manah svasan
visvaksenangh ri-samsparsa-
hatasesagha-bandhanam
9-42・43











森の彼方かなたにドゥルヴァの 姿見つけし大王は
急ぎ二輪車飛び降りて 息子目指して駆け寄りぬ

愛しき思い 込み上げて 抑えきれずに吾が腕で
息子をしかと抱きしめた 王はまなこを濡らしつつ
御主みすの蓮華の御足に 触れて祝福頂戴し
世俗のとがを断ち切りて 清らになりしわがそく
いだきしことで傷痕しょうこんが けて安堵あんどの息を吐く



athajighran muhur murdhni
sitair nayana-varibhih
snapayam asa tanayam
jatoddama-manorathah
9-44




悔恨かいこんの傷 癒されて 心満ちたる大王は
彼の額に何遍も 口づけをして抱きしめり
喜悦の涙 流れ落ち ドゥルヴァが沐浴できるほど


140

九章 ドゥルヴァに与えられし主の恩寵


abhivandya pituh padav
asirbhis cabhimantritah
nanama matarau sirsna-
sat-krtah saj janagranih
9-45




父から言葉かけられて 祝福されしドゥルヴァは
王の御足を崇拝し 次いで二人の母親に
頭を下げて挨拶し 優しき態度示したり




surucis tam samutthapya
padavanatam arbhakam
parisvajyaha jiveti
baspa-gadgadaya gira
9-46




足下そっかに伏せしドゥルヴァを スルチ(義母)きてかかえ上げ
涙ながらに斯く言えり 〈そなたの寿命長かれよ




yasya prasanno bhagavan
gunair maitry-adibhir harih
tasmai namanti bhutani
nimnam apa iva svayam
9-47




蓮華の如き至上主が そなたの美徳 喜ばれ
水が低きに流るごと すべての生きる者達が
自然に御身おみに敬礼を 捧げ敬うことあれ〉と




uttamas ca dhruvas cobhav
anyonyam prema-vihvalau
anga-sangad utpulakav
asraugham muhur uhatuh
9-48




ドゥルヴァはまたウッタマと 固く抱擁いたしたり
抱き合うことで二人とも 愛の思いが込み上げて
髪立つほどに感動し 涙 滂沱ぼうだと流れ落つ

141

九章 ドゥルヴァに与えられし主の恩寵


sunitir asya janani
pranebhyo 'pi priyam sutam
upaguhya jahav adhim
tad-anga-sparsa-nirvrta
9-49




みの母なるスニーティ わが命よりいとおしき
ドゥルヴァをしかと抱きしめり その触感しょっかんが今までの
苦悩の日々を一瞬に 忘却ぼうきゃくの瀬に流したり




payah stanabhyam susrava
netra jaih salilaih sivaih
tadabhis icyamanabhyam
vira vira-suvo muhuh
9-50




《“勇士の母”の称号を われに与えし息子よ…》と
いとしむ母の乳房から 乳が溢れて流れ出し
せきを切りたる喜びの 涙とともに両人を
しとどにらし そぼちたり




tam sasamsur jana rajnim
distya te putra arti-ha
pratilabdhas ciram nasto
raksita mandalam bhuvah
9-51




城郭に住む人々は スニーティ妃を祝福し
斯くの如くに讃えたり 〈長き年月としつき消息しょうそく
絶ちし王子が成長し 立派になりて帰り
やがて御身おんみ御子息ごしそくは 地球の苦難 取り除き
地上に幸をもたらして 全てを支配なさるらん





142

九章 ドゥルヴァに与えられし主の恩寵


abhyarcitas tvaya nunam
bhagavan pranatarti-ha
yad-anudhyayino dhira
mrtyum jigyuh sudurjayam
9-52




成長したる御子息ごしそくが 崇拝したる至上主は
帰依する者の困難を 即座に除く御主なり
偉大な聖者 聖仙も 主を絶え間なく瞑想し
打ち勝ち難き死でさえも 超えて楽土らくどへ着きしとか〉




lalyamanam janair evam
dhruvam sabhrataram nrpah
aropya karinim hrstah
stuyamano 'visat puram
9-53




斯くの如くに人々の 賞賛受けしドゥルヴァと
その兄弟のウッタマを 雌象の背に座らすと
ウッターナパーダ大王は すぐうしろから二輪車で
威風堂々都への 道を行進なされたり





tatra tatropasanklptair
lasan-makara-toranaih
savrndaih kadali-stambhaih
puga-potais ca tad-vidhaih
9-54




都のなかの彼方此方あちこちに 光り輝く塔門とうもん
マカラ(カーマ神の象徴)のごとき尖塔せんとう(三角形)
美を競うかに建てられて 檳榔樹びんろうじゅとか芭蕉ばしょうの樹
果物そして花や芽や 香り立つ水 散布して
王子帰還を待ちわびる 民の喜び表せり




143

九章 ドゥルヴァに与えられし主の恩寵


cuta-pallava-vasah-sran-
mukta-dama-vilambibhih
upaskrtam prati-dvaram
apam kumbhaih sadipakaih
9-55




家々も又それぞれに マンゴウ樹の葉 編んだ布
花や真珠を鎖にし 家の戸口に飾りつけ
ほのかに揺れるともしびや 水甕みずがめ満たす真水など
吉兆のもの備えつけ 祝賀の思い 表せり



prakarair gopuragaraih
satakumbha-paricchadaih
sarvato 'lankrtam srimad-
vimana-sikhara-dyubhih
9-56




城壁じょうへきにより護られし 屋敷はすべて黄金で
華美な装飾 ほどこされ 飛翔する機が飛び交うを
邪魔せぬための丸屋根が 陽に輝きて光りたり



mrsta-catvara-rathyatta-
margam candana-carcitam
lajaksataih puspa-phalais
tandulair balibhir yutam
9-57




清められたる中庭や 大通りとかバルコニー
小道やその他諸々に 白檀の粉 撒きちらし
揚げたお米や籾付もみづきの 大麦 そして穀粒米こくりゅうまい(完全米)
果物くだものなどや花々が 盛り付けられて飾られり



dhruvaya pathi drstaya
tatra tatra pura-striyah
siddharthaksata-dadhy-ambu-
durva-puspa-phalani ca
upajahruh prayunjana
vatsalyad asisah satih
srnvams tad-valgu-gitani
pravisad bhavanam pituh
9-58・59






144

九章 ドゥルヴァに与えられし主の恩寵

王城に住む夫人等は ドゥルヴァが道を進むのを
見るや喜び 感激し 白芥子しろからしたね 穀物や
カード(凝乳)や水や花々や ドゥールヴァの草 果実など
王子に捧げ 口ぐちに 賛美の言葉呈したり
愛があふれる夫人等の 優しき言葉 賛美の詩
ドゥルヴァはたのしく聞きながら 父のやかたに入りたり



mahamani-vratamaye
sa tasmin bhavanottame
lalito nitaram pitra
nyavasad divi devavat
9-60




光り輝く宝石が ちりばめられし宮殿で
ドゥルヴァは父の大王に 優しく厚くぐうせられ
天に輝く星に住む 神の如くに暮らしたり



payah-phena-nibhah sayya
danta rukma-paricchadah
asanani maharhani
yatra raukma upaskarah
9-61




まるでミルクの泡のごと 軽く柔らな寝具とか
象牙や金で飾られし 心地よき椅子 ベッドなど
そして豪華な家具調度 まこと見事な部屋なりき



yatra sphatika-kudyesu
maha-marakatesu ca
mani-pradipa abhanti
lalana-ratna-samyutah
9-62




大理石とかエメラルド サファイヤ等で造られし
壁に刻まる女性像 その手が持ちし燭台しょくだい
灯心とうしん せる宝石が まぶしき光 放ちたり


145

九章 ドゥルヴァに与えられし主の恩寵


udyanani ca ramyani
vicitrair amara-drumaih
kuja-dvihanga-mithunair
gayan-matta-madhuvrataih
9-63




パーリジャータや天界の 様々な樹が植えられし
宮殿にある園生そのうでは つがいの鳥が楽しげに
歌をさえずり 蜜蜂が 羽音震わせ相和あいわする



vapyo vaidurya-sopanah
padmotpa la-kumud-vatih
hamsa-karandava-kulair
justas cakrahva-sarasaih
9-64




猫眼石ねこめいしでの階段を 降りたところに広がるは
青蓮華しょうれんげとか白蓮華はくれんげ 咲ききそうかの湖水にて
白鳥やかも アヒルとか 鵞鳥がちょうや鶴が群れ遊ぶ



uttanapado rajarsih
prabhavam tanayasya tam
srutva drstvadbhutatamam
prapede vismayam param
9-65




ウッターナパーダ大王は 偉大な聖者ナーラダに
王子の霊位聞き及び すでに知れどもその威厳
目前もくぜんに見て驚愕し 喜悦大いに満ち溢る



viksyodha-vayasam tam ca
prakrtinam ca sammatam
anurakta-prajam raja
dhruvam cakre bhuvah patim
9-66




やがて首長や 国民くにたみが 成長したるドゥルヴァに
高き評価や尊敬を 持つのを認め 大王は
《時 来たれり》と判断し 帝国すべて与えたり


146

九章 ドゥルヴァに与えられし主の恩寵


atmanam ca pravayasam
akalayya visampatih
vanam viraktah pratisthad
vimrsann atmano gatim
9-67




しこうしてのち大王は おのれの年齢としを考慮して
世俗の欲を全て捨て 《遊行の旅に出る時》と
決意を固め ひたすらに 至上主のみに専心し
森に向かいて旅立ちぬ」




第九章 終了




















147