2010”年頭の挨拶〔第二巻の解説を始めるにあたって〕を
 ここに再録し、第二巻の【序】にかえさせていただきます。

 メンバーの皆さんに、第一巻に引き続き、第二巻の解説をすることにいたします。
 第一巻は
化身されたクリシュナ神がどのようにお過ごしになりどのように化身とし
ての目的を完成されたか…という描写が主でした
パーンダヴァとの交流やいろいろな経緯
を通じて、形而上下のお話が混在して語られております。
 第一巻は
市井に生きる者たちのバイブルともいえる内容でして文面のいたるところに
〔生きるための叡智〕が鏤め
られておりますどうか今後も第一巻の朗誦に励んで下さい。
自分が声を出して朗誦することでまず目で活字を読みます漢字は表意文字ですから、
漢字を見ることによってその語彙の意味が解神譚詩が語る真理への理解が深まります。
“読書百遍(ひゃっぺん)
(い)(おのずか)ら通ず”という言葉がありますが漢字を見ながら読
むことはとても大切ですそして自分で声を出すことで呼吸法が身につき、またその言霊が
耳から聴道を伝わってマナスを浄化します。目、口、耳
クリシュナ神から与えられている
五感を使って神譚詩を朗誦し
心からクリシュナ神を讚仰することが出来る喜びは何物に
も代えられません。どうか御恩寵に感謝しながら、毎日朗誦を続けてください。
 第二巻になりますと、非常にレベルが高くなります。深い真理が語られております。
ヴェーダに長けたシャウナカ聖者でさえ、「われらに聴聞が許されるその資格があると思
われるならば何卒お説きください」と、へりくだってスータ師に懇望されています。

 第一巻の巻末、19章-38節の問いかけ、
  1-19-38    世俗に生きる者達は 何を聴きたり唱えたり
はたまた何を為すべきか 何を心にめ置きて
何を敬い尊ぶか  何が反する行為か‥を
おお最高の指導者よ 何卒教え給えかし

 これを受けて第二巻が始まります。
      
 2-1-1   【えあるシュカは申されり】
パリークシット国王よ 世俗に生きる人々が
 御主おんしゅに帰依を捧ぐには 何 為すべきか訊きたしと
問いし御身おんみ心根こころねを まこと嬉しく思うなり

さあ私たちも、シュカ仙を通じて語られる〔真理〕の探究を続けましょう。
************************************************
2011年 盛夏
V.K.K.祭主 坂本弘子記す。