十七章 ディティ妃 双生児を産む


第十七章【ディティ妃 双生児を産む】
maitreya uvaca
nisamyatma-bhuva gitam
karanam sankayojjhitah
tatah sarve nyavartanta
tridivaya divaukasah
17-1





マイトレーヤは 語られり
「界をかげらす暗闇くらやみの その原因を教えられ
天の住者じゅうしゃの神々は 懸念けねんが消えて晴々と
ブラフマー神に礼を述べ おのが世界へ帰られり


ditis tu bhartur adesad
apatya-parisankini
purne varsa-sate sadhvi
putrau prasusuve yamau
17-2




有徳うとくの夫人 ディティ妃は はら宿やどりし子等に
暗黒あんこくの闇 懸念けねんする 天界に住む神々の
危懼きぐつま(カシュヤパ)から聞き知ると その子供等を百年も
身籠みごもりしまま耐えしのち 二人の息子 産みしとか


utpata bahavas tatra
nipetur jayamanayoh
divi bhuvy antarikse ca
lokasyoru-bhayavahah
17-3




されどディティが子供等を 出産したるその時に
この三界(地・空・天)のあちこちで 世界を襲う災害を
予期するきざし 見られたり


226

十七章 ディティ妃 双生児を産む

sahacala bhuvas celur
disah sarvah prajajvaluh
solkas casanayah petuh
ketavas carti-hetavah
17-4




地は山脈やまなみと共に揺れ 四方しほうに火の手 がりたり
流星りゅうせい 雨の如く降り また落雷らくらいしきりにて
不瑞ふずいしるし彗星すいせいが 長き尾をき流れたり


vavau vayuh suduhsparsah
phut-karan irayan muhuh
unmulayan naga-patin
vatyaniko rajo-dhvajah
17-5




不気味ぶきみな音をたてながら 嵐 大いに吹きすさ
そはたちまちに大木を 根こそぎにして引き倒す
あたかも風を軍隊に ほこりどう(軍旗)とするごとし


uddhasat-tadid-am bhoda-
ghataya nasta-bhagane
vyomni pravista-tamasa
na sma vyadrsyate padam
17-6




深き雲間くもま雷電らいでんが あざける如く鳴りわた
光は全て消え果てて あたり一面 闇となり
視界しかいは厚くざされり


cukrosa vimana vardhir
udurmih ksubhitodarah
sodapanas ca saritas
cuksubhuh suska-pankajah
17-7




悲嘆ひたんれる海洋かいようは 泣き叫ぶかに荒れ狂い
水底みなそこむ生物は 烈しき揺れに狼狽す
井戸と泉は混濁こんだくし 流れる川は逆巻さかまきて
湖沼こしょうに咲きし蓮花はすばなは かわがりてしおれたり
227

十七章 ディティ妃 双生児を産む

muhuh paridhayo 'bhuvan
sarahvoh sasi-suryayoh
nirghata ratha-nirhrada-
vivarebhyah prajajnire
17-8




かすみがかりし暈輪うんりんが まるでつき しょくのごと
度重たびかさなりて出現し 薄暗はくあん あたざしたり
空でいかずち 鳴り響き 地の洞窟どうくつ共鳴きょうめい
戦車のごとき轟音ごうおんを おどろおどろと響かせり


antar-gramesu mukhato
vamantyo vahnim ulbanam
srgaloluka-tankaraih
pranedur asivam sivah
17-9




死肉しにくをあさるジャッカルの 火を吐くごときうなり声
陰々いんいんとして地をきて 恐怖が村にてり
それに合わせて悪鳥と そしりを受けるふくろう
まが叫声きょうせい あげにけり


17-10
sangitavad rodanavad
unnamayya sirodharam
vyamuncan vividha vaco
grama-simhas tatas tatah



あちらこちらで犬達が 首をもたげて悲しげに
すすり泣くかに歌うかに はたまた高く叫ぶかに
種々しゅじゅ様々さまざまえて







228

十七章 ディティ妃 双生児を産む

kharas ca karkasaih ksattah
khurair ghnanto dhara-talam
kharkara-rabhasa mattah
paryadhavan varuthasah
17-11




過度か どに興奮したロバは れてあちこち駆け回り
おおヴィドゥラよ 其奴等そやつらは ひづめで大地 り上げて
粗暴そぼうのかぎり くしたり

rudanto rasabha-trasta
nidad udapatan khagah
ghose 'ranye ca pasavah
sakrn-mutram akurvata
17-12




そのロバどもの狼藉ろうぜきに おびえし鳥は鳴き叫び
巣から飛び立ち逃げまど
牛舎ぎゅうしゃや森の牛たちは 思わず尿いばり らしたり

gavo 'trasann asrg-dohas
toyadah puya-varsinah
vyarudan deva-lingani
drumah petur vinanilam
17-13




恐れおののく乳牛は 乳のかわりに血を流し
れて重なる叢雲そううんは 雨の代わりにうみ 降らせ
神のかたちはそのから 涙をしとど流したり
風も無いのに大木が 根こそぎ倒れ 山積さんせき


grahan punyataman anye
bhaganams capi dipitah
aticerur vakra-gatya
yuyudhus ca parasparam
17-14




最も清き星宿せいしゅくを 他の星宿が侵蝕しんしょく
輝いていた月や日を さらに覆いてかげらせり
そして互いに逆行ぎゃっこうし 激しく衝突しょうとつしたるなり

229

十七章 ディティ妃 双生児を産む

drstvanyams ca mahotpatan
atat-tattva-vidah prajah
brahma-putran rte bhita
menire visva-samplavam
17-15




そしてこれらの現象の その本質を知る者は
ブラフマー神の息子のみ
故に多くの人々は このおぞましき現象を
宇宙破滅の前兆ぜんちょうと 感じておそおののきぬ


tav adi-daityau sahasa
vyajyamanatma-paurusau
vavrdhate 'sma-sarena
kayenadri-pati iva
17-16




悪魔あくま種族しゅぞくに属したる ディティの産みしこの子等は
誕生したるその日から 持てる怪力かいりき 具現ぐげんせり
はがねの如き体格は 巨大な山のぬしのごと
日々に成長したるなり


divi-sprsau hema-kirita-kotibhir
niruddha-kasthau sphurad-angada-bhujau
gam kampayantau caranaih pade pade
katya sukancyarkam atitya tasthatuh
17-17




彼等の金の王冠の その先端は天に触れ
丸太の如き両腕りょううでに 光り輝く腕輪つけ
陽光ひかりに映えて輝ける ドウティ腰に巻きつけて
並はずれたる両足で 一足ひとあしごとに満天下
揺り動かしてあゆみたり





230

十七章 ディティ妃 双生児を産む

prajapatir nama tayor akarsid
yah prak sva-dehad yamayor ajayata
tam vai hiranyakasipum viduh praja
yam tam hiranyaksam asuta sagratah
17-18




カシュヤパはこの息子等に 名を与えんと思い立つ
双子そうしで生まるのうちの 最初に胎にりし児(兄)
ヒラニヤカシプと名付けられ ディティが初に産みし児を
ヒラニヤークシャ(弟)となされたり(後から生れた子が兄)


cakre hiranyakasipur
dorbhyam brahma-varena ca
vase sa-palal lokams trin
akuto-mrtyur uddhatah
17-19




ヒラニヤカシプその後に その勇猛な腕力を
“死を寄せ付けぬ者なり”と ブラフマー神に認めらる
彼は次第にたかぶりて(高慢になって)
全三界と守護神を 我が支配下にせいしたり


hiranyakso 'nujas tasya
priyah priti-krd anvaham
gada-panir divam yato
yuyutsur mrgayan ranam
17-20




愛する彼の弟の ヒラニヤークシャは常日頃
兄を満悦まんえつさせんとて 心をくだき努力せり
いくさを好むさがは ある日槌矛つちほこ手に持ちて
戦う相手物色ぶっしょくし さがし求めて天に迄
行動の幅 広げたり






231

十七章 ディティ妃 双生児を産む

17-21
tam viksya duhsaha javam
ranat-kancana-nup u ram
vaijayantya sraja justam
amsa-nyasta-maha-gadam



アンクレット(足首に着ける装飾品)の金飾り
ヴァイジャヤンティーの花の輪を
首に飾りて不遜にも 彼は槌矛肩にかけ
目にも止まらぬスピードで 天を目指して駆け上がる


17-22
mano-virya-varotsiktam
asrnyam akuto-bhayam
bhita nililyire devas
tarksya-trasta ivahayah



ヒラニヤークシャのさがにより 果敢かかん覇気はき獰猛どうもう
願う思いが強欲ごうよくに ふくれ上がりて抑えかね
天上界を睥睨へいげいす 恐れおののき神々は
蛇がガルダを避けるごと 急ぎ神体からだを隠されり


17-23
sa vai tirohitan drstva
mahasa svena daitya-rat
sendran deva-ganan ksiban
apasyan vyanadad bhrsam



天上界の神々は インドラ神にともなわれ
こぞりて姿 隠されり
すべてせたる有様に 落胆らくたんしたるディティの息子
大声上げてわめきたり






232

十七章 ディティ妃 双生児を産む

17-24
tato nivrttah kridisyan
gambhiram bhima-nisvanam
vijagahe maha-sattvo
vardhim matta iva dvipah



しこうして地に戻りたる 強暴つよき力を持つ彼は
発情はつじょうしたる象のごと 一際ひときわ高く雄叫おたけびて
波が逆巻く深海へ 飛沫しぶきをあげて飛び込めり


17-25
tasmin praviste varunasya sainika
yado-ganah sanna-dhiyah sasadhvasah
ahanyamana api tasya varcasa
pradharsita durataram pradudruvuh



が海中に飛び込むと ヴァルナ(水神)の従者 水棲すいせい
動物達は驚愕きょうがくし 恐怖に震え委縮いしゅくして
いまだ攻撃受けぬのに 蛮勇ばんゆうを避けんとて
雲をかすみと逃げ散りぬ


17-26
sa varsa-pugan udadhau maha-balas
caran mahormin chvasaneritan muhuh
maurvyabhijaghne gadaya vibhavarim
asedivams tata purim pracetasah



ヒラニヤークシャは槌矛つちほこで 強き嵐にあおられし
巨大な波を打砕き 打破りつつ長き
ところ狭しと闊歩かっぽせり おおヴィドゥラよしかる後
ヴァルナの都 ヴィバーヴァリーへ ついに到達したるなり







233

十七章 ディティ妃 双生児を産む

17-27
tatropa labhyasu ra-loka-palakam
yado-gananam rsabham pracetasam
smayan pralabdhum pranipatya nicavaj
jagada me dehy adhiraja samyugam



到達したるその街で 悪魔種族の王にして
水棲族すいせいぞくの守護者なる プラチェータス(ヴァルナ)と出合いたり
ヒラニヤークシャはその神を 愚弄ぐろうしようと思い立ち
卑俗ひぞくよそおい ひれ伏して 嘲笑ちょうしょうを浮かべつつ
斯くのごとくに言いしなり
〈おお最高の支配者よ 吾と一戦いっせん 願いたし


17-28
tvam loka-palo 'dhipatir brhac-chrava
viryapaho durmada-vira-maninam
vijitya loke 'khila-daitya-danavan
yad rajasuyena purayajat prabho



御身おんみは“強き守護者”との つとに名高き方にして
界に蔓延はびこる傲慢な 悪魔種族を征服し
ラージャスーヤ(王の戴冠式)の祭式を 行じた方と聞き及ぶ
おお偉大なる支配者よ 吾とのいくさ 受けられよ〉


17-29
sa evam utsikta-madena vidvisa
drdham pralabdho bhagavan apam patih
rosam samuttham samayan svaya dhiya
vyavocad angopasamam gata vayam



斯くのごとくに傲慢ごうまんな 敵意を抱く者により
愚弄ぐろうされたる敬虔けいけんな “水の支配者”ヴァルナ神
自分自身を抑制よくせいし 怒り鎮めて申されり
〈愛しき者よ吾々は 戦はせぬ!とさだめたり




234

十七章 ディティ妃 双生児を産む

17-30
pasyami nanyam purusat pu ratanad
yah samyuge tvam rana-marga-kovidam
aradhayisyaty asurarsabhehi tam
manasvino yam grnate bhavadrsah



御身おんみのごとくたたかいの わざに勝れし英雄を
満足させる御方おんかたは 吾が見聞けんぶんしたかぎり
太初たいしょプルシャの他に無し アスラのいさみ 御身おんみさえ
めてたたえる御方おんかたを おとなうことが方途ほうとなり


17-31
tam viram arad abhipadya vismayah
sayisyase vira-saye svabhir vrtah
yas tvad-vidhanam asatam prasantaye
rupani dhatte sad-anugrahecchaya



その御方おんかたまみゆなば なれ自惚うぬぼれ 高慢は
瞬時にがし落とされて たたかいの場に横たわり
犬の餌食となることは 疑いの無き自明じめい
主はなれのごと悪漢を 此の世界から駆逐くちくされ
有徳の者に恩寵を 与えられるは自明じめいぞ!〉と」



第十七章 終了








235