九章 ブラフマー神 宇宙創始の秘を語る


第九章【ブラフマー神 宇宙創始の秘を語る】
brahmovâca
jnâto 'si me 'dya sucirân nanu deha-bhâjam
na jnâyate bhagavato gatir ity avadyam
nânyat tvad asti bhagavann api tan na suddham
mâyâ-guna-vyatikarâd yad urur vibhâsi
9-1





ブラフマー神は述べられり
〈ひたすら御主みすに傾注し 懇願したる甲斐かいありて
長き〔時〕し今ここに 主の根原を知りたり
唯一者なる至上主よ 主はマーヤーを伴いて
広く果てなき大宇宙 御自おんみずからを見せられり


rûpam yad etad avabodha-rasodayena
sasvan-nivrtta-tamasah sad-anugrahâya
âdau grhîtam avatâra-sataika-bîjam
yan-nâbhi-padma-bhavanâd aham âvirâsam
9-2




主は暗闇くらやみで祈願する 憐れなわれを救わんと
聖なる真理 体現し その御姿みすがたを顕さる
しかして吾が開闢時かいびゃくじ 御主おんしゅほぞ蓮花はすばな
生まれし如く主の種子しゅしを 数多あまたの化身受け継がん


nâtah param parama yad bhavatah svarûpam
ânanda-mâtram avikalpam aviddha-varcah
pasyâmi visva-srjam ekam avisvam âtman
bhûtendriyâtmaka-madas ta upâsrito 'smi
9-3




おお至上主よ御主みすこそは 〔絶対至福〕光明を
永久とわに変わらず保たれる 比類ひるいなき御方おかたなり
具象ぐしょうならざる御方かたなるに 五大元素とインドリヤ(器官)
それら全て(肉体要素)いんなりき 斯くも偉大な至上主を 深く崇敬奉る

106

九章 ブラフマー神 宇宙創始の秘を語る

tad vâ idam bhuvana-mangala mangalâya
dhyâne sma no darsitam ta upâsakânâm
tasmai namo bhagavate 'nuvidhema tubhyam
yo 'nâdrto naraka-bhâgbhir asat-prasangaih
9-4




おお至上主よ御主おんしゅこそ 全三界ぜんさんがいの繁栄と 幸をもたら御方おかたなり
主はかしこくも奉仕する 吾等の為に御姿みすがたを 拝する栄誉 与えらる
斯くも御慈愛深き主を 伏して崇敬奉る
主を軽視けいしするともがらは 悪しき思いに惑溺わくできす 地獄の者に相違なし


ye tu tvadîya-caranâmbuja-kosa-gandham
jighranti karna-vivaraih sruti-vâta-nîtam
bhaktyâ grhîta-caranah parayâ ca tesâm
nâpaisi nâtha hrdayâmburuhât sva-pumsam
9-5




おお至上主よ斯くのごと 尊き御主みす御足おみあし
帰依する者の心から 離すことなど 出来得なし
蓮の御足みあしの芳香や 聴道ちょうどう伝う聖音せいおん(ヴェーダの音律)
帰依する者は片時かたときも 忘れることが出来ぬゆえ


tâvad bhayam dravina-deha-suhrn-nimittam
sokah sprhâ paribhavo vipulas ca lobhah
tâvan mamety asad-avagraha ârti-mûlam
yâvan na te 'nghrim abhayam pravrnîta lokah
9-6




この世に生きる被造者ひぞうしゃ(造られた人間)は 恐れ悲しみ常に持つ
これらはすべて肉体を おの(ジーヴァ)のものと誤認して
それに伴う富や身に 強くしゅうするゆえなりき
御主おんしゅの蓮の御足おみあしを ただ只管ひたすらわぬなば 苦は絶え間なく続くなり





107

九章 ブラフマー神 宇宙創始の秘を語る

daivena te hata-dhiyo bhavatah prasangât
sarvâsubhopasamanâd vimukhendriyâ ye
kurvanti kâma-sukha-lesa-lavâya dînâ
lobhâbhibhûta-manaso 'kusalâni sasvat
9-7




聖なる御主みす憶念おくねんし インドリヤ(感覚器官・行為器官)への執着に
顔をそむける者ならば すべての不運 除かれん
それに反して感官に 満足感を求むなば
心は欲に奪われて 常に不幸が襲うらん


ksut-trt-tridhâtubhir imâ muhur ardyamânâh
sîtosna-vâta-varasair itaretarâc ca
kâmâgninâcyuta-rusâ ca sudurbharena
sampasyato mana urukrama sîdate me
9-8




おお偉大なる至上主よ 暑さ寒さや雨 風や
飢えや渇きにさいなまれ 痛めつけらる肉体身(三つのドーシャ)
貪欲 怒り 激情を 抑えられない苦しみに
悩む人らを見ることで われの嘆きは深まらん


yâvat prthaktvam idam âtmana indriyârtha-
mâyâ-balam bhagavato jana îsa pasyet
tâvan na samsrtir asau pratisankrameta
vyarthâpi duhkha-nivaham vahatî kriyârthâ
9-9




主のマーヤーの力にて 多に分けられしジーヴァ(分魂)
感覚 知覚 諸行為の 対象物(肉体)と見る者は
輪廻りんねくさり 絶てぬなり 仮令たとえそれらが泡沫うたかた
仮の姿(具象化されたものは必滅する)であろうとも 多大な苦難もたらせり







108

九章 ブラフマー神 宇宙創始の秘を語る

ahny âprtârta-karanâ nisi nihsayânâ
nânâ-manoratha-dhiyâ ksana-bhagna-nidrâh
daivâhatârtha-racanâ rsayo 'pi deva
yusmat-prasanga-vimukhâ iha samsaranti
9-10




斯くの如くにこん(ジーヴァ)(肉体)を 同一視どういつしする者達は
昼は俗事に悩まされ 夜はくなき欲望に 眠りを絶えず奪われる
そして御主おんしゅの偉大なる 事績じせき説話せつわ 訓辞くんじから 顔をそむけることあらば
輪廻の鎖 絶ち切れず この俗の世に幾度いくたびも 転生てんしょうき 見るならん


tvam bhakti-yoga-paribhâvita-hrt-saroja
âsse sruteksita-patho nanu nâtha pumsâm
yad-yad-dhiyâ ta urugâya vibhâvayanti
tat-tad-vapuh pranayase sad-anugrahâya
9-11




主の御事績を常に聴き 奉仕の道に徹したる
帰依する者のフリダヤに 御主みすは鎮まり給うなり
御主おんしゅ慕いて傾注けいちゅうし 心に蓮華 咲かす者
そをいつくしむ至上主は 今 御姿みすがたあらわさる


nâtiprasîdati tathopacitopacârair
ârâdhitah sura-ganair hrdi baddha-kâmaih
yat sarva-bhûta-dayayâsad-alabhyayaiko
nânâ-janesv avahitah suhrd anat-âtmâ
9-12




斯様かように生きる人々に 主は愛憐あいれんを示されて
まるで唯一の友のごと そのフリダヤに住まわれる
多くの供物 献上し 崇拝捧ぐ神でさえ
強き欲望持つならば 御主みすは心にしまさず






109

九章 ブラフマー神 宇宙創始の秘を語る

pumsâm ato vividha-karmabhir adhvarâdyair
dânena cogra-tapasâ paricaryayâ ca
ârâdhanam bhagavathas tava sat-kriyârtho
dharmo 'rpitah karhicid mriyate na yatra
9-13




ゆえに被造の人間は 御主おんしゅを深く崇敬し
祭祀や布施やそしてまた 厳しき苦行 奉仕行
それらの香菓かく(行為の結果)を献ずなば 主にご満足戴きて
行為の目途もくと 達成し 人は決して死に絶えぬ


sasvat svarûpa-mahasaiva nipîta-bheda-
mohâya bodha-dhisanâya namah parasmai
visvodbhava-sthiti-layesu nimitta-lîlâ-
râsâya te nama idam cakrmesvarâya
9-14




御主おんしゅは宇宙 創造し 維持し破壊をさる方
その御事績を繰り返す 叡智の宝庫 至上主は
ゆめ まぼろしの世を超えて 常世とこよさとに住みたもう
この偉大なる至上主に 帰命頂礼奉きみょうちょうらいたてまつ


yasyâvatâra-guna-karma-vidambanâni
nâmâni ye 'su-vigame vivasâ grnanti
te 'naika-janma-samalam sahasaiva hitvâ
samyânty apâvrtâmrtam tam ajam prapadye
9-15




化身となりて降下され 肉の身持ちて行動し
世人せじんの如く振舞ふるまわる たぐいまれなる主の御名みな
肉の身捨てる臨終りんじゅうに たたえて称名しょうみょうするならば
転生てんしょうしたる数々の 世にて貯蔵ためたる罪が消え
御主おんしゅ庇護ひごを戴きて 不死の世界に至るらん







110

九章 ブラフマー神 宇宙創始の秘を語る

yo vâ aham ca girisas ca vibhuh svayam ca
sthity-udbhava-pralaya-hetava âtma-mûlam
bhittvâ tri-pâd vavrdha eka uru-prarohas
tasmai namo bhagavate bhuvana-drumâya
9-16




宇宙つらぬ大樹たいじゅなる 御主おんしゅ崇拝奉すうはいたてまつ
この大木たいぼく根元ねもとから 三本の枝 派生はせいせり
創造と維持 破壊する 具象ぐしょうの界のえだ
(ブラフマー神)とヴィシュヌ(維持)とシヴァ(破壊)なりき
斯くの如くに一本ひともとの 樹からこののち 沢山の
枝葉が繁ることならん


loko vikarma-niratah kusale pramattah
karmany ayam tvad-udite bhavad-arcane sve
yas tâvad asya balavân iha jîvitâsâm
sadyas chinatty animisâya namo 'stu tasmai
9-17




<この世で長く生きたし>と 願望を持つ人間は
あれを崇拝すること』と 御主おんしゅは宣言なされたり
然るに不義にたずさわり 有徳うとくの行為たゆむなば
不死(眼を閉じざる)御主おんしゅたちまちに 命の絆 絶ち切らる


yasmâd bibhemy aham api dviparârdha-dhisnyam
adhyâsitah sakala-loka-namaskrtam yat
tepe tapo bahu-savo 'varurutsamânas
tasmai namo bhagavate 'dhimakhâya tubhyam
9-18




吾は御主を崇敬し 御主の満足得んものと 長きにわたり苦行せり
斯くて御主はこの吾に 天上界の最高府さいこうふ サティアローカを一生の
二つの区分(一生の前半と後半=パラとアルダ) 賦与ふよされて
その統括を命じらる ゆえに宇宙の人々は 吾をも敬し拝すなり



111

九章 ブラフマー神 宇宙創始の秘を語る


tiryak-manusya-vibhudhâdisu jîva-yonisv
âtmecchayâtma-krta-setu-parîpsayâ yah
reme nirasta-visayo 'py avaruddha-dehas
tasmai namo bhagavate purusottamâya
9-19




主は御自身の御意思にて 鳥や動物人間や 神々達を被造ひぞうされ
五境ごきょう(感覚の対象=色声香味触)かいとらわれず 定められたる戒律を
遵守じゅんしゅさせんと望まれて 種々な身体をあらわさる
斯くも気高き至上主に 帰命頂礼奉きみょうちょうらいたてまつ


yo 'vidyayânupahato 'pi dasârdha-vrttyâ
nidrâm uvâha jatharî-krta-loka-yâtrah
antar-jale 'hi-kasipu-sparsânukûlâm
bhîmormi-mâlini janasya sukham vivrnvan
9-20




げん(マーヤー)の影響受けられぬ
主は一生の半分(ブラフマー神の夜)
高き波浪はろうに揺れながら 蛇のしとねで眠られる
主は御自身の腹腔ふっこうに 全ての界を収められ
輪廻りんね 解かれし有徳者に 深き安息与えらる


yan-nâbhi-padma-bhavanâd aham âsam îdya
loka-trayopakarano yad-anugrahena
tasmai namas ta udara-stha-bhavâya yoga-
nidrâvasâna-vikasan-nalineksanâya
9-21




宇宙を内に抱きしまま 微睡まどろまれたる至上主が
蓮華のまなこ ひらかれて 終焉しゅうえんを告げられり
斯くて御主のほぞに咲く 蓮より生まるこの吾は
御主の深き御慈悲にて 全三界の創造の 任をお与え戴けり
おお素晴らしき至上主よ 帰命頂礼奉る




112

九章 ブラフマー神 宇宙創始の秘を語る

so 'yam samasta-jagatâm suhrd eka âtmâ
sattvena yan mrdayate bhagavân bhagena
tenaiva me drsam anusprsatâd yathâham
sraksyâmi pûrvavad idam pranata-priyo 'sau
9-22




全ての界の人々の 良き友である至上主は
六富ろっぷに満てる神にして 吾等に幸の本質を
お示し給う御方おかたなり
おお至上主よそれゆえに 吾にすべてを見せたまえ
先のカルパのそのままの 宇宙創造すために
吾に叡智を与えあれ


esa prapanna-varado ramayâtma-saktyâ
yad yat karisyati grhîta-gunâvatârah
tasmin sva-vikramam idam srjato 'pi ceto
yunjîta karma-samalam ca yathâ vijahyâm
9-23




自分自身の本質で 全てにちる至上主は
宇宙顕現 意図なされ 数多あまたの化身あらわさる
おお至上主よこの吾が 宇宙創始の過程にて
行為に瑕疵かしのなきように 是非に導きたまえかし


nâbhi-hradâd iha sato 'mbhasi yasya pumso
vijnâna-saktir aham âsam anata-sakteh
rûpam vicitram idam asya vivrnvato me
mâ rîrisîsta nigamasya girâm visargah
9-24




無限の力持たる主が
顕現されし多種な姿の その一片ひとひらのこの吾は
御主おんしゅほぞの湖に うる蓮より生まれたり
主の御意思にて今 まさに 創造のちょく吾に
何とぞ叡智賜れと 御主おんしゅを讃え 願うなり



113

九章 ブラフマー神 宇宙創始の秘を語る

so 'sâv adabhra-karuno bhagavân vivrddha-
prema-smitena nayanâmburuham vijrmbhan
utthâya visva-vijayâya ca no visâdam
mâdhvyâ girâpanayatât purusah purânah
9-25




愛に溢れし微笑みと 蓮華の如きまなこ持つ
御慈愛深き至上主よ
宇宙創造為さんとて 悩みて思案しあんする吾に
優しく甘き御言葉を 何とぞ与えたまわれ〉と」


maitreya uvâca
sva-sambhavam nisamyaivam
tapo-vidyâ-samâdhibhih
yâvan mano-vacah stutvâ
virarâma sa khinnavat
9-26





マイトレーヤは述べられり
「宇宙創始をにないたる ブラフマー神は斯くのごと
苦行や深き瞑想で 自身の根原もと知覚ちかくさる
しかして御主みすを一心に 種々な言葉でたたえると
まるで気弱き者のごと 口をざしてもだしたり

9-27・28
athâbhipretam anvîksya
brahmano madhusûdanah
visanna-cetasam tena
kalpa-vyatikarâmbhasâ

loka-samsthâna-vijnâna
âtmanah parikhidyatah
tam âhâgâdhayâ vâcâ
kasmalam samayann iva





カルパ終焉しゅうえんした時の 洪水による滅亡を
つぶさに見たるブラフマーは 宇宙創始の至難さを
思いて気力きりょく消沈しょうちんす あまりに重き職掌しょくしょう
打ちひしがれし有様ありさまを ご覧になりし至上主は
その臆病を除かんと 慈愛に富みし声色こわいろ
宇宙を創始する知恵を ブラフマー神に授けらる

114

九章 ブラフマー神 宇宙創始の秘を語る

srî-bhagavân uvâca
mâ veda-garbha gâs tandrîm
sarga udyamam âvaha
tan mayâpâditam hy agre
yan mâm prâthayate bhavân
9-29





聖クリシュナはのたまわく
『おおブラフマーよ いと息子よ 弱き心をはなて!
宇宙創造する手立てだて あれは全てを調ととのえり
故にそなた気魄きはく持ち はじめることを望むなり


bhûyas tvam tapa âtistha
vidyâm caiva mad-âsrayâm
tâbhyâm antar-hrdi brahman
lokân draksyasy apâvrtân
9-30




そのためなれは今一度 荒き苦行をぎょうずべし
そしてマントラとなえつつ 吾に専注せんちゅうするならば
おおブラフマーよその時に なれおのれのフリダヤに
すべての宇宙 明らかに 開示かいじされるを観るならん


tata âtmani loke ca
bhakti-yuktah samâhitah
drastâsi mâm tatam brahman
mayi lokâms tvam âtmanah
9-31




あれに献身奉仕して 深く専念するなれ
全ての界にこのあれが 広くあまねく遍在し
そして宇宙とジーヴァが の腹腔に在ることを
そのりょうで しっかりと 〔見る者〕として任じたり






115

九章 ブラフマー神 宇宙創始の秘を語る


yadâ tu sarva-bhûtesu
dârusv agnim iva sthitam
praticaksîta mâm loko
jahyât tarhy eva kasmalam
9-32




火が木のなかにひそむごと 宇宙に生きる者たちや
すべての界に在る物が 潜在せんざい知覚ちかくせば
まさにその時罪咎つみとがが 泡沫うたかたのごと消えゆかん


yadâ rahitam âtmânam
bhûtendriya-gunâsayaih
svarûpena mayopetam
pasyan svârâjyam rcchati
9-33




われ御主おんしゅの分かれ(分魂)ゆえ 五大元素やインドリヤ
グナや想念おもいの影響を 受けることなどありぬ》と
さとりし個我(ジーヴァ)は束縛の 全てをほどはなたれて
常世とこよさと(ヴァイクンタ)に至るらん


9-34
nânâ-karma-vitânena
prajâ bahvîh sisrksatah
nâtmâvasîdaty asmims te
varsîyân mad-anugrahah



多様な作業 遂行すいこうし 宇宙創造することで
なれわずらう事は無し
すべてを知りしこのあれが 厚き恩寵与うゆえ







116

九章 ブラフマー神 宇宙創始の秘を語る

rsim âdyam na badhnâti
pâpîyâms tvâm rajo-gunah
yan mano mayi nirbaddham
prajâh samsrjato 'pi te
9-35




悟りし者の始めなる なれにラジャス(激性グナ)の害はなし
何故かと言えばブラフマーよ そなたは如何に苦しめど(創造の為に)
心を常にこのあれに 深く結びているゆえに


jnâto 'ham bhavatâ tv adya
durvijneyo 'pi dehinâm
yan mâm tvam manyase yuktam
bhûtendriya-gunâtmabhih
9-36




この世に生きる者たちが の本質を知ることは
まこと至難しなんわざなりき にもかかわらず今日なれ
五大元素やインドリヤ グナや我欲がよく(エゴ)の影響を
受けぬ孤高ここう実在じつざいと あれ識別しきべつしたるなり


tubhyam mad-vicikitsayam
atma me darsito 'bahih
nalena salile mulam
puskarasya vicinvatah
9-37




そなたが<根原知りたし>と 蓮花はすばなくき 通り抜け
探索たんさくしたるその時に 抱きし疑念を晴らさんと
なれの心の内奥ないおうに おのが姿を示したり








117

九章 ブラフマー神 宇宙創始の秘を語る

yac cakarthanga mat-stotram
mat-kathabhyudayankitam
yad va tapasi te nistha
sa esa mad-anugrahah
9-38




宇宙を創るブラフマーよ
あれの事績や栄光を 常に讃えて崇敬し
厳しき苦行 行いて あれへの帰依を深めしが
これらすべてはこのあれの 深き慈愛のゆえなりき


prito 'ham astu bhadram te
lokanam vijayecchaya
yad astausir gunamayam
nirgunam manuvarnayan
9-39




宇宙制覇せいは(創造の達成)を願いたる そなたあれは祝福す
あたかあれが物質の さが 持つごとく振舞ふるまえど
そなたあれを称賛し 〔根本原主こんぽんげんしゅ〕とたたうなり
斯くも得難えがたきブラフマーよ そなたあれは満たされり




ya etena puman nityam
stutva stotrena mam bhajet
tasyasu samprasideyam
sarva-kama-varesvarah
9-40




すべての願い具現ぐげんする あれをひたすら讃嘆さんたん
あがめて賛仰さんごうするならば あれはそれらの者たちに
まさ(直ぐに)恩寵与うなり







118

九章 ブラフマー神 宇宙創始の秘を語る

purtena tapasa yajnair
danair yoga-samadhina
raddham nihsreyasam pumsam
mat-pritis tattvavin-matam
9-41




真理よく知る者たちは 慈善行為や苦行など
そして祭祀や布施 ヨーガ(統一)
それらを達成することが あれを大いに喜ばせ
無上の至福 すべと 良き見解を得たるべし


aham atmatmanam dhatah
presthah san preyasam api
ato mayi ratim kuryad
dehadir yat-krte priyah
9-42




あれはすべてのジーヴァ(個我)の 根元こんげんにして原主なり
御魂みたまなるジーヴァは おのが親なる至上主が
何にもまして慕わしく 愛してやまぬ主体なり
故に身魂みこん(個我と器[肉体])の創始者を 唯ひたすらに愛すべし



sarva-veda-mayenedam
atmanatmatma-yonina
prajah srja yatha-purvam
yas ca mayy anuserate
9-43




おおブラフマーよいと息子よ ヴェーダの叡智そしてまた
うちる眠るもの それらをすべて活用し
先のカルパのそのままに この三界の創造を
始める〔時〕が今 将に 到来せしを告知す』と」






119

九章 ブラフマー神 宇宙創始の秘を語る


maitreya uvaca
tasma evam jagat-srastre
pradhana-purusesvarah
vyajyedam svena rupena
kanja-nabhas tirodadhe
9-44





マイトレーヤは述べられり 「原初の起原 至上主は
斯くのごとくにブラフマーに 宇宙創造 指示さると
その神聖な御姿みすがたを 御意思ごいしのままに消されり」と

第九章 終了





















120