八章 ブラフマー神の誕生


第八章【ブラフマー神の誕生】




maitreya uvâca
sat-sevanîyo bata pûru-vamso
yal loka-pâlo bhagavat-pradhânah
babhûvithehâjita-kîrti-mâlâm
pade pade nûtanayasy abhîksnam
8-1





御身おみがプールの血統に 誕生したることにより
この一族の名声は 連綿れんめんとして途切れなし
ああヴィドゥラよ 御身おみこそは 卓越たくえつしたる帰依により
主に認めらるヤマの神 日々新生しんせいげるらん





so 'ham nrnâm ksulla-sukhâya duhkham
mahad gatânâm viramâya tasya
pravartaye bhâgavatam purânam
yad âha sâksâd bhagavân rsibhyah
8-2




この世に生きる人々の
さち求めての苦しみを しずめる道やその手立て
主がリシ達に教えらる バーガヴァタ プラーナ神譚しんたん
そなたにとくと 語ろうぞ





âsînam urvyâm bhagavantam âdyam
sankarsanam devam akuntha-sattvam
vivitsavas tattvam atah parasya
kumâra-mukhyâ munayo 'nvaprcchan
8-3




ブラフマー神の息子にて 聖なるサナカ兄弟が
根本原主クリシュナの <その本質を聴きたし>と
宇宙の底に鎮座する サンカルシャナ(クリシュナ神の兄)を訪問し
礼儀正しく問いかけて 教えをいしことありき



95

八章 ブラフマー神の誕生


svam eva dhisnyam bahu mânayantam
yad vâsudevâbhidham âmananti
pratyag-dhrtâksâmbuja-kosam îsad
unmîlayantam vibudhodayâya
8-4




サンカルシャナはしかる時 おのれ自身の根原主
ヴァースデーヴァを瞑想し 寂静じゃくじょうの世にひたりしが
おとない来たるとし若き 聖仙達に気がつくと
内観ないかんしたる蓮華眼はすのめを かすかに開き給いたり





svardhuny-udârdraih sva-jatâ-kalâpair
upasprsantas caranopadhânam
padmam yad arcanty ahi-râja-kanyâh
sa-prema nâna-balibhir varârthâh
8-5




若き聖仙サナカ等は 天上の河ガンガーの
水で浄めし辮髪べんぱつ(髪を編んで頭に結わえた)
蓮華の御足あし(サンカルシャナの)に軽く触れ 深く礼拝致したり
その台座だいざには蛇族の 伴侶はんりょ求める王女らが
愛の成就を祈願した 献上品がてり





muhur grnanto vacasânurâga-
skhalat-padenâsya krtâni taj-jnâh
kirîta-sâhasra-mani-praveka-
pradyotitoddâma-phanâ-sahasram
8-6




シェーシャ(竜王)の姿られたる サンカルシャナはその千の
頭被とうひ(コブラのからかさ状の頸部)のすべてひろげられ 宝石類をちりばめた
光る王冠 飾られて 眼にもまばゆ御姿おんしなり
サンカルシャナの御事績を まことよく知る聖者等は
愛に溢れて幾たびも 讃美のことば うたいたり




96

八章 ブラフマー神の誕生


proktam kilaitad bhagavattamena
nivrtti-dharmâbhiratâya tena
sanat-kumârâya sa câha prstah
sânkhyâyanâyânga dhrta-vratâya
8-7




聖仙達の崇敬を サンカルシャナは受け取られ
放棄の教え遵守じゅんしゅする サナトクマーラ(サナカ四兄弟の一人)聖仙に
このプラーナを伝えらる しかしてその後 聖仙(サナトクマーラ)
堅く放棄を把持はじしたる サーンキャーヤナに希求ききゅうされ
聖プラーナを伝授さる





sânkhyâyanah pâramahamsya-mukhyo
vivaksamâno bhagavad-vibhûtîh
jagâda so 'smad-gurave 'nvitâya
parâsarâyâtha brhaspates ca
8-8




サーンキャーヤナは苦行者の なかで白眉はくびの最高者
彼は御主おんしゅの栄光を 謳うことのみ望みたり
故に御師(サーンキャーヤナ)はプラーナを 吾等の尊師パラーシャラ
そしてさらには聖仙の ブリハスパティに伝えらる





provâca mahyam sa dayâlur ukto
munih pulastyena purânam âdyam
so 'ham tavaitat kathayâmi vatsa
sraddâlave nityam anuvratâya
8-9




おおヴィドゥラよ いとし子よ
ご慈愛深き聖仙(パラーシャラ)が プラスティヤ仙にうながされ
古譚こたん極致きょくちプラーナを 吾にご教授くだされり
そなたが<真理知りたし>と 切望せるを知る吾は
伝承でんしょうしたるそのすべて 今より御身おみに語るらん





97

八章 ブラフマー神の誕生


udâplutam visvam idam todâsîd
yan nidrayâmîlita-drn nyamîlayat
ahîndra-talpe 'dhisayâna ekah
krta-ksanah svâtma-ratau nirîhah
8-10




しか ある時にこの宇宙 水底深く沈潜ちんせん
主は瞑目し唯一人 シェーシャ(蛇王)たいに横たわり
全ての動き休止して 時の来たるを待たれたり





so 'ntah sarîre 'rpita-bhûta-sûksmah
kâlâtmikâm saktim udîrayânah
uvâca tasmin salile pade sve
yathânalo dâruni ruddha-vîryah
8-11




主は御自身の胎内に 微細な元素すべて
原水上に留まられ カーラシャクティ(時)それのみを
秘かにかし持続さる あたかもそれは燃える火が
おのが力をひた隠し 木々にひそむが如くなり





catur-yugânâm ca sahasram apsu
svapan svayodîritayâ sva-saktyâ
kâlâkhyayâsâdita-karma-tantro
lokân apîtân dadrse sva-dehe
8-12




しかして御主みすは水面に 1カルパ(1劫=43億2000万年)もの長き間の
静態せいたいの夜を過ごされり 〔定められたる時なり〕と
うなが(カーラシャクティの)により目覚めたる 主は御自身ごじしんの胎内に
物質界の諸要素が け込みたるをおぼゆらる









98

八章 ブラフマー神の誕生


tasyârtha-sûksmâbhinivista-drster
antar-gato 'rtho rajasâ tanîyân
gunena kâlânugatena viddhah
sûsyams tadâbjidyata nâbhi-desât
8-13




御主おんしゅがそれ(胎内の物質要素)注視られると
カーラ(時)はラジョグナ(激性)刺激せり
その影響で諸要素は 一気に活力増大し
御主おんしゅほぞつらぬきて 微細びさいな体が発生す





sa padma-kosah sahasodatisthat
kâlena karma-pratibodhanena
sva-rocisâ tat salilam visâlam
vidyotayann arka ivâtma-yonih
8-14




時が至りしその刹那せつな 発動されし御意思にて
蓮のうてなが出現す 果てなき水(原水)に浮かぶのは
マハーヴィシュヌ(黄金の宇宙卵=主の具象化)御姿おんしなり
素晴らしきその御光みひかりは 太陽のごと輝けり





tal loka-padmam sa u eva visnuh
prâvîvisat sarva-gunâvabhâsam
tasmin svayam vedamayo vidhâtâ
svayambhuvam yam sma vadanti so 'bhût
8-15




斯くのごとくに至上主は おのが顕現ヴィシュヌとて
蓮のうてなはいらると 創造原理多用たようして
スヴァヤンブー(自ら在る者)と呼ばれたる
ブラフマー神を世に出して 聖なる叡智 授けらる(1-1-1参照)








99

八章 ブラフマー神の誕生


tasyâm sa câmbho-ruha-karnikâyâm
avasthito lokam apasyamânah
parikraman vyomni vivrtta-netras
catvâri lebhe 'nudisam mukhâni
8-16




原水上に浮かびたる 蓮華の花の真ん中に
したまいたるブラフマー神 しばし辺りを見回せど
何も見ること出来ざりき 更にまなこを天に向け
四方八方しほうはっぽうめぐらすと たちまつの顔生ず





tasmâd yugânta-svasanâvaghûrna-
jalormi-cakrât salilâd virûdham
upâsritah kanjam u loka-tattvam
nâtmânam addhâvidad âdi-devah
8-17




ユガ終焉しゅうえんの度ごとの 激しき風や洪水に
耐えて咲きたる蓮花に 今や座したるブラフマー神
れどその時ブラフマーは 宇宙創始の本質も
おのれ自身の役割も だ一切を理解せず





ka esa yo 'sâv aham abja-prstha
etat kuto vâbjam ananyad apsu
asti hy adhastâd iha kincanaitad
adhisthitam yatra satâ nu bhâvyam
8-18




ブラフマー神 思索しさくせり 《そもそも吾は誰なるや
何故なぜに蓮華に座したるや 水より出でしこの蓮は
何の支えで浮かぶのか? 水底みなそこに在る〔或るもの〕に
支えられしに相違なし その〔存在〕はそも何ぞ?》








100

八章 ブラフマー神の誕生


sa ittham udvîksya tad-abja-nâla-
nâdîbhir antar-jalam âvivesa
nârvâg-gatas tat-khara-nâla-nâla-
nâbhim vicinvams tad avindatâjah
8-19




斯く熟慮じゅくりょせるブラフマー神 水底にある〔存在〕を
見つけ出さんと意図なされ 蓮華のくき空洞くうどう
内へ入りて降りられり しかれどいくら潜りても
いくら探せど目的の 茎の底には行き着けず





tamasy apâre vidurâtma-sargam
vicinvato 'bhût sumahâms tri-nemih
yo deha-bhâjâm bhayam îrayânah
pariksinoty âyur ajasya hetih
8-20




おのれ自身の本源を 暗闇くらやみのなかさぐるうち
極めて長き〔時〕が過ぐ おおヴィドゥラよ この〔時〕は
三つの相(過去・現在・未来)を流れゆき 時 来たりなば有形ゆうけい(被造物)
肉体を滅ぼして(生者必滅)息を絶つ 主の専権せんけんの武器なりき





tato nivrtto 'pratilabdha-kâmah
sva-dhisnyam âsâdya punah sa devah
sanair jita-svâsa-nivrtta-citto
nyasîdad ârûdha-samâdhi-yogah
8-21




自己の本質 本源を きわめたしとの欲望を
果たせぬままに放棄して ブラフマー神はしかる後
再び蓮の座に戻り 息を調ととの安座あんざして
心をいつに集中し 深き境地に達したり








101

八章 ブラフマー神の誕生


kâlena so 'jah purusâyusâbhi-
pravrtta-yogena virûdha-bodhah
svayam tad antar-hrdaye 'vabhâtam
apasyatâpasyata yan na pûrvam
8-22




而して時が流れゆき 原初にりしブラフマーは
この長き間をひたすらに ヨーガに専注したるなり
やがて内なるフリダヤに 叡智の光 射し込みて
理解しがた真髄しんずいが 次第しだいに姿 顕せり





mrnâla-gaurâyata-sesa-bhoga-
paryanka ekam purusam sayânam
phanâtapatrâyuta-mûrdha-ratna-
dyubhir hata-dhvânta-yugânta-toye
8-23




ブラフマー神はその時に 蓮根はすねのごとくほの白き
巨大なシェーシャ 見たるなり 水面みなもに浮かぶその蛇を
とされし至上主が 静かに休みたまいたり
蛇の頭に飾られし 宝石類の輝きで
あたりの闇は払われて 主の御姿みすがた際出きわだたす





preksâm ksipantam haritopalâdreh
sandhyâbhra-nîver uru-rukma-mûrdhnah
ratnodadhârausadhi-saumanasya
vana-srajo venu-bhujânghripânghreh
8-24




浮かび上がりし至上主は
眼もくらむほど輝きて 黄金こがねの山もひるむほど
きらびやかなるドウティ(腰布)は 黄昏たそがれの空 しのぎたり
頭頂ずちょうを飾る王冠は まばゆく光り輝きて 金の珊瑚さんご色褪いろあせり
ヴァナマーラーの首の花輪は 山野さんやいろどる草花や 自然の美さええさせて
主の御腕みかいな御足おみあしは 竹や樹木じゅもく凌駕りょうがして まこと見事なたくましさ




102

八章 ブラフマー神の誕生


âyâmato vistaratah sva-mâna-
dehena loka-traya-sangrahena
vicitra-divyâbharanâmsukânâm
krta-sriyâpâsrita-vesa-deham
8-25




全三界を包含ほうがんす その広大な主の身体たい
如何な類推るいすい 測定そくていも その表現も出来ぬなり
身に飾られし装身具 衣類でさえも至上主が
装着よそわれてこそ華やかに 多彩な光り 放つなり




pumsâm sva-kâmâya vivikta-mârgair
abhyarcatâm kâma-dughânghri-padmam
pradarsayantam krpayâ nakhendu-
mayûkha-bhinnânguli-câru-patram
8-26




俗世ぞくせに生きる人々は 自分自身の欲のため
苦難の道を歩くなり しかれども主を讃仰さんぎょう
帰依する者を至上主は 深き愛にていつくしみ
蓮華のごとき御足おみあしの 花弁はなびらのごと愛らしき
爪半月つめはんげつ1.を示されて 主の光明を与えらる

1. 爪半月…爪の根元にある乳白色の半月状の部分。
        やがて完全に角化して新しい爪となる。
        帰依者は“先々悟りを得る者”との比喩。





mukhena lokârti-hara-smitena
parisphurat-kundala-manditena
sonâyitenâdhara-bimba-bhâsâ
pratyarhayantam sunasena subhrvâ
8-27




輝く耳環 えて 赤き実(ビンバ)のごと唇や
典雅てんがな眉毛 高き鼻 優しき笑みを浮かべらる
主のかんばせを見る者の 苦悩はすべて除かれる





103

八章 ブラフマー神の誕生


kadamba-kinjalka-pisanga-vâsasâ
svalankrtam mekhalayâ nitambe
hârena cânanta-dhanena vatsa
srîvatsa-vaksah-sthala-vallabhena
8-28




おおいとおしきヴィドゥラよ 御主おんしゅの腰はカダンバの
花の色(黄褐色)した腰布こしぬのや 腰帯こしおびなどで飾られり
胸には愛のしるし(シュリーヴァッツァ=シュリーの為の金の巻き毛)つけ
そして首には貴重なる 真珠の飾り輝けり





parârdhya-keyûra-mani-praveka-
paryasta-dordanda-sahasra-sâkham
avyakta-mûlam bhuvanânghripendram
ahîndra-bhogair adhivîta-valsam
8-29




十四の界を顕現し そをつらぬきてそびえ立つ
大樹の如き至上主の その根のもとは果てしなく
大樹に繁る枝のごと 一千本の主のうで
見事な珠(真珠)で飾られし アームレット(腕輪)が輝けり
更に大樹をアナンタ(蛇王)の 千余の頭被とうひ(3-8-6参照)守りたり




carâcarauko bhagavan-mahîdhram
ahîndra-bandhum salilopagûdham
kirîta-sâhasra-hiranya-srngam
âvirbhavat kaustubha-ratna-garbham
8-30




四辺しへんを水に囲まれし 御主みす孤高ここうの山なりき
動かざるもの動くもの(全生物) 山はそれらの住処すみかにて
そびゆる山はアナンタ(蛇の王)と 親しくむつむ友なりき
カウストゥバの宝石が 御主おんしゅの胸を飾るごと
千の頭頂ずちょうの王冠は 山で採掘さいくつしたる金





104

八章 ブラフマー神の誕生


nivîtam âmnâya-madhu-vrata-sriyâ
sva-kîrti-mayyâ vana-mâlayâ harim
sûryendu-vâyu-agny-agamam tri-dhâmabhih
parikramat-prâchanikair durâsadam
8-31




ヴァナマーラーの花の輪を 首に懸けらるクリシュナに
ヴェーダまといし蜜蜂が 主の栄光を讃美する
その三界を輝かす 壮麗な美は太陽つき
まして風雨や火焔など 近づくことは出来なし





tarhy eva tan-nâbhi-sarah-sarojam
âtmânam ambhah svasanam viyac ca
dadarsa devo jagato vidhâtâ
nâtah param loka-visarga-drstih
8-32




根本原主クリシュナに 宇宙創造たくされし
ブラフマー神は然る時 己れの周り見渡せど
御主おんしゅほぞに生じたる 蓮華と水と風と空
これらの他に何物も 創造の資は見あたらず





sa karma-bîjam rajasoparaktah
prajâh sisrksann iyad eva drstvâ
astaud visargâbhimukhas tam îdyam
avyakta-vartmany abhivesitâtmâ
8-33




御主おんしゅの御意思 戴きし ブラフマー神はこの宇宙
ラジャス(激性)さがを支配して 創造せんと思い立つ
然れどもその活動の 種子しゅしとなるべき材料は
余りに寡少かしょう 微量びりょう(前節参照) すべもなきブラフマー神
御主みすを心に固定して ただひたすらに懇願す



第八章 終了

105