十章 ブラフマー神 十種の創造を語る

第十章【ブラフマー神 十種の創造を語る】
vidura uvaca
antarhite bhagavati
brahma loka-pitamahah
prajah sasarja katidha
daihikir manasir vibhuh
10-1





ヴィドゥラは斯く述べにけり
「宇宙創造託されし 人類の祖のブラフマー神
根本原主クリシュナが 姿消されしそのあとに
おの身体からだや心から 如何に造物ぞうぶつなされしや


ye ca me bhagavan prstas
tvayy artha bahuvittama
tan vadasvanupurvyena
chindhi nah sarva-samsayan
10-2




おお偉大なる聖仙よ 聖なるグルの叡智にて
造化ぞうかみょうのそのすべて 順次じゅんじにお説きたまえかし
己が心の蒙昧もうまいを 跡形あとかたもなく粉砕ふんさい
清明せいめいの気にみつことを い願わくばかなえあれ」


suta uvaca
evam sancoditas tena
ksattra kausaravir munih
pritah pratyaha tan prasnan
hrdi-sthan atha bhargava
10-3





≪聖仙スータ語られる≫ 斯くの如くにヴィドゥラに
問われし聖者 クシャールの息子(マイトレーヤ)
この上もなく喜ばれ おおブリグ師の末裔まつえい
ヴィドゥラの疑問 晴らさんと こと こまやかに語られり


121

十章 ブラフマー神 十種の創造を語る

maitreya uvaca
virinco 'pi tatha cakre
divyam varsa-satam tapah
atmany atmanam avesya
yathaha bhagavan ajah
10-4





マイトレーヤは述べられり
「ブラフマー神はしかる後 不生ふしょう御主みすの意のままに
天上界の百年を 根原神に専注し
厳しき苦行なされたり


tad vilokyabja-sambhuto
vayuna yad-adhisthitah
padmam ambhas ca tat-hala-
krta-viryena kampitam
10-5




ブラフマー神は然る時 原水上に浮かびたる
おのが生まれし蓮華はすばなが 〔時〕の定め(カルパの終わり)で吹きすさ
風や波浪はろうに揺れ動き いと憐れなるさま見らる



tapasa hy edhamanena
vidyaya catma-samsthaya
vivrddha-vijnana-balo
nyapad vayum sahambhasa
10-6




厳しき苦行そしてまた 主のマントラの朗誦で
ブラフマー神の内に在る 叡智と力 弥増いやまさ
逆巻さかまく波と吹く風を 一気いっきに飲みてしずめらる








122

十章 ブラフマー神 十種の創造を語る

tad vilokya viyad-vyapi
puskaram yad-adhisthitam
anena lokan prag-linan
kalpitasmity acintayat
10-7




己が座したる蓮花はすばなが 天空高く達せしを
ご覧になりしブラフマー神
先のカルパの終焉しゅうえんに 沈没したる全宇宙
在りしがままに創らんと 主の御力みちからを祈願さる


padma-kosam tadavisya
bhagavat-karma-coditah
ekam vyabhanksid urudha
tridha bhavyam dvi-saptadha
10-8




主に創造をうながされ ブラフマー神はさま
蓮の花萼かがくに入り給い その巨大なる蓮花はすばな
十四じゅうしの界に分けんとて まず三界に分けられり


etavan jiva-lokasya
samstha-bhedah samahrtah
dharmasya hy animittasya
vipakah paramesthy asau
10-9




斯く分けられし三界(地・空・天)は ジーヴァが行為する界と
ダルマに於いて定められ 与えられたる区域なり
そして宇宙の創造主 ブラフマー神の住む界は
 自我(エゴ)なき行為 成し遂げし 最高級の者の界(サティヤローカ)







123

十章 ブラフマー神 十種の創造を語る

10-10
vidura uvaca
yathattha bahu-rupasya
harer adbhuta-karmanah
halakhyam laksanam brahman
yatha varnaya nah prabho




ヴィドゥラは斯くいしなり
「おお聖仙よ 吾が師父しふよ 多様な姿 顕現し
稀有けうなる行為なす御主みすの 〔時〕と呼ばれる御力みちから
吾等にくと詳細しょうさいを 説きて御教示ごきょうじたまえかし」


10-11
maitreya uvaca
guna-vyatikaraharo
nirviseso 'pratisthitah
purusas tad-upadanam
atmanam lilayasrjat




マイトレーヤは述べられり
「その属性や形状は 無顕現にて無住むじゅうなり
主はこのカーラ(時)多用して 自分自身を顕現し
宇宙創始の資源とされり


10-12
visvam vai brahma-tan-matram
samsthitam visnu-mayaya
isvarena paricchinnam
halenavyakta-murtina



ブラフマー神の(マハーラヤ)あいだ 宇宙のすべてことごとく
マーヤーにより支配され 主の胎内に眠りたり
やがて御主おんしゅめられし 〔時〕が到りて静態せいたい
まどろみめし諸要素は 宇宙再現 成し遂げり




124

十章 ブラフマー神 十種の創造を語る

10-13
yathedanim tathagre ca
pascad apy etad idrsam


斯くのごとくに今ここに 現に宇宙が在るごとく
過去にも在りてそしてまた 未来にわたり続くらん




10-14
sargo nava-vidhas tasya
prakrto vaikrtas tu yah
hala-dravya-gunair asya
tri-vidhah pratisankramah



而して宇宙創造は プラクリティ(根本原質)開展かいてん
九種の部位で構成す
そして宇宙の帰滅きめつには カーラ(時)ブータ(物質要素)とトリグナの
三種の部位が働けり




10-15
adyas tu mahatah sargo
guna-vaisamyam atmanah
dvitiyas tv ahamo yatra
dravya jnana-kriyodayah



先ず第一の創造は 御主おんしゅの深き御意思にて
プラクリティに含まれる グナの均衡きんこう 破られり
而してマハト タットヴァが 次いで多様を意図なされ
アハンカーラ(個我=ジーヴァ)が顕現し 個我が活動するための
物質界を創るため 三つのグナ(サットヴァ・ラジャス・タマス)が発生す




125

十章 ブラフマー神 十種の創造を語る

10-16
bhuta-sargas trtiyas tu
tan-matro dravya-saktiman
caturtha aindriyah sargo
yas tu jnana-kriyatmakah



物質界の創造の 第三番は五唯ごゆい(タンマートラ)にて
而してブータ(五大元素)発生す
四番目には感覚の 器官が生れしかる後
行為器官が発生し 個我の活動始りぬ


10-17

vaihariko deva-sargah
pancamo yan-mayam manah
sasthas tu tamasah sargo
yas tv abuddhi-krtah prabhoh



五番目にはサットヴァの グナより生まる支配神(十柱神)
同じくサットヴァグナからは マナス(心)が発生したるなり
タマスグナより派生はせいせる 無知蒙昧むちもうまいは六番目
個我(ジーヴァ)のマナスをまどわせる


10-18
sadime prakrtah sarga
vaikrtan api me srnu
rajo-bhajo bhagavato
lileyam hari-medhasah



これら六種の創造は プラクリティ(根本原質)派生はせいにて
ブラフマー神はラジョグナ(激性)を 帯びて宇宙を創られり
これらすべての創造は 御主みすの聖なる御事績じせき






126

十章 ブラフマー神 十種の創造を語る

10-19
saptamo mukhya-sargas tu
sad-vidhas tasthusam ca yah
vanaspaty-osadhi-ata:
tvaksara virudho drumah



而して後の七番目 主要な六種 創られり
動かざるもの草木そうもくや 他に依存する蔓草つるくさ
あしや稲など管束種かんそくしゅ つた花木はなき果樹かじゅの類



10-20
utsrotasas tamah-praya
antah-sparsa visesinah

上に向かいて伸びてゆく これら多くの植物は
無自覚にして意識なく 内部にひそ触覚しょっかく
僅かに保有するのみで 個々に多様に生息せいそく



10-21
tirascam astamah sargah
so 'stavimsad-vidho matah
avido bhuri-tamaso
ghrana jna hrdy avedinah



八番目なる創造は 二十八種に分けられる
生きる力が水平に 流れて育つ動く物(4足獣)
これらすべては無知にして 識別心は皆無かいむなり
極く僅かなる感情と 嗅覚による本能で
生命いのちつなぐこととなる






127

十章 ブラフマー神 十種の創造を語る

10-22
gaur ajo mahisah krsnah
sukaro gavayo ruruh
dvi-saphah pasavas ceme
avir ustras ca sattama



山羊やぎ 豚やバッファロー
黒き羚羊かもしか ガヴァヤ(牛に似た生き物) ルル(鹿の一種)
そして羊や駱駝らくだなど おお徳高き良き者よ
二つに割れたひづめもつ これらを分類されたもう


10-23
kharo 'svo 'svataro gaurah
sarabhas camari tatha
ete caika-saphah ksattah
srnu panca-nakhan pasun



いでロバ 馬 ラバ ガウラ(白い鹿)
シャラバ(鹿の一種) 犂牛りぎゅう(まだら牛)動物は
一つのひづめ持つ部類 おおヴィドゥラよ聞くがいい
次いで五つの爪を持つ 動物たちを語る故



10-24
sva srgalo vrko vyaghro
marjarah sasa-sallakau
simhah kapir gajah kurmo
godha ca makaradayah



それらは犬やジャッカルや おおかみ とらや猫 うさぎ
身体たいとげ持つハリネズミ 獅子しし 猿 象やイグアナや
わになどの 動物ぞ





128

十章 ブラフマー神 十種の創造を語る

10-25
kanka-grdhra-baka-syena-
bhasa-bhalluka-barhinah
hamsa-sarasa-cakra hva-
kakolukadayah khagah



そしてさぎ わし きじたか
バーサ(猛禽の一種) バルーカ 孔雀くじゃくなど
白鳥はくちょうやまたつる 鵞鳥がちょう からす ふくろうそれなどは
空飛ぶ鳥のたぐいなり


10-26
arvak-srotas tu navamah
ksattar eka-vidho nrnam
rajo 'dhihah karma-para
duhkhe ca sukha-maninah



ヴィドゥラよなる創造は 吾等の祖先 人間ぞ
ただ一種のみ存在し 気は上部から下方へと 流れくだるが定めなり
そしてラジャス(激性)さがゆえに よく活発に行動し
快楽けらく求めてそのゆえに 苦労の因を作るなり


10-27

vaikrtas traya evaite
deva-sargas ca sattama
vaiharikas tu yah proktah
kaumaras tubhayatmakah



おお徳高きヴィドゥラよ これらみっつの創造(植物・動物と鳥・人間)
これから語る神々は ブラフマー神の派生はせいなり かつて語りし感官を
べる神(十柱の神)はサットヴァ(プラクリティが転変した純性グナ)から
そして聖仙サナカは 両方のさが(プラクリティとブラフマー神)有すなり





129

十章 ブラフマー神 十種の創造を語る
10-28・29
deva-sargas casta-vidho
vibudhah pitaro 'surah
gandharvapsa rasah siddha
yaksa-raksamsi caranah

bhuta-preta-pisacas ca
vidyadhrah kinnaradayah
dasaite vidurakhyatah
sargas te visva-srk-krtah






天上界の創造は 八種からなる構成で
神々 ピトリ(祖霊) アスラ(悪魔)たち
ガンダルヴァ(天国の音楽家)とアプサラス(天界の踊り子)
シッダ(霊能者) ヤクシャ(夜叉)と ラークシャサ(羅刹)

チャーラナ(天国の吟遊詩人) ブータ(亡霊) プレータ(精霊・死霊)
ヴィディヤーダラや ピシャーチャ(悪霊)
そしてキンナラ キムプルシャ アシュワムカなど造られり
おおヴィドゥラよ今ここに 宇宙全ての創造者
御主みすの十種の創造の すべてをなれに語りたり

10-30
atah param pravaksyami
vamsan manvantarani ca
evam rajah-plutah srasta
kalpadisv atmabhur harih
srjaty amogha-sankalpa
atmaivatmanam atmana




さてこの後はマヌの期の 系譜けいふを語り聞かすらん
とくと語りて来し如く 根原神は御意思にて
カルパ カルパの始まりに 宇宙創造なさるなり
主は激性げきせい(ラジャス)まとわれて 御自おんみずからを顕され
 ブラフマー神の姿にて 具象ぐしょうの界を造られる」


第十章 終了

130