十二章 ブラフマー神による宇宙創造


第十二章【ブラフマー神による宇宙創造】




maitreya uvaca
iti te varnitah ksattah
halakhyah paramatmanah
mahima veda-garbho 'tha
yathasraksin nibodha me
12-1





マイトレーヤは述べられり
「おおヴィドゥラよ今ここに 〔時〕という名の至上主の
類なき力 話したり いでそなたにかたらうは
ブラフマー神がこの宇宙 創造されし経緯けいいなり




sasarjagre 'ndha-tamisram
atha tamisram adi-krt
mahamoham ca moham ca
tamas cajnana-vrttayah
12-2




ブラフマー神は手始めに 次なる無知を作られり
死後を認めぬ(転生を認めず、死を全ての終焉とする無知) 迷妄めいもう
憤怒ふんぬ 惑溺わくでき(欲望に溺れる無知) 誤謬ごびゅう(真理を錯覚する無知)なり
そしておの(個我=分魂)を知らぬ無知




drstva papiyasim srstim
natmanam bahv amanyata
bhagavad-dhyana-putena
manasanyam tato 'srjat
12-3




ブラフマー神はしかれども
これら邪悪な創造を 為した己れを喜べず
ひたすら御主みすを瞑想す
しかしてマナス浄化され 次ぎなる創造 為されたり





145

十二章 ブラフマー神による宇宙創造


sanakam ca sanandam ca
sanatanam athamabhuh
sanat-kumaram ca munin
niskriyan urdhva-retasah
12-4




しかしてサナカ サナンダと サナトクマーラ サナータナ
四人の聖者 生みださる しかれどもこの四人よったり
禁欲守る誓い立て 俗の活動 皆無かいむなり





tan babhase svabhuh putran
prajah srjata putrakah
tan naicchan moksa-dharmano
vasudeva-parayanah
12-5




ブラフマー神はその子等に 〈おおいとおしき息子らよ
今から後にそなた等は 多くの子孫 生みやし
地に充ち満ちるもととなれ〉 斯く望まれどサナカ等は
ひたすら御主みす傾注けいちゅうし 禁欲ののり 遵守じゅんしゅせり






so 'vadhyatah sutair evam
pratyakyatanusanaih
krodham durvisaham jatam
niyatum upacakrame
12-6




ブラフマー神は息子らに 父の指令を無視されて
憤怒ふんぬの想い込み上げり ブラフマー神はしかれども
強く理性を働かせ その憤激ふんげき抑制よくせい










146

十二章 ブラフマー神による宇宙創造

dhiya nigrhyamano 'pi
bhruvor madhyat prajapteh
sadyo 'jayata tan-manyuh
kumaro nila-lohitah
12-7



ブラフマー神は斯くのごと 強き怒りをしずめたり
にもかかわらずその怒り 暗赤色あんせきしょく身体からだもつ
少年の姿に変身し (ブラフマー神)眉間みけんから生じたり





sa vai ruroda devanam
purvajo bhagavan bhavah
namani kuru me dhatah
sthanani ca jagad-guro
12-8




その少年は神々の その劈頭へきとうに生まれたる
最もすぐる神なるが も悲しげに叫びたり
〈ああ造物主ぞうぶつしゅ 父上よ 吾に名前を与えあれ
しかして住まい たまわれ〉と





iti tasya vacah padmo
bhagavan paripalayan
abhyadhad bhadraya vaca
ma rodis tat karomi te
12-9




蓮の花から生まれたる ブラフマー神は斯くのごと
吾が子なだめて申されり
〈おおいとし子よ 泣くなかれ そなたの願い聞き入れて
ただちに望み叶えなん











147

十二章 ブラフマー神による宇宙創造


yad arodih sura-srestha
sodvega iva balakah
tatas tvam abhidhasyanti
namna rudra iti prajah
12-10




激しく泣いて叫ぶゆえ
[ルドラ](咆哮する者)との名与えよう







hrd indriyany asur vyoma
vayur agnir jalam mahi
suryas candras tapas caiva
sthanany agre krtani te
12-11




心 感官 プラーナ(気息)
五大元素(空・風・火・水・地)と太陽と
月と苦行の一切いっさいが すべてそなたの住居すまいなり







manyur manur mahinas
mahan chiva rtadhvajah
ugrareta bhavah kalo
vamadevo dhrtavratah
12-12




そしてそなたはこの他に
マニュ マヌ マハーン マヒナサや
シヴァ リタドワジャ バヴァ カーラ
ウグラレーターそしてまた ヴァーマデーヴァと呼ばれたり
ドリタヴァラタの名称で 多くの人に呼ばるらん










148

十二章 ブラフマー神による宇宙創造


dhir dhrti-rasaloma ca
niyut sarpir ilambiha
iravati svadha diksa
rudranyo rudra te striyah
12-13




ディー ヴィリッティ ウシャナーや
ウマー サルピー ニユト スダー
イラーヴァティーや アンビカー(パールヴァティー)
ディークシャー イラー この者ら すべて御身おんみ(ルドラ)の妻にして
ルドラニー(Rudra神の妃)よ!と呼ばるらん





grhanaitani namani
sthanani ca sa-yosanah
ebhih srja praja bahvih
prajanam asi yat patih
12-14




これらの住居すまい 数多あまたの名 そして妻らを受け入れて
多くの子孫 やすべし
何故なぜかといえば御身おんみこそ 被造ひぞうの者のあるじゆえ〉






ity adistah sva-guruna
bhagavan nila-lohitah
sattvakrti-svabhavena
sasarjatma-samah prajah
12-15




創造にな尊父そんぷより 斯くのごとくに命じられ
暗赤色の肌を持つ その息子はそれを拝受はいじゅせり
そして己れに類似るいじした 強き力と外観と
本性ほんしょうを持つ子供等を 数多あまた誕生させにけり







149

十二章 ブラフマー神による宇宙創造


rudranam rudra-srstanam
samantad grasatam jagat
nisamyasankhyaso yuthan
prajapatir asankata
12-16




しかるにこれら ルドラより 生みだされたる子供等が
おの(ブラフマー神)創造つくりし万物を 手当り次第壊すのを
知覚なされしブラフマー神 きわめて憂慮ゆうりょなされたり





alam prajabhih srstabhir
idrsibhih surottama
maya saha dahantibhir
disas caksurbhir ulbanaih
12-17




〈おお神々の長老ちょうろう(ルドラ)よ 最早もはやそなたは斯くのごと
子等を生む事ならぬなり そなたが生みし子供等は
炎の如きまなこして 吾(ブラフマー神)創造つくりしこの宇宙
そして祖父そふなるこのわれを 焼き尽くさんとせるなり





tapa atistha bhadram te
sarva-bhuta-sukhavaham
tapasaiva yatha purvam
srasta visvam idam bhavan
12-18




そなたに<恵みあれかし>と ひたすら御主みすに願うなり
なれは全ての生物の 多幸たこう願いて苦行せよ
そこなわれたるこの宇宙 かつてのままに創造つくすべ
苦行以外に手立てなし









150

十二章 ブラフマー神による宇宙創造


tapasaiva param jyotir
bhagavantam adhoksajam
sarva-bhuta-guhavasam
anjasa vindate puman
12-19




斯くのごとくに人間は ひたすら苦行することで
全ての物の内奥ないおう(フリダヤ)に 住みたまいたる最高の
光輝に充ちる至上主に 近づくことが出来得できうる〉」と




maitreya uvaca
evam atmabhuvadistah
parikramya giram patim
badham ity amum amantrya
vivesa tapase vanam
12-20





マイトレーヤは続けらる
「ルドラは吾を生じたる ブラフマー神に斯くのごと
指示を受けるとたちまちに 苦行を固く約定し
父の周りを経巡へめぐりて 尊敬の意を表すや
いとまげてひっそりと 森に向かいて旅立ちぬ




athabhidyayatah sargam
dasa putrah prajajnire
bhagavac-chakti-yuktasya
loka-santana-hetavah
12-21




主のシャクティを戴きし ブラフマー神はその後に
宇宙を発展させるため 十人の息子を造られり













151

十二章 ブラフマー神による宇宙創造


maricir atry-angirasau
pulastyah pulalah kratuh
bhrgur vasistho daksas ca
dasamas tatra naradah
12-22




マリーチ アトリ アンギラス
プラハ クラトゥ プラスティヤ
ブリグ ヴァシシュタ ダクシャなど
そして最後(十番目)の誕生は 著名ちょめいな聖者 ナーラダ仙





utsangan narado jajne
dakso 'ngusthat svayambhuvah
pranad vasisthah sanjato
bhrgus tvaci karat kratuh
12-23




最高のリシ ナーラダは ブラフマー神の腰部ようぶ(~膝)から
ダクシャは右の親指で プラーナ(気息)からはヴァシシュタが
ブリグは皮膚でクラトゥは ブラフマー神の両手もろてから
誕生せりと言わるなり





pulaho nabhito jajne
pulastyah karnayor rsih
angira mukhato 'ksno 'trir
maricir manaso 'bhavat
12-24




ブラフマー神のほぞからは 聖者プラハが誕生し
耳からしょうずプラスティヤ 口からまるアンギラス
眼からいたる聖アトリ そして聖仙マリーチは
ブラフマー神のマナスから 誕生せりと言わるなり









152

十二章 ブラフマー神による宇宙創造


dharmah stanad daksinato
yatra narayanah svayam
adharmah prsthato yasman
mrtyur loka-bhayankarah
12-25




ブラフマー神の右胸は ナーラーヤナの父である
ダルマが顕現したるとこ
人が恐れる死神を 生みいだしたるアダルマは
ブラフマー神の背中から この世に誕生したるなり




hrdi kamo bhruvah krodho
lobhas cadhara-dacchadat
asyad vak sindhavo medhran
nirrtih payor aghasrayah
12-26




ブラフマー神の心(心的活動の座)から
顕われたるは愛の神(カーマ)
眉毛まゆひげからは憤激ふんげきが 下唇すけぐちからは欲望が
そして口から言の葉が 男根からは海洋が
全ての罪の支配者(ニルリティ)は 肛門からの生れなり




chayayah kardamo jajne
devahutyah patih prabhuh
manaso dehatas cedam
jajne visva-krto jagat
12-27




デーヴァフーティおっとなる まことすぐれしカルダマは
ブラフマー神のかたちから あらわれいでし聖者なり
斯くのごとくに諸々もろもろは ブラフマー神の心から
そして或いは身体からだから すべて誕生したるなり









153

十二章 ブラフマー神による宇宙創造


vacam duhitaram tanvim
svayambhur haratim manah
ahamam cakame ksattah
sa-hama iti nah srutam
12-28




ブラフマー神は ヴィドゥラよ 事もあろうに吾が娘
サラスワティーに魅入みいられて 強き欲望 抱きたり
されどヴァーク(言葉を司る女神=サラスワティー)一向いっこう
こたえる気配けはい 見せざると 吾は伝聞でんぶんしたるなり




tam adharme krta-matim
vilokya pitaram sutah
marici-mukhya munayo
visrambhat pratyabodhayan
12-29




斯くのごとくに父親が 不徳な想いいだきしを
仄聞そくぶんしたるマリーチや 他の息子等は敬意こめ
次のごとくに申したり





naitat purvaih krtam tvad ye
na karisyanti capare
yas tvam duhitaram gaccher
anigrhyangajam prabhuh
12-30




〈おお父上よ が父よ 敬してまぬ御父おんちち
が生みしうるとは まこと由々ゆゆしきことなりき
前のカルパのブラフマーも これから後のブラフマーも
決してさぬ行為よと 吾等われらは深くうれうなり










154

十二章 ブラフマー神による宇宙創造


tejiyasam api hy etan
na suslokyam jagad-guro
yad-vrttam anutisthan vai
lokah ksemaya kalpate
12-31




世界の師たる父上よ かかる行為は英明で
具眼ぐがんなる御方おんかたの 踏むべき道で なかりけり
被造されたる者は皆 造物ぞうぶつしゅ(ブラフマー神)追随ついずい
ならいて道をくことが さちすべと思うゆえ




tasmai namo bhagavate
ya idam svena rocisa
atma-stham vyanjayam asa
sa dharmam patum arhati
12-32




おのが内なる光明を おのれ自身で顕示せる
まことすぐれし父君に 帰命頂礼奉きみょうちょうらいたてまつ
斯く崇敬すうけい御方おんかたに どうぞダルマの法則を
遵守じゅんしゅされよ>と願うなり〉




sa ittham grnatah putran
puro drstva prajapatin
prajapati-patis tanvam
tatyaja vriditas tada
tam diso jagrhur ghoram
niharam yad vidus tamah
12-33






斯くのごとくに面前めんぜんで 己が生みたる息子等に
そのアダルマをいさめらる 造物主ぞうぶつしゅたるブラフマーは
この道ならぬ(不道徳な)妄想もうそう は 無明むみょうの闇(タマス)知覚ちかくして
直ちに想い捨て去ると 迷妄めいもうすべて霧散むさんせり








155

十二章 ブラフマー神による宇宙創造


kadacid dhyayatah srastur
veda asams catur-mukhat
katham sraksyamy aham lokan
samavetan yatha pura
12-34




ブラフマー神は然る時 先のカルパのそのままに
宇宙組成うちゅうそせいす仕組み  如何いかにやせんと思案さる
すると四面しめん(4つある顔)口辺くへんから 四つのヴェーダ 生じたり





catur-hotram karma-tantram
upaveda-nayaih saha
dharmasya padas catvaras
tathaivasrama-vrttayah
12-35




そして四人の祭官が 遂行すべき供儀や義務
それらの仕組 教義など ヴェーダの補遺ほいや論理学
ダルマの基本そしてまた よっつの住期じゅうき(アーシュラマ)その責務
 それらすべての詳細しょうさいが その口辺くへんから生じたり」





vidura uvaca
sa vai visva-srjam iso
vedadin mukhato 'srjat
yad yad yenasrjad devas
tan me bruhi tapo-dhana
12-36





ヴィドゥラは斯く訊ねたり
「おお苦行者(マイトレーヤ)よ説き給え 宇宙創造なされたる
ブラフマー神が語られし ヴェーダその他の真髄は
四つの口のいずれから 発せられたるものなるや
願わくばその詳細を <教えたまえ>とうるなり」







156

十二章 ブラフマー神による宇宙創造


maitreya uvaca
rg-yajuh-samatharvakhyan
vedan purvadibhir mukhaih
sastram ijyam stuti-stomam
prayascittam vyadhat kramat
12-37





マイトレーヤは述べられり
「ブラフマー神はリグ ヤジュル サーマ アタルヴァこのつの
ヴェーダ叡智の名称を 東のくちを始めとし 順次発声なされたり
そしてそののち順番に シャーストラ(経典)とかイジヤー(祭祀職の祭式)
ストゥティストーマ(讃歌)そしてまた プラーヤシチッタ(贖罪)を発せらる




ayur-vedam dhanur-vedam
gandharvam vedam atmanah
sthapatyam casrjad vedam
kramat purvadibhir mukhaih
12-38




アーユルヴェーダ(医術) ダヌルヴェーダ(弓術)
スタハーパトヤ(建築学) ガーンダルヴァ(音楽)
東の口から順番に これらよっつが発せらる




itihasa-puranani
pancamam vedam isvarah
sarvebhya eva vaktrebhyah
sasrje sarva-darsanah
12-39




すべての叡智 知覚する ブラフマー神はこの後に
四つの口のすべてから 第五ヴェーダと呼ばれたる
古譚こたん 叙事詩じょじしを次々と すべて放出ほうしゅつなされたり












157

十二章 ブラフマー神による宇宙創造


sodasy-ukthau purva-vaktrat
purisy-agnistutav atha
aptoryamatiratrau ca
vajapeyam sagosavam
12-40




更に祭祀を二つずつ 順次 放出なされたり
まずは東の口からは ショーダシーとウクタなり
いで南の口からは アグニシュトタオ プリーシー
アープトーリャーマ アティラートラ これらは西の口からで
ヴァージャペーヤとゴーサヴァは 北の口から生まれたり




vidya danam tapah satyam
dharmasyeti padani ca
asramams ca yatha-sankhyam
asrjat saha vrttibhih
12-41




ブラフマー神は然るのち
ヴィディヤー(学問)ダーナ(布施)そしてまた
タパス(苦行)サティヤ(真実)善法ぜんほう(ダルマ)
アーシュラマ(四住期)など生きる道 事細ことこまやかに発せらる




savitram prajapatyam ca
brahmam catha brhat tatha
varta sancaya-salina-
siloncha iti vai grhe
12-42




聖紐せいちゅうの儀を行いし ブラフマチャリヤ(学生期)にある者は
一年間の禁欲(プラージャーパティヤ)
ヴェーダを学ぶその期間(ブラーフマ)
また生涯の禁欲(ブリハト)の 誓いを個々にたてるなり
そして次なる家長期かちょうきは ヴェーダ認可の職業(ヴァールター)
生計立てる義務(サンチャヤ)を持ち
自然に手にる物を食べ(シャーリーナ)
落穂おちぼを拾いそして又 供儀の残余ざんよで生きる(シローンチャ)なり


158

十二章 ブラフマー神による宇宙創造


vaikhansa valahilyau-
dumbarah phenapa vane
nyase kutcakah purvam
bahvodo hansa-niskriyau
12-43




森の高貴な隠者いんじゃ(林住期にある者=ヴァイカーナサ)
ほしい(干し飯=保存食)であれど備蓄せず(ヴァーラキリヤ)
ごのみせず偶然に 手に入りし物 食したり(アウドゥンバラ)
木から自然に落ちしを 食べて生きゆく(フェーナパ)聖者なり
各地巡りて乞食こつじき(食を得る)し 帰依する者を浄化する
世俗のすべて放棄した 遊行期ゆぎょうき(クティーチャカ)にある解脱者げだつしゃ
パラマハンサ(ハンサニシュクリヤ=ジーヴァン・ムクタ)と呼ばるなり




anviksiki trayi varta
danda-nitis tathaiva ca
evam vyahrtayas casan
pranavo hy asya dahratah
12-44




ブラフマー神は斯くのごと 四住期につき述べし後
形而上的論理学けいじじょうてきろんりがく(アーンヴィークシキー)
生計立てる職(ヴァールター)の智や
法と秩序と政治学(ダンダニーティ) これら聖知を発せられ
ブラフマー神の心(フリダヤ)から 聖音せいおんオーム(プラナヴァ)流れ出ず




tasyosnig asil lomabhyo
gayatri ca tvaco vibhoh
tristum mamsat snuto 'nustub
jagaty asthnah prajapateh
12-45




そしてヴェーダの韻律いんりつ(ウシュニク)
ブラフマー神の体毛で ガーヤトリーは皮膚なりき
トリシュトゥブの韻律は 造物神(ブラフマー神)の肉からで
アヌシュトゥブはけんなりき
ジャガティーなる韻律は 骨からまると伝えらる

159

十二章 ブラフマー神による宇宙創造


majjayah panktir utpanna
brhati pranato 'bhavat
12-46


ブラフマー神のずいからは パンクティなる韻律いんりつ
ブリハティーなる韻律は 気息いきみしと言わるなり





sparsas tasyabhavaj jivah
svaro deha udahrta
usmanam indriyany ahur
antah-stha balam atmanah
svarah sapta viharena
havanti sma ptajapateh
12-47






ブラフマー神の個魂ここんから 子音しいんスパルシャ(閉鎖音と鼻音)発生し
その身体からだから母音ぼいん(スヴァラ)生む
インドリヤから歯擦音しさつおん(ウースマーナム)
能力からは半母音はんぼいん(アンタフスタ)
ブラフマー神の修行から 七音階が生じたり





sabda-brahmatmanas tasya
vyaktavyaktatmanah parah
brahmavabhati vitato
nana-sakty-upabrmhitah
12-48




未顕みけんのものを顕現す 卓越したるブラフマー神
ヴェーダの智慧をおんとして 斯くのごとくに顕示けんじさる
斯くも多様な力もつ ブラフマー神の背後はいごには
絶対的な全能者 至上の御主みす御座おわすなり








160

十二章 ブラフマー神による宇宙創造


tato 'param upadaya
sa sargaya mano dadhe
12-49


息子に無明(タマス) いさめられ 直ちにサットヴァ受け入れし
ブラフマー神は然る後 心をいつ専注せんちゅうし 宇宙創造いそしまる






rsinam bhuri-viryanam
api sargam avistrtam
jnatva tad dhrdaye bhuyas
cintayam asa kaurava
12-50




しかれどもああヴィドゥラよ ブラフマー神が期待して
多くのすぐる力持つ 息子らに創造たくされど
その願望は遅々ちちとして 進捗しんちょくを見ることはなし
ブラフマー神はそれゆえに しばし熟考じゅっこうなされたり






aho adbhutam etan me
vyaprtasyapi nityada
na hy edhante praja nunam
daivam atra vighatakam
12-51




《ああ何という事ならん 吾は今迄一筋に
万有扶育ばんゆうふいく 望みしに  が息子らは一向いっこう
それに応える気配なし かかる事態が起きるのは
御主みすの御意思にかなわざる 何かがあるに相違なし》










161

十二章 ブラフマー神による宇宙創造


evam yukta-krtas tasya
daivam caveksatas tada
kasya rupam abhud dvedha
yat kayam abhicaksate
12-52




斯くの如くに思索しさくした ブラフマー神はひたすらに
至上の御主みす傾注けいちゅうし 深く瞑想なされたり
するとその時 御自身の けい(姿)が二つに分かれたり
故に有形うけい人体じんたい
カーヤ(ブラフマー神=ka神に関する者)の名にて呼ばるなり




tabhyam rupa-vibhagabhyam
mithunam samapadyata
12-53


斯くのごとくに分けられし 一対いっついをなす身体しんたい
〔男性〕そして〔女性〕とて 二つのせいを表現す





yas tu tatra puman so 'bhun
manuh svayambhuvah svarat
stri yasic chatarupakhya
mahisy asya mahatmanah
12-54




ブラフマー(神)からせいけし 二人のうちの男性は
スワーヤンブヴァ マヌの名で 人類の祖となりにけり
そして女性はその伴侶はんりょ シャタルーパー(妃)と呼ばるなり




tada mithuna-dharmena
praja hy edham babhuvire
12-55


しこうしてのち人類は 二つの性が交りて
種の繁栄をもたらすと ダルマによりて定めらる




162

十二章 ブラフマー神による宇宙創造


sa capi satarupayam
pancapatyany ajijanat
priyavratottanapadau
tisrah kanyas ca bharata
akutir devahutis ca
prasutir iti sattama
12-56






偉大な魂のヴィドゥラよ
スワーヤンブヴァ(マヌ) シャタルーパー(王妃)
この夫婦めおとには二人の息子 ウッターナパーダ プリヤヴラタ
そして三人みたりの娘たち アークーティとプラスーティ
デーヴァフーティ授けらる





akutim rucaye pradat
kardamaya tu madhyamam
daksayadat prasutim ca
yata apuritam jagat
12-57




マヌは長女のアークーティ 聖仙ルチにとつがせて
デーヴァフーティ次女なる 聖カルダマにかせたり
そして三女のプラスーティ 聖者ダクシャと妻合めあわせる
三人みたりらはそれぞれに プラジャーパティ(造物者)げて
多くの子孫生み育て その後裔こうえいは世にてる」



第十二章 終了









163