一巻 十三章 ドリタラーシュトラの開眼かいげん
第十三章【ドリタラーシュトラの開眼かいげん
13-1
sûta uvâca
viduras tîrtha-yâtrâyâm
maitreyâd âtmano gatim
jn'âtvâgâd dhâstinapuram
tayâvâpta-vivitsitah
≪聖仙スータ語られる≫
ドリタラーシュトラ弟の ヴィドゥラは聖地せいち巡礼じゅんれい
マイトレーヤ聖者から 悟得ごとくの道を教えられ
希求ききゅうせしことすべて得て ハスティナープラへ帰り
13-2
yâvatah kritavân pras'nân
kshattâ kaushâravâgratah
jâtaika-bhaktir govinde
tebhyas' copararâma ha
マイトレーヤの面前めんぜんで 多くの問答もんどうなすうちに
ヴィドゥラは御主おんしゅクリシュナに 絶対の帰依つちかいて
(マイトレーヤ)御前ごぜんから退去たいきょせり
13-3 ・4
tam bandhum âgatam drishthvâ
dharma-putrah sahânujah
dhritarâshthro yuyutsus' ca
sûtah s'âradvatah prithâ

gândhârî draupadî brahman
subhadrâ cottarâ kripî
anyâs ca jâmayah pândor
jn'âtayah sasutâh striyah
ああバラモンよ聞きたまえ
久方ひさかたぶりに王宮に 帰り来たりし彼(ヴィドゥラ)を見た
親しきえんにつながりし ユディシュティラと弟ら
ドリタラーシュトラ サーティヤキ(ユユツ)
158

一巻 十三章 ドリタラーシュトラの開眼かいげん
サンジャヤ クリパ クンティー妃
ドラウパディーやガーンダーリー
ウッタラー クリピー スバドラー
その他の者やその妻ら パーンダヴァ家の親戚や
息子を連れし婦人たち
13-5
pratyujjagmuh praharshena
prânam tanva ivâgatam
abhisangamya vidhivat
parishvangâbhivâdanaih
彼の帰宅に歓喜して 気力ちたる親族は
急ぎヴィドゥラを出迎えり
礼儀正しく近づくと 御足みあしに触れて恭礼きょうれい
共に安否あんぴを問い合いぬ  
13-6
mumucuh prema-bâshpaugham
virahautkanthhya-kâtarâh
râjâ tam arhayâm cakre
kritâsana-parigraham
長き別離の悲しみの 想いのたけを語らいて
ヴィドゥラと共に人々は 愛の涙を流したり
しこうしてのち大王は ヴィドゥラのためにしつらえし
上席じょうせき すすねんごろに 尊敬の礼捧げたり
13-7
tam bhuktavantam vis'rântam
âsînam sukham âsane
pras'rayâvanato râjâ
prâha teshâm ca s'rinvatâm
供応きょうおうされし食をり 心地よき座でくつろがる
ヴィドゥラを見たる大王は 恭敬きょうけいの意を現わしつ
る者の面前めんぜんで くのごとくに語りかく
159

一巻 十三章 ドリタラーシュトラの開眼かいげん
13-8
yudhishthhira uvâca
api smaratha no yusmat-
paksha-cchâyâ-samedhitân
vipad-ganâd vishâgnyâder
mocitâ yat samâtrikâh
  ユディシュティラは語りたり
御身おんみは記憶されたるや せま邪悪じゃあくな魔の手から
かばいて厚く保護されし 御身おんみ御手みてで育ちたる
この吾たちの生い立ちを?
毒の投与とうよや放火など 降りかかりくる危難きなんから
母と吾らが救わるは 御身おんみの愛にほかならず
13-9
kayâ vrittyâ vartitam vas'
caradbhih kshiti-mandalam
tîrthâni kshetra-mukhyâni
sevitânîha bhûtale
一帯いったいの土地あちこちを
遊歴ゆうれきされし叔父上 (ヴィドゥラは父パーンドゥ王の弟)
如何なる国の聖地にて 根本原主クリシュナを
あがめて奉仕されしや
如何なるすべ献身けんしんを げてそをたもたるや
13-10
bhavad-vidhâ bhâgavatâs
tîrtha-bhûtâh svayam vibho
tîrthî-kurvanti tîrthâni
svântah-sthena gadâbhritâ
ああ偉大なる奉仕者よ
胸裡きょうりにおわす主によりて 清められたる叔父上は
巡礼されしあちこちを 神聖な地に浄化さる
160

一巻 十三章 ドリタラーシュトラの開眼かいげん
13-11
api nah suhridas tâta
bândhavâh krishna-devatâh
drishthâh s'rutâ vâ yadavah
sva-puryâm sukham âsate
恩愛おんあい深き叔父上よ 聖クリシュナを神として
帰依する友や親族や ドワーラカー城に住む人を
見たり はたまたうわさなど 見聞みききなされしことありや
ヤーダヴァ族の皆様は 楽しき日々をお過しや」
13-12
ity ukto dharma-râjena
sarvam tat samavarnayat
yathânubhûtam kramas'o
vinâ yadu-kula-kshayam
斯くのごとくに大王に 訊ねられたる聖ヴィドゥラ
体験したるそのすべて 順序を追いて語りたり
なれどヤドゥ家一族の 滅亡したるそのさま
かたらうことははぶきたり
13-13
nanv apriyam durvishaham
nrinâm svayam upasthitam
nâvedayat sakaruno
duhkhitân drashthum akshamah
親族達のなげさま 見るに耐えぬと思われし
ヴィドゥラはそれを語らざり
受け入れがたく耐え難き 苦痛ともなうその事実
 やがて何時いつかは人々の 口のに乗り伝わると
161

一巻 十三章 ドリタラーシュトラの開眼かいげん
13-14
kan'cit kâlam athâvâtsît
sat-krito devavat sukham
bhrâtur jyeshthhasya s'reyas-krit
sarveshâm sukham âvahan
ハスティナープラの宮殿で 神のごとくに崇められ
(ヴィドゥラ)き時ごされて しば逗留とうりゅうなされたり
時がすぎゆくそのかん
(ドリタラーシュトラ)にとりての吉兆きっちょう(解脱)
すべての者の安寧あんねいを もたらすように導かる
13-15
abibhrad aryamâ dandam
yathâvad agha-kârishu
yâvad dadhâra s'ûdratvam
s'âpâd varsha-s'atam yamah
ヴィドゥラはヤマの化身にて 百年ほどの長き
のろいによりてシュードラの 肉の身まとい過ごされり
その長きをアリヤマン(アディティの第二子)
ヤマに代わりて適切てきせつに 罪の処罰しょばつを代行す
13-16
yudhishthhiro labdha-râjyo
drishthvâ pautram kulan-dharam
bhrâtribhir loka-pâlâbhair
mumude parayâ s'riyâ
ユディシュティラ大王は 父の王国取り戻し
家系をつな王孫おうそん(パリークシット)を しかとその眼で見届みとどけり
世界を守護す神のごと 兄弟たちの補佐ほさにより
栄誉と富と幸運で わが世の春を謳歌おうかせり
162

一巻 十三章 ドリタラーシュトラの開眼かいげん
13-17
evam griheshu saktânâm
pramattânâm tad-îhayâ
atyakrâmad avijn'âtah
kâlah parama-dustarah
くするうちに王達は 家庭に溺れ愛着し
栄華えいがの夢に酔いれて 本来の自己(ジーヴァ)忘れ去る
うかうかと日を過ごすうち 〔時〕は流れてひととき
おなじにとどまる事はなく 人知れぬ間に通り過ぐ
13-18
viduras tad abhipretya
dhritarâshthram abhâshata
râjan nirgamyatâm s'îghram
pas'yedam bhayam âgatam
それをよく知る聖ヴィドゥラ 兄に向いてげにけり
「ああ兄上よご覧あれ 恐れし〔時〕が来たるなり
れ親しみしこの土地を 出発つべきときたれり〉と
げるきざしが見ゆるなり!
13-19
pratikriyâ na yasyeha
kutas'cit karhicit prabho
sa esha bhagavân kâlah
sarveshâm nah samâgatah
おお偉大なる至上主よ 永遠えいえんの〔時〕べるのは
全能の主に他ならず これに対抗たいこうするすべ
如何なる者も持たぬゆえ この世のどこに居ようとも
すべての〔時〕は容赦ようしゃなく 我らの上におとずれる
163

一巻 十三章 ドリタラーシュトラの開眼かいげん
13-20
yena caivâbhipanno 'yam
prânaih priyatamair api
janah sadyo viyujyeta
kim utânyair dhanâdibhih
しこうして〔時〕来たるなば この世に生きる人間は
命でさえもそしてまた 最愛の妻 子でさえも
いわんや富やそのほかの 日常のものことごと
即座そくざにすべて奪われる
13-21
pitri-bhrâtri-suhrit-putrâ
hatâs te vigatam vayam
âtmâ ca jarayâ grastah
para-geham upâsase
我らが愛す父や子や 兄弟や友そしてまた
有志ゆうし 親族 息子らは 戦乱により殺されり
そして兄者あにじゃの肉体は 老衰ろうすいによりむしばまれ
他者たしゃ住居すまいとどまりて ただ漫然まんぜんと生きるのみ
13-22
andhah puraiva vadhiro
manda-prajn'âs' ca sâmpratam
vis'îrna-danto mandâgnih
sarâgah kapham udvahan
生まれながらの盲人もうじんが すでに聾者ろうしゃとなられたり
今や歯までが弱くなり 胃は消化すらままならず
赤くまりしたんを吐き そして才知さいちにぶりたり
164

一巻 十三章 ドリタラーシュトラの開眼 かいげん
13-23
aho mahîyasî jantor
jîvitâs'â yathâ bhavân
bhîmâpavarjitam pindam
âdatte griha-pâlavat
ああ生類しょうるいのなんとまあ 生きんがための欲望が
強きことよと驚きぬ
兄者あにじゃは正にそのために ビーマがあとう食料を
飼い犬のごと受け取りぬ
13-24
agnir nisrishtho dattas' ca
garo dârâs' ca dûshitâh
hritam kshetram dhanam yeshâm
tad-dattair asubhih kiyat
住処すみかに放火されたうえ 毒を盛られしパーンドゥは
妻は世人せじんの面前で ひど侮辱ぶじょくを受けにけり
そして領地や財産を 強奪ごうだつせしはそも誰ぞ?
《あなたの息子たちですよ》
そのパーンドゥの情けにて 生命いのち長らえ生きること
如何なる価値かち御座ござろうや!
13-25
tasyâpi tava deho 'yam
kripanasya jijîvishoh
paraity anicchato jîrno
jarayâ vâsasî iva
ああそれなるに兄上は その肉の身がいとしくて
生きなんとする欲望の なんと憐れに強きこと
願わぬことであろうとも 歳を重ねることにより
襤褸らんるのごとく潮垂しおたれて やがて死すこと必定さだかなり
165

一巻 十三章 ドリタラーシュトラの開眼かいげん
13-26
gata-svârtham imam deham
virakto mukta-bandhanah
avijn'âta-gatir jahyât
sa vai dhîra udâhritah
世俗の縁を解き放ち あらゆるものを捨て去りて
知られざる地に一人行き 無用になりし肉の身を
執着をせず脱ぎ捨てて かえりみもせぬの人は
昔も今も変わりなく“思慮しりょある者”と呼ばるなり
13-27
yah svakât parato veha
jâta-nirveda âtmavân
hridi kritvâ harim gehât
pravrajet sa narottamah
自分自身で達観たっかんし 或いは他から聴かされて
世事せじ超脱ちょうだつしたる者 心にハリをしかと置き
家からいでて唯ひとり 遊行ゆぎょうの果て(終着地)に向かう者
そは“最高の知者”なりと 世の称賛しょうさんを浴びるなり
13-28
athodîcîm dis'am yâtu
svair ajn'âta-gatir bhavân
ito 'rvâk prâyas'ah kâlah
pumsâm guna-vikarshanah
ゆえに御身おんみ唯一人ただひとり 身内に秘めてひそやかに
(ヒマラヤ)に向かいてたるべし これから先の時代では
恐らくこれら有徳ゆうとくを すべて喪失そうしつするならん」
13-29
evam râjâ vidurenânujena
prajn'â-cakshur bodhita âjamîdhah
chittvâ sveshu sneha-pâs'ân dradhimno
nis'cakrâma bhrâtri-sandars'itâdhvâ
斯くの如くに弟の ヴィドゥラによりてさとされし
ドリタラーシュトラ前王は ついに心眼しんがん開きたり
身内に持ちし愛着を 強き覚悟で断ち切ると
おととヴィドゥラに導かれ 北の国へと出立す
166

一巻 十三章 ドリタラーシュトラの開眼かいげん
13-30
patim prayântam subalasya putrî
pati-vratâ cânujagâma sâdhvî
himâlayam nyasta-danda-praharsham
manasvinâm iva sat samprahârah
つまめしいじゅんじると 誓いを立ててとつぎたる
貞婦ていふかがみガーンダーリー つまの遊行に従いて
ヒマラヤ山に向かいたり 世俗のきずな切り捨てし
正しき智慧のある者は 〔しんの歓喜〕を得らるべし
13-31
ajâta-s'atruh krita-maitro hutâgnir
viprân natvâ tila-go-bhûmi-rukmaih
griham pravishtho guru-vandanâya
na câpas'yat pitarau saubalîm ca
ユディシュティラ大王は 目覚めてすぐに朝ぎょう
祭火を捧げ献供けんきょうし 次いで胡麻ごま 牛 土地 金で
ブラーフマナ(バラモン)表敬ひょうけい
次いでおさへの挨拶に その住まいへと向かいたり
なれど何処いずこさがせども 二人のおじ(伯父と叔父)と伯母君を
ついに見ること叶わざり
13-32
tatra san'jayam âsinam
papracchodvigna-mânasah
gâvalgane kva nas tâto
vriddho hînas' ca netrayoh
不安にられ大王は そこにしたるサンジャヤに
斯くの如くに訊ねたり
「ガーヴァルガニ息サンジャヤよ 年老い 更に盲目もうもく
吾らが伯父の前王は 何処いずこにおいでなされしや
167

一巻 十三章 ドリタラーシュトラの開眼かいげん
13-33
ambâ ca hata-putrârtâ
pitrivyah kva gatah suhrit
api mayy akrita-prajn'e
hata-bandhuh sa bhâryayâ
âs'amsamânah s'amalam
gangâyâm duhkhito 'patat
そして常々息子らが 死せるを嘆き悲しみし
伯母は何処いずこられるや
常に我らをかばわれし 叔父のヴィドゥラは何処いずくんぞ
おろかな吾の仕打しうちにて 親族をみな殺されし
さいわい薄き伯父 伯母は 傷の深さを示めさんと
ガンジス河におのが身を みずかとうじたまいしや
13-34
pitary uparate pândau
sarvân nah suhridah s'is'ûn
arakshatâm vyasanatah
pitrivyau kva gatâv itah
父パーンドゥに死別せし 幼き子供吾々に
降りかかりくる危難から すべてを守り下されし
わが親族のおじ(伯父 叔父)たちは
この王宮をあとにして 一体何処どこに行かれしや」
13-35
s'uta uvâca
kripayâ sneha-vaiklavyât
sûto viraha-kars'itah
âtmes'varam acakshâno
na pratyâhâtipîditah
≪聖仙スータ語られる≫
仕えるぬしを突然に 失いたりしサンジャヤは
あまりに強き愛ゆえに 別離の情にさいなまれ
悲嘆 苦痛にさえぎられ ひと言たりと話せざり
168

一巻 十三章 ドリタラーシュトラの開眼かいげん
13-36

vimrijyâs'rûni pânibhyâm
vishthabhyâtmânam âtmanâ
ajâta-s'atrum pratyûce
prabhoh pâdâv anusmaran
気を取り直しサンジャヤは 自己を知性で制御せいぎょして
両手で涙拭きとると 主人の御足みあし思いつつ
斯くのごとくに大王に 声まらせて申し上ぐ
13-37

san'jaya uvâca
nâham veda vyavasitam
pitror vah kula-nandana
gândhâryâ vâ mahâ-bâho
mushito 'smi mahâtmabhih
サンジャヤは斯く申したり 「氏族の誇る大王よ!
王の伯父上 伯母上の 決意をわれは知らざりき
知性に富める人たちに われは翻弄ほんろうされにけり」
13-38
athâjagâma bhagavân
nâradah saha-tumburuh
pratyutthâyâbhivâdyâha
sânujo 'bhyarcayan munim
そこへ聖なるナーラダが 天の楽人がくじん(ガンダルヴァ)伴いて
その場に顕現けんげんなされたり
王は弟共々に 即座そくざに立ちて神仙を
礼儀正しく出迎えて 恭敬きょうけいの礼捧げらる
そののち王は丁重ていちょうに 神仙に斯く申したり
169

一巻 十三章 ドリタラーシュトラの開眼かいげん
13-39
yudhishthhira uvâca
nâham veda gatim pitror
bhagavan kva gatâv itah
ambâ vâ hata-putrârtâ
kva gatâ ca tapasvinî
ユディシュティラは申されり
「二人のおじの行き先を われは知る事叶わざり
ここをいでたるおじたちは 何処いずこに行かれたまいしや
息子亡くせし悲しみが いまだえざる伯母上は
何処いずこに行かれたまいしや おお神仙よお説きあれ
13-40
karnadhâra ivâpâre
bhagavân pâra-dars'akah
athâbabhâshe bhagavân
nârado muni-sattamah
あたかも舵手だしゅ荒海あらうみで たくみにかじをとるごとく
聖なる尊師御身おんみこそ 彼岸1.を示すお方なり」
有徳のムニ(聖仙)の最高者 至福の権化ごんげナーラダは
王の言葉を聞きたまい 斯くのごとくに語られり
1. 彼岸… (梵)pâramitâ(波羅蜜多)の訳語。
13-41
nârada uvâca
mâ kan'cana s'uco râjan
yad îs'vara-vas'am jagat
lokâh sapâlâ yasyeme
vahanti balim îs'ituh
sa samyunakti bhûtâni
sa eva viyunakti ca
ナーラダ仙は申されり
「ユディシュティラ大王よ 誰のことをも嘆くまじ
この世はすべて至上主の ご意思によりて支配さる
主が恩寵を与えられ 人類はみな至上主に
供物を運び奉献ほうけんす 全能なりし支配者は
生き物たちを結びつけ 御業みわざによりてち切らる
170

一巻 十三章 ドリタラーシュトラの開眼かいげん
13-42
yathâ gâvo nasi protâs
tantyâm baddhâs' ca dâmabhih
vâk-tantyâm nâmabhir baddhâ
vahanti balim îs'ituh
鼻に通さる縄索じょうさく(綱)で 束縛そくばくされし牛れが
太ききずなたばねられ 重き荷物をになうごと
ヴェーダ規範きはん(原則)の形態で 固定されたる人類は
支配者である至上主の 御足に供物奉献ほうけん
13-43
yathâ krîdopaskarânâm
samyoga-vigamâv iha
icchayâ krîdituh syâtâm
tathaives'ecchayâ nrinâm
この世で起きる諸々は すべて御主おんしゅのご意思なり
離合集散りごうしゅうさん繰り返す 人間の世のさま
楽しむ人の意思により 集められたる遊び
果ては捨てらるさまのごと 有為転変ういてんぺんは人の常
13-44
yan manyase dhruvam lokam
adhruvam vâ na cobhayam
sarvathâ na hi s'ocyâs te
snehâd anyatra mohajât
たとえそなたが人類を 久遠くおんの者に思いても
はたまた無常むじょうを思いても 或いは共に在り得ずと
心を千々ちぢに乱すまじ それらはすべて無明むみょうから
生まれ育ちしじょうゆえに 悩むことではなかりけり
171

一巻 十三章 ドリタラーシュトラの開眼かいげん
13-45
tasmâj jahy anga vaiklavyam
ajn'âna-kritam âtmanah
katham tv anâthâh kripanâ
varterams te ca mâm vinâ
《彼ら(伯父 伯母)は吾を離れては
生きるすべなき身の上》と 無き身を憐れみし
混乱したる大王よ! そなたは自己の作りたる
無明のなさけ 放棄ほうきせよ!
13-46
kâla-karma-gunâdhîno
deho 'yam pân'ca-bhautikah
katham anyâms tu gopâyet
sarpa-grasto yathâ param
人が大蛇に飲みこまれ み下されしその時に
如何いかでか(どうして) 他人ひとを救えよう
その真実と同様に 五大元素で成り立ちて
〔時〕と〔カルマ(行為)〕と〔トリグナ(三つの要素)〕に
支配されたる肉体に 他を守るすべありるや
13-47
ahastâni sahastânâm
apadâni catush-padâm
phalgûni tatra mahatâm
jîvo jîvasya jîvanam
手の無きもの(爬虫類はちゅうるいなど)は 有るものの
足無きもの(植物など)有足ゆうそくの 小さきものは大物おおもの
食糧となりしょくされて 他の生物を生かすなり
斯くのごとくにこの世では
神の摂理せつり(自然の法則)連綿れんめんと 生きる要素をつなぐなり
172

一巻 十三章 ドリタラーシュトラの開眼かいげん
13-48
tad idam bhagavân râjann
eka âtmâtmanâm sva-drik
antaro 'nantaro bhâti
pas'ya tam mâyayorudhâ
斯くのごとくにああ王よ すべてのものは御主おんしゅなり
(フリダヤ)にありては永久に
〔見る者(パラマートマ)〕として輝かれ
その分身のジーヴァの 個我こがの姿は〔見らる者〕
なれど姿はことなるも パラマートマもジーヴァも
唯一ゆいつ至高の御主なり マーヤーによる作用にて
多様な姿顕さる 御主をとくと認知にんちせよ!
13-49
so 'yam adya mahârâja
bhagavân bhûta-bhâvanah
kâla-rûpo 'vatîrno 'syâm
abhâvâya sura-dvishâm
おお大王よ聞きたまえ 至高の御主おんしゅクリシュナが
全生物に安寧を もたらすために意図いとなされ
意思にさからう人々の 無法を排除はいじょするために
〔時の三相さんそう駆使くしなされ この地に降臨なされたり
13-50
nishpâditam deva-krityam
avas'esham pratîkshate
tâvad yûyam avekshadhvam
bhaved yâvad ihes'varah
すでに化身の目的を 果たし終えたるクリシュナは
最後に残る総仕上げ 静かに見守りたまいけり
そして御主おんしゅ現世うつつよに られる限りそなた等は
住みたる土地にとどまりて 〔時〕の至るを待たるべし
173

一巻 十三章 ドリタラーシュトラの開眼かいげん
13-51
dhritarâshthrah saha bhrâtrâ
gândhâryâ ca sva-bhâryayâ
dakshinena himavata
rishînâm âs'ramam gatah
ドリタラーシュトラ ガーンダーリー(妻)
おとうとヴィドゥラ連れ立ちて ヒマラヤ山の南方で
聖者のために結ばれし 苦行林くぎょうりん (庵)へと向かいたり
13-52
srotobhih saptabhir yâ vai
svardhunî saptadhâ vyadhât
saptânâm prîtaye nânâ
sapta-srotah pracakshate
そのみなもとを天界の 御足みあしに持ちしガンガーが
七聖者への愛のため おのれ自身をしちに分け
ななつの川の流れにて それぞれ清め与えらる
ゆえに聖なるこの場所を “サプタ スロータス”と称すなり
13-53
snâtvânusavanam tasmin
hutvâ câgnîn yathâ-vidhi
ab-bhaksha upas'ântâtmâ
sa âste vigataishanah
ドリタラーシュトラ日に三度みたび “サプタ スロータス”で沐浴し
規則に添いて丁重ていちょうに 祭火を捧げ献供し
すべての欲望 捨て去りて ただ水だけを口にして
寂静じゃくじょうの時〕 過ごし居り
13-54
jitâsano jita-s'vâsah
pratyâhrita-shad-indriyah
hari-bhâvanayâ dhvasta-
rajah-sattva-tamo-malah
座る姿勢と呼吸法 修得したる前王は
むっつの感官1.内に引き ハリを瞑想することで
ラジャス サットヴァ タマスなる みっつの煩悩ぼんのう滅ぼせり
1. 六つの感官(五つの感覚器官とマナス)。
174

一巻 十三章 ドリタラーシュトラの開眼かいげん
13-55
vijn'ânâtmani samyojya
Kshetrajn'e pravilâpya tam
brahmany âtmânam âdhâre
ghatâmbaram ivâmbare
自己のマナスをブッディに 傾注けいちゅうしたる前王は
それをジーヴァに帰入きにゅうして
からの花瓶に満つくうが あたかも天に溶けるごと
すべての基礎にあるぼんに おのがジーヴァを溶け込ます
13-56
dhvasta-mâyâ-gunodarko
niruddha-karanâs'ayah
nivartitâkhilâhâra
âste sthânur ivâcalah
tasyântarâo maivâhûh
sannyastâkhila-karmanah
食のすべてを放棄して マナスと感覚制御せし
ドリタラーシュトラ前王は
すべての因果いんが 脱却だっきゃくし マーヤーによるトリグナの
影響すべて断ち切りて るがぬ柱さながらに
不動のそうで座りたり ゆえにそなたはの者の
祈願の邪魔をすることを 決してしてはならぬなり
13-57
sa vâ adyatanâd râjan
paratah pan'came 'hani
kalevaram hâsyati svam
tac ca bhasmî-bhavishyati
おお大王よ前王は 今日から後の五日目に
自分自身が己が身を 自ら捨てることになり
脱ぎ捨てられし肉体は はかなく灰となりぬべし
175

一巻 十三章 ドリタラーシュトラの開眼かいげん
13-58
dahyamâne 'gnibhir dehe
patyuh patnî sahothaje
bahih sthitâ patim sâdhvî
tam agnim anu vekshyati
木の葉づくりのいおりにて つまの肉の身燃えあがり
外にたたずの妻の 貞婦ていふかがみガーンダーリー
つまに従い燃える火に 自らりて死するらん
13-59
viduras tu tad âs'caryam
nis'âmya kuru-nandana
harsha-s'oka-yutas tasmâd
gantâ tîrtha-nishevakah
ああクル族の後裔こうえい
その一方で聖ヴィドゥラ 歓喜かんき悲哀ひあい伴いし
驚嘆きょうたんすべき出来事を しかと見届けその後に
聖地を巡り礼拝し 遊行の旅を続けなん」
13-60
ity uktvâthâruhat svargam
nâradah saha-tumburuh
yudhishthhiro vacas tasya
hridi kritvâjahâc chucah
天の楽士(ガンダルヴァ)がお供せし 偉大な聖者ナーラダは
話し終えるとたちまちに 天上界に昇られり
ユディシュティラ大王は ナーラダ仙の教訓を
しかと心におさめると すべての嘆き捨て去りぬ
第十三章 終了
176