二十四章 主 カピラの降臨

第二十四章【主 カピラの降臨】
maitreya uvaca
nirveda-vadinim evam
manor duhitaram munih
dayaluh salinim aha
suklabhivyahrtam smaran
24-1





マイトレーヤは述べられり 「スヴァーヤンブヴァ マヌの
斯くの如くに話すのを お聞きになりしカルダマは
かつて聴きたる至上主の 御言葉おんみことばを伝えたり


rsir uvaca
ma khido raja-putrittham
atmanam praty anindite
bhagavams te 'ksaro garbham
adurat samprapatsyate
24-2





カルダマ仙は述べられり
〈おお有徳なるわが妻よ おのが資質をおとしめて
苦しむことはらぬなり やがて時経ときへて至上主が
そなたの清き胎内に 『降下こうかする』との御諚ごじょう(お言葉)あり


dhrta-vratasi bhadram te
damena niyamena ca
tapo-dravina-danais ca
sraddhaya cesvaram bhaja
24-3




尊き御主みすを崇拝し 常に真摯に努力する
<妻に繁栄賜れ>と 御主おんしゅに祈願たてまつる
いとしき妻よ こののちは 主への誓いを遵奉じゅんぽう
よく感官を制御せいぎょして 苦行くぎょうを行じ 布施ふせ
敬虔けいけん日々ひび 過ごされよ


322

二十四章 主 カピラの降臨

sa tvayaradhitah suklo
vitanvan mamakam yasah
chetta te hrdaya-granthim
audaryo brahma-bhavanah
24-4




さすれば御主みすの意にかない そなたの胎に至上主が
正に降臨なさるべし そして心の煩悩を
解きて無明むみょうを打ち払い 真理を教え賜うらん
しかして吾の名称めいしょうも 界にひろまることとなる〉



maitreya uvaca
devahuty api sandesam
gauravena prajapateh
samyak sraddhaya purusam
kuta-stham abhajad gurum
24-5





マイトレーヤは 続けらる 「デーヴァフーティ御妻女ごさいじょ
夫 聖仙カルダマを 深く信頼するゆえに
その導きを遵守して 普遍ふへん御主おんしゅ 至上主を
至誠しせいをこめて 崇拝す



tasyam bahu-tithe kale
bhagavan madhusudanah
kardamam viryam apanno
jajne 'gnir iva daruni
24-6





しかして長き年が過ぎ 〔時〕が至りしそのときに
悪を滅ぼす至上主が 偉大な聖者カルダマの
(デーヴァフーティ)の子宮に入られて
火が木によりて生ずごと この世に顕現なされたり




323

二十四章 主 カピラの降臨

avadayams tada vyomni
vaditrani ghanaghanah
gayanti tam sma gandharva
nrtyanty apsaraso muda
24-7




降臨されしその時に 天に雷雲らいうん 立ちめて
派手に楽器(雷鳴)が響き合い
ガンダルヴァーがたたえ アプサラスは歓喜して
舞えやうたえと大はしゃぎ!



petuh sumanaso divyah
khe-carair apavarjitah
prasedus ca disah sarva
ambhamsi ca manamsi ca
24-8




空中を舞う妖精ようせい
天界に咲く花々を 雪のごとくに降り散らし
また天上の名水が 至る所に振りかる
そしてそれ等は一切いっさいの 人の心にりぬ



tat ka rdamasrama-padam
sarasvatya parisritam
svayambhuh sakam rsibhir
maricy-adibhir abhyayat
24-9




ブラフマー神はマリーチや 聖仙達をともないて
サラスヴァティー(河)に囲まれし
カルダマ仙の住むあんに 向かいて足を進めらる






324

二十四章 主 カピラの降臨

bhagavantam param brahma
sattvenamsena satru-han
tattva-sankhyana-vijnaptyai
jatam vidvan ajah svarat
24-10




真智しんち あふるるブラフマー(神)は おおヴィドゥラよ もうすで
最高神が本質を この世に顕示けんじするために
御自おんみずからが清き身の 女性の胎を選ばれて
降誕されし御事績ごじせきを 仔細しさいに承知なさりなり



sabhajayan visuddhena
cetasa tac-cikirsitam
prahrsyamanair asubhih
kardamam cedam abhyadhat
24-11




ブラフマー神は主の意図を 心奥しんおう深く喜びて
共に御主おんしゅを崇拝す 清純な仙 カルダマと
デーヴァフーティ御夫妻おふたりに 斯くのごとくに語られり



brahmovaca
tvaya me 'pacitis tata
kalpita nirvyalikatah
yan me sanjagrhe vakyam
bhavan manada manayan
24-12





ブラフマー神は述べられり 〈おおいとおしきわがそく
御身おんみが吾の命令を 心をこめて実行し
恭敬きょうけいしたることにより おおカルダマよ ほう(汝)
願いしことは成就じょうじゅせり




325

二十四章 主 カピラの降臨

etavaty eva susrusa
karya pitari putrakaih
badham ity anumanyeta
gauravena guror vacah
24-13




尊敬すべき指導者(グル)の めいに従い恭順きょうじゅん
誠心誠意 尽くすこと
まさしくこれが息子としての 父へのこうほかならず


ima duhitarah satyas
tava vatsa sumadhyamah
sargam etam prabhavaih svair
brmhayisyanty anekadha
24-14




おお愛おしきカルダマよ 蜂腰ほうようのごと姿態持つ
純なそなたの娘等は 多くの子供 産み育て
子孫 繁栄させるらん


atas tvam rsi-mukhyebhyo
yatha-silam yatha-ruci
atmajah paridehy adya
vistrnihi yaso bhuvi
24-15




今日よりのちに其の方(汝)は  娘等こらの気質や好みにて
夫を選び それぞれを 聖仙達と妻合めあわせて
優れし子孫 やすべし しからば御身おみの名声は
地の果てまでも広まらん


vedaham adyam purusam
avatirnam sva-mayaya
bhutanam sevadhim deham
bibhranam kapilam mune
24-16




おおカルダマよ 吾は知る 原初のプルシャ 至上主が
御主御自身みすごじしんのマーヤーで 存在物の至宝しほうなる
〔聖カピラ〕とてこの界に 降誕されし御事績を!
326

二十四章 主 カピラの降臨

jnana-vijnana-yogena
karmanam uddharan jatah
hiranya-kesah padmaksah
padma-mudra-padambujah
24-17




降誕されし御方おんかたは 金色の髪 蓮華の眼
御足みあしの裏に蓮華はすばなの しるし打たれし御主おんしゅにて
ヴィジュニャーナ(識別知)や ジュニャーナ(叡智)
ヨーガによりて修得しゅうとくし カルマのいんを絶つすべ
衆生しゅじょう教導きょうどうせんために 肉の身持ちて生まれらる


esa manavi te garbham
pravistah kaitabhardanah
avidya-samsaya-granthim
chittva gam vicarisyati
24-18




スワーヤンブヴァ マヌの(デーヴァフーティ)
御身おんみが産みし胎の子は カイタバ(悪魔の名)討ちし御主みすなるぞ
無知や誤謬ごびゅうの結び目を 絶ち切る為に遠近おちこち
地域 めぐりて歩かれん


ayam siddha-ganadhisah
sankhyacaryaih susammatah
loke kapila ity akhyam
ganta te kirti-vardhanah
24-19




やがて御主おんしゅはシッダ等や 多くの者のおさとなり
サーンキャ学の教師等に その学識を是認ぜにんされ
〔カピラ〕と呼ばれ 名声は 世界各地に広まらん
そして御身等おみら(カルダマ夫妻)の栄光も 高まることとなりぬべし〉



327

二十四章 主 カピラの降臨

maitreya uvaca
tav asvasya jagat-srasta
kumaraih saha-naradah
hamso hamsena yanena
tri-dhama-paramam yayau
24-20





マイトレーヤは述べられり 「造物主なるブラフマーは
斯くの如くに告げられて 息子夫婦をいとしむと
ハムサに乗りて ナーラダや クマーラ達(サナカ4兄弟の一人)を従えて
最高天に輝ける サティアローカへ帰られり


gate sata-dhrtau ksattah
kardamas tena coditah
yathoditam sva-duhitrh
pradad visva-srjam tatah
24-21




ブラフマー神が去りたまい おおウィドゥラよ そののちに
カルダマ仙は御自分の いとしき娘等こらを指示通り
プラジャパティ(造物神)とつがせり


24-22・23
maricaye kalam pradad
anasuyam athatraye
sraddham angirase 'yacchat
pulastyaya havirbhuvam

pulahaya gatim yuktam
kratave ca kriyam satim
khyatim ca bhrgave 'yacchad
vasisthayapy arundhatim






カルダマ仙はいとの カラーを聖仙マリーチに
アナスーヤーをアトリ仙 シュラッダーをばアンギラス
ハヴィルブーにはプラスティヤ そしてガティはプラハ仙
有徳のクリヤーはクラトゥと キャーティはブリグそしてまた
アルンダティーはヴァシシュタに さがに合わせて嫁がせり



328

二十四章 主 カピラの降臨

atharvane 'dadac chantim
yaya yajno vitanyate
viprarsabhan krtodvahan
sadaran samalalayat
24-24




さらに聖仙カルダマは 供儀に長じたシャーンティを
ブラフマー神の長子ちょうし(長男)なる アタルヴァンへととつがせり
斯くのごとくに娘等を 結婚させしカルダマは
息子となりし聖仙と その妻(自分の娘)達をねんごろに
慈愛をこめて祝されり



tatas ta rsayah ksattah
krta-dara nimantrya tam
pratisthan nandim apannah
svam svam asrama-mandalam
24-25




おおヴィドゥラよ しかる後 結婚したる聖者等は
カルダマ仙に感謝述べ めとりし妻をともないて
自分自身のいおりへと 皆それぞれに向かいたり


sa cavatirnam tri-yugam
ajnaya vibudharsabham
vivikta upasangamya
pranamya samabhasata
24-26




おのが息子が至上主の 化身と知りしカルダマは
息子が独り 居たるとき そよと近づきひそやかに
一礼捧げ しかる後 斯くのごとくにささやけり






329

二十四章 主 カピラの降臨

aho papacyamananam
niraye svair amangalaih
kalena bhuyasa nunam
prasidantiha devatah
24-27




おの(自分が)犯せし悪行あくぎょうで 地獄にちし者たちは
長き年月し後に 神々たちの恩寵で
ようや此処ここ(地球)に 戻される

bahu janma-vipakvena
samyag-yoga-samadhina
drastum yatante yatayah
sunyagaresu yat-padam
24-28




ドヴィジャ(再生族)御主みす御足おみあしに 接して解脱 するために
人里ひとざとはないおりにて ヨーガをおさめ 苦行する

sa eva bhagavan adya
helanam na ganayya nah
grhesu jato gramyanam
yah svanam paksa-posanah
24-29




至福の権化ごんげ 至上主が 下生げしょう(最下位の品位)いとわず吾が家に
誕生されし御事績ごじせきは 主の帰依者への憐憫れんびん
思いのゆえと心から 深く御礼つかまつる


sviyam vakyam rtam kartum
avatirno 'si me grhe
cikirsur bhagavan jnanam
bhaktanam mana-vardhanah
24-30




主は帰依者等に 玄妙げんみょうな “真理の秘奥ひおう 教える”と
かつて予言をされしが その御自身の御言葉みことば
正しく履行りこうするために 我が家に降誕なされたり


330

二十四章 主 カピラの降臨

tany eva te 'bhirupani
rupani bhagavams tava
yani yani ca rocante
sva jananam arupinah
24-31




おお至上主よ 御身様おみさま
肉の身持たぬ超俗ちょうぞくの まこと得難えがたきおかたなり
なれども俗の者達は 物質的な御身様おみさま
御姿おんみすがたも見たし>との 強き願いを 持ち居たり




tvam suribhis tattva-bubhutsayaddha
sadabhivadarhana-pada-pitham
aisvarya-vairagya-yaso-'va bodha-
virya-sriya purtam aham prapadye
24-32




主の本質を知覚らんとて 聖仙達は一様いちよう
常に御足みあしせられし その御台座みだいざを拝すらん
離欲 名声 統治権とうちけん 勇気 光輝と叡智持つ
御主おんしゅに吾はこうべれ 深く頂礼ちょうらいたてまつる




param pradhanam purusam mahantam
kalam kavim tri-vrtam loka-palam
atmanu bhutyan ugata-prapancam
svacchanda-saktim kapilam prapadye
24-33




根原主なる至上主は 主 御自身の御力みちから
宇宙の果てに至るまで そしてカーラ(時間)や三界を
守護する神をつかさどり 現象界のその全て
顕現なされ給いたり 斯くの如くに偉大なる
卓越したる最高の 御主おんしゅカピラを拝すなり



331

二十四章 主 カピラの降臨

a smabhiprcche 'dya patim prajanam
tvayavatirnarna utapta-kamah
parivrajat-padavim asthito 'ham
carisye tvam hrdi yunjan visokah
24-34




〈産めよやせよ地にて〉と ブラフマー神に指示されし
プラジャーパティの重責じゅうせきを 主(カピラ)の誕生で成就せり
故にこれよりいとま い 心にしかと御身様を
結びて悲哀(別離の)乗り越えて 遊行ゆぎょうのために 旅立たん〉


sri-bhagavan uvaca
maya proktam hi lokasya
pramanam satya-laukike
athajani maya tubhyam
yad avocam rtam mune
24-35





聖バガヴァーン(カピラ) 述べられり
あれが述べたるごと
聖なる界と俗世との まこと価値ある真理なり
おお聖仙よ それ故に あれがそなたの息子とて
降誕せしは そのかみ(以前)に 約束やくせしことのあかしなり


etan me janma loke 'smin
mumuksunam durasayat
prasankhyanaya tattvanam
sammatayatma-darsane
24-36




此度こたびあれ降誕こうたんは 苦しみ多き俗世にて
解脱に向けて努力する 真理求める者たちに
哲学的な体系たいけい(サーンキャ学)を 示さんことが目途もくとなり




332

二十四章 主 カピラの降臨

esa atma-patho 'vyakto
nastah kalena bhuyasa
tam pravartayitum deham
imam viddhi maya bhrtam
24-37




時の過ぎゆく道程どうていで 宇宙原理の探求が
徐々に薄れて〔もと〕が 曖昧あいまいとなりけゆけり
而してあれはこの冥利みょうり 再び復活させんとて
肉の身まといこの界に 降臨したる所以ゆえんなり




gaccha kamam mayaprsto
mayi sannyasta-karmana
jitva sudurjayam mrtyum
amrtatvaya mam bhaja
24-38




おお聖仙よ 意のままに あれと別れて旅に
〔放棄〕の遊行ゆぎょう したまえ 打ち勝ちがたき死を征服せい
永久とわ生命いのちを得る為に あれへの奉仕 励まれよ




mam atmanam svayam-jyotih
sa rva-bhuta-guhasayam
atmany evatmana viksya
visoko 'bhayam rcchasi
24-39




全ての者の内奥ないおう(フリダヤ)を 住処すみかとしたる至上主が
常にジーヴァ(個我)を見護るを 知覚ちかくしたる者たちは
全ての苦痛 除かれて 不畏ふいの境地(解脱)に至るらん





333

二十四章 主 カピラの降臨

matra adhyatmikim vidyam
samanim sarva-karmanam
vitarisye yaya casau
bhayam catitarisyati
24-40




しかしてあれは母親(デーヴァフーティ)に 行為の香菓かく緩和かんわする
真理の叡智 伝えなん さすれば母も最高の
境地に到り 恐怖から のがれて至福 得るべし』と




maitreya uvaca
evam samuditas tena
kapilena prajapatih
daksini-krtya tam prito
vanam eva jagama ha
24-41





マイトレーヤは 述べられり 「斯くの如くに御主おんしゅ(カピラ)から
語りかけられ カルダマ(造物神)は 心 喜悦に満ち足りて
御主みすを右から周回しゅうかいし 森に向かいて去りけり




vratam sa asthito maunam
atmaika-sarano munih
nihsango vyacarat ksonim
anagnir aniketanah
24-42




しかりし後にカルダマは 唯一ゆいつ御主みす全託ぜんたく
祭火さいか住居すまい 放擲ほうてきし 無言の誓い遵守して
処々方々しょしょほうぼうの国々を 遊行者としてめぐられり





334

二十四章 主 カピラの降臨

mano brahmani yunjano
yat tat sad-asatah param
gunavabhase viguna
eka-bhaktyan ubhavite
24-43




造物神ぞうぶつしん被造物ひぞうぶつ 美徳の者と悪徳者
相対そうたい全て超越し そして全ての根原主
帰依心のみが知覚する 至高の御主おんしゅクリシュナに
おのが心を結びつけ ムニは遊行の旅を往く




nirahankrtir nirmamas ca
nirdvandvah sama-drk sva-drk
pratyak-prasanta-dhir dhirah
prasantormir ivodadhih
24-44




利己心りこしんが無く 欲も無く 異議を唱える事も無く
嫉妬 羨望更に無し 平等観びょうどうかん立脚りっきゃく
おのが心を内観ないかんし 寂静じゃくじょうの気に満ち充ちて
さざ波さえもゆかりなき “のたり”ともせぬ海のさま




vasudeve bhagavati
sarva jne pratyag-atmani
parena bhakti-bhavena
labdhatma mukta-bandhanah
24-45




聖カルダマは斯くのごと
全ての者の内奥ないおうに 住み給いたる全能の
ヴァースデーヴァー クリシュナに
行為の香菓かくを献上し すべてのきずな はなたれり




335

二十四章 主 カピラの降臨

atmanam sarva-bhutesu
bhagavantam avasthitam
apasyat sarva-bh utani
bhagavaty api catmani
24-46




境地深めし聖仙(カルダマ)
至高の御主おんしゅクリシュナが 生きとし生ける物たちの
内に存在され給い しこうしてまた万物は
御主おんしゅの内に在ることを しか体得たいとくしたるなり




iccha-dvesa-vihinena
sarvatra sama-cetasa
bhagavad-bhakti-yuktena
prapta bhagavati gatih
24-47




外に向かえる感官の すべてを制御した仙は
至上主のみに專注し 帰依と奉仕を捧げたり
斯くて聖仙カルダマは 御主おんしゅの界に至りたり」




第二十四章 終了








336