十七章 パリークシットの業績ぎょうせき


第十七章【パリークシットの業績ぎょうせき



sûta uvâca
tatra go-mithunam râjâ
hanyamânam anâthavat
danda-hastam ca vrshalam
dadris'e nripa-lân'chanam
17-1





≪聖仙スータ語られる≫
パリークシット国王は 到着したる河畔かはん(サラスワティー河)にて
王家おうけ徽章きしょう飾りしも 下卑げびたるさま曲者くせもの
防ぐ手立てを持たぬまま 棒で激しく打たれ
牡牛おうし 牝牛めうしを見つけらる



vrisham mrinâla-dhavalam
mehantam iva bibhyatam
vepamânam padaikena
sîdantam s'ûdra-tâditam
17-2




蓮根はすねのごとく仄白ほのじろき 一本足の牡牛おすうし
下賤げせんな者にたたかれる 恐怖に身体からだ 震わせて
尿にょうらしてへたりこむ



gâm ca dharma-dughâm dînâm
bhris'am s'ûdra-padâhatâm
vivatsâm âs'ru-vadanâm
kshâmâm yavasam icchatim
17-3




祭式さいしきのため必要な(ギー) 乳を捧げる牝牛めすうし
無頼ぶらいな者に身を蹴られ 子を奪われる悲しみに
涙が頬を流れ落ち 草食くさはむ欲を失いて
ひどく憔悴しょうすいしたる様子さま







217

十七章 パリークシットの業績ぎょうせき


papraccha ratham ârûdhah
kârtasvara-paricchadam
megha-gambhîrayâ vâcâ
samâropita-kârmukah
17-4




二輪戦車に乗られたる パリークシット国王は
これらを見るやたちまちに げんを張りたる弓を手に
天にとどろ雷鳴らいめいと ひとしきほどの音声おんじょう
不届ふとどき者を怒号どごうせり





kas tvam mac-charane loke
balâd dhamsy abalân balî
nara-devo 'si veshena
nathavat karmanâ 'dvijah
17-5




なれはそもそも(一体)何者ぞ 吾がおさむるこの国で
無力な者を打ちえて 暴力ふるう無法者むほうもの
俳優わざおぎのごとよそおいて 王族おうぞくれどその行為
再生者さいせいしゃ1.とは思われぬ  下賤げせんな者に相違そういなし

1. 再生者… バラモン、クシャトリヤ、ヴァイシャ階級で、
  二度と生まれ変わらぬ者の称。それ以外は
  シュードラ或るいはカースト外である。




yas tvam krishne gate dûram
saha-gândîva-dhanvanâ
s'ocyo 'sy as'ocyân rahasi
praharan vadham arhasi
17-6




クリシュナ神とアルジュナが 共に遠くへ去りかれ
嘆き悲しむ者たちは なんら罪なき者なるに
 人里ひとざとはなるこの土地で 打擲ちょうちゃくせしは何故なにゆえぞ!
 なんじの為せるこの行為 死にあたいする罪なるぞ!」






218

十七章 パリークシットの業績ぎょうせき


tvam vâ mrinâla-dhavalah
pâdair nyûnah padâ caran
vrisha-rûpena kim kas'cid
devo nah parikhedayan
17-7




パリークシット国王は 牡牛おうしに向かい訊ねらる
「三本の足 きしまま 蓮根はすねのごとく仄白ほのじろ
一本足で歩かれる 牡牛おうしの姿とられしも
民の苦しみぬぐい去る 御身おんみは神であらるらん




na jâtu kauravendrânâm
dordanda-parirambhite
bhû-tale 'nupatanty asmin
vinâ te prâninâm s'ucah
17-8




クル王朝の王達の 強きかいないだかれし
この領内りょうないで斯くのごと 嘆きの涙見せるのは
御身おんみのほかにらぬなり




mâ saurabheyâtra s'uco
vyetu te vrishalâd bhayam
mâ rodîr amba bhadram te
khalânâm mayi s'âstari
17-9




スラビ1.の子孫 牡牛おすうしよ 嘆き悲しむことなかれ
ああ母牛ははうしよ泣くなかれ 下層かそうな者の暴力を
悪人共の懲罰者ちょうばつしゃ 吾が必ず取り除き
すべての者に幸福を 与えることを約すゆえ

1. スラSurabhi 乳界攪拌の時生まれた牡牛。
      ヴァシシュタ仙に属し願いを叶える力を持つ。










219

十七章 パリークシットの業績ぎょうせき


yasya râshthre prajâh sarvâs
trasyante sâdhvy asâdhubhih
tasya mattasya nas'yanti
kîrtir âyur bhago gatih
17-10 ・11




この王国に住まいたる 生きとし生ける者たちが
悪人輩あくにんばらの手によりて 恐れおののくことあらば
国王の持つ名声や 長寿ちょうじゅ 幸運 成功が
幻影げんえいのごと 消え失せる



esha râjn'âm paro dharmo
hy ârtânâm ârti-nigrahah
ata enam vadhishyâmi
bhûta-druham asattamam





苦しむ者の艱難かんなんを 救い取るこそ国王の
何より重き責務せきむなり
それゆえ吾は此処ここる 生き物たちに加害かがいする
極悪人ごくあくにんのこの者を 必ず成敗せいばいするならん




ko 'vris'cat tava pâdâms trîn
saurabheya catus-pada
mâ bhûvams tvâdris'â râshthre
râjn'âm krishnânuvartinâm
17-12




スラビの子孫 牡牛おすうしよ 四本しほんあるべきその足の
三本の足切りたるは 何処いずこの誰がわざや?
クリシュナ神の帰依者なる 王がおさむるこの国で
御身おんみに起きし苦しみを 見過みすごすことは出来ぬなり











220

十七章 パリークシットの業績ぎょうせき


âkhyâhi vrisha bhadram vah
sâdhûnâm akritâgasâm
âtma-vairûpya-kartâram
pârthânâm kîrti-dûshanam
17-13




おお牡牛おすうしよ語られよ 善良ぜんりょうにして有徳ゆうとく
罪なき御身おんみ 痛めつけ パーンダヴァの名声を
けがせし者はそも(一体)誰ぞ!



jane 'nâgasy agham yun'jan
sarvato 'sya ca mad-bhayam
sâdhûnâm bhadram eva syâd
asâdhu-damane krite
17-14




罪なき者や生き物に 非を働きし悪漢あっかん
何処いずこの土地にろうとも 吾を恐れることとなる
無頼ぶらいな者の制圧せいあつで 御身おんみ美徳びとく ある者は
必ずさちを得らるべし



anâgahsv iha bhûteshu
ya âgas-krin nirankus'ah
âhartâsmi bhujam sâkshâd
amartyasyâpi sângadam
17-15




罪なき者や生き物に 無法むほう働く者あらば
たとえ鬼神きじんであろうとも われは其奴そやつの二の腕を
腕輪もろとも切り落とし 制裁せいさい くわばっすらん



râjn'o hi paramo dharmah
sva-dharma-sthânupâlanam
s'âsato 'nyân yathâ-s'âstram
anâpady utpathân iha
17-16




国をおさむる王として に最高の責務せきむとは
正義ののりく者を かばいてたすけ守ること
正しき者を護るため のりの定めに従いて
 道をはずせし者どもに 厳しき処罰しょばつ あたうこと」



221

十七章 パリークシットの業績ぎょうせき


dharma uvâca
etad vah pândaveyânâm
yuktam ârtâbhayam vacah
yeshâm guna-ganaih krishno
dautyâdau bhagavân kritah
17-17





ダルマの神は答えらる
御身おんみによりて語られし これら全ての言葉こそ
悩める民を救い取る パーンダヴァ族の国王に
相応ふさわしきものなりき
その(パーンダヴァ族の)特質とくしつでられし
聖なる御主おんしゅクリシュナが 使者ししゃに立たれしこともあり…




na vayam kles'a-bîjâni
yatah syuh purusharshabha
purusham tam vijânîmo
vâkya-bheda-vimohitâh
17-18




雄々おおしき王よ 我々は 加害かがいの者の行動が
如何いかなる理由わけされしか その淵源えんげんを知らぬなり
人の意見は様々さまざまで ただ困惑こんわくをするばかり




kecid vikalpa-vasanâ
âhur âtmânam âtmanah
daivam anye 'pare karma
svabhâvam apare prabhum
17-19




不二一元ふにいちげんを説く者は 斯くのごとくに申すなり
〈すべて行為の原因は 神とひとしきわれにあり〉
他の或る者はその原因もとを 〈〔時〕の運命さだめ〉と申すなり
また他の者は〈カルマよ〉と はたまた〈自然の摂理せつりよ〉と
そして残れる人々は 〈神の試練しれん〉と申すなり






222

十七章 パリークシットの業績ぎょうせき


apratarkyâd anirdes'yâd
iti keshv api nis'cayah
atrânurûpam râjarshe
vimrisha sva-manîshayâ
17-20




またある者は斯く言えり 〈人の苦悩の原因は
推理すいり 思考しこういきを超え 論ずることはかなわず〉と…
おお王仙よ くの 何れのげんが正しきか
御身おんみ自身の知性ちせいにて しかと判断はんだんなされたし」




sûta uvâca
evam dharme pravadati
sa samrâd dvija-sattamâh
samâhitena manasâ
vikhedah paryacashtha tam
17-21





≪聖仙スータ語られる≫
ダルマの神が斯くのごと パリークシットに語らうと
おおシャウナカよの王は 心しずめて明快めいかい
次のごとくに話したり




râjovâca
dharmam bravîshi dharma-jn'a
dharmo 'si vrisha-rûpa-dhrik
yad adharma-kritah sthânam
sûcakasyâpi tad bhavet
17-22





パリークシットはく述べり
「ダルマよく御方おんかたよ 不正な行為せし者の
その要因よういんをさし示し のりを語らる御身おみ様は
牡牛おうしの姿られしも ダルマの神に相違そういなし










223

十七章 パリークシットの業績ぎょうせき


athavâ deva-mâyâyâ
nûnam gatir agocarâ
cetaso vacasas' câpi
bhûtânâm iti nis'cayah
17-23




われ思案しあんめぐらせて 斯くの如くに帰結きけつせり
《神が駆使くしさる幻術げんじゅつは 生きとし生ける者たちの
意志や言葉の力では 到達とうたつできぬ領域りょういき》と



tapah s'aucam dayâ satyam
iti pâdâh krite kritâh
adharmâms'ais trayo bhagnâh
smaya-sanga-madais tava
17-24




クリタと呼ばる時代では 苦行くぎょう 純潔じゅんけつ 慈悲じひ そして
真実しんじつという四足よんそくで 行動されし御身様おみさま
おご執着しゅうちゃく 情欲じょうよくの ダルマにはん不正義ふせいぎ
三本の足うばわれて 斯様かようさまを見せられり



idânîm dharma pâdas te
satyam nirvartayed yatah
tam jighriksaty adharmo 'yam
anritenaidhitah kalih
17-25




ダルマの神よ 御身様おみさま
たった一本残されし 真理あらわすその足を
今ここにいるカリ王が 悪をまといて不法ふほうにも
うばいて破壊はかいせしめんと 虎視眈々こしたんたんねらうなり



iyam ca bhûmir bhagavatâ
nyâsitoru-bharâ satî
s'rîmadbhis tat-pada-nyâsaih
sarvatah krita-kautukâ
17-26




そして此方こなた牝牛めうしこそ クリシュナ神の愛情で
その麗しき足跡あしあとが いたるところにしるされし
広大な土地授けられ そこにとどまる地母ぢぼの神



224

十七章 パリークシットの業績ぎょうせき


s'caty as'ru-kalâ sâdhvî
durbhagevojjhitâ satî
abrahmanyâ nripa-vyâjâh
s'ûdrâ bhokshyanti mâm iti
17-27




主に去られたる地母神ぢぼしん
ブラーフマナをうやまわぬ 身分いやしき下層者かそうしゃ
斯くの如くにおのが地で 統治者とうちしゃのごと振舞ふるまうを
 けがれなき眼に涙して 御主おんしゅ しのびて嘆かれる」



iti dharmam mahîm caiva
sântvayitvâ mahâ-rathah
nis'âtam âdade khadgam
kalaye 'dharma-hetave
17-28




武勇ぶゆうすぐれし王仙おうせんは ダルマの神と地母神ぢぼしん
斯くの如くになだめると
するどつるぎ はなち アダルマのもと カリ王を
成敗せいばいせんと身構みがまえり



tam jighâmsum abhipretya
vihâya nripa-lân'chanam
tat-pâda-mûlam s'irasâ
samagâd bhaya-vihvalah
17-29




強き殺意さついさららされて カリは恐れにおののくと
王家おうけ徽章きしょう引きがし 王の足下そっかにひれせり



patitam pâdayor vîrah
kripayâ dîna-vatsalah
s'aranyo nâvadhîc chlokya
âha cedam hasann iva
17-30




身を投げ出してゆるう カリの姿をあわれみし
慈愛じあいの王”とたたえらる 心やさしき英雄えいゆう
保護ほごの求めを退しりぞけず つるぎおさ微笑ほほえんで
斯くのごとくにもうされり


225

十七章 パリークシットの業績ぎょうせき


râjovâca
na te gudâkes'a-yas'o-dharânâm
baddhân'jaler vai bhayam asti kin'cit
na vartitavyam bhavatâ kathan'cana
kshtre madîye tvam adharma-bandhuh
17-31





王仙は斯く申されり
「名声高きアルジュナの 権威けんい引きぐ吾々に
ゆるしをうて手をわす なんじ最早もはやいささかも
おそれることはらぬなり なれどなんじはアダルマの
親しき友であるゆえに この吾々の王国に
いかなる手段てだてとろうとも とどまることは許されず



tvâm vartamânam nara-deva-dehesv
anupravritto 'yam adharma-pûgah
lobho 'nritam cauryam anâryam amho
jyeshthhâ ca mâyâ kalahas' ca dambhah
17-32




なんじが王の肉体まとい この世に出でしそののち
貪欲とんよく 略奪りゃくだつ 虚偽きょぎ 卑賎ひせん 貧困ひんこん そして狡猾こうかつ
欺瞞ぎまん 災難さいなん あらそいの 諸々もろもろの悪台頭たいとう
これらすべてはカリ王よ なれが引き連れ来たるなり



na vartitavyam tad adharma-bandho
dharmena satyena ca vartitavye
brahmâvarte yatra yajanti yajn'air
yajn'es'varam yajn'a-vitâna-vijn'âh
17-33




おおアダルマの具現者ぐげんしゃよ 故に汝はこの土地に
とどまることは許されぬ! 留まる事が出来るのは
有徳うとくでしかも純正じゅんせいな 供儀くぎをよく知る賢者けんじゃのみ
最高神をたてまつり 正しき祭祀さいし行いて
供犠を行う場所1.ゆえに

1. 供犠を行う場所… brahmâvarte(ブラフマーワルタ)。サラスワティー河と
  ドリシャドワティ河との間の神聖な地域。




226

十七章 パリークシットの業績ぎょうせき


yasmin harir bhagavân ijyamâna
ijyâtma-mûrtir yajatâm s'am tanoti
kâmân amoghân sthira-jangamânâm
antar bahir vâyur ivaisha âtmâ
17-34




ブラフマーワルタこの地では
個我こがの姿を具現ぐげんさる クリシュナ神がまつられて
神を敬う人々の 心をしずたされる
動かざるもの動くもの 万物ばんぶつる至上主は
風の如くにいて すべての願いかなえらる」




sûta uvâca
parîkshitaivam âdishthah
sa kalir jâta-vepathuh
tam udyatâsim âhedam
danda-pânim ivodyatam
17-35





≪聖仙スータ語られる≫
あたかも死神しにがみヤマのごと つるぎを持ちし国王に
斯くのごとくに言われると カリは恐れにおののきて
次の如くに哀訴あいそせり




kalir uvâca
yatra kva vâtha vatsyâmi
sârva-bhauma tavâjn'ayâ
laksaye tatra tatrâpi
tvâm âtteshu-s'arâsanam
17-36





カリの化身けしんは申したり
全土ぜんどわた支配者しはいしゃよ! 御身おんみめいしたがいて
何処いずこの土地に住もうとも 如何いかなる時であろうとも
手に弓矢持つ帝王を 心にしかととどむらん








227

十七章 パリークシットの業績ぎょうせき


tan me dharma-bhritâm s'reshthha
sthânam nirdeshthum arhasi
yatraiva niyato vatsya
âtishthhams te 'nus'âsanam
17-37




ダルマ保持ほじする国王こくおう
御身おんみ指示しじに身をまかす われの住むべきその場所を
何卒なにとぞ教えたまえかし」



sûta uvâca
abhyarthitas tadâ tasmai
sthânâni kalaye dadau
dyûtam pânam striyah sûnâ
yatrâdharmas' catur-vidhah
17-38





≪聖仙スータ語られる≫
斯くのごとくにカリ王に 懇願こんがんされし国王は
けごと〕〔飲酒いんしゅ〕〔殺生せっしょう〕と 〔不正な異性関係〕の
 四つの不義(アダルマ)温床おんしょうを カリの化身に与えらる



punas' ca yâcamânâya
jâta-rûpam adât prabhuh
tato 'nritam madam kâmam
rajo vairam ca pan'camam
17-39




更に住処すみか強請ねだるので パリーリシット国王は
五番目に〔かね〕与えらる
それらによりてカリの世は 虚偽きょぎ興奮こうふん 欲望よくぼう
熱狂的ねっきょうてき言動げんどうや 敵意てきいが絶えずしょうずなり



amûni pan'ca sthânâni
hy adharma-prabhavah kalih
auttareyena dattâni
nyavasat tan-nidesha-krit
17-40




パリークシット国王に 五つの場所を与えられ
アダルマに立脚つカリ王は
王の定めにしたがいて 〔ときたるまでとどまりぬ

228

十七章 パリークシットの業績ぎょうせき


athaitâni na seveta
bubhûshuh purushah kvacit
vis'eshato dharma-s'îlo
râjâ loka-patir guruh
17-41




安寧あんねいの世を願う者 特に有徳の国王や 人を導く教導者きょうどうしゃ
宗教的しゅうきょうてき先達せんだつ(グル)は どんな場合であろうとも
これら五つの住処すみかには 決して近寄ちかよることはなし



vrishasya nashthâms trîn pâdân
tapah s'aucam dayâm iti
pratisandaha âs'vâsya
mahîm ca samavardhayat
17-42




そののち王は牡牛おすうしの 苦行くぎょう 純潔じゅんけつ 慈悲じひという
うしなわれたる三本の 足のすべてを回復かいふく
地母ぢぼの神なる牝牛めうしには 心をくしはげまして
元気を与え喜ばせ 栄光の世を蘇生そせいさす




sa esha etarhy adhyâsta
âsanam pârthivocitam
pitâmahenopanyastam
râjn'âranyam vivikshatâ

âste 'dhunâ sa râjarshih
kauravendra-s'riyollasan
gajâhvaye mahâ-bhâgas'
cakravartî brihac-chravâh
17-43 ・44











斯くの如くに国王は 覇者はしゃ(勇猛)王者おうじゃ(有徳)わせ持ち
森に隠遁いんとんなされたる ユディシュティラ大伯父おおおじ(前国王)
ゆずりうけたる王の座を 堅く護りて不動ゆるぎなし

うわさに高き名声めいせいと クル王朝おうちょう栄光えいこう
光り輝く王仙おうせん(パリークシット)
ハスティナープラ都城とじょうにて 至幸しこうに満ちてまわれり




229

十七章 パリークシットの業績ぎょうせき


ittham-bhûtânubhâvo 'yam
abhimanyu-suto nripah
yasya pâlayatah kshaunîm
yûyam satrâya dîkshitâh
17-45




シャウナカ始めリシたちよ 斯くの如くに偉大なる
アビマンニュ(アルジュナの息子)息子 国王(パリークシット)
大地支配す業績ぎょうせきを 聴聞出来るその理由わけ
御身おみらの捧ぐ祭式さいしきの 聖なるげんほかならじ



第十七章 終了























230