三十章 プラチェータスに俗世で生きる知が授けらる


第三十章【プラチェータスに俗世で生きる知が授けらる】




vidura uvâca
ye tvayâbhihitâ brahman
sutâh prâcînabarhisah
te rudra-gîtena harim
siddhim âpuh pratosya kâm
30-1





ヴィドゥラは斯く述べしなり
「おお聖仙よ 御説きあれ プラーチーナバリ王仙の
すぐれし息子 プラチェータス 邂逅かいこうしたるシヴァ神に
主への賛歌を教えられ それをえいじて至高主を
満足させし功徳くどくにて 如何なる果報 得たりしや





kim bârhaspatyeha paratra vâtha
kaivalya-nâtha-priya-pârsva-vartinah
âsâdya devam girisam yadrcchayâ
prâpuh param nûnam atha pracetasah
30-2




カイラーサにて住みたもう 聖なるシヴァの御慈悲にて
主の御心みこころに叶いたる プラチェータスの兄弟は
如何なる界で 如何様いかように 解脱を遂げて至上主の
そば近くに登りしや おお聖仙よ 説きたまえ」





maitreya uvâca
pracetaso 'ntar udadhau
pitur âdesa-kârinah
japa-yajnena tapasâ
puranjanam atosayan
30-3





マイトレーヤは述べられり
「彼等の父の指示により プラチェータスは大湖りて
与えられたる主の賛歌 低き声にて斉唱せいしょう
厳しき苦行 続けたり 斯かる至誠が至上主の
琴線きんせんに触れ 喜ばれ 深く満足 なされたり





451

三十章 プラチェータスに俗世で生きる知が授けらる

  

dasa-varsa-sahasrânte
purusas tu sanâtanah
tesâm âvirabhût krcchram
sântena samayan rucâ
30-4




何時いつしか時が流れゆき 一万年が経ちし頃
永久とわに不滅の至高主が 過酷な苦行 続けたる
プラチェータスの眼前がんぜんに 突如姿を顕さる
その素晴らしき光輝にて 彼等を満たし喜ばせ
苦行の疲れ 癒されり






suparna-skandham ârûdho
meru-srngam ivâmbudah
pîta-vâsâ mani-grîvah
kurvan vitimirâ disah
30-5




ガルダの肩にする主は 聖なる山(神々の住むメール山)の頂上に
たなびく雲のごとくなる 黄色きころも まとわれて
首に飾らる宝石(カウストゥバや真珠)は すべての界を輝やかす






kâsisnunâ kanaka-varna-vibhûsanena
bhrâjat-kapola-vadano vilasat-kirîtah
astâyudhair anucarair munibhih surendrair
âsevito garuda-kinnara-gîta-kîrtih
30-6




光り輝く金色こんじきの 装飾により 照り映えて
しゅかんばせも輝けり 頬や口許 きらめきて
まばゆく光る王冠や 八つの武器や道具類
従者 随員ずいいん 数知れず 偉大な聖者 聖賢せいけん
心をこめてお仕えし 主の乗り物のガルダさえ
キンナラのごと主の賛歌 翼をりて 謳いたり







452

三十章 プラチェータスに俗世で生きる知が授けらる



pînâyatâsta-bhuja-mandala-madhya-laksmyâ
spardhac-chriyâ parivrto vana-mâlayâdyah
barhismatah purusa âha sutân prapannân
parjanya-nâda-rutayâ saghrnâvalokah
30-7




長くたくまし八本の 腕を持たれる主の胸に
ラクシュミー様に比類する ヴァナマーラーを飾られし
クリシュナ神はいとに プラーチーナバリ王仙の
息子等 なべて一瞥いちべつし 雷鳴のごと 鳴り渡る
厳粛げんしゅくな声 発せらる






srî-bhagavân uvâca
varam vrnîdhvam bhadram vo
yûyam me nrpa-nandanâh
sauhârdenâprthag-dharmâs
tusto 'ham sauhrdena vah
30-8





聖バガヴァーン のたまわく
『おお王仙の息子等よ あれに恩寵 望むべし
御身等おみらは人が為し難き 厳しき苦行 誓言せいごん
その戒律を遵守して あれの愛情 ち得たり
満足したるそのあかし 求むるものを与えなん







yo 'nusmarati sandhyâyâm
yusmân anudinam narah
tasya bhrâtrsv âtma-sâmyam
tathâ bhûtesu sauhrdam
30-9




人が毎日夕暮れに 御身等のことを 思うなば
わが兄弟や被造物 全ての物を平等に
おのれ自身を愛すごと 溢れる愛で包むらん








453

三十章 プラチェータスに俗世で生きる知が授けらる



ye tu mâm rudra-gîtena
sâyam prâtah samâhitâh
stuvanty aham kâma-varân
dâsye prajnâm ca sobhanâm
30-10




心をいつに専注し シヴァ神により教えらる
あれへの賛歌 心込め 朝な夕なに謳うなば
望みしものを皆叶え 卓越したる識別と
智能を与え 応ずなり




yad yûyam pitur âdesam
agrahîsta mudânvitâh
atho va usatî kîrtir
lokân anu bhavisyati
30-11




御身等おみらは父の命令を に忠実に実行し
あれは大いに満たされり 故に御身等の栄光は
宇内うだい あまねく浸透し それら全てを凌駕りょうがせん





bhavitâ visrutah putro
'navamo brahmano gunaih
ya etâm âtma-vîryena
tri-lokîm pûrayisyati
30-12




やがて御身等に有名な 嗣子ししが誕生いたすなり
ブラフマー神にも劣らなき 資質もちたるその息子
その子孫にて全宇宙 ずめ尽くして満たすらん





kandoh pramlocayâ labdhâ
kanyâ kamala-locanâ
tâm câpaviddhâm jagrhur
bhûruhâ nrpa-nandanâh
30-13




カンドゥ仙とその妻の プラムローチャーの間から
蓮華の如きまなこもつ 美しきが生まれたり
しかれど母に見捨てられ 木の精霊に育てらる



454

三十章 プラチェータスに俗世で生きる知が授けらる



ksut-ksâmâyâ mukhe râjâ
somah pîyûsa-varsinîm
desinîm rodamânâyâ
nidadhe sa dayânvitah
30-14




ハーブの主なるソーマ神 母乳求めて泣く稚児ちご(乳児)
人差し指にアムリタを ひたしてそれを口に入れ
吸わせて嬰児えいじ 育てらる







prajâ-visarga âdistâh
pitrâ mâm anuvartatâ
tatra kanyâm varârohâm
tâm udvahata mâ ciram
30-15




に献身し忠実な 御身等の父の王仙に
<子供を産みて殖やせよ>と 命じられしに相違なし
故に御身等は早急に 美しき腰 張りし胸
この素晴らしき早乙女さおとめと 長き時間を費やさず
“結婚せよ”と 推薦す







aprthag-dharma-sîlânâm
sarvesâm vah sumadhyamâ
aprthag-dharma-sîleyam
bhûyât patny arpitâsayâ
30-16




美しき腰 その姿態 気質 人柄 振る舞いの
すべてが御身等おみら全員に 等しく受容されるべし
彼女も御身等全員に 等しく献身奉仕して
その誓言をよく解し 等しき誓い 立てるらん








455

三十章 プラチェータスに俗世で生きる知が授けらる



divya-va rsa-sahasrânâm
sahasram ahataujasah
bhaumân bhoksyatha bhogân vai
divyâms cânugrahân mama
30-17




天の区分で千年の 長き年月 過ぎようが
あれが与えし恩寵で 御身等の力衰えず
地上の幸や天界の 種々の悦楽 享受せん







atha mayy anapâyinyâ
bhaktyâ pakva-gunâsayâh
upayâsyatha mad-dhâma
nirvidya nirayâd atah
30-18




斯くの如くに天と地に 御身等の力 浸透し
あれへの奉仕(主の栄光を遍く広布する)為し得れば
僅かに残る物質の 穢れもあれの祝福で
全て消滅したるなば 地獄のごとき俗世から
常世とこよさとに至るらん







grhesv âvisatâm câpi
pumsâm kusala-karmanâm
mad-vârtâ-yâta-yâmânâm
na bandhâya grhâ matâh
30-19




家庭生活続けても その日常をに捧げ
えきすることにたずさわり あれの話題に費やせば
家族のための束縛や 憂慮はすべて消えてゆく










456

三十章 プラチェータスに俗世で生きる知が授けらる



navyavad dhrdaye yaj jno
brahmaitad brahma-vâdibhih
na muhyanti na socanti
na hrsyanti yato gatâh
30-20




何故かとならばこのあれを 常に心に置く者の
胸裏(フリダヤ)住処すみかもつゆえに 常に全てを理解して
事の次第を先導す ヴェーダ教義の信奉者(解脱者)
彼等に苦悩 悲しみが 無きと等しく の帰依者
喜怒哀楽を超越し やがて常世に至らん』と」






maitreya uvâca
evam bruvânam purusârtha-bhâjanam
janârdanam prânjalayah pracetasah
tad-darsana-dhvasta-tamo-rajo-malâ
girâgrnan gadgadayâ suhrttamam
30-21






マイトレーヤは述べられり
「斯くの如くに御主から 人世の目途 生き方や
その不利益や損失を 滅する方途 教えられ
主にまみえたる功徳にて 無知(タマス)や激情(ラジャス) 消え失せん
プラチェータスの兄弟は おもわず両手合わせると
口ごもりつつ称賛し 偉大な御主おんしゅ 拝したり







pracetasa ûcuh
namo namah klesa-vinâsanâya
nirûpitodâra-gunâhvayâya
mano-vaco-vega-puro javâya
sarvâksa-mârgair agatâdhvane namah
30-22















457

三十章 プラチェータスに俗世で生きる知が授けらる

  


プラチェータスは 言いしなり
〈おお偉大なる至上主よ 帰命頂礼奉きみょうちょうらいたてまつ
御名みなとなえて徳を積む 帰依者の苦痛 迅速に
消失させる御方おんかたよ 寛大にして 威厳あり
人の心や言葉 聞き すぐに御手おんてを差し延べて
救い賜る御方よ 感覚を追う道を行く
危険を知らぬ者達に まことの道を指し示す
御主みすに重ねて頂礼ちょうらい






suddhâya sântâya namah sva-nisthayâ
manasy apârtham vilasad-dvayâya
namo jagat-sthâna-layodayesu
grhîta-mâyâ-guna-vigrahâya
30-23




至純の極み 唯一者ゆいいっしゃ 寂静に在る御方おんかた
心底しんてい深く尊崇そんすうし 帰命頂礼奉る
宇宙創造 そを維持し やがて破壊し 夜をすごし(静態)
時 来りなば再びの 宇宙創造なさるなり
〔時〕と〔マーヤー〕用いられ その循環じゅんかんの多様性
なれどもそれを 意図さるは ただ 御一人ごいちにん 源主のみ
斯かるもといの至上主に 重ねて礼を奉る






namo visuddha-sattvâya
haraye hari-medhase
vâsudevâya krsnâya
prabhave sarva-sâtvatâm
30-24




帰依する者の困窮を 知と力にて取り除く
清き純なる根源主 ヴァースデーヴァ クリシュナに
吾等兄弟 一様いちように 帰命頂礼奉る






458

三十章 プラチェータスに俗世で生きる知が授けらる



namah kamala-nâbhâya
namah kamala-mâline
namah kamala-pâdâya
namas te kamaleksana
30-25




ほぞに蓮華が咲く方に 帰命頂礼奉る
蓮華の花輪はなわ 飾る主に 帰命頂礼奉る
蓮華の御足みあし持つ方に 帰命頂礼奉る
蓮華のまなこ持つ御主みすに 帰命頂礼奉る







namah kamala-kinjalka-
pisangâmala-vâsase
sarva-bhûta-nivâsâya
namo 'yunksmahi sâksine
30-26




蓮華の花芯かしん サフランの 黄色に似たるころも着し
御主みすは心の避難場所 そして全ての照覧者
かる偉大な至高主に 帰命頂礼奉る








rûpam bhagavatâ tv etad
asesa-klesa-sanksayam
âviskrtam nah klistânâm
kim anyad anukampitam
30-27




世俗における苦しみに 悩む者等を憐れみて
主の御力でその辛苦 除き賜いし御慈愛は
他の何物に等しきや 更にこの上恩寵を
クリシュナ神に請うるなど 在ろうはず無き ことなりき









459

三十章 プラチェータスに俗世で生きる知が授けらる



etâvat tvam hi vibhubhir
bhâvyam dînesu vatsalaih
yad anusmaryate kâle
sva-buddhyâbhadra-randhana
30-28




斯くの如くに御身様おみさまは 広大無辺 無限にて
いたるところに遍在し すべて照覧なさる方
弱く哀れな者達の 大樹たいじゅの如き拠りどころ
時が来たれば御身様は 帰依する者を救いだし
のぞみし幸を賜うらん おお!御主こそ その全て
知られる方に相違なし







yenopasantir bhûtânâm
ksullakânâm apîhatâm
antarhito 'ntar-hrdaye
kasmân no veda nâsisah
30-29




すべての欲望 終息し 寂静の境 知り得たと
吾等が知覚したとても 胸奥にあるフリダヤに
ほんのわずかに残されし 小さな欲も そしてまた
内部にひそむ願望も 御主おんしゅは全て知らるなり







asâv eva varo 'smâkam
îpsito jagatah pate
prasanno bhagavân yesâm
apavarga-gurur gatih
30-30




おお至上主よ 斯くのごと 全てを知らる御身様は
吾等全ての者達が 解脱をるを望まれん
故に吾等はグルにして 最高主なる御身様の
御満足ることのみが この人生の最終の
目的にしてのぞみなり





460

三十章 プラチェータスに俗世で生きる知が授けらる



varam vrnîmahe 'thâpi
nâtha tvat paratah parât
na hy antas tvad-vibhûtînâm
so 'nanta iti gîyase
30-31




おおそれ故に吾々は 普遍 無終の根源主
クリシュナ神の御慈愛を 唯ひたすらに請うるなり
すべてを超える御方おんかたよ 讃えて詠歌 斉唱せいしょう








pârijâte 'njasâ labdhe
sârango 'nyan na sevate
tvad-anghri-mûlam âsâdya
sâksât kim kim vrnîmahi
30-32




パーリジャータの花の香に 魅惑されたる蜜蜂が
他の花々の 蜜得んと 思う心を持たぬごと
御主みすの蓮華の御足おみあしに 拠り処を得たる 帰依者等が
ほかには何を 求むるや







yâvat te mâyayâ sprstâ
bhramâma iha karmabhih
tâvad bhavat-prasangânâm
sangah syân no bhave bhave
30-33




物質の世の只中ただなかで 主のマーヤーの支配享け
影響されし吾々は 行為の(三界)流離さすらいぬ
おお至上主よ 斯かる時 御身を慕う帰依者との
えにしを結び賜れと 伏して懇願奉る









461

三十章 プラチェータスに俗世で生きる知が授けらる



tulayâma lavenâpi
na svargam nâpunar-bhavam
bhagavat-sangi-sangasya
martyânâm kim utâsisah
30-34




クリシュナ神を尊崇そんすうし 主に専注す 赤心の
帰依する人と触れ合いて 御主みすの蓮華の御足おみあし
塵の一片ひとひら 戴けば たとえ解脱が得られずも
天に到達できずとも 死ぬる運命さだめの者等(被造物・人間)には
おお!望外ぼうがいの喜悦にて そを恩寵と享受せん






yatredyante kathâ mrstâs
trsnâyâh prasamo yatah
nirvairam yatra bhûtesu
nodvego yatra kascana
30-35




その方々の語らいは 常に御主のことばかり
聞き洩らさじと ひと言も おろそかにせず聴き入れば
その純潔な言霊ことだまに いつしか浄化 純化され
妬み 高慢 強欲や 恐怖 悲哀が消えゆかん







yatra nârâyanah sâksâd
bhagavân nyâsinâm gatih
samstûyate sat-kathâsu
mukta-sangaih punah punah
30-36




クリシュナ神を崇拝し 幾度も賛歌 朗誦し
世俗の欲を厭離えんりした 御主おんしゅを慕う帰依者等が
わが人生の最終の その目的を語らえば
ナーラーヤナの御姿みすがたで 御主みすは顕現 あそばさる








462

三十章 プラチェータスに俗世で生きる知が授けらる



tesâm vicaratâm padbhyâm
tîrthânâm pâvanecchayâ
bhîtasya kim na roceta
tâvakânâm samâgamah
30-37




主の帰依者等は 聖地でも 彼等の足で浄化さる
〔輪廻〕恐れる者たちが その帰依者等と<親密に
成らん>と欲し 願うのは 至極自然のことなりき






vayam tu sâksâd bhagavan bhavasya
priyasya sakhyuh ksana-sangamena
suduscikitsyasya bhavasya mrtyor
bhisaktamam tvâdya gatim gatâh sma
30-38




おお至上主よ吾々は 主の盟友のシヴァ神と
しばしの交流 与えられ 主への賛美を教えらる
おお拠り処なる至上主よ その功徳にて吾々の
“死と誕生を繰り返す 輪廻の鎖 断ち切れぬ”
このおぞましき業病ごうびょうの 快癒かいゆの時を迎えたり







yan nah svadhîtam guravah prasâditâ
viprâs ca vrddhâs ca sad-ânuvrttyâ
âryâ natâh suhrdo bhrâtaras ca
sarvâni bhûtâny anasûyayaiva

yan nah sutaptam tapa etad îsa
nirandhasâm kâlam adabhram apsu
sarvam tad etat purusasya bhûmno
vrnîmahe te paritosanâya
30-39・40











吾々たちが学びたる 優れし聖書 そしてまた
伝授されたる教師たち ブラーフマナや年長者
その方々に献身し 奉仕 報謝を怠らず
有徳者 賢者 聖人へ 尊敬持ちて対応し
家族や縁者 兄弟や 友人そして生物と
愛情深く交流す かかる吾等の全行為




463

三十章 プラチェータスに俗世で生きる知が授けらる




食事も摂らず飢えし身で 水も飲まずに長き時(1万年)
湖水にひたり立ち続く これらの苦行 そのすべて
不変不朽ふへんふきゅうの最高者 クリシュナ神の御満足
なんがための ことなりき






manuh svayambhûr bhagavân bhavas ca
ye 'nye tapo jnâna-visuddha-sattvâh
adrsta-pârâ api yan-mahimnah
stuvanty atho tvâtma-samam grnîmah
30-41




スヴァーヤンブヴァ マヌそして
ブラフマー神 シヴァ神や
他の神仙や王仙等 禁欲行為 叡智にて
浄化されたる方々が 究極にある目的地
常世の郷にしたもう 御主おんしゅ 讃えて拝される
故に吾等も根源の 主を賛美して謳うなり






namah samâya suddhâya
purusâya parâya ca
vâsudevâya sattvâya
tubhyam bhagavate namah
30-42




平等観に立脚す 至純の極み 最高主
卓越したる存在の ヴァースデーヴァ クリシュナに
吾等兄弟共々に 帰命頂礼奉る〉」







maitreya uvâca
iti pracetobhir abhistuto harih
prîtas tathety âha saranya-vatsalah
anicchatâm yânam atrpta-caksusâm
yayau sva-dhâmânapavarga-vîryah
30-43








464

三十章 プラチェータスに俗世で生きる知が授けらる




マイトレーヤは述べられり
「プラチェータスに斯くのごと 賛美されたる至上主は
あれに援助を求めたる 個我に必ずむくいる』と
言葉を残し 満足の 意を示されて至上主は
名残なごりしむ兄弟の 熱き眼差まなざし受けながら
永久とわさとへと帰られり




atha niryâya salilât
pracetasa udanvatah
vîksyâkupyan drumais channam
gâm gâm roddhum ivocchritaih
30-44




しこうしてのち兄弟が 大湖だいこでて 世を見ると
木々が大きく成長し 地上 天界 そのすべて
おおい隠して蔓延はびこれり その様を知り兄弟は
大いに激怒 したるなり





tato 'gni-mârutau râjann
amuncan mukhato rusâ
mahîm nirvîrudham kartum
samvartaka ivâtyaye
30-45




怒りに燃えし兄弟は 地上の木々を滅せんと
五大元素のふうを おの身体たいから取り出すと
宇宙破壊の火のごとく 口からそれを噴出す





bhasmasât kriyamânâms tân
drumân vîksya pitâmahah
âgatah samayâm âsa
putrân barhismato nayaih
30-46




すべての樹々が燃え尽きて 灰にならんとするを見て
ブラフマー神がられたり そして彼等をなだめると
世俗に生きる知を授け 樹の滅亡を救われり



465

三十章 プラチェータスに俗世で生きる知が授けらる



tatrâvasistâ ye vrksâ
bhîtâ duhitaram tadâ
ujjahrus te pracetobhya
upadistâh svayambhuvâ
30-47




樹は絶滅をまぬがると ブラフマー神の意のままに
プラチェータスにが娘 恐れながら…と 差し出せり







te ca brahmana âdesân
mârisâm upayemire
yasyâm mahad-avajnânâd
ajany ajana-yonijah
30-48




ブラフマー神の示唆しさにより プラチェータスは 樹々の
マーリシャーと結婚す 而して男児 産まれしが
その男子おのここそ かの昔 宇宙を統べるシヴァ神に
恥辱ちじょくを与え おとしめし 地獄に堕ちしダクシャなり








câksuse tv antare prâpte
prâk-sarge kâla-vidrute
yah sasarja prajâ istâh
sa dakso daiva-coditah
30-49




時が流れてチャークシュシャ 六番目なるマヌの期に
最高神の命により ダクシャは多々の 造物を
生みて世界を 満たしたり












466

三十章 プラチェータスに俗世で生きる知が授けらる



yo jâyamânah sarvesâm
tejas tejasvinâm rucâ
svayopâdatta dâksyâc ca
karmanâm daksam abruvan

tam prajâ-sarga-raksâyâm
anâdir abhisicya ca
yuyoja yuyuje 'nyâms ca
sa vai sarva-prajâpatîn
30-50・51











この世に誕生したる時 その美しき光輝見て
人々すべて驚愕きょうがくす その明眸めいぼうは輝きて
才気溢れるその仕草 高き品位は際立きわだちて
故にみ居る人々は ダクシャ(徳ある者)と言いて褒めそやす

ブラフマー神はこの彼を プラジャーパティのおさと為し
世に被造物 栄えさせ 豊かな国を創造つくらせり」





第三十章 終了


















467