一章 スヴァーヤンブヴァ マヌの後裔


第一章【スヴァーヤンブヴァ マヌの後裔こうえい



maitreya uvaca
manos tu satarupayam
tisrah kanyas ca jajnire
akutir devahutih ca
prasutir iti virutah
1-1





マイトレーヤは述べられり 「スヴァーヤンブヴァ マヌ始祖は
シャタルーパー妃に生ませたる 最初のにはアークーティ
そして次なるむすめをば デーヴァフーティと名づけられ
更に三女はプラスーティ 斯くの如くに名乗らせり




akutim rucaye pradad
api bhratrmatim nrpah
putrika-dharmam asritya
satarupanumoditah
1-2




しかりし後にマヌ始祖しそは 快諾かいだくを得しうえで
最初の娘アークーティを 聖仙ルチに嫁がせて
その長男を父親(マヌ始祖)に 孫養子まごようしとす法令(ダルマ)
息子持つ身の始祖なれど 厳しく遵守させたもう




prajapatih sa bhagavan
rucis tasyam ajijanat
mithunam brahma-varcasvi
paramena samadhina
1-3




プラジャーパティなる聖ルチは 至上の御主みすに専注し
深く瞑想なされたり さればマヌの アークーティ妃
聖智にすぐ一対いっつい(男女二人)の 子等を出産なされたり



1

一章 スヴァーヤンブヴァ マヌの後裔


yas tayoh purusah saksad
visnur yajna-svarupa-dhrk
ya stri sa daksina bhuter
amsa-bhutanapayini
1-4




誕生したる一対の その男児おとこごは至上主が
姿採られし〔ヤジュニャ(祭祀)〕なり
して女児おみなごは至上主と 不離一体ふりいったいのラクシュミーが
姿採られし〔ダクシナー(祭祀の供物)




aninye sva-grham putryah
putram vitata-rocis am
svayambhuvo muda yukto
rucir jagraha daksinam
1-5




スヴァーヤンブヴァ マヌ始祖は
光輝を放つ嬰児みどりご(ヤジュニャ)を ご覧になるや驚喜して
吾が宮殿にともなわる
もう一方の女児おみなご(ダクシナー)は 聖仙ルチが育てらる




tam kamayanam bhagavan
uvaha yajusam patih
tustayam tosam apanno
janayad dvadasatmajan
1-6




婚期迎えしダクシナー(祭式の供物の顕現)
祭式のおさ 顕現す ヤジュニャをつまと求められ
つい和合わごう(祭式と供物としての)を 望まれり
その結婚はご夫婦に 大きな喜悦もたらして
十二人もの頼もしき 息子をもうけたまいたり




2

一章 スヴァーヤンブヴァ マヌの後裔


tosah pratosah santoso
bhadrah santir idaspatih
idhmah kavir vibhuh svahnah
sudevo rocano dvi-sat
1-7




その頼もしき息子等は
トーシャ プラトーシャ サントーシャ
バドラ シャンティ イダスパティ
イドフ マカヴィとヴィブフ等と
スヴァフナ スデーヴァ ローチャナの
名を持つじゅう二人ふたりなり




tusita nama te deva
asan svayambhuvantare
marici-mira rsayo
yajnah sura-ganesvarah
1-8




主の化身なるヤジュニャと妃(ダクシナー) お二方ふたかたより生まれたる
トゥシタと呼ばる息子等は スヴァーヤンブヴァ マヌの期の
神々とての役を得る
聖マリーチ等七人の リシも造物ぞうぶつ(プラジャーパティとして)たすけらる




priyavratottanapadau
manu-putrau mahaujasau
tat-putra-pautra-naptr-nam
anuvrttam tad-antaram
1-9




偉大な強き力持つ スヴァーヤンブヴァ マヌの息子そく
プリヤヴラタと兄弟の ウッターナパーダ両人と
その息子等や 孫 曾孫ひまご 子々孫々ししそんそん後裔こうえい
スヴァーヤンブヴァ マヌの期間を 支配し統治なされたり




3

一章 スヴァーヤンブヴァ マヌの後裔


devahutim adat tata
kardamayatmajam manuh
tat-sambandhi sruta-prayam
bhavata gadato mama
1-10




おおヴィドゥラよ もう既に スヴァーヤンブヴァ マヌ始祖が
偉大な聖者カルダマに デーヴァフーティ吾が次女を
嫁がせしその 経緯いきさつを 詳しく説きて聞かせたり





daksaya brahma-putraya
prasutim bhagavan manuh
prayacchad yat-krtah sargas
tri-lokyam vitato mahan
1-11




スヴァーヤンブヴァ マヌ始祖は
次いで三女のプラスーティ ブラフマー神の息子なる
ダクシャに嫁がせ給いたり その夫婦から生まれたる
多くの子孫 後裔は この三界に充ち満てり





yah kardama-sutah prokta
nava brahmarsi-patnayah
tasam prasuti-prasavam
procyamanam nibodha me
1-12




デーヴァフーティとカルダマの 九人のはそれぞれに
ブラフマリシにとつぎたり 故にこの後は彼女らが
嫁ぎし後の繁栄を つぶさに語り聞かすらん








4

一章 スヴァーヤンブヴァ マヌの後裔


patni marices tu kala
susuve kardamatmaja
kasyapam purnimanam ca
yayor apuritam jagat
1-13




カルダマムニの愛娘まなむすめ カラーは聖者マリーチに
嫁ぎし後にカシュヤパと プールニマーを出産す
この息子等の後裔こうえいは 広く世界に充ち満てり





purnimasuta virajam
visvagam ca parantapa
devakulyam hareh pada-
saucad yabhut sarid divah
1-14




プールニマーは成人し 妻をめとりてしかるのち
長子ちょうしヴィラジャとヴィシュヴァガの 二人の息子もうけたり
おおヴィドゥラよその後に
デーヴァクリヤーと名付けたる 娘を一人授かりぬ
そして彼女は次の世で 主の御足みあしから流れ出る
聖ガンガーの清流と なりて解脱を成しとげり





atreh patny anasuya trin
jajne suyasasah sutan
dattam durvasasam somam
atmesa-brahma-sam bhavan
1-15




カルダマムニはいとの アナスーヤーを聖仙の
アトリに与え嫁がせて 名高き孫を得たるなり
ダッタトレーヤとドゥルヴァーサス
そしてソーマ(月の神)三人みたりにて
ヴィシュヌとシヴァとブラフマーの 宇宙三神顕せり」


5

第一章 スヴァーヤンブヴァ マヌの後裔


vidura uvaca
atrer grhe sura-sresthah
sthity-utpatty-anta-hetavah
kincic cikirsavo jata
etad akhyahi me guro
1-16





ヴィドゥラは斯く述べにけり
「マイトレーヤ聖仙よ 創造 維持し破壊する
偉大な宇宙三神(トリムールティ神)が 何故に聖仙アトリ
顕現なされ給いしや 何とぞお説きたまわれ」と




maitreya uvaca
brahmana coditah srstav
atrir brahma-vidam varah
saha patnya yayav rksam
kuladrim tapasi sthitah
1-17





マイトレーヤは答えらる
「ブラフマー神に創造の 示唆しさけたるアトリ仙
神智 学びしおさゆえに 厳しき苦行決定けつじょう
リクシャざんなる山脈やまなみに 妻をともなはいられり




tasmin prasuna-stabaka-
palasasoka-kanane
varbhih sravadbhir udghuste
nirvindhyayah samantatah
1-18




深き森にはパラーシャや アショーカの木が生い茂り
色とりどりの花が咲き ニルヴィンディヤー(河)渓流けいりゅう
流れ下れる瀧の音 あたりに響き亘りたり







6

一章 スヴァーヤンブヴァ マヌの後裔


pranayamena samyamya
mano varsa-satam munih
atisthad eka-padena
nirdvandvo 'nila-bhojanah
1-19




かるじゃくたる霊山で 偉大な聖者アトリ仙
呼吸を制御することで 心をしかと固定して
百年のを苦行せり 山の霊気を享受きょうじゅして
暑さ寒さに耐えながら 一本足で立ち続く





saranam tam prapadye 'ham
a eva jagad-inarah
prajam atma-samam mahyam
prayacchatv iti cintayan
1-20




厳しき苦行 しながら 聖者アトリの胸中に
在るは一つのことばかり <宇宙の主なる至高者よ
請い願わくば御身様に 似たる子孫をたまえかし
主に献身す この吾は ただひたすらに請うるなり>





tapyamanam tri-bhuvanam
pranayamaidhasagnina
nirgatena muner murdhnah
samiksya prabhavas trayah
1-21




呼吸を制し苦行する その聖仙の頭頂ずちょうから
えん(炎)噴出ふんしゅつしたるなり それにあおられ三界は
異常な熱に襲われり その有様を観られたる
宇宙をべる三神が 仙のいおり降臨おりられり





7

第一章 スヴァーヤンブヴァ マヌの後裔


apsaro-muni-gandharva-
siddha-vidyadharoragaih
vitayamana-yasasas
tad-asrama-padam yayuh
1-22




あんに降り立つ三神に アプサラスとかガンダルヴァ
聖者 シッダやヴィディヤーダラ そしてナーガが従えり



tat-pradu rbhava-samyoga-
vidyotita-mana munih
uttisthann eka-padena
dddarsa vibudharsabhan
1-23




偉大な聖者アトリ仙 一本足で立ちしまま
光り輝く三神を 拝顔したるその刹那せつな
稲妻のごと閃光が 心満たすを感じたり



pranamya dandavad bhumav
upatasthe 'rhananjalih
vrsa-hamsa-suparna-sthan
svaih svaih cihnaih ca cihnitan
1-24




象徴的な御徴みしるしを おの御手おんてたずさえて
牡牛おうしやそして白鳥や ガルダに乗りし三柱みはしら
最高神の顕現に 聖仙アトリ 歓喜して
種々の供物を奉奠ほうてんし 地にひれ伏して合掌す



krpavalokena hasad-
vadanenopalam bhitan
tad-rocisa pratihate
nimilya munir aksini
1-25




優しき笑みを浮かべられ 御満足げな御様子の
光り輝く三神に 聖者アトリは目眩めくらみて
思わずまなこ ざしたり


8

一章 スヴァーヤンブヴァ マヌの後裔


cetas tat-pravanam yunjann
astavit samhatanjalih
slaksnaya suktaya vaca
sarva-loka-gariyasah

atrir uvaca
vinodbhava-sthiti-layesu vibhajyamanair
maya-gunair anuyugam vigrhita-dehah
te brahma-visnu-girisah pranato 'smy aham vas
tebhyah ka eva bhavatam ma ihopahutah
1-26・27











心を神に固定して 合掌したるアトリ仙
高揚たかぶる心 しずめつつ 全ての者が崇敬す
偉大な宇宙三神に 賛美の言葉 捧げたり

聖仙アトリ 述べられり
〈光明放つ三神よ 御身様方おみさまがたはこの宇宙
カルパ カルパの始りに マーヤーにより顕現し
創造 維持し破壊さる ブラフマー神 ヴィシュヌ神
シヴァなる神にたがわずと 吾は地に伏し崇拝す
しかれど吾はまどうなり 心願しんがんを受け取りて
願いを叶え給うのは はて何処いずこなる神なりや?




eko mayeha bhagavan vividha-pradhanaih
citti-krtah prajananaya katham nu yuyam
atragatas tanu-bhrtam manaso 'pi durad
bruta prasidata mahan iha vismayo me
1-28




<何とぞ子供 賜れ>と 吾が懇願せし神は
唯一者なる御主おんしゅなり なれども今や眼前に
顕現なされ給いしは 宇宙三神 御身方おんみがた
ああ吾が願い届かずや! 嘆き疑うこの吾の
心の疑惑 晴らされよ 御慈愛深き三神よ〉」




9

一章 スヴァーヤンブヴァ マヌの後裔


maitreya uvaca
iti tasya vacah srutva
trayas te vibudharsabhah
pratyahuh slaksnaya vaca
prahasya tam rsim prabho
1-29





マイトレーヤは述べられり
「おおヴィドゥラよ 三神は 聖者アトリのこの言葉
お聞きになると微笑みて 柔和な声で答えらる




deva ucuh
yatha krtas te sankalpo
bhavyam tenaiva nanyatha
sat-sankaloasya te brahman
yad vai dhyayati te vayam-
1-30





宇宙三神 のたまわく
〈聖智に充ちし聖仙よ そなたせつな願望は
今や達成されるなり 三神が斯く来たりしは
善き願望を固く持ち 深く瞑想した香菓かく
与えんためにほかならず




athasmad-amsa-bhutas te
atmaja loka-virutah
bhavitaro 'nga bhadram te
visrapsyanti ca te yasah
1-31




唯一神ゆいいっしん具現ぐげんする この三神がそれぞれの
特徴を持つ分魂を なれ夫婦ふうふに三人の
良き息子とて与うなり やがて彼等は赫赫かくかく
功績挙げて世の人の 称賛いつに集むべし
ゆえに汝等夫婦そなたらおひとめの 名をも大きく広まらん〉




10

一章 スヴァーヤンブヴァ マヌの後裔


evam kama-varam dattva
pratijagmuh suresvarah
sabhajitas tayoh samyag
dampatyor mis atos tatah
1-32




斯くて宇宙の三神は 夫婦が捧ぐ御供物を
好むがままに受け取ると アトリと妻が敬虔に
礼を尽くして拝礼し 目礼もくれいしつつ見送るを
受けて住処すみかに戻られり





somo 'bhud brahmano 'msena
datto vis nos tu yogavit
durvasah sankarasyamso
nibodhangirasah prajah
1-33




しかして後にアトリ家に ブラフマー神の分身の
月の神なるソーマ神 ヴィシュヌの神の分身の
ダッタトレーヤが降臨す そしてシヴァ神 分身の
ドゥルヴァーサスが降誕す
おおヴィドゥラよこの後は アンギラスなる聖仙の
子孫の栄えを聴きたまえ





sraddha tv angirasah patni
catasro 'suta kanyakah
sinivali kuhu raka
caturthy anumatis tatha
1-34




アンギラスなる聖仙の シュラッダーなる妻からは
シニーヴァーリー クフー ラーカー
そして末女まつじょのアヌマティ 四人の娘 産まれたり




11

一章 スヴァーヤンブヴァ マヌの後裔


tat-putrav aparav astam
khyatau svarocise 'ntare
utathyo bhagavan saksad
brahmis thas ca brhaspatih
1-35




アンギラスにはこの他に 二人の息子 生まれたり
第二番目のマヌの期に 見事な功を成し遂げし
ウタティヤ そして偉大なる 最高級のバラモンと
讃えられたる偉丈夫いじょうふの ブリハスパティの二人なり





pulastyo 'janayat patayam
agastyam ca havirbhuvi
so 'nya janmani dahragnir
viravas ca maha-tapah
1-36




プラスティヤなる聖仙と その妻であるハヴィルブー
その息子とて生まれしは その名も高きアガスティヤ
彼は次回の誕生で 火を破壊する者となる
弟であるヴィシュラヴァも 厳しき苦行なせるなり





tasya yaksa-patir devah
kuberas tv idavid a-sutah
ravanah kumbhakarnas ca
tathanyasyam vibhisanah
1-37




聖ヴィシュラヴァとイダヴィダーの 二人のなかに生まれしは
ヤクシャ王なるクベーラで 二人目の妻ニカシャーが
生みしは悪魔ラーヴァナと クンヴァカルナとヴィビーシャナ







12

一章 スヴァーヤンブヴァ マヌの後裔


pulahasya gatir bharya
trin asuta sati sutan
karmasrestham variyamsam
sahisnum ca maha-mate
1-38




プラジャーパティのプラハ仙 その妻ガティの間には
カルマシュレーシュタ ヴァリーヤーン
サヒシュヌという 三人の 有徳の息子生まれたり



krator api kriya bharya
valakhilyan asuyata
rsin sasti-sahasrani
jvalato brahma-tejasa
1-39




偉大な聖者クラトゥの 妻となりたるクリヤーは
ブラフマー神の栄光で
ヴァーラキリヤと呼称さる 光り輝く六万の
親指ほどのリシ達を 誕生したと言わるなり





urjayam jajnire putra
vasisthasya parantapa
citraketu-pradhanas te
sapta brahmarsayo 'malah
1-40




偉大な聖者ヴァシシュタは 妻となりたるウールジャに
チトラケートゥに率いらる 七人の息子を産ませたり
この息子等は徳高く 純粋にして穢れなき
聖智良く知る大聖者(梵仙)









13

一章 スヴァーヤンブヴァ マヌの後裔


citraketuh surocih ca
viraja mitra eva ca
ulbano vasubhrdyano
dyuman sakty-ddayo 'pare
1-41




その息子等の名称は チトラケートゥを始めとし
スローチ ヴィラジャー ミトラまた
ヴァスブフリディヤナ ウルバナや
ディユマットと呼ばる息子にて
別の妻からシャクティ等 他の息子等が生まれたり





cittis tv atharvanah patni
lebhe putram dhrta-vratam
dadhyancam asvasirasam
bhrgor vamsam nibodha me-
1-42




祭火の聖者アタルヴァの 妻となりたるチッティは
この三界を救いたる 
ダディヤンチャ(馬の首=アシュヴァシラス)を生みしなり
さてこれからはブリグ仙 この一族を語るらん





bhrguh khyatyam maha-bhagah
patayam putran ajijanat
dhataram ca vidhataram
sriyam ca bhagavat-param
1-43




偉大な聖者ブリグ仙 妻のキャーティに産ませしは
ダーターとよぶ長男と ヴィダーターなる息子なり
しこうしてまた敬虔に 主に奉仕するいと
シュリーを誕生させしなり





14

一章 スヴァーヤンブヴァ マヌの後裔


ayatim niyatim caiva
sute merus tayor adat
tabhyam tayor abhavatam
mrkandah prana eva ca
1-44




その息子なるダーターと ヴィダーターなる両名は
聖者メールの娘なる アーヤティ ニヤティと結ばれて
それぞれ息子ムリカンダ プラーナという息子に恵まれり



markandeyo mrkandasya
pranad vedasira munih
kavih ca bhargavo yasya
bhagavan usana sutah-
1-45




ムリカンダから生まれしは マールカンディヤ聖仙で
プラーナからはヴェーダシラ 更に聖仙ブリグから
カヴィという名の息子が生まる そしてカヴィがもうけしは
偉大な力持つ教師 ウシャナーという息子むすこなり



ta ete munayah ksattar
lokan sargair abhavayan
esa kardama-dauhitra-
santanah kathitas tava

srnvatah sraddadhanasya
sayah papa-harah parah
prasutim manavim daksa
upayeme hy ajatmajah
1-46・47











斯かる聖仙聖者らは 多くの子息 孫達を
この三界に住まわせり おおヴィドゥラよ斯く斯くと
偉大な聖者カルダマの 受け継がれ行く系統を
仔細しさい御身おみに語りたり これを真摯に聴くことで
御主おんしゅに帰依す者達は ただちに罪が消ゆるらん
次いで御身おんみに語るのは
スヴァーヤンブヴァ マヌの(三女)の プラスーティをめとりたる
ブラフマー神の息子なる 聖者ダクシャの系譜けいふなり

15

一章 スヴァーヤンブヴァ マヌの後裔


tasyam sasarja duhitrh
sodasamala-locanah
trayodasadad dharmaya
tathaikam agnaye vibhuh
1-48




聖者ダクシャは然るのち
十六人の美しき 姫を彼女(プラスーティ)に産ませたり
十三人の娘等を ダルマの神にとつがせて
さらに一人を火の神の アグニに与えかせたり




pitrbhya ekam yuktebhyo
bhavayaikam bhava-cchide
sraddha maitri daya santis
tustih pustih kriyonnatih

buddhir medha titiksa hrir
murtir dharmasya patnayah
sraddhasuta subham maitri
prasadam abhayam daya

santih sukham mudam tustih
smayam pustir asuyata
yogam kriyonnatir darpam
artham buddhir asuyata

medha smrtim titiksa tu
ksemam hrih prasrayam sutam
murtih sarva-gunotpattir
nara-narayanav rsi
1-49・50・51・52




























ピトリ達にもを与え そして最後のいと
バヴァなる神(シヴァ神)に捧げたり
ダルマにした娘等(13人の)は シュラッドハーにマイトリー
ダヤーにシャンティ トゥスティと プスティ クリヤー ウンナティ
ブッディ メーダにティティクシャー フリー ムールティの名を持てり
シュラッドハーはシュブハ産み マイトリーはプラサーダ
ダヤーはアバヤ産みしなり シャンティからはスカ そして
トゥスティは娘 ムドを産み プスティはスマヤ 産みしなり
同じくクリヤー ヨーガ産み そしてウンナティ ダルパ産む

16

一章 スヴァーヤンブヴァ マヌの後裔

ブッディはアルタそして又 メーダはスムリティ(娘)産みしなり
ティティクシャーはクシェーマを フリーはプラシュラヤ産みしなり
そして有徳のムールティ 神仙ナラとナーラーヤナ
このお二人を産みしなり




yayor janmany ado vinam
abhyanandat sunirvrtam
manamsi kakubho vatah
praseduh sarito 'drayah
1-53




その神仙のお二人が ムールティから生まれると
人の心や山脈や 河や空気に至るまで
全三界に喜びと 清浄な気が満ち充てり




divy avadyanta turyani
petuh kusuma-vrstayah
munayas tustuvus tusta
jagur gandharva-kinnarah

nrtyanti sma striyo devya
asit parama-mangalam
deva brahmadayah sarve
upatasthur abhis tavaih
1-54・55











天上界に華やかな 楽器の音色ねいろ 反響し
色鮮やかな花々が 雨のごとくに降りしきり
聖仙たちは高らかに 聖句を謳い 賛美せり
ガンダルヴァやキンナラや アプサラスなど 早乙女さおとめ
歌を歌いて舞い踊り この幸運を喜べば
ブラフマー神や神々は 御主おんしゅを讃え礼拝し
斯くの如くに述べしなり





17

一章 スヴァーヤンブヴァ マヌの後裔


deva ucuh
yo mayaya viracitam nijayatmanidam
khe rupa-bhedam iva tat-praticaksanaya
etena dharma-sadane rsi-murtinadya
praduscakara purusaya namah parasmai
1-56





神々達は述べしなり <そらに浮かびし雲塊うんかい
多様な姿 見せるごと 最高我なる至上主は
御自身が持つマーヤーで おのが本質 分魂し
神仙として示さんと ダルマの家に降臨りられり
おお至上主よ吾々は 慎みて主を 拝すなり




so 'yam sthiti-vyatikaropasamaya srstan
sattvena nah sura-ganan anumeya-tattvah
drsyad adabhra-karunena vilokanena
yac chri-niketam amalam ksipataravindam
1-57




この三界の災難を 滅ぼす為にサットヴァの
グナで造らる吾々が 主の本質を知る量は
些細ささいなものに過ぎぬなり おお御主おんしゅなる御方おんかた
蓮華の如き清純な ラクシュミー様に向けられる
その眼差まなざしの一瞥いちべつを 吾等に与え賜えかし>




evam sura-ganais tata
bhagavantav abhis tutau
labdhavalokair yayatur
arcitau gandhamadanam
1-58




斯くの如くに神々が ナーラーヤナとナラ仙に
賛美 崇敬捧げると 二人はそれを受け取られ
優しく微笑えみ一瞥いちべつし ガンドハマーダナ丘陵きゅうりょう
向けて出立なされたり



18

一章 スヴァーヤンブヴァ マヌの後裔


tav imau vai bhagavato
harer amsav ihagatau
bhara-vyayaya ca bhuvah
krsnau yddu-kurudvahau
1-59




根原主なる至上主の 分身であるお二人は
しかりしのちしかとき 地球の重荷 除かんと
ヤドゥとクルの王朝の 継承者とて降臨し
聖クリシュナとアルジュナの 姿 顕現なされたり




svahabhimaninas cagner
atmajams trin ajijanat
pavakam pavamanam ca
sucim ca huta-bhojanam-
1-60




アグニのもととつぎたる スヴァーハーなる妻女さいじょには
パーヴァカそしてパヴァマーナ またシュチと呼ぶ三人の
息子が授けられしなり そしてこれらの息子等は
アグニが供儀できょうしたる その“お下がり”で育ちたり




tebhyo 'gnayah samabhavan
catvarimsac ca panca ca
ta evaikonapancasat
sakam pitr-pitamahaih
1-61




これら三人みたりの息子から 四十五人しじゅうごにん息子が生まる
アグニと息子三人と 孫を合わせた四十九しじゅうく
“アグニ神群”せるなり








19

一章 スヴァーヤンブヴァ マヌの後裔


vaitanike karmani yan-
namabhir brahma-vadibhih
agneyya istayo yajne
nirupyante 'gnayas tu te
1-62




聖智学びし者により みつの聖火で捧げらる
火の神 讃う祭式は 四十九人しじゅうくにん神群しんぐん
祭司さいしによりて執行おこなわる





agnisvatta barhisadah
saumyah pitara ajyapah
sagnayo 'nagnayas tesam
patni daksayani svadha
1-63




アグニスヴァーッタ バルヒサド サウミヤ そしてアージュヤパ
これら四人のピトリ(祖霊)の祖 “火を手段とす”祭祀者か
また“火を用いなき”祭祀者か このどちらかに属すなり
ダクシャの娘スヴァダーは このピトリ等の共通の
妻女となりて嫁ぎたり




tebhyo dadhara kanye dve
vayunam dharinim svddha
ubhe te brahma-vadinyau
jnana-vijnana-parage
1-64




ダクシャの娘スヴァダーは このピトリ等の間から
ヴァユナー ドハリニー両名の 娘を出産いたしたり
これら二人は智慧深く 聖智に満ちし者の説く
形而上学けいじじょうがく 知覚ちかくする 優れし者となりしなり






20

一章 スヴァーヤンブヴァ マヌの後裔


bhavasya patni tu sati
bhavam devam anuvrata
atmanah sadrsam putram
na lebhe guna-silatah
1-65




サティーと名付くダクシャの
バヴァ(シヴァ神)の許へと嫁ぎ行き
つまにひたすら仕えたり
されど彼女は自分似じぶんにの 良きさがを持つ愛息あいそく
授かることが出来なかり





pitary apratirupe sve
bhavayanagase rusa
apraudhaivatmanatmanam
ajahdd yoga-samyuta
1-66




サティーはおのが父親(ダクシャ)が 申し分無きが夫
シヴァに対して悪意持ち 正しき対応せぬことに
怒りに燃えて反発し 抗議の意思を見せんとて
供儀の火中ひなかに身を投げて 若き身空みそら(身の上・境遇)めっしたり」
(故に息子を産めなかった)




第一章 終了






21