六章 宇宙体の成り立ち


第六章【宇宙体の成り立ち】





rsir uvâca
iti tâsâm sva-daktînâm
satînâm asametya sah
prasupta-loka-tantrânâm
nisâmya gatim îsvarah
6-1





マイトレーヤは述べられり
「主から生まれし神々(十柱の守護神)が 主の御力みちから如何様いかよう
もちいるべきか解らずに 困惑したる有り様を
ご覧になりし至上主は 宇宙創造進捗すすめんと
斯くのごとくに為されたり




kâla-sanjnâm tadâ devîm
bibhrac-chaktim urukramah
trayovimsati tattvânâm
ganam yugapad âvisat
6-2




最も強き御力みちから(シャクティ)を そなえられたる至上主は
〔時〕の女神を伴いて 創造原理二十三(マハト・タットヴァ=大、
アハンカーラ=個我、マナス=心、タンマートラ=五種の微細体、
五大元素=五種の粗雑体、インドリヤ=五種の知覚器官と五種の行為器官)

それらに介入かいにゅうなされたり




so 'nupravisto bhagavâms
cestârûpena tam ganam
bhinnam samyojayâm âsa
suptam karma prabodhayan
6-3




御自おんみずからのシャクティで 主がその中にはいらると
離散りさんしていた諸原素が まるで目覚めし者のごと
生き生きとして活動し 見事に順列じゅんれつしたるなり



67

六章 宇宙体の成り立ち


prabuddha-karmâ daivena
trayovimsatiko ganah
prerito 'janayat svâbhir
mâtrâbhir adhipûrusam
6-4




斯くのごとくに目覚めたる 二十三個の諸要素は
主のシャクティに促され 個々の自分じぶんを組み合わせ
御主おんしゅの御意思そのままに 大なる宇宙 創りたり






parena visatâ svasmin
mâtrayâ visva-srg-ganah
cuksobhânyonyam âsâdya
yasmin lokâs carâcarâh
6-5




物質宇宙創造の 役割を持つ諸要素は
介入かいにゅうされし主によりて 相互に変異 変容へんよう
動かざるもの動くもの これらの世界 創りたり






hiranmayah sa purusah
sahasra-parivatsarân
ânda-kosa uvâsâpsu
sarva-sattvopabrmhitah
6-6





斯くの如くに物質を 創造されし至上主の
輝く黄金きん宇宙卵うちゅうらん 原初の水に囲まれて
一千年(神の時間)の長きを 御主おんしゅはそこにしませり












68

六章 宇宙体の成り立ち


sa vai visva-srjâm garbho
deva-karmâtma-saktimân
vibabhâjâtmanâtmânam
ekadhâ dasadhâ tridhâ
6-7




活力のもと 至上主は 御自身ごじしんの持つシャクティを
宇宙創始の諸原素に みずから分配なされたり
そしてジーヴァ(アディヤートマ=個我)と守護の神(アディダイヴァ=十柱神)
インドリヤ持つ肉体(アディブータ)を 創りて顕現なされたり





esa hy asesa-sattvânâm
âtmâmsah paramâtmanah
âdyo 'vatâro yatrâsau
bhûta-grâmo vibhâvyate
6-8




これらすべては至上主の 本質であり部分にて
根本原主クリシュナが 最初に生みし化身なり
しこうして主の創造は 尽きることなく連綿れんめん
物質界に具現ぐげんされ すべてを示現じげん(救済)されるらん





sâdhyâtmah sâdhidaivas ca
sâdhibhûta iti tridhâ
virât prâno dasa-vidha
ekadhâ hrdayena ca
6-9




アディヤートマ(個我=ジーヴァ) アディダイヴァ(守護神)
アディブータ(個我の器=肉体)三様さんように まず主は体を分けられて
五種のプラーナ(生命力) 五種のさや(パンチャコーシャ)
 純なマナス(インドリヤの司令塔)を創られり








69

六章 宇宙体の成り立ち


smaran visva-srjâm îso
vijnâpitam adhoksajah
virâjam atapat svena
tejasaisâm vivrttaye
6-10




されども御主みす御力みちからを 知覚ちかくし得ない神々(アディダイヴァ=十柱神)
せつなる願い(職務遂行の手段)聞き入れて 彼等に理解させなんと
主は御自身の輝きで 巨大な宇宙 照らし出し
そを神々に見せられり





atha tasyâbhitaptasya
katidhâyatanâni ha
nirabhidyanta devânâm
tâni me gadatah srnu
6-11




さて至上主が神々に 照らしてお見せなされたる
主 御自身の宇宙から 如何いかに多くを分割し
如何に具象化されたかを これより吾が語るゆえ
ヴィドゥラよ とくと お聞きあれ





tasyâgnir âsyam nirbhinnam
loka-pâlo 'visat padam
vâcâ svâmsena vaktavyam
yayâsau pratipadyate
6-12




普遍相ふへんそうなる主の口は 声を発するみなもと
火神アグニ(ヴァフニ=十柱の守護神・2-5-30参照)出生地しゅっしょうち(2-6-1参照)
主のお口から分けられし アグニは体(肉体)はいりこみ
個我(ジーヴァ)が言葉を出す為の 〔発声〕行為(行為器官)為し遂げり









70

六章 宇宙体の成り立ち


nirbhinnam tâlu varuno
loka-pâlo 'visad dhareh
jihvayâmsena ca rasam
yayâsau pratipadyate
6-13




宇宙を統べる聖ハリの 口蓋こうがいを分け 生まれたる
十柱神とはしらしんのその一つ 舌と口蓋(上顎)護る神
ヴァルナが内(感覚器官)り込みて
ジーヴァに〔味覚〕与えたり





nirbhinne asvinau nâse
visnor âvisatâm padam
ghrânenâmsena gandhasya
pratipattir yato bhavet
6-14




うちよりプラーナ 噴出ふんしゅつし 生まれし御主みす鼻孔びこうより
分割されし一部分 アシュヴィンなる双神そうしん
五大元素の〔ふう〕に乗り 感覚器官〔鼻〕に入り
ジーヴァに嗅覚きゅうかく与えたり





nirbhinne aksinî tvastâ
loka-pâlo 'visad vibhoh
caksusâmsena rûpânâm
pratipattir yato bhavet
6-15




全能の主に戴きし 二つの〔まなこ〕〔視覚〕とを
支配する神トヴァシュター(太陽神・2-1-30参照)
感覚器官(肉体) ジーヴァ(個我)とを 結びて機能させるべし









71

六章 宇宙体の成り立ち


nirbhinnâny asya carmâni
loka-pâlo 'nilo 'visat
prânenâmsena samsparsam
yenâsau pratipadyate
6-16




純性意識サットヴァから 生みだされたる十柱とはしら
神の一なるヴァーユ神(風) 巨大な御主みす身体からだから
〔皮膚〕をわかちて与えられ 感覚器官に入りたり
斯くて〔触覚〕生まれ出で 個我と肉体繋ぐべし(3-5-33参照)





karnâv asya vinirbhinnau
dhisnyam svam vivisur disah
srotrenâmsena sabdasya
siddhim yena prapadyate
6-17




主のたいにある一対いっついの 〔耳〕の機能を分けられし
ディグデーヴァター方位神ほういしん 音聞く知覚〔聴覚〕を
持ちて内へと入られて 個我と肉体 つなぐなり





tvacam asya vinirbhinnâm
vivisur dhisnyam osadhîh
amsena romabhih kandûm
yair asau pratipadyate
6-18




主のお体を被覆ひふくする もう一つある役割りは
薬草のごとい茂る 体毛たいもうによるかゆみどめ(乾燥を防いで)
主の体毛を分けられし 個体を守る守護神は
その役割を遂げるため 直ちに内に入るべし










72

六章 宇宙体の成り立ち


medhram tasya vinirbhinnam
sva-dhisnyam ka upâvisat
retasâmsena yenâsâv
ânandam pratipadyate
6-19




主の男根を分けられし 十柱のいち カー神(造物主の一人)
“生の連鎖”の〔生殖〕を 行為器官に移したり
斯くてジーヴァは生殖せいしょくの 目途もくと(目的)と喜悦与えらる
(2-5-302-6-8・2-10-26参照)





gudam pumso vinirbhinnam
mitro lokesa âvisat
pâyunâmsena yenâsau
visargam pratipadyate
6-20




主の体にある肛門を 分与されたるミトラ神
行為器官に入られて 〔排泄はいせつ機能きのう 与えらる
斯くてジーヴァは胎内の 浄化のすべを得たるなり
(2-6-92-10-27参照)





hastâv asya vinirbhinnâv
indrah svar-patir âvisat
vârtayâmsena puruso
yayâ vrttim prapadyate
6-21




行為する両手の一部分 宇宙の主より戴きし
十柱とはしらの神インドラは 生きるが為に必要な
物をつかんで〔操作そうさ〕する 行為器官に入られり
(2-5-302-10-24参照)









73

六章 宇宙体の成り立ち


pâdâv asya vinirbhinnau
lokeso visnur âvisat
gatyâ svâmsena puruso
yayâ prâpyam prapadyate
6-22




偉大な御主みす身体からだより 二本の足を分割けられし
ウペーンドラ1.なる十柱神とはしらしん(2-5-30参照) 行為器官に入られり
斯くて個体こたいは〔移動〕する 足の機能を得らるべし
1. ウペーンドラ…インドラの弟という位置づけで十柱神になられたヴィシュヌ。




buddhim câsya vinirbhinnâm
vâg-îso dhisnyam âvisat
bodhenâmsena boddhavyam
pratipattir yato bhavet
6-23




原初の御主みすおのの 真と非真ひしん識別知しきべつち(ブッディ)
宇宙創造任せたる ブラフマー神に分けられり
ブラフマー神そを持ちて 個体こたいのなかに入られり
そして内部の組織体 アンターカラナ生ずべし





hrdayatm câsya nirbhinnam
candramâ dhisnyam âvisat
manasâmsena yenâsau
vikriyâm pratipadyate
6-24




宇宙を統べる至上主は おのがフリダヤ分割けられり
そを戴きし月の神 マナスにりて感情と
情緒と意思(インドリヤの司令塔として)を与えたり












74

六章 宇宙体の成り立ち


âtmânam câsya nirbhinnam
abhimâno 'visat padam
karmanâmsena yenâsau
kartavyam pratipadyate
6-25




主は多様化たようかを意図されて アハンカーラ(個別性)を創られり
しこうしてそを分割し ルドラの神(ルドラは自分を33に分けた)に与えらる
ルドラによりて分けられし 個我(ジーヴァ)うつわ(肉体)を与えられ
己が務めを果たすべし





sattvam câsya vinirbhinnam
mahân dhisnyam upâvisat
cittenâmsena yenâsau
vijnânam pratipadyate
6-26




主は御自身の本質(絶対意識チット)
マハータットヴァ支配する ヴィシュヌに分与なされたり
マハーヴィシュヌはそのチッタ(意識と記憶に分けたもの)
アンターカラナ(内部機能チッタ・アハンカーラ・ブッディ・マナス)となされたり





sîrsno 'sya dyaur dharâ padbhyâm
kham nâbher udapadyata
gunânâm vrttayo yesu
pratîyante surâdayah
6-27




斯く創られし宇宙卵 その頭頂とうちょうは天界で
足の辺りは地上界 ほぞに空界 生じたり
三つのグナの開展かいてんで 創りだされし神々や
他の生類しょうるいが住まうなり









75

六章 宇宙体の成り立ち


âtyantikena sattvena
divam devâh prapedire
dharâm rajah-svabhâvena
panayo ye ca tân anu
6-28




至純しじゅん(サットヴァ)に充ちし神々は 天上界に住まうなり
そしてラジャス(激性)さがを持つ 人間や他の生類は
地上世界に住まうなり






târtîyena svabhâvena
bhagavan-nâbhim âsritâh
ubhayor antaram vyoma
ye rudra-pârsadâm gunâh
6-29




くう 地なる三界さんかいの 中ほどにある空界は
宇宙の御主みすほぞあたり
ルドラ(シヴァ神の前身)の神の眷族けんぞく
その空界に住まうべし





mukhato 'vartata brahma
purusasya kurûdvaha
yas tûnmukhatvâd varnânâm
mukhyo 'bhûd brâhmano guruh
6-30




クル(王朝)ほまれのヴィドゥラよ 宇宙の御主みすの口からは
ヴェーダ聖智とそしてまた ブラーフマナが生まれたり
しかして彼等バラモンは ヴァルナ(階級制度)のうちで最上の
くらいめてグルとなり 人々の師とあがめらる









76

六章 宇宙体の成り立ち


bâhubhyo 'vartata ksatram
ksatriyas tad anuvratah
yo jâtas trâyate varnân
paurusah kantaka-ksatât
6-31




宇宙の御主みすかいなから 保護の力が発生し
その職責しょくせきを果たすため 第二種族(クシャトリヤ)が生まれたり
彼等は御主みすを代行し すべての人等 護るなり






viso 'vartanta tasyorvor
loka-vrttikarîr vibhoh
vaisyas tad-udbhavo vârtâm
nrnâm yah samavartayat
6-32




全能の主の腿からは 世俗における人々の
暮らしの知恵が発生す
それを活用するために 第三種族(ヴァイシャ)生まれ出で
生きるかりて(衣食住)の生産や 配分などをあきないぬ





padbhyâm bhagavato jajne
susrûsâ dharma-siddhaye
tasyâm jâtah purâ sûdro
yad-vrttyâ tusyate harih
6-33




そして御主おんしゅ御足みあしから ダルマに添いて生きる為
奉仕の行為なさんとの 意欲が発生したるなり
この職責を遂行すいこうし 世の生業なりわいとするために
シュードラ種族(第四階級)出現し 御主みすは大いに喜ばる









77

六章 宇宙体の成り立ち


ete varnâh sva-dharmena
yajanti sva-gurum harim
sraddhayâtma-visuddhy-artham
yaj-jâtâh sana vrttibhih
6-34




斯くのごとくに人々は 御主みすを崇拝することと
己が属するカースト(ヴァルナ)の 義務に専注せんちゅうすることで
自分自身を浄化する 目的を持ち 生まるなり






etat ksattar bhagavato
daiva-karmâtma-rûpinah
kah sraddadhyâd upâkartum
yogamâyâ-balodayam
6-35




おおヴィドゥラよ至上主の 〔最高我さいこうが〕たる本質を
マーヤーによる御力みちからで 顕現されし宇宙体
その玄妙げんみょうことわりを ことごとく知りよう
如何な手立てを用いても そをす者は居らぬなり





tathâpi kîrtayâmy anga
yathâ-mati yathâ-srutam
kîrtim hareh svâm sat-kartum
giram anyâbhidhâsatîm
6-36




しかれどもおおヴィドゥラよ
にも不遜ふそんと知りながら 偉大な御主みすの栄光を
《斯くの如くに聴きたり》と 《斯くの如くに理解りたり》と
心を純に保ちつつ 吾は御身おんみに語ろうぞ








78

六章 宇宙体の成り立ち


ekânta-lâbham vacaso nu pumsâm
susloka-mauler guna-vâdam âhuh
srutes ca vidvadbhir upâkrtâyâm
kathâ-dudhâyâm upasamprayogam
6-37




人が言葉を持つ上で 唯一果報を得るすべ
最高者なる至上主の その栄光を謳うこと
人が聴道持つ上の 最も高き果報とは
“主の物語 聴くこと”と 著名ちょめいな智者は述べにけり





âtmano 'vasito vatsa
mahimâ kavinâdinâ
samvatsara-sahasrânte
dhiya yoga-vipakkayâ
6-38




主のいとし子よ ヴィドゥラよ
宇宙原初に生まれらる ブラフマー神がその昔
一千年の長き時間とき 主を瞑想し 沈思ちんしせど
その栄光の全貌ぜんぼうを ついに洞察どうさつ かなわざり





ato bhagavato mâyâ
mâyinâm api mohinî
yat svayam câtma-vartmâtmâ
na veda kim utâpare
6-39




主があやつらるマーヤーは 主の真実を包みこみ
しん〕を〔非真ひしん〕と惑わせて 〔非真ひしん〕を〔しん〕とまどわせる
原初神なるブラフマーが 知りぬほどの秘奥ひおうの秘
如何に手立てを尽くそうと 他の何者が知りるや









79

六章 宇宙体の成り立ち


yato 'prâpya nyavartanta
vâcas ca manasâ saha
aham cânya ime devâs
tasmai bhagavate namah
6-40




ブラフマー神そしてまた 他の神々も届き得ず
言葉で表現することも 思考で理解することも
してかなわぬ最高の 尊き御主おんしゅ 至上主に
ひたすら吾はこうべ垂れ 帰命頂礼奉きみょうちょうらいたてまつる」



第六章 終了
























80