九章 シュカは 主の本質を語り始める


第九章【シュカは 主の本質を語り始める】



s'rî-s'uka uvâca
âtma-mâyâm rite râjan
parasyânubhavâtmanah
na ghathetârtha-sambandhah
svapna-drashthur ivân'jasâ
9-1





えあるシュカは語られり】
パリークシット国王よ
御主おんしゅおおうマーヤーを 主の実相じっそうと見る者は
絶対者なる至上主に 達することは 出来ぬなり




bahu-rûpa ivâbhâti
mâyayâ bahu-rûpayâ
ramamâno guneshv asyâ
mamâham iti manyate
9-2




マーヤーという幻力げんりきで 多様な姿 見せる主の
トリグナの質(物質の感覚) たのしみて
われなり」(アハンカーラ=自己保存)と人々は 
マーマカーラ(吾のもの=所有欲)つのらせる




yarhi vâca mahimni sve
parasmin kâla-mâyayoh
rameta gata-sammohas
tyaktvodâste tadobhayam
9-3




なれど御主おんしゅの偉大なる その本質に目覚めざめれば
〔時〕と〔マーヤー〕超越し 主の栄光に満たされん
さすればおのが心から 深き迷妄めいもう 消え失せて
(アハンカーラ)と〔のもの〕(マーマカーラ)を 打ち棄てる






103

九章 シュカは 主の本質を語り始める


âtma-tattva-vis'uddhy-artham
yad âha bhagavân ritam
brahmane dars'ayan rûpam
avyalîka-vratâdritah
9-4




根本原主クリシュナは
最初に生みしブラフマー(神)の 真摯しんしな行為 喜ばれ
御主みす 御自身ごじしん本義ほんぎなる 完璧な知や その意味を
そして御主おんしゅ御姿みすがたを ブラフマー神に見せられり
この至上主の本質を ああ国王よ 今まさ
吾はそなたに語ろうぞ




sa âdi-devo jagatâm paro guruh
svadhishnyam âsthâya sisrikshayaikshata
tâm nâdhyagacchad dris'am atra sammatâm
prapan'ca-nirmâna-vidhir yayâ bhavet
9-5




宇宙創始うちゅうそうしのブラフマー(神)は この世界での最年長
はすうてなしたまい 宇宙創造なさんとて
気力のすべて傾注けいちゅうし あたりを眺め 見渡せり
しかるにここにあるもので 現象界の創生そうせい
役立つものは何もなく すべも無きさまなりき



sa cintayan dvy-aksharam ekadâmbhasy
upâs'rinod dvir-gaditam vaco vibhuh
spars'eshu yat shodas'am ekavims'am
nishkin'canânâm nripa yad dhanam viduh
9-6




困惑したるブラフマー神 
尚も熟考じゅっこうしたる時 はちすの浮かぶ水面みなもから
二度にわたりて音声が 発せられしに気付きたり
そはスパルシャ(25の閉鎖音と鼻音の総称)の音節で
〔タ〕(16番目)と〔パ〕(21番目)の〔タパ〕(苦行)と聴き取れり
ああ国王よ これこそが 何も持たざる賢者らに 
与えらるべき富なるぞ



104

九章 シュカは 主の本質を語り始める


nis'amya tad-vaktri-didriksayâ dis'o
vilokya tatrânyad apas'yamânah
svadhishnyam âsthâya vimris'ya tad-dhitam
tapasy upâdishtha ivâdadhe manah
9-7




それを聴きたるブラフマー神 その語り手を知らんとて 
四方八方しほうはっぽう 見回みまわせり
なれどもおのまわりには だれ一人ひとりとて見当たらず 
ただ寂静じゃくじょうがあるばかり
おのが生まれし蓮花はすばなに すわり直したブラフマー神
その発声はっせいを至上主の 〔苦行の指示〕と拝受はいじゅして
 厳しきぎょうを誓いたり




divyam sahasrâbdam amogha-dars'ano
jitânilâtmâ vijitobhayendriyah
atapyata smâkhila-loka-tâpanam
tapas tapîyâms tapatâm samâhitah
9-8




気息をいつに集中し 二つの器官(感覚器官と行為器官)制御せいぎょした
悟性ごせいすぐるブラフマー
一千年の長期間 過酷かこくな修行ぎょうじたり
  苦行きわめしブラフマー神 やがて宇宙を差配さはいして 
輝く界を創られり




tasmai sva-lokam bhagavân sabhâjitah
sandars'ayâm âsa param na yat-param
vyapeta-sankles'a-vimoha-sâdhvasam
sva-drishthavadbhir purushair abhishthutam
9-9




自己に打ち勝ち苦行する ブラフマー神をでられて
宇宙の御主おんしゅクリシュナは
ご自身の住む最上の 界(ヴァイクンタ)をお見せになられたり
苦痛 迷妄めいもう 恐怖無く これより上の世界無く
真我しんがを知りし人々が 御主みすを讃えて礼拝す 最高級の界なりき



105

九章 シュカは 主の本質を語り始める


pravartate yatra rajas tamas tayoh
sattvam ca mis'ram na ca kâla-vikramah
na yatra mâyâ kim utâpare harer
anuvratâ yatra surâsurârcitâh
9-10




ラジャス タマスの両グナが 混合したるサットヴァは
純といえどもその界に 存在するを許されぬ
しかのみならず〔マーヤー〕や 〔時〕の力もりこめぬ
最高級のその界は まこと至純しじゅん(オールサットヴァ)きわみなり
其処そこに住まいて聖ハリに 御仕おつかまつる帰依者らは
神々そして悪魔らが あがたたえるお方なり




s'yâmâvadâtâh s'ata-patra-locanâh
pis'anga-vastrâh surucah supes'asah
sarve catur-bâhava unmishan-mani-
praveka-nishkâbharanâh suvarcasah
9-11




御主みすに仕える帰依者らは
黒味おびたる澄みし肌 蓮華の如きまなこにて
すべての者がしゅのごとく 優雅な四本の腕を持ち
光り輝く宝石が ちりばめられし装身具
胸に飾りし金と銀 まことまばゆ麗姿れいしなり




pravâla-vaidûrya-mrinâla-varcasah
parisp hurat-kundala-mauli-mâlinah
9-12


彼らのうちのある者は
猫眼石ねこめ(黄緑色)珊瑚さんご(赤) 蓮の根(白)の 
色鮮やかな耳飾り
花輪をつけた王冠を 身体からだかざよそおえる







106

九章 シュカは 主の本質を語り始める


bhrâjishnubhir yah parito virâjate
lasad-vimânâvalibhir mahâtmanâm
vidyotamânah pramadottamâdyubhih
savidyud abhrâvalibhir yathâ nabhah
9-13




偉大なこんの帰依者らが
蒼天そうてんをゆくお車は 光彩こうさい放ち輝きて
あたかもそれは天空を きらめきわたる稲妻や
一際ひときわ目立つ最高の 美女の光輝のさまのごと 
到る所をらすなり




s'rîr yatra rûpiny urugâya-pâdayoh
karoti mânam bahudhâ vibhûtibhih
prenkham s'ritâ yâ kusumâkarânugair
vigîyamânâ priya-karma gâyatî
9-14




かの美しき園生そのうでは 椅子を揺らしつラクシュミーが
いとしきつま御事績ごじせきを 甘美かんびうたかたわらで
シュリー(ラクシュミー)と同じ姿持つ 幸せ運ぶ女神らが
しゅ御足おみあしを讃美して 様々な歌 謳いあげ
春の従者じゅうしゃ(蜜蜂)が飛びいて 羽音はおとを共にひびかせり




dadars'a tatrâkhila-sâtvatâm patim
s'riyah patim yajn'a-patim jagat-patim
sunanda-nanda-prabalârhanâdibhih
sva-pârshadâgraih parisevitam vibhum
9-15




ブラフマー神はその場所で サートヴァ族のおさであり
シュリーの夫 供儀くぎぬし そして宇宙の御主おんしゅなる
クリシュナ神を拝したり
そして御主おんしゅかたわらで スナンダ ナンダ プラバラや
アラナ 清き従者らが 真心こめて敬虔けいけんに 
つかえる さまを見たるなり




107

九章 シュカは 主の本質を語り始める


bhritya-prasâdâbhimukham drig-âsavam
prasanna-hâsâruna-locanânanam
kirîthinam kundalinam catur-bhujam
pitâms'ukam vakshasi lakshitam s'riyâ
9-16




その帰依者らに至上主は 赤味がかりしお目許めもと
アムリタのごと愛をこめ 優しく微笑みかけられり
黄色の衣 まとわれし 御主みす四本しほんの腕をもち
胸のシュリーの御徴みしるし(シュリーヴァッツア=金色の胸毛)
耳飾りやら王冠が まばゆき光り放ちたり




adhyarhanîyâsanam âsthitam param
vritam catuh-shodas'a-pan'ca-s'aktibhih
yuktam bhagaih svair itaratra câdhruvaih
sva eva dhâman ramamânam îs'varam
9-17




最高の場にしたもう 根本原主クリシュナは
六富ろっぷ(君主権・美・名声・繁栄・智慧・離欲)のすべて そなえられ
四つのカラナ(意識・マハト・自我・知性)と 
十六(五大元素・十のインドリア・マナス)
五つのゆい(タンマートラ=微細身)のシャクティを おのれのうちに包みこみ
至上の幸(アーナンダ)に充ち足りて 永久とわ園生そのうたのしまる




tad-dars'anâhlâda-pariplutântaro
hrishyat-tanuh prema-bharâs'ru-locanah
nanâma pâdâmbujam asya vis'va-srig
yat pâramahamsyena pathâdhigamyate
9-18




主の御姿みすがたを拝したる 創造の神 ブラフマーは
その喜びに打ち震え 体毛すべて逆立さかだちて
内から溢る愛念に 涙 滂沱ぼうだと流れ落つ
パラマハンサの道により 到達できる御足おみあし
感極かんきわまりしブラフマーは 頂礼ちょうらいはい 捧げたり




108

九章 シュカは 主の本質を語り始める


tam prîyamânam samupasthitam kavim
prajâ-visarge nija-s'âsanârhanam
babhâsha îshat-smita-s'ocishâ girâ
priyah priyam prîta-manâh kare spris'an
9-19




不滅の御主おんしゅクリシュナに 
〔生あるもの〕の創造を めいじられたるブラフマー神
深き喜悦に満たされて 主の御前おんまえに直立す
憐れみ深き至上主は そを心から喜ばれ 
ブラフマー神の手をとりて
すこし微笑み輝やかに くの如くに申されり




s'rî-bhagavân uvâca
tvayâham toshitah samyag
veda-garbha sisrikshayâ
ciram bhritena tapasâ
dustoshah kûta-yoginâm
9-20





『聖バガヴァーンはのたまわく』
宇宙創造せんがため まこと久しき長き間を
ヴェーダの知識 踏襲とうしゅうし 厳しき苦行 続けたる
そなたによりてこのあれは しんに満足覚えたり
似非えせヨーギー(偽行者)の程度では あれ充足じゅうそくさせなし




varam varaya bhadram te
vares'am mâbhivân'chitam
brahman' chreyah-paris'râmah
pumsâm mad-dars'anâvadhih
9-21




 おおブラフマーよ 苦行者よ 絶対者なるこのあれ
至高の幸を切望す そなたの願い叶えたり
厳しき行の果報かほうとは あれ(至上主)の姿を見ることと
そなたはとくと知るゆえに






109

九章 シュカは 主の本質を語り始める


manîshitânubhâvo 'yam
mama lokâvalokanam
yad upas'rutya rahasi
cakartha paramam tapah
9-22




はちすの浮かぶ水面みなもから あれが発せし二言ふたこと
タパス望みし音節を 聴きたる御身おみは唯一人
最もがた難行なんぎょうを 見事に成就したるなり
ゆえにそなたは功徳にて あれの世界の様相ようそう
瞥見べっけん(一瞥すること)の栄 得たるなり





pratyâdishtham mayâ tatra
tvayi karma-vimohite
tapo me hridayam sâkshâd
âtmâham tapaso 'nagha
9-23




無垢むくなる者よ ブラフマーよ
為すべきこと(宇宙創造の手立て)が見つからず
困惑したるその時に
あれがそなたに命じたる 苦行をきわむ行為こそ
深きとばり(マーヤー)に包まれし 胸奥きょうおう秘宝ひほうなり
その胸奥の秘宝こそ の本質であるゆえに





srijâmi tapasaivedam
grasâmi tapasâ punah
bibharmi tapasâ vis'vam
vîryam me dus'caram tapah
9-24




ゆえに宇宙の一切は 苦行によりて創始され
苦行によりてそを維持し 苦行によりて破壊さる
斯くのごとくにの力 苦行のなか秘匿ひとくさる






110

九章 シュカは 主の本質を語り始める


brahmovâca
bhagavân sarva-bhûtânâm
adhyaksho 'vasthito guhâm
veda hy apratiruddhena
prajn'ânena cikîrshitam
9-25





ブラフマー神は申されり 「すべてのものの内奥ないおう
照覧者とて鎮座ちんざされ すべてに充ちる至上主よ
妨げられることのなき たぐいまれなる叡智えいちにて
御主おんしゅは吾が今 まさに 何を願いてはべるかを
すべて御承知なさるなり





tathâpi nâthamânasya
nâtha nâthaya nâthitam
parâvare yathâ rûpe
jânîyâm te tv arûpinah
9-26




無形であるにかかわらず すべての上に君臨くんりん
超絶的な至上主の その本質を知りたしと
吾はひたすら願うなり
何卒なにとぞ御主みすの恩寵で 智見ちけんの栄を賜れと
伏して懇願たてまつる





yathâtma-mâyâ-yogena
nânâ-s'akty-upabrimhitam
vilumpan visrijan grihnan
bibhrad âtmânam âtmanâ
9-27




御自おんみずからの強力な マーヤーにより至上主は
多様な界を創られり そしてそれらを維持なされ
御自おんみずからの御力みちからで やがて破壊をされる方









111

九章 シュカは 主の本質を語り始める


krîdasy amogha-sankalpa
ûrnanâbhir yathornute
tathâ tad-vishayâm dhehi
manîshâm mayi mâdhava
9-28




無謬むびゅう(絶対に間違いない)の御意思 持たる主よ
からまる蜘蛛の糸のごと マーヤー用い楽しまる
そのことわり(理由)の詳細を 理解し易くこの吾に
ああマーダヴァ(クリシュナ)よ 説き給え





bhagavac-chikshitam aham
karavâni hy atandritah
nehamânah prajâ-sargam
badhyeyam yad-anugrahât
9-29




おお至上主よ 願わくば 吾に恩寵 れたまえ
主に課されたる創造を おごることなく達成し
その香菓かく(結果)得んの欲望を 持たざる吾に成らしめよ





yâvat sakhâ sakhyur ives'a te kritah
prajâ-visarge vibhajâmi bho janam
aviklavas te parikarmani sthito
mâ me samunnaddha-mado 'ja mâninah
9-30




おお至上主よ 御身様は あたかも友が親友に
為すべく如くこの吾に 親しく言葉かけたもう
ああ不生ふしょうなる御方おんかたよ 生き物たちの創造や
神の職掌しょくしょうかつなど 主への奉仕の様々が
成就を遂げるその日まで
ああ願わくばこの吾が 過剰な自負を持たぬよう
迷妄の瀬に堕ちぬよう 深き恩寵 賜えかし」






112

九章 シュカは 主の本質を語り始める


s'rî-bhagavân uvâca
jn'ânam parama-guhyam me
yad vijn'âna-samanvitam
sarahasyam tad-angam ca
grihâna gaditam mayâ
9-31





『聖クリシュナはのたまわく』
あれの有する最高の 秘奥ひおう(物事の奥底)の秘なる深き知を
まさ(直ちに)そなたに与えなん
奥義おうぎ叡智えいち その要素ようそ 帰依や苦行のそのすべて
あれが教える事々ことごとを しかと体得たいとくするべけれ





yâvân aham yathâ-bhâvo
yad-rûpa-guna-karmakah
tathaiva tattva-vijn'ânam
astu te mad-anugrahât
9-32




の本質の偉大さや 姿や美徳 その行為
そなたはあれの恩寵で これらすべての実態の
深き叡智が与えらる 心にしかと銘記せよ





aham evâsam evâgre
nânyad yat sad-asat param
pas'câd aham yad etac ca
yo 'vas'ishyeta so 'smy aham
9-33




原初のあれ唯一ゆいいつの 常在不変じょうざいふへん存在者そんざいしゃ
具象化されしものも無く 唯一ゆいいつ あれりしのみ
宇宙が創造されしも は存在を成し続け
宇宙滅亡したるも ただ 一人ひとりのみ残存ざんぞん








113

九章 シュカは 主の本質を語り始める


rite 'rtham yat pratîyeta
na pratîyeta câtmani
tad vidyâd âtmano mâyâm
yathâbhâso yathâ tamah
9-34




主の本質の光耀こうようが あたかも闇に閉ざされて
価値なきものに見ゆるごと
主の実態を被覆ひふくする それらすべては至上主の
マーヤーなりと見なすべし





yathâ mahânti bhûtâni
bhûteshûccâvaceshv anu
pravishthâny apravishthâni
tathâ teshu na teshv aham
9-35




はマーヤーを多用して 生きとし生ける生物を
創りしのちにそのなかに 〔りて住まう〕と言いしなり
しかるにあれの本質は 〔そとに遍在する〕という
斯くの如くにこのあれは 内に〔る〕とも〔らず〕とも
その両方を言いしなり





etâvad eva jijn'âsyam
tattva jijn'âsunâtmanah
anvaya-vyatirekâbhyâm
yat syât sarvatra sarvadâ
9-36




斯くの如くに多様なる あれの秘めたる本質を
知らんと願う者ならば 〔れにあらず〕と全否定
〔全てがれ〕と是認ぜにんする 二律背反にりつはいはんする道を
常に探究すべきなり








114

九章 シュカは 主の本質を語り始める


etan matam samâtishthha
paramena samâdhinâ
bhavân kalpa-vikalpeshu
na vimuhyati karhicit
9-37




そなたが此度こたび 学びたる  あれの教えは永久とこしえ
変わる事なき真理なり この最高のことわり
心をいつに集中し 深く専念したるなば
カルパ カルパの創造に 決してまどうことはなし





s'rî-s'uka uvâca
sampradis'yaivam ajano
janânâm parameshthhinam
pas'yatas tasya tad rûpam
âtmano nyarunad dharih
9-38





えあるシュカは語られり】
不生ふしょう御主おんしゅ 聖ハリは 被造ひぞうしゅなるブラフマー(神)
斯くのごとくにのたまうと
(ブラフマー神)見詰みつめるそのなかを 静かに姿 消されたり





anta rhitendriyârthâya
haraye vihitân'jalih
sarva-bhûtamayo vis'vam
sasarjedam sa pûrvavat
9-39




具象ぐしょう御姿すがた 消されたる 聖なる御主おんしゅクリシュナに
宇宙創造託されし ブラフマー神は敬虔に
こうべを下げて合掌し 前のカルパのそのままに
生きとし生けるものたちを 再び創造なされたり








115

九章 シュカは 主の本質を語り始める


prajâpatir dharma-patir
ekadâ niyamân yamân
bhadram prajânâm anvicchann
âtishthhat svârtha-kâmyayâ
9-40




創造のぬし ダルマのしゅ ブラフマー神はしかる時
おのが創りし生物の 幸運望む 思い出づ
これこそ吾の〔目的〕と 願いの成就じょうじゅ得るために
戒律厳しく遵守じゅんしゅして 自己の修行に励まれり





tam nâradah priyatamo
rikthâdânâm anuvratah
s'us'rûshamânah s'îlena
pras'rayena damena ca
9-41




斯くのごとくに父親が 厳しき修行なせる時
そくナーラダは従順に 真摯に忠誠 尽くしたり
その善行ぜんぎょうにブラフマー神 数多あまたの息子達のうち
ナーラダ仙を最高の 深き愛にて導かる





mâyâm vividishan vishnor
mâyes'asya mahâ-munih
mahâ-bhâgavato râjan
pitaram paryatoshayat
9-42




ああ国王よ ブラフマー(神)は わが息子なるナーラダが
まこと偉大な聖ハリに 深く帰依して真剣に
マーヤーのぬし 至上主の そのマーヤーを知りたしと
希求ききゅうしたるを父とての 深き喜び覚えらる









116

九章 シュカは 主の本質を語り始める


tushtham nis'âmya pitaram
lokânâm prapitâmaham
devarshih paripapraccha
bhavân yan mânupricchati
9-43




宇宙全ての始祖しそであり おのが父なるブラフマー(神)
満足したるさまを見て 天の神仙ナーラダは
御身様おみさま(パリークシット国王)がこの吾に 訊ねしごとく慇懃いんぎん
ブラフマー神に 問い掛けり





tasmâ idam bhâgavatam
purânam das'a-lakshanam
proktam bhagavatâ prâha
prîtah putrâya bhûta-krit
9-44




息子の質問を喜びて 造物ぞうぶつぬしブラフマー神
至上のしゅから教えらる とうの吉兆持つという
〔聖クリシュナの神譚〕を そくナーラダに伝えらる





nâradah prâha munaye
sarasvatyâs tathe nripa
dhyâyate brahma paramam
vyâsâyâmita-tejase
9-45




ああ国王よ ナーラダは 父に聴きたる〔神譚〕を
サラスワティーの河岸で 一人静かに瞑想し
ブラフマンへと至りたる 聖ヴィヤーサに伝承す














117

九章 シュカは 主の本質を語り始める


yad utâham tvayâ prishtho
vairâjât purushâd idam
yathâsit tad upâkhyâste
pras'nân anyâms ca kritsnas'ah
9-46




そして此度こたびはこの吾が そなたが質問せしままに
主の世界より如何様いかよう
ヴィラート プルシャ(宇宙体)が生まれしか
(ヴィヤーサ)よりぎし〔神譚〕を 
つぶさに説きて聴かすらん



第九章 終了































118