三章 至幸へ向かう唯一ゆいつの道


第三章【至幸へ向かう唯一ゆいつの道】



s'rî-s'uka uvâca
evam etan nigaditam
prishthavân yad bhavân mama
nrinâm yan mriyamânânâm
manushyeshu manîshinâm
3-1





えあるシュカは申されり】
「考え深き者ならば 死にのぞみたるその時に
如何なる行為すべきか」と 問いし御身おんみくと
吾は説明いたしたり



brahma-varcasa-kâmas tu
yajeta brahmanah patim
indram indriya-kâmas tu
prajâ-kâmah prajâpatîn
3-2・3・4・5・6・7




聖知の光輝 望む者 ヴェーダ祭官(ブリハスパティ)あがむべし
感官の欲 求むなば インドラ神を崇むべし
多くの子孫 望むなら プラジャーパティ(繁殖を司る神)まつるべし


devîm mâyâm tu s'rî-kâmas
tejas-kâmo vibhâvasum
vasu-kâmo vasûn rudrân
vîrya-kâmo 'tha vîryavân






幸運望む者ならば マーヤー女神じょじん1.あがむべし
活力かつりょく求む者ならば 火の神をこそ崇むべき
富への願望ある者は ヴァス神群を崇拝すうはい
無敵の強さ誇る者 さらに力を欲すなば
マルト神群(ルドラ神の息子たち)拝すべし

1. マーヤー女神 主が持たれる固有の力。プラクリティを支配する女神


annâdya-kâmas tv aditim
svarga-kâmo 'diteh sutân
vis'vân devân râjya-kâmah
sâdhyân samsâdhako vis'âm





27

三章 至幸へ向かう唯一ゆいつの道

食事 食材求むなば アディティ神(神々の母)を拝すべし
スワルガローカ(天界)望むなば
アーディティヤ神群(アディティの息子たち)崇むべし
君主くんしゅの権利 望むなば ヴィシュワー神群 崇むべし
民の幸福 願うなば サーディヤ神群 拝すべし


âyus-kâmo 's'vinau devau
pushthi-kâma ilâm yajet
pratishthhâ-kâmah purusho
rodasî loka-mâtarau





長寿ちょうじゅを望む者ならば アシュヴィン双神そうしん(若さを取り戻させる神)崇むべし
身の健康を願う者 大地の女神 まつるべし
安住の地を求むなら 天地あめつちの父母ローダシー(ルドラの妻でマルト神群の母)
シヴァなるプルシャ(男性原理)拝すべし


rûpâbhikâmo gandharvân
strî-kâmo 'psara urvas'îm
âdhipatya-kâmah sarveshâm
yajeta parameshthhinam







美麗びれいな姿 望むなば ガンダルヴァを拝すべし
美しき妻 得たいなば ウルヴァシー(天の妖精)を崇むべし
全てのものに対しての 至上の主権しゅけん 望むなば
創造神のブラフマーを 崇拝せねばならぬなり


yajn'am yajed yas'as-kâmah
kos'a-kâmah pracetasam
vidyâ-kâmas tu giris'am
dâmpatyârtha umâm satîm







名誉名声望むなば 供犠くぎ御主おんしゅ(クリシュナ)まつるべし
財や宝物ほうもつ ほっすなば ヴァルナの神(水を支配する神)あがむべし
知識 学問望むなば 山のギリシャ(山の住者シヴァ神)はいすべし
夫婦めおとさちを得たきなば 貞淑ていしゅくな妻ウマー(シヴァ神の妻)こそ
崇拝すうはいすべき目当めあ(対象)なり


28

三章 至幸へ向かう唯一ゆいつの道


dharmârtha uttama-s'lokam
tantuh tanvan pitrin yajet
rakshâ-kâmah punya janân
ojas-kâmo marud-ganân
3-8




徳と富とを願うなば 至上主をこそあがむべし
子孫の繁栄願うなば 先祖の霊(ピトリー)を祀るべし
保護や救助を求むなば 有徳うとくの人にすがるべし
権威けんいを強く望むなば マルト神群拝すべし





râjya-kâmo manûn devân
nirritim tv abhicaran yajet
kâma-kâmo yajet somam
akâmah purusham param
3-9




領土主権りょうどしゅけんを望むなば 始祖しそ(人類の始祖マヌ)や神々拝すべし
呪詛じゅそ成就じょうじゅを望むなば ニルリティ神(死の女神)祀るべし
五感のかいを求む者 ソーマ(月)の神を崇むべし
すべての離欲 願う者 至上主のみを拝すべし





akâmah sarva-kâmo vâ
moksha-kâma udâra-dhîh
tîvrena bhakti-yogena
yajeta purusham param
3-10




すべてに離欲せし者や はたまた解脱望む者
高き英知を持つ者は(当然のことながら)
その強烈な帰依ゆえに 至上主のみを拝すなり











29

三章 至幸へ向かう唯一ゆいつの道


etâvân eva yajatâm
iha nihs'reyasodayah
bhagavaty acalo bhâvo
yad bhâgavata-sangatah
3-11




多種多様なる神々を 祀りて拝す者たちも
御主みすの帰依者と交流し
至高の御主みすに不動なる 信仰心を持つならば
この世における最高の 神の恩寵授けらる





jn'ânam yad âpratinivritta-gunormi-cakram
âtma-prasâda uta yatra gunesv asangah
kaivalya-sammata-pathas tv atha bhakti-yogah
ko nirvrito hari-kathâsu ratim na kuryât
3-12




シュリークリシュナ神譚しんたんの 聴聞ちょうもんしジュニャーナ(英知)
グナのもたらす荒波を しず束縛そくばくはな
そしてその時〔帰依きえ〕という 超絶的ちょうぜつてきみち開け こんの平安与えらる
人は如何いかでか(どうして)この至幸しこう 退しりぞけること出来ようぞ





s'aunaka uvâca
ity abhivyâhritam râjâ
nis'amya bharatarshabhah
kim anyat prishthavân bhûyo
vaiyâsakim rishim kavim
3-13





シャウナカは斯く申したり
「聖仙シュカが語られし これらの言葉 聞きし後
バラタ族での最高者 パリークシット国王は
ヴィヤーサ仙の息子なる 聖仙シュカに更にまた
如何なることを訊ねしや








30

三章 至幸へ向かう唯一ゆいつの道


etac chus'rûsatâm vidvan
sûta no 'rhasi bhâshitum
kathâ hari-kathodarkâh
satâm syuh sadasi dhruvam
3-14




学識優がくしきすぐるスータ師よ 師の学びたる〔神譚しんたん〕を
吾らに語りたまわれと せつ懇望こんもういたすなり
聖者賢者のつどいでは 聖クリシュナの神譚が
常に話題となりぬらん 吾らもそれを望むなり



sa vai bhâgavato râjâ
pândaveyo mahâ-rathah
bâla-krîdanakaih krîdan
krishna-krîdâm ya âdade
3-15




パーンダヴァの子孫なる 偉大な戦士 国王(パリークシット)
幼年期より玩具がんぐにて 遊びながらもクリシュナへ
供物くもつ捧げる真似をして 帰依の萌芽ほうが(芽生え)を見せしなり



vaiyâsakis' ca bhagavân
vâsudeva-parâyanah
urugâya-gunodârâh
satâm syur hi samâgame
3-16




聖シュカもまたクリシュナに 深き帰依心 持たるなり
かような聖者賢者らが つどいてわすかたらいは
聖クリシュナの御威徳ごいとくや すぐれしえいに他ならじ



âyur barati vai pumsâm
udyann astam ca yann asau
tasyarte yat-kshano nîta
uttama-s'loka-vârtayâ
3-17




聖クリシュナの御事績ごじせきを 語る機会を持たぬなば
朝 日は上り日は沈み 刻々こくこくと〔時〕過ぎ行きて
人の生命いのちは奪われる




31

三章 至幸へ向かう唯一ゆいつの道


taravah kim na jîvanti
bhastrâh kim na s'vasanty uta
na khâdanti na mehanti
kim grâme pas'avo 'pare
3-18




ただ樹木の如く成長し ふいごのように呼吸して
食べて排泄はいせつするだけの
ただ生きている存在を 〔人〕と呼ぶことできようか?





s'va-vid-varâhoshthra-kharaih
samstutah purusah pas'uh
na yat-karna-pathopeto
jâtu nâma gadâgrajah
3-19




聖なる御主クリシュナは
その聖譚せいたんに近づかず 聴こうともせぬ彼の者を
『犬や家豚かとん水牛すいぎゅうや ロバに等しきもの!』と
決して知者ひととは見なされず 『いやしき者』と評されり





bile batorukrama-vikramân ye
na s'rinvatah karna-pute narasya
jihvâsatî dârdurikeva sûta
na copagâyaty urugâya-gâthâh
3-20




ああ聖譚を聴かぬ者
人の耳とは見なされず ただ穴として在るのみぞ
しこうしてまたクリシュナの
聖なる讃歌 謳わざる 者たちの持つ口や舌
蛙の(長い)舌とひとしかり










32

三章 至幸へ向かう唯一ゆいつの道


bhârah param paththa-kirîtha jushtham
apy uttamângam na namen mukundam
s'âvau karau no kurute saparyâm
harer lasat-kân'cana-kankanau vâ
3-21




至上しじょう御主おんしゅムクンダ(クリシュナ)に 頭を下げぬ者たちが
たとえ頭頂ずちょう王冠おうかんや 絹のターバン飾ろうと
そは重き荷となるばかり ハリ(クリシュナ)を崇拝せぬ者が
たとえ両手に輝ける 金の腕輪を飾ろうと
しかばねの手にひとしかり





barhâyite te nayane narânâm
lingâni vishnor na nirîkshato ye
pâdau nrinâm tau druma janma-bhâjau
kshetrâni nânuvrajato harer yau
3-22




主の御姿みすがたかたどりし 神像しんぞうを見ぬ者の眼は
孔雀くじゃくの羽根の文様もんよう(目に似た)を うつしたままに相違そういなし
ハリ(クリシュナ)の聖地を訪れぬ 人らの足はただ単に
双樹そうじゅ(根元から二股に分かれている樹)のごときものなりき





Jîvan' chavo bhâgavatânghri-renum
na jâtu martyo 'bhilabheta yas tu
s'rî-vishnu-padyâ manujas tulasyâh
s'vasan' chavo yas tu na veda gandham
3-23




 主の奉仕者の足に付着く その塵埃じんあいおのが身に
びようとせぬ者たちは 生きていようと死人しびとなり
聖クリシュナの御足おみあしに 捧げられたるトゥラシィーの
そのにおい立つ芳香ほうこうを 味わおうともせぬ者は
呼吸はすれど死人しびとなり





33

三章 至幸へ向かう唯一ゆいつの道


tad as'ma-sâram hridayam batedam
yad grihyamânair hari-nâma-dheyaih
na vikriyetâtha yadâ vikâro
netre jalam gâtra-ruheshu harshah
3-24




聖クリシュナに集中し 御名みな称名しょうみょうすることで
心が変化せぬならば いわおの如き心持つ あああわれなる者なりき
しや心が変わるなば 眼から涙が溢れ
体毛たいもうは皆逆立さかだちて 歓喜かんききょくに至るらん





athâbhidhehy anga mano-'nukûlam
prabhâshase bhâgavata-pradhânah
yad âha vaiyâsakir âtma-vidyâ-
vis'ârado nripatim sâdhu prishthah
3-25




尊師(スータ)が語る神譚は 心にかなこのましく
まこと充ち足るものなりき
ゆえに至高の英知識り 主の最高の帰依者なる
ヴィヤーサの息 聖シュカが パリークシットの問いかけに
答えられたるそのすべて 吾らに語りたまえかし」



第三章 終了

















34