五巻 四章 リシャバの治世


第四章【リシャバの治世ちせい




śrī-śuka uvāca
atha ha tam utpattyaivābhivyajyamāna-bhagaval-lakṣaṇaṁ
sāmyopaśama-vairāgyaiśvarya-mahā-vibhūtibhir anudinam
edhamānānubhāvaṁ prakṛtayaḥ prajā brāhmaṇā
devatāś cāvani-tala-samavanāyātitarāṁ jagṛdhuḥ.
4-1







【聖なるシュカは述べられり】
主の現身うつしみのその嬰児えいじ クリシュナ神の御徴みしるし
御足みあしの裏に はっきりと 刻み込まれて輝けり
彼は成長するにつれ すべての欲を放擲ほうてき
寂静じゃくじょうの気をただよわせ 威厳 寛容 合わせ持ち
日毎ひごとに品位 増大し 主の本質を顕示けんじする
彼のさま見し神々や ブラーフマナの長達おさたち
地球の統治 彼こそが 〔すべきなり〕と見定めり




tasya ha vā itthaṁ varṣmaṇā varīyasā
bṛhac-chlokena caujasā balena śriyā
yaśasā vīrya-śauryābhyāṁ ca pitā
ṛṣabha itīdaṁ nāma cakāra.
4-2





斯くの如くに吾がそくの 身に刻まれし象徴や
優れしうたたたえらる 偉大な威厳 力量と
あふれる知性 慈悲深さ 卓越したる様を見て
父のナービは喜びて 〔リシャバ(最高者)〕なる名を与えたり




yasya hīndraḥ spardhamāno bhagavān
varṣe na vavarṣa tad avadhārya bhagavān
ṛṣabhadevo yogeśvaraḥ prahasyātma-yogamāyayā
sva-varṣam ajanābhaṁ nāmābhyavarṣat.
4-3





天界の神 インドラは それをねたみて一案いちあん
世界に雨を降らさざり それを知りたるリシャデーヴァ
主と同一の能力で 容易たやすく雨(アジャナーバ)を降らせらる



31

五巻 四章 リシャバの治世

  

nābhis tu yathābhilaṣitaṁ suprajastvam avarudhyāti-pramoda-bhara-
vihvalo gadgadākṣarayā girā svairaṁ gṛhīta-naraloka-sadharmaṁ
bhagavantaṁ purāṇa-puruṣaṁ māyā-vilasita-matir vatsa
tāteti sānurāgam upalālayan parāṁ nirvṛtim upagataḥ.
4-4





吾子わがこ望みしナービ王 非の打ちどころ 無きそく
得た喜びにたされて 有頂天うちょうてんなるさまなりき
最高神が現身うつしみを 顕されたる神聖な
神童しんどうなるを忘れ果て 愛玩物あいがんぶつでるごと
まるで痴呆ちほうの者のごと 「おお愛児いとしごが子よ」と
強く抱きしめ 頬擦ほほずりし めるが如くいとしみぬ





viditānurāgam āpaura-prakṛti jana-pado rājā nābhir ātmajaṁ
samaya-setu-rakṣāyām abhiṣicya brāhmaṇeṣūpanidhāya saha merudevyā
viśālāyāṁ prasanna-nipuṇena tapasā samādhi-yogena nara-nārāyaṇākhyaṁ
bhagavantaṁ vāsudevam upāsīnaḥ kālena tan-mahimānam avāpa.
4-5





国王ナービ しかる後 大臣 そして役人や
民草たちが彼方此方あちこちで リシャバ登用とうよう 望む声
肌身はだみに感じ始めらる 愛して止まぬ愛息に
ヴェーダ規定を遵奉じゅんぽうし 国民くにたみ護る 王として
〔今や王権 ゆずる時〕 心定めしナービ王
ブラーフマナや学者等に その教育を委任して
メールデーヴィー愛妻と 共に居城きょじょうを後にせり
ヴィシャーラーなる地に住みて 放棄と苦行 よく行じ
ヴァースデーヴァ クリシュナに 一意専心集中す
やがてその時来たりなば 主のお住まいに達すべし





yasya ha pāṇḍaveya ślokāv udāharanti ―
ko nu tat karma rājarṣer
nābher anv ācaret pumān
apatyatām agād yasya
hariḥ śuddhena karmaṇā
4-6










32

五巻 四章 リシャバの治世


パリークシット国王よ ナービ国王 慕う民
斯くの如くに謳いたり
♪王仙ナービ国王の その気高けだかくて見事なる
行為をほかの何者に 真似することが出来ようぞ
御主は彼の敬虔けいけんな 行為をでて現身うつしみ
愛息として顕さる おお比類なき御恩寵






brahmaṇyo ’nyaḥ kuto nābher
viprā maṅgala-pūjitāḥ
yasya barhiṣi yajñeśaṁ
darśayām āsur ojasā
4-7





ナービの如き国王が ほか何処いずこられよう
ブラーフマナによくけんじ 日々感謝して崇敬し
すべての供犠を 受け取らる クリシュナ神は最高の
御満足あかしとて 御自身の姿を顕さる♪






atha ha bhagavān ṛṣabhadevaḥ sva-varṣaṁ karma-kṣetram
anumanyamānaḥ pradarśita-gurukula-vāso labdha-varair gurubhir
anujñāto gṛhamedhināṁ dharmān anuśikṣamāṇo jayantyām
indra-dattāyām ubhaya-lakṣaṇaṁ karma samāmnāyāmnātam
abhiyuñjann ātmajānām ātma-samānānāṁ śataṁ janayām āsa.
4-8







至高神なるリシャデーヴァ 委譲いじょうされたる此の国は
〔行為する場〕と定めらる しこうしてそをみずからの
行為によりて示さんと 学生期がくしょうき(修行期)では師の家に
滞在されて 友と住み グルの指導に従いて
ヴェーダを学び 苦行して すべてを履修りしゅうなされたり
師の許可を得て家長期かちょうきに 入られし主は 義務として
インドラ神の娘なる ジャヤンティーとの婚礼を
両家の種性しゅせいそれぞれの 習慣ならいに依りて挙げられり




33

五巻 四章 リシャバの治世



yeṣāṁ khalu mahā-yogī bharato
jyeṣṭhaḥ śreṣṭha-guṇa āsīd yenedaṁ
varṣaṁ bhāratam iti vyapadiśanti.
4-9




卓越したる長兄ちょうけいの バラタはたかき帰依者にて
優れし素質持ちしなり ゆえにバラタの名にちな
インドの国をバーラタと 呼ばわるように なりしなり




tam anu kuśāvarta ilāvarto
brahmāvarto malayaḥ ketur
bhadrasena indraspṛg vidarbhaḥ
kīkaṭa iti nava navati pradhānāḥ.
4-10





そして次兄の〔クシャーヴァルタ〕 〔イラーヴァルタ〕のその次は
〔ブラフマーヴァルタ〕〔マラヤ〕にて 続く〔ケートゥ〕〔バドラセーナ〕
〔インドラスプリシュ〕〔ヴィダルバ〕と 次に〔キーカ〕斯くのごと
九人の息子(合わせて十人)誕生す しかりしのちに御夫妻は
九十人の息子をもたる(百人)




4-11・12
kavir havir antarikṣaḥ
prabuddhaḥ pippalāyanaḥ
āvirhotro ’tha drumilaś
camasaḥ karabhājanaḥ

iti bhāgavata-dharma-darśanā nava mahā-
bhāgavatās teṣāṁ sucaritaṁ bhagavan-
mahimopabṛṁhitaṁ vasudeva-nārada-saṁvādam
upaśamāyanam upariṣṭād varṇayiṣyāmaḥ.















この息子等の〔カヴィ〕〔ハヴィ〕や 〔アンタリクシャ〕や〔プラブッダ〕
〔ピッパラーヤナ〕〔アーヴィロートラ〕 〔ドルミラ〕〔チャマサ〕
〔カラバージャナ〕 これ等九人はバーガヴァタ プラーナのその真髄を
体得したる帰依者とて 主の恩寵を 戴きて
世に伝えたる賢者なり この素晴らしき業績を
吾はこの後 しゅ(クリシュナ)父君ふくん ヴァスデーヴァとナーラダの
会話の形 取りながら(十一巻) 詳しく語る所存しょぞんなり



34

五巻 四章 リシャバの治世



yavīyāṁsa ekāśītir jāyanteyāḥ pitur
ādeśakarā mahā-śālīnā mahā-
śrotriyā yajña-śīlāḥ karma-
viśuddhā brāhmaṇā babhūvuḥ.
4-13





残る八十一人の 同じ母持つ兄弟は
父なる王のめいを受け ヴェーダ知識を良く学び
供犠や祭祀に精通せいつうし 敬虔けいけんにして純粋な
その善行為ぜんこうい 認められ バラモンの座に昇格す





bhagavān ṛṣabha-saṁjña ātma-tantraḥ svayaṁ nitya-nivṛttānartha-
paramparaḥ kevalānandānubhava īśvara eva viparītavat karmāṇy
ārabhamāṇaḥ kālenānugataṁ dharmam ācaraṇenopaśikṣayann
atad-vidāṁ sama upaśānto maitraḥ kāruṇiko dharmārtha-
yaśaḥ-prajānandāmṛtāvarodhena gṛheṣu lokaṁ niyamayat.
4-14







〔リシャバ〕と名付けられしごと 最高神である王は
完全無欠 久遠くおんなる 至福のなかに居られたり
しかれども主は民草たみくさと 同じ生活することで
〔人間として如何様いかように 生きるべきか〕を身で教え
形而上学けいじじょうがく 形而下けいじかの 正反対の学問や
本能的な性欲や 苦行に耐える克己心こっきしん
その指針なるヴェーダ学 遵守するべきダルマとか
無知なる者に教えられ それらをたるそのうえで
やがて解脱を得る道を わが身通して教えらる






yad yac chīrṣaṇyācaritaṁ
tat tad anuvartate lokaḥ.
4-15


斯くの如くに国王が 我が身 おとして示さるは
俗世に住まう人々が てして高き地位の人
或いは財のある者を なら風潮ふうちょう あるゆえに






35

五巻 四章 リシャバの治世



yadyapi sva-viditaṁ sakala-dharmaṁ
brāhmaṁ guhyaṁ brāhmaṇair
darśita-mārgeṇa sāmādibhir
upāyair janatām anuśaśāsa.
4-16





ヴェーダによりて教えらる 多伎たきに亘れる内容は
バラモンにより秘匿ひとくされ その全容を知る者は
極く限られし聖者のみ 部分 部分が示されて
苦行の仕方 感覚の 制御の仕方 その方途
王はすべての原主ゆえ とくと知られし ことなるが
ぶんに応じて取得しゅとくされ 国を統治し 保護されり




dravya-deśa-kāla-vayaḥ-śraddhartvig-
vividhoddeśopacitaiḥ sarvair api
kratubhir yathopadeśaṁ śata-kṛtva iyāja.
4-17



規定 のっとりリシャバ王 各種の供犠をそれぞれに
百回ずつを催行し 御主みすを崇拝 なされたり
時と場所とを定めると 祭具 供物や 祭官を
選びて準備為されたり 特に祭主の信仰度
徳の程度を重視して 厳しく選出なされたり
供犠の目的 対象や 種々の習慣 踏襲とうしゅう
供犠 喜ばる至高主に 数多あまた貢献こうけんなされたり




bhagavatarṣabheṇa parirakṣyamāṇa
etasmin varṣe na kaścana puruṣo
vāñchaty avidyamānam ivātmano
’nyasmāt kathañcana kimapi karhicid
avekṣate bhartary anusavanaṁ
vijṛmbhita-snehātiśayam antareṇa.
4-18









最高神のリシャバにて 支配されたる此の国に
住む誰しもが 支配者の リシャバを深く愛したり
リシャバを愛すだけでなく 隣人 知己ちきや他人をも
等しく愛す国民くにたみは 盗みや非道行わず
善政を敷く王ならい 善意に満ちて生活す



36

五巻 四章 リシャバの治世



sa kadācid aṭamāno bhagavān ṛṣabho brahmāvarta-
gato brahmarṣi-pravara-sabhāyāṁ prajānāṁ
niśāmayantīnām ātmajān avahitātmanaḥ praśraya-
praṇaya-bhara-suyantritān apy upaśikṣayann iti hovāca.
4-19





かつてリシャバが我が国を 周遊しゅうゆうなされ その途次とじ
ブラフマーヴァルタ おとなわる そこで出会いし息子等は
指導者の指示を よく守り 謙虚に自己を制御して
梵仙達や国民の 高き評価を受けており
リシャバは安堵あんどなされしが 次の如くに語られり





第四章 終了






















37