二十七章 プランジャナ王 悦楽の前半生と神の摂理


第二十七章【プランジャナ王 悦楽の前半生と神の摂理】




nârada uvâca
ittham puranjanam sadhryag
vasamânîya vibhramaih
puranjanî mahârâja
reme ramayatî patim
27-1





ナーラダ仙は述べられり
〈プランジャナ妃は斯くのごと 自分自身の魅力にて
王をとりこに仕立て上げ 思うがままに振る舞えり
二人は共に満足し 楽しき時を過ごしたり




sa râjâ mahisîm râjan
susnâtâm rucirânanâm
krta-svastyayanâm trptâm
abhyanandad upâgatâm
27-2




そして王なるプランジャナ 妃が沐浴し身を清め
魅力的なるかんばせが 更に際立きわだつ数々の
装身具とか吉兆の 衣類を纏い 晴れやかに
彼に近寄り来たるとき 王は大いに喜びて
歓迎の意をあらわせり





tayopagûdhah parirabdha-kandharo
raho 'numantrair apakrsta-cetanah
na kâla-ramho bubudhe duratyayam
divâ niseti pramadâ-parigrahah
27-3




王妃がくび腕巻うでまきて 王に身を寄せ甘えると
王も王妃の肩を抱き 愛欲の火に焼かれたり
斯くて二人は昼 夜の 区別無きほどもつれ合い
人目無き場でたわむれに 禁忌きんきの言葉言い合いて
品位を失くし堕落して 時のつのを忘れたり






391

二十七章 プランジャナ王 悦楽の前半生と神の摂理

  

sayâna unnaddha-mado mahâ-manâ
mahârha-taipe mahisî-bhujopadhih
tâm eva vîro manute param yatas
tamo-'bhibhûto na nijam param ca yat
27-4




華美なベッドに横たわり 王妃の腕を枕とし
夢かうつつか幻か 定まらぬ界 逍遥しょうよう
増上慢ぞうじょうまんに犯されて 吾こそは世に たぐい無き
英雄なりと錯覚し “如何なることも許さる”と
無明に堕ちしプランジャナ 自己の本質忘れ去る






tayaivam ramamânasya
kâma-kasmala-cetasah
ksanârdham iva râjendra
vyatikrântam navam vayah
27-5




プラーチーナバリ大王よ
斯くの如くに王妃との 官能的なと昼に
(プランジャナ)は溺れて過ごしたり
斯くするうちに彼等にも 〔時〕の経過は避け難く
後半期なる老齢が 秘かに忍び寄りしなり







tasyâm ajanayat putrân
puranjanyâm puranjanah
satâny ekâdasa virâd
âyuso 'rdham athâtyagât
27-6




王は王妃にその間に 千百十人(1110人)子を産ませ
寿命の半分 ついやせり










392

二十七章 プランジャナ王 悦楽の前半生と神の摂理



duhitrr dasottara-satam
pitr-mâtr-yasaskarîh
sîlaudârya-gunopetâh
pauranjanyah prajâ-pate
27-7




そして娘を百十人 王妃に産ませ この娘等こら
高き品性 慈悲に富み 良き性格を持つゆえに
王と王妃は世間から 大いに称賛されしなり





sa pancâla-patih putrân
pitr-vamsa-vivardhanan
dâraih samyojayâm âsa
duhitrh sadrsair varaih
27-8




パンチャーラ国 国王(プランジャナ王)
わが息子等のそれぞれに よき妻与え 子を増やし
国に父系を増殖ぞうしょくし 国威を更に高めたり
娘たちにも相応ふさわしき 夫を見つけ とつがせり





putrânâm câbhavan putrâ
ekaikasya satam satam
yair vai pauranjano vamsah
pancâlesu samedhitah
27-9




息子達にもそれぞれに 百人ずつの子が生まれ
プランジャナ王の一族は パンチャーラ国 彼方此方あちこち
深く根を張り 栄えたり





tesu tad-riktha-hâresu
grha-kosânujîvisu
nirûdhena mamatvena
visayesv anvabadhyata
27-10




王は家族や土地や家 宝庫 国庫や従者たち
おのが所有に目眩めくらみて 感覚のみに執着す




393

二十七章 プランジャナ王 悦楽の前半生と神の摂理



îje ca kratubhir ghorair
dîksitah pasu-mârakaih
devân pitrn bhûta-patîn
nânâ-kâmo yathâ bhavân
27-11




プラーチーナバリ大王よ プランジャナ王もそちのごと
狩の快感忘れ得ず “供犠の供物”と自他じただま
動物たちを殺戮さつりくし 自己の欲望 満たしたり
供犠をよそおい 至高者や 神やピトリを崇敬す
まことの供犠(ヴェーダの規律を遵守した)さざりき






yuktesv evam pramattasya
kutumbâsakta-cetasah
âsasâda sa vai kâlo
yo 'priyah priya-yositâm
27-12




まことの供犠に無頓着 御主みすへの帰依を放擲ほうてき
家族 親族 財のみに 執着したる者等ものらにも
さだめられたる〔時〕来たる 特に女体にょたいく者に
その肉の身の老衰は “残酷”とさえ おぼゆなり






candavega iti khyâto
gandharvâdhipatir nrpa
gandharvâs tasya balinah
sasty-uttara-sata-trayam
27-13




ガンダルヴァのローカには おお王侯よ 有名な
チャンダヴェーガというおさが 強き力を持ちしなり
この軍団は強力な 三百人と六十の
強き兵士を保有せり









394

二十七章 プランジャナ王 悦楽の前半生と神の摂理



gandharvyas tâdrsîr asya
maithunyas ca sitâsitâh
parivrttyâ vilumpanti
sa rva-kâma-vinirmitâm
27-14




ガンダルヴァではの如き 強き兵士の妻である
白き肌した女兵士にょへいしと 黒き肌した女兵士が
それぞれ夫婦一対ふうふいっついで 街の略奪りゃくだつ 行えり





te candavegânucarâh
puranjana-puram yadâ
hartum ârebhire tatra
pratyasedhat prajâgarah
27-15




チャンダヴェーガの従者等が プランジャナ王 城塞じょうさい
略奪せんと攻め入ると 大蛇がしかと護りたり





sa saptabhih satair eko
vimsatyâ ca satam samâh
puranjana-purâdhyakso
gandharvair yuyudhe balî
27-16




都を護るその大蛇 百年間の長き間を
七百二十の兵士等(一対)と たった一人で戦えり
まこと偉大な蛇の長 見事な城の守護者なり





ksîyamâne sva-sambandhe
ekasmin bahubhir yudhâ
cintâm parâm jagâmârtah
sa-râstra-pura-bândhavah
27-17




大勢の敵 相手とし 戦いしゆえ 疲れ果て
横たわりたる彼なのに 王も親しき友人も
いたわることも無きままに 国や領土や親族の
行く末のみを心配し ただおろおろとするばかり




395

二十七章 プランジャナ王 悦楽の前半生と神の摂理



sa eva puryâm madhu-bhuk
pancâlesu sva-pârsadaih
upanîtam balim grhnan
strî jito nâvidad bhayam
27-18




国の王たるプランジャナ 捧げられたる租税にて
とりでの中で悠々ゆうゆうと 五個の感覚 追い求め
悦楽えつらくのみを味わいぬ
王妃によりて支配され 心配 恐怖知らぬまま
唯 俗の世で生きるのみ





kâlasya duhitâ kâcit
tri-lokîm varam icchatî
paryatantî na barhisman
pratyanandata kascana
27-19




プラーチーナバリ大王よ ここで話題の向きを換え
〔時〕の娘を語ろうぞ 〔時〕の娘は結婚の
相手を探し三界を 流離さすらいの旅 つづけおり
ああ然れども大王よ 彼女の愛を受け入れる
者はどこにもおらざりき






daurbhâgyenâtmano loke
visrutâ durbhageti sâ
yâ tustâ râjarsaye tu
vrtâdât pûrave varam
27-20




愛を求めておのずから 世界をめぐるカーラ(時)
“不運な娘”と称されり かつて彼女は王仙の
プールと結婚したる時 彼女はとても喜びて
夫を王に取りたてて 戴冠式をもよおせり









396

二十七章 プランジャナ王 悦楽の前半生と神の摂理



kadâcid atamânâ sâ
brahma-lokân mahîm gatam
vavre brhad-vratam mâm tu
jânatî kâma-mohitâ
27-21




昔々の遠き日に 最も高き天界の
ブラフマローカ あとにして 地上に降下したる時
旅の途中の〔時〕のと 出会いしことがありしなり
吾が<禁欲貫く>と 固く誓いし者なるを
知りつつ彼女 結婚を 吾に激しく迫りたり






mayi samrabhya vipula-
madâc châpam suduhsaham
sthâtum arhasi naikatra
mad-yâcnâ-vimukho mune
27-22




その求愛を拒みたる 吾に立腹りっぷくした彼女
悪態あくたいをつき ののしりて ついに呪いを発したり
われの望みをこばみたる おお偉大なる神仙よ
向後こうご御身おんみは一か所に 留まることは出来難く
流浪るろうの旅が続くらん>







tato vihata-sankalpâ
kanyakâ yavanesvaram
mayopadistam âsâdya
vavre nâmnâ bhayam patim
27-23




〔時〕のむすめに失望し 吾は彼女に不可触ふかしょく(種姓外)
王を推薦いたしたり それに従い〔時〕の
ヤヴァナ種族のバヤ王に 斯くの如くに求愛す








397

二十七章 プランジャナ王 悦楽の前半生と神の摂理

  

rsabham yavanânâm tvâm
vrne vîrepsitam patim
sankalpas tvayi bhûtânâm
krtah kila na risyati
27-24




〈〈おおヤヴァナ族 最高者 われ御身おみとの結婚を
強く望みて願うなり なにとぞわれを受け給え
夫になると決めしなば 被造されたる物すべて
御身おみに反する ことはなし






dvâv imâv anusocanti
bâlâv asad-avagrahau
yal loka-sâstropanatam
na râti na tad icchati
27-25




世の慣例や聖典で 教示されたる生き方に
従おうともせぬ者や 真理やのりや恩寵を
知ろうともせぬ無知な者 これら二種ある道を行く
愚かな者にあるものは 嘆き悲しむことのみぞ







atho bhajasva mâm bhadra
bhajantîm me dayâm kuru
etâvân pauruso dharmo
yad ârtân anukampate
27-26




おおいとおしき御方おんかたよ 愛することをいとわずに
われに幸せ 与えあれ 宗教的な法規でも
か弱き者に憐憫れんびんを 与えて救う殿方とのがた
行為を義務と教えらる〉〉









398

二十七章 プランジャナ王 悦楽の前半生と神の摂理

  

kâla-kanyodita-vaco
nisamya yavanesvarah
cikîrsur deva-guhyam sa
sasmitam tâm abhâsata
27-27




〔時〕の娘が斯く斯くと 語るを聞きしヤヴァナ王
秘奥の摂理よくかいし 優しくみて晴れやかに
次の如くに語りたり







mayâ nirûpitas tubhyam
patir âtma-samâdhinâ
nâbhinandati loko 'yam
tvâm abhadrâm asammatâm
27-28




〈〈まさしく吾は今ここで 御身おみには実に相応ふさわしき
夫を選び すすむなり 御身おみ何処いずこの国からも
又 人からも愛されず 歓迎されることもなく
“受け入れ難き不吉”とか “不運もたらす者”とさる







tvam avyakta-gatir bhunksva
lokam karma-vinirmitam
yâ hi me prtanâ-yuktâ
prajâ-nâsam pranesyasi
27-29




この世に生きる人類は おのの行為のカルマにて
被造されたる者なりき なれは人から見得難き
秘遁ひとんの術を知る故に このめる夫 それぞれと
楽しむことが出来ようぞ しかしてなれが兵を
連れてこれらの被造物 全て殺戮さつりくすべきなり








399

二十七章 プランジャナ王 悦楽の前半生と神の摂理



prajvâro 'yam mama bhrâtâ
tvam ca me bhaginî bhava
carâmy ubhâbhyâm loke 'sminn
avyakto bhîma-sainikah
27-30




其方そなたを吾のいもととし プラジヴァーラという兄と
二人と共に全国を 恐ろしき兵引き連れて
闇やかすみ朧夜おぼろよに まぎれ 姿を隠しつつ
全ての世界 めぐらん〉〉と〉





第二十七章 終了
























400