二十三章 プリトゥ王の帰融


第二十三章【プリトゥ王の帰融】





maitreya uvâca
drstvâtmânam pravayasam
ekadâ vainya âtmavân
âtmanâ vardhitâsesa-
svânusargah prajâpatih
 
jagatas tasthusas câpi
vrttido dharma-bhrt satâm
nispâditesvarâdeso
yad-artham iha jajnivân
 
âtmajesv âtmajâm nyasya
virahâd rudatîm iva
prajâsu vimanahsv ekah
sa-dâro 'gât tapo-vanam
23-1・2・3





















マイトレーヤは述べられり
「勝れし王者プリトゥは 民草たみくさ護り 育て上げ
国を繁栄させるのを 本分ほんぶんと自覚して
おのれ自身を抑制し 唯一筋ただひとすじに努力さる

生きるすべてに食与え 民には職業 住宅を
与えて安定はかられり 法を維持してプリトゥは
御主みすが意図さる多様化を この三界に顕現し
主の御心に沿わんとて 一意専心励まれり

然りし時に大王は ふと!おのが身の衰えに
気付きて遊行(四住期の最終・遊行期) 決意さる
王は息子にこの国を 託して妻と唯二人
常世とこよさとを目指すため 苦行林(修行のための庵)へと旅立たる
民は王との決別を 泣きてしみつ 見送りぬ












324

二十三章 プリトゥ王の帰融




tatrâpy adâbhya-niyamo
vaikhânasa-susammate
ârabdha ugra-tapasi
yathâ sva-vijaye purâ
23-4




苦行林での厳格な 隠遁者いんとんしゃ等が守るべき
諸規制により修行さる プリトゥ王はその昔
世界制覇をする前に 厳しき苦行為されたり







kanda-mûla-phalâharah
suska-parnâsanah kvacit
ab-bhaksah katicit paksân
vâyu-bhaksas tatah param
23-5




彼が食する食べ物は 木の根 球根 果物や
きんまの葉とか 乾きし葉 半月ばかり水だけを
僅かに飲みて過ごされり しかりし後にプリトゥは
空気を食べて生きられり(断食状態)






grîsme panca-tapâ vîro
varsâsv âsârasân munih
âkantha-magnah sisire
udake sthandile-sayah
23-6




夏季には五火ごか(四方からの熱と上からの太陽の熱)に身をさら
雨季には豪雨 身に浴びて 首まで水に浸されり
寒冷期にも水垢離みずごりし 夜は聖者がするごとく
凍土とうどじかに 眠られり










325

二十三章 プリトゥ王の帰融




titiksur yata-vâg dânta
ûrdhva-retâ jitânilah
ârirâdhayisuh krsnam
acarat tapa uttamam
23-7




プリトゥ王は感官を 強く制して沈黙し
禁欲の行 遵守して 生気を制御なされたり
唯ひたすらにクリシュナに 思いを向けて称名し
主の喜びを得る為に 行い難き苦行さる







tena kramânusiddhena
dhvasta-karma-malâsayah
prânâyâmaih sanniruddha-
sad-vargas chinna-bandhanah
23-8




彼の厳しき苦行にて 次第にカルマ薄れゆき
止息しそくのヨーガすることで 心と五感 そのすべて
深部の罪にいたるまで 全て解かれて消え失せり






sanat-kumâro bhagavân
yad âhâdhyâtmikam param
yogam tenaiva purusam
abhajat purusarsabhah
23-9




人々のゆう プリトゥは サナトクマーラ神仙に
教えられたる強力な 玄妙な知恵 体得し
そを忠実に修行して 人間界で最高の
高みに立つを成し遂げり










326

二十三章 プリトゥ王の帰融




bhagavad-dharminah sâdhoh
sraddhayâ yatatah sadâ
bhaktir bhagavati brahmany
ananya-visayâbhavat
23-10




有徳の帰依者プリトゥは 一意専心いちいせんしん御奉仕し
根源主なるクリシュナに 深き崇拝捧げらる






tasyânayâ bhagavatah parikarma-suddha-
sattvâtmanas tad-anusamsmaranânupûrtyâ
jnânam viraktimad abhûn nisitena yena
ciccheda samsaya-padam nija jîva-kosam
23-11




プリトゥ王は至高者を 常に称名 崇拝し
超絶的な純化享け マナスをサットヴァで満たされり
聖知奉戴ほうたいすることで 執着心を焼き捨てて
純な心に住みたもう 御主みすへの帰一きいつ 願いたり
而して個魂 包み込む 肉の器のきずなから
解き離たれて完全に 個我の姿に戻るべし






chinnânya-dhîr adhigatâtma-gatir nirîhas
tat tatyaje 'cchinad idam vayunena yena
tâvan na yoga-gatibhir yatir apramatto
yâvad gadâgraja-kathâsu ratim na kuryât
23-12




は肉体にあらず〕との 不動のしんを得た彼は
あらゆる欲を捨て去りて 合一目指すヨーガでも
俗世の法も叡智さえ 彼にはすでに無縁なり
彼が望むは唯一の 主の神譚の聴聞ぞ









327

二十三章 プリトゥ王の帰融




evam sa vîra-pravarah
samyojyâtmânam âtmani
brahma-bhûto drdham kâle
tatyâja svam kalevaram
23-13




卓越したる英雄の なかで白眉はくびのプリトゥは
気息をいつに集中し 根源主なる至高者に
帰融する時 来たるのを 心静かに待ちうけり






sampîdya pâyum pârsnibhyâm
vâyum utsârayan chanaih
nâbhyâm kosthesv avasthâpya
hrd-urah-kantha-sîrsani
23-14




かかとによりて肛門を しかと押さえてその後に
気息いきととのえゆっくりと 上方に向け押し出すと
ほぞを通りて心臓に しばし留めてのどに上げ
やがて頭部とうぶに至りたり






utsarpayams tu tam mûrdhni
kramenâvesya nihsprhah
vâyum vâyau ksitau kâyam
tejas tejasy ayûyujat
23-15




斯くなる後に大王は そを肉体を構成す
五大元素に順序よく 浸透させて からみたる
物質欲を解き放ち 〔ふう〕を宇宙に拡散し
身体からだの中の〔〕要素を 宇宙に燃える〔〕要素に
混合させて同化どうかさす









328

二十三章 プリトゥ王の帰融




khâny âkâse dravam toye
yathâ-sthânam vibhâgasah
ksitim ambhasi tat tejasy
ado vâyau nabhasy amum
23-16




感覚器官〔エーテル(空)〕に 体液すべて〔すい〕のなか
相応ふさわしき場に分け入れり
五大元素の〔地〕を〔水〕に そして〔〕に入れ
ふう〕要素 やがて〔くう〕へと戻したり





indriyesu manas tâni
tan-mâtresu yathodbhavam
bhûtâdinâmûny utkrsya
mahaty âtmani sandadhe
23-17




然りし後に大王は 内部器官の一つなる
〔心〕五感に戻したり やがてそれらを造りたる
五大元素に引き上ぐと 三つのグナのもといなる
アハンカーラに引き上げて 初の具象化 タットヴァ(宇宙卵)
〔気息〕を同化 なされたり




tam sarva-guna-vinyâsam
jîve mâyâmaye nyadhât
tam cânusayam âtma-stham
asâv anusayî pumân
jnâna-vairâgya-vîrye na
svarûpa-stho 'jahât prabhuh
23-18







斯くて御主のマーヤーで 創造されし肉体を
智慧と勇気と離欲にて 消滅させし大王は
根源主なる主の分かれ 分魂(個我)として蘇えり











329

二十三章 プリトゥ王の帰融




arcir nâma mahâ-râjnî
tat-patny anugatâ vanam
sukumâry atad-arhâ ca
yat-padbhyâm sparsanam bhuvah
23-19




プリトゥ王の妻アルチ 軟弱にして優美なり
王妃としての運命さだめとて 経験したることもなき
素足で土を踏みながら 共に森へと入られり






atîva bhartur vrata-dharma-nisthayâ
susrûsayâ cârsa-deha-yâtrayâ
nâvindatârtim parikarsitâpi sâ
preyaskara-sparsana-mâna-nirvrtih
23-20




夫の苦行専一せんいつの 態度に倣い 従いて
リシと変わらぬ食をり いおりに暮らすアルチ妃は
常に夫と共にみ 共に修行に明け暮れる
この寂静の生活が まこと楽しく嬉しくて
心満たされ充実し 身の衰えはいとわざり





deham vipannâkhila-cetanâdikam
patyuh prthivyâ dayitasya câtmanah
âlaksya kincic ca vilapya sâ satî
citâm athâropayad adri-sânuni
23-21




世界をおさむ王であり 王妃の務め気遣いて
深き愛にて包みこみ 常に優しきわがつま
空蝉うつせみのごと 肉体を 脱ぎて〔至福〕に至りしに
気付きて王妃 驚けど すぐに彼女は立ち直り
小高き丘のいただきに まきを組み立てを造り
少し小さくなりたか?の 夫の身体からだ 横たえり








330

二十三章 プリトゥ王の帰融

  
  

vidhâya krtyam hradinî jalâplutâ
dattvodakam bhartur udâra-karmanah
natvâ divi-sthâms tridasâms trih parîtya
vivesa vahnim dhyâyatî bhartr-pâdau
23-22




為すべき儀式終えし後 川の水にて沐浴し
おっとの偉業 讃えつつ 両手でけし聖水を
捧げて供養行いぬ そしてそれらを見届けし
三千人の神々に 深く一礼したるのち
炉辺ろへんを右に三廻みまわりし 夫の御足みあし思いつつ
燃える葬火そうかに入りたり






vilokyânugatâm sâdhvîm
prthum vîra-varam patim
tustuvur varadâ devair
deva-patnyah sahasrasah
23-23




偉大な覇王はおうプリトゥの 貞淑ていしゅくな妻アルチ妃が
夫にじゅんじ火にるを 見たる多くの神々や
その妻たちは感嘆し 嵐の如き祝福を
王妃に向けて投げかけり





kurvatyah kusumâsâram
tasmin mandara-sânuni
nadatsv amara-tûryesu
grnanti sma parasparam
23-24




マンダラ山の頂上うえからは 花の吹雪が舞い散りて
神々たちが打ち鳴らす 楽器の響き とどろきぬ
神や婦人はお互いに 興奮したる面持おももち
王妃の行為 めそやす







331

二十三章 プリトゥ王の帰融




devya ûcuh
aho iyam vadhûr dhanyâ
yâ caivam bhû-bhujâm patim
sarvâtmanâ patim bheje
yajnesam srîr vadhûr iva
23-25





神の妻等は言いしなり
〈おおなんという見事さよ 御主の妻のラクシュミーが
夫に尽くすさまのごと 王の中でも最高の
傑出したるわがつま
すべてを理解 崇拝し 身をじゅんじたに 相違なし




saisâ nûnam vrajaty ûrdhvam
anu vainyam patim satî
pasyatâsmân atîtyârcir
durvibhâvyena karmanâ
23-26




おおごろうじろ プリトゥの 御跡みあと慕いしアルチ妃が
妾等われらを越して天上へ 昇りゆく…あの 華麗さを!
行い難き殉葬じゅんそうを せし彼女の貞節ていせつ
御主みすの喜び 得たるらん




tesâm durâpam kim tv anyan
martyânam bhagavat-padam
bhuvi lokâyuso ye vai
naiskarmyam sâdhayanty uta
23-27




死ぬる運命さだめの人類が 不老不死ふろうふしなる天国(ヴァイクンタ)
だれしも“う”は当たり前 然れど成就じょうじゅ 為し難く
瞬くうちに時 流れ 輪廻りんねふちに落ちるなり













332

二十三章 プリトゥ王の帰融




sa vancito batâtma-dhruk
krcchrena mahatâ bhuvi
labdhvâpavargyam mânusyam
visayesu visajjate
23-28




憐れなるかな人類よ 偉大な神の分魂の
おのれ自身を忘れ果て 市井しせいに在りて離欲をし
おこない難き苦行して 本質を知り解脱する
この絶好の人生を 感覚のみに気を取られ
むざむざのがす者たちは 王妃アルチをならうべし〉」




maitreya uvâca
stuvatîsv amara-strîsu
pati-lokam gatâ vadhûh
yam vâ âtma-vidâm dhuryo
vainyah prâpâcyutâsrayah
23-29






マイトレーヤは続けらる
「神々達の夫人等が 斯くの如くに誉めそやし
見守るなかをアルチ妃は 最高我なるクリシュナが
永久とわします理想郷 愛して止まぬ わがつま
到着したるうまさと ヴァイクンタなる楽園に
ついに到達いたしなり




ittham-bhûtânubhâvo 'sau
prthuh sa bhagavattamah
kîrtitam tasya caritam
uddâma-caritasya te
23-30




斯くの如くに強大な 力と品位持つ彼は
最高原主クリシュナを 深く崇拝することで
ついに解脱に至りたり 主に祝福を戴きし
プリトゥ王のそのすべて 今や仔細しさいに語りたり









333

二十三章 プリトゥ王の帰融




ya idam sumahat punyam
sraddhayâvahitah pathet
srâvayec chrnuyâd vâpi
sa prthoh padavîm iyât
23-31




この崇高で偉大なる 帰依心深き大王の
解脱に至る物語 心 鎮めて朗誦し
しかしてそれを聴く者は 王の辿たどりし道程どうてい
通りてついに解脱へと 到達するは定かなり




brâhmano brahma-varcasvî
râjanyo jagatî-patih
vaisyah pathan vit-patih syâc
chûdrah sattamatâm iyât
23-32




主の恩寵をち得たる プリトゥ王の業績を
踏襲とうしゅうしたるバラモンは 聖なる叡智えいち 獲得し
クシャトリヤなる階級は 偉大な王となりぬべし
再生族の下位なれど バイシャはたみおさとなり
労働者なるシュードラは 帰依献身のかがみなり





trih krtva idam âkarnya
naro nâry athavâdrtâ
aprajah suprajatamo
nirdhano dhanavattamah
23-33




プリトゥ王のこの説話
男女を問わず成人が 三度みたび 敬して聴くならば
子無きを嘆く既婚者が 良き子 沢山恵まれて
困窮したる生活は 富者ふしゃ 随一の暮らし向き











334

二十三章 プリトゥ王の帰融




aspasta-kîrtih suyasâ
mûrkho bhavati panditah
idam svasty-ayanam pumsâm
amangalya-nivâranam
23-34




人に知られることも無き 無名の者が有名に
愚鈍な者が英名に 斯くの如くに人間の
資質がすべて向上し 幸運そして成功が
思いのままに訪れん




dhanyam yasasyam âyusyam
svargyam kali-malâpaham
dharmârtha-kâma-moksânâm
samyak siddhim abhîpsubhih
sraddhayaitad anusrâvyam
caturnâm kâranam param
23-35







富をもたらし名を高め 長寿を与え 天界へ
上昇させてカリの世の 不浄を清め 徳積ませ
快楽求む欲求を 徹底的に捨離させて
人世ひとよに生きる目的の ダルマ アルタにカーマを得
更にモクシャを希求する 人間たちの渇望を
この物語聴くことで 必ず成就させるらん





vijayâbhimukho râja
srutvaitad abhiyâti yân
balim tasmai haranty agre
râjânah prthave yathâ
23-36




世界制覇を目論もくろみて いざ出陣!の帝王が
この物語 聴くならば 征服出来ぬ 王は無し
彼等はかつて王達が プリトゥ王に敗北し
こぞりて貢献した如く プリトゥカター(物語)学びたる
覇王はおうみつぎ 捧げんと 戦車の前に並ぶらん







335

二十三章 プリトゥ王の帰融




muktânya-sango bhagavaty
amalâm bhaktim udvahan
vainyasya caritam punyam
srnuyâc chrâvayet pathet
23-37




無垢で純なるプリトゥ王 最高神に献身し
深く帰依することにより この世の穢れ消滅し
ついに御主おんしゅに帰融せり 故に輪廻を超えたくば
敬虔にして高徳の 王の行跡ぎょうせき よく学び
讃えて朗誦ろうじゅ するべけれ





vaicitravîryâbhihitam
mahan-mâhâtmya-sûcakam
asmin krtam atimartyam
pârthavîm gatim âpnuyât
23-38




おおヴィドゥラよ 御身おんみから 請われし王の物語
今やすべてを語りたり 稀有で非凡な大王に
ならいて御跡みあと 追随し 一意専心 ぎょうずれば
必ず王の境域に 到達するは定かなり





anudinam idam âdarena srnvan
prthu-caritam prathayan vimukta-sangah
bhagavati bhava-sindhu-pota-pâde
sa ca nipunâm labhate ratim manusyah
23-39




如何なる人も常日頃 この大王の物語
清き心で拝聴し 人にも説いて聴かすなば
穢れ 執着全て消え 輪廻の海を超えてゆく
唯一ゆいつの船の主の御足みあし 必ず見出みだし 救われん」




第二十三章 終了



336