十九章 プリトゥ王の百馬供犠


第十九章【プリトゥ王の百馬供犠ひゃくばくぎ




maitreya uvaca
athadiksata raja tu
hayamedha-satena sah
brahmavarte manoh ksetre
yatra praci sarasvati
19-1





プリトゥ王はしかる後 馬供犠百回 起願して
スヴァーヤンブヴァ マヌの土地 サラスワティー(川)が東方に
流れを変える聖なる地 ブラフマーヴァルタで準備せり




tad abhipretya bhagavan
karmatisayam atmanah
sata-kratur na mamrse
prthor yajna-mahotsavam
19-2




プリトゥ王が百馬供犠ひゃくばくぎ 行ずる準備始めしを
聞き及びたるインドラ神 自己が行じし百回の
馬供犠のえをプリトゥが 超えるを危惧し 心中しんちゅう
穏やかならず 騒ぎたり




yatra yajna-patih saksad
bhagavan harir isvarah
anvabhuyata sarvatma
sarva-loka-guruh prabhuh
19-3




“百回馬供犠”ある時は 宇宙を維持すヴィシュヌ神
国民くにたみさち 願う神 万象ばんしょうべる神々が 祝賀に参加なさるなり
更に至上の喜びは 最高神が満足し 御姿みすがた顕現なさること
故にすべての神々が そに列席れっせきこいねが





259

十九章 プリトゥ王の百馬供犠


anvito brahma-sarvabhyam
loka-palaih sahanugaih
upagiyamano gandharvair
munibhis capsaro-ganaih
19-4




ブラフマー神やシヴァ神や 他の惑星の長たちを
伴なわれたる至上主が 到着される御様子を
ガンダルヴァやら アプサラス 偉大な聖者 聖仙が
こぞりて賛美 賞賛す





siddha vidyadhara daitya
danava guhyakadayah
sunanda-nanda-pramukhah
parsada-pravara hareh
19-5




シッダローカの住人や ヴィディヤーダラやダイティヤ等
ダーナヴァ グヒヤカ そしてまた スナンダ ナンダ 始めとす
クリシュナ神の従者等や 高貴で神智しんち けし者





kapilo narado datto
yogesah sanakadayah
tam anviyur bhagavata
ye ca tat-sevanotsukah
19-6




カピラや聖者ナーラダや ダッタトレーヤ そしてまた
ヨーガに熟達した聖者 四人のサナカ兄弟等
クリシュナ神の帰依者等が 御主おんしゅに仕えまつらんと
その場に参集なさるなり









260

十九章 プリトゥ王の百馬供犠


yatra dharma-dugha bhumih
sarva-kama-dugha sati
dogdhi smabhipsitan arthan
yajamanasya bharata
19-7




おおヴィドゥラよ かかる時 大地の女神 顕現し
乳牛となり この供犠に 必要なものそのすべて
有徳の者に搾乳しぼらせて 供犠の成就に尽くされり





uhuh sarva-rasan nadyah
ksira-dadhy-anna-go-rasan
taravo bhuri-varsmanah
prasuyanta madhu-cyutah
19-8




川の清らな流水は すべての味を含有し
ミルク カードやバターとか 椰子やしの実などが流れ来る
河畔に茂る樹木から 甘き樹液がしたたりて
れし果実の がたちぬ





sindhavo ratna-nikaran
girayo 'nnam catur-vidham
upayanam upajahruh
sarve lokah sa-palakah
19-9




堆積たいせきされし海底かいていの 金や財宝 波に載せ
たけ 岩は種類しゅるいの 珍味ちんみを王に捧ぐなり
そして他界の住者等も 守護者と共にプリトゥに
敬意を表し 参集す








261

十九章 プリトゥ王の百馬供犠


iti cadhoksajesasya
prthos tu paramodayam
asuyan bhagavan indrah
pratighatam acikarat
19-10




プリトゥ王はクリシュナを 根源主なる至上主と
しかと確信したことで 至高の富と繁栄を
おの手中しゅちゅうおさめたり
インドラ神はそのことを ねたむ思いに打ち勝てず
その栄光の妨害を くわだ其処そこに現れり





caramenasvamedhena
yajamane yajus-patim
vainye yajna-pasum spardhann
apovaha tirohitah
19-11




供犠を受け取る至上主を 満足させる百馬供犠
その有終ゆうしゅうの祭式で プリトゥ王が聖ハリに
深く拝せしその刹那せつな 嫉妬にかられインドラは
犠牲にきょうす最終の 馬を某所ぼうしょに隠したり





tam atrir bhagavan aiksat
tvaramanam vihayasa
amuktam iva pakhandam
yo 'dharme dharma-vibhramah
19-12




不正犯せし悪漢が 異教徒のごと服まと
錯乱さくらんしたる者のごと 急ぎて空を逃げゆくを
ご覧になりしアトリ仙 すぐインドラと見破らる






262

十九章 プリトゥ王の百馬供犠


atrina codito hantum
prthu-putro maha-rathah
anvadhavata sankruddhas
tistha tistheti cabravit
19-13




聖なる供犠を妨害し 父王の名をおとしめし
インドラ神に激怒した プリトゥ王の愛息あいそく
偉大な聖者アトリ師に 〈彼(インドラ神)を殺せ〉と促され
得意な戦車操りて 〈止まれ!止まれ!〉と叫びつつ
逃げるインドラ 追跡す




tam tadrsakrtim viksya
mene dharmam saririnam
jatilam bhasmanacchannam
tasmai banam na muncati
19-14




追いかけながらインドラの 姿を凝視ぎょうしした王子
乱れし髪はもつれ合い 灰で覆わる身体からだ見て
ふとシヴァ神を連想し 戦意が失せて しかるまま
祭式の場に帰りたり




vadhan nivrttam tam bhuyo
hantave 'trir acodayat
jahi yajna-hanam tata
mahendram vibudhadhamam
19-15




インドラ神を殺さずに 帰り来たりし王子見て
偉大な聖者アトリ仙 〈殺害せよ!!〉と強硬に
再度王子に命じらる
〈おおプリトゥの愛息よ 供犠を妨害する者は
インドラ神であろうとも 最低の神 不埒者ふらちもの
殺害されてしかるべし〉





263

十九章 プリトゥ王の百馬供犠


evam vainya-sutah proktas
tvaramanam vihayasa
anvadravad abhikruddho
ravanam grdhra-rad iva
19-16




斯くの如くに聖仙に 再度指示され王の息子
悪魔ラーヴァナ追いかけし ジャターユのごと勢いで
(ラーマーヤナ参照)
聖なる供犠を冒涜ぼうとくし 空を逃げ行くインドラを
逃すものかと追いかけり





so 'svam rupam ca tad dhitva
tasma antarhitah svarat
virah sva-pasum adaya
pitur yajnam upeyivan
19-17




インドラ神はそれを見て 偽装の服と 馬を捨て
空の彼方に消え失せり
いさおを挙げて祭場に 帰りし王子 その馬を
百の馬供犠を催行す 王に手渡し 安堵さす





tat tasya cadbhutam karma
vicaksya paramarsayah
namadheyam dadus tasmai
vijitasva iti prabho
19-18




おおヴィドゥラよ 若者(プリトゥ王の息子)
素晴らしきその功績を 称賛されし諸聖仙
ヴィジターシュヴァ(馬を取り返した者)との名をあた






264

十九章 プリトゥ王の百馬供犠


upasrjya tamas tivram
jaharasvam punar harih
casala-yupatas channo
hiranya-rasanam vibhuh
19-19




金のくさりで固定され 木冠もくかん(柱の最上部に付けた冠)付けし供犠柱
そにつながれし犠牲獣ぎせいじゅう インドラ神はりもせず
あたりを闇で包み込み 再び馬を奪い去る





atrih sandarsayam asa
tvaramanam vihayasa
kapala-khatvanga-dharam
viro nainam abadhata
19-20




それに気付きしアトリ仙 急ぎて逃げるインドラを
〈討て!〉と王子に促さる 王子は直ぐにあと追えど
インドラ神が手にしたる 頭蓋骨ずがいこつにて造られし
カトワーンガを目視すや(シヴァ神の象徴に敬意を表し)
追撃やめて 帰りたり




atrina coditas tasmai
sandadhe visikham rusa
so 'svam rupam ca tad dhitva
tasthav antarhitah svarat
19-21




然れど仙は強硬に インドラ神の追撃を
プリトゥの息子に促さる 王子は供犠の妨害を
卑劣な手段 とりてまで 執拗しつように繰り返す
インドラ神に激怒して 鋭き矢にてねらいたり
危険感じたインドラは 再び馬と衣裳捨て
おのれは其処そこに居ながらも 姿を消して隠れたり





265

十九章 プリトゥ王の百馬供犠


viras casvam upadaya
pitr-yajnam athavrajat
tad avadyam hare rupam
jagrhur jnana-durbalah
19-22




ほまれも高き王息おうそくは 再び馬を奪還だっかん
祭式の場に戻りたり
嫉妬に心奪われて 悪事たくらむインドラは
身をおおいたる異教徒の 衣服脱ぎ捨て のがれしが
知識とぼしき者たちは そを奪い合い 盗みたり



yani rupani jagrhe
indro haya-jihirsaya
tani papasya khandani
lingam khandam ihocyate
19-23




インドラ神であろうとも 馬供犠の馬をかすめんと
神をおそれぬ重罪を 犯す意思にて着た服は
〔不敬不遜〕の象徴ぞ そを手に入れし者達は
更に無明が深まらん



evam indre haraty asvam
vainya-yajna-jighamsaya
tad-grhita-visrstesu
pakhandesu matir nrnam
dharma ity upadharmesu
nagna-rakta-patadisu
prayena sajjate bhrantya
pesalesu ca vagmisu
19-24・25










馬供犠 妨害なさんとて 馬を盗みしインドラは
王の息子に攻められて 馬と衣類を放棄せり
その服拾い身に着けし 者等に悪が侵食し
ダルマ規範にそむきたる 赤き襤褸らんるを身にまと
異形いぎょうが語る教説に 次第に魅惑されていき
誤謬ごびゅうの説と真理との 識別心を失くすなり



266

十九章 プリトゥ王の百馬供犠


tad abhijnaya bhagavan
prthuh prthu-parakramah
indraya kupito banam
adattodyata-karmukah
19-26




剛勇誇ごうゆうほこるプリトゥ王 インドラ神の行動を
聞くや烈火の如く燃え 直ぐさま弓と矢を取りて
出撃せんとなされたり




tam rtvijah sakra-vadhabhisandhitam
vicaksya duspreksyam asahya-ramhasam
nivarayam asur aho maha-mate
na yujyate 'tranya-vadhah pracoditat
19-27




怒りの形相ぎょうそうすざまじく インドラ神を殺さんと
弓に矢を継ぐ大王を はべる祭官 押しとど
斯くの如くに申したり 〈おお大王よ この度の
聖なる馬供犠催行に 捧ぐ犠牲は聖典で
定められたるけもののみ その他の者の殺戮さつりく
神が赦さることはなし 沈着怜悧れいり 世に聞こゆ
王よ心を静めあれ




vayam marutvantam ihartha-nasanam
hvayamahe tvac-chravasa hata-tvisam
ayatayamopahavair anantaram
prasahya rajan juhavama te 'hitam
19-28




馬供犠の破壊 くわだてる インドラ達(マルト神群)を許さじと
激怒されたる大王よ 王の御手おんてけがさずも
(バラモン)が修得いたしたる 呪詛じゅそでインドラ召喚しょうかん
吾が火中に投げ入れて 供犠の供物と致すらん〉




267

十九章 プリトゥ王の百馬供犠


ity amantrya kratu-patim
vidurasyartvijo rusa
srug-ghastan juhvato 'bhyetya
svayambhuh pratyasedhata
19-29




プリトゥ王が主催する 供犠の破壊者インドラに
怒り燃やせし祭官が 呪詛でインドラ呼び出して
火中に投じ供犠せんと 手に持つ柄杓ひしゃく 握りしめ
いざ始めんとした刹那せつな ブラフマー神が現れて
それを御留おとどめなされたり




na vadhyo bhavatam indro
yad yajno bhagavat-tanuh
yam jighamsatha yajnena
yasyestas tanavah surah
19-30




ブラフマー神は申されり
〈インドラ神や眷族けんぞく(この場合はマルト神群)
殺すことなど出来得無し 如何いかんとならばインドラは
御主みすの一部の顕現ぞ 供犠を受け取る御方おんかた
その御方の一部分 切り取り供犠を捧ぐとは
まこと笑止しょうしなことなりき




tad idam pasyata mahad-
dharma-vyatikaram dvijah
indrenanusthitam rajnah
karmaitad vijighamsata
19-31




ブラーフマナ(バラモン)よ見るがいい
王の捧げる百馬供犠 ダルマ規範に違反して
妨害せんとインドラの 為せる行為の行くすえ






268

十九章 プリトゥ王の百馬供犠


prthu-kirteh prthor bhuyat
tarhy ekona-sata-kratuh
alam te kratubhih svistair
yad bhavan moksa-dharma-vit
19-32




おおプリトゥよそれ故に 百の馬供犠をこの度は
九十九回くじゅうくかいとどめあれ 此度こたび御身おみの大供犠は
ダルマ規範を心得る 神の評価を大いに得
多大な称賛受けし故 解脱の時期が早まらん




naivatmane mahendraya
rosam ahartum arhasi
ubhav api hi bhadram te
uttamasloka-vigrahau
19-33




事実 此度こたびの騒動は 天界の王インドラの
するべきわざで無かりけり 御身が激怒することは
当然であり至極しごくなり されど心に置きたまえ
御身様方おみさまがた二方ふたかたは 祝福されし吉兆の
最高神の化身なり





masmin maharaja krthah sma cintam
nisamayasmad-vaca adrtatma
yad dhyayato daiva-hatam nu kartum
mano 'tirustam visate tamo 'ndham
19-34




おお大王よ今までの 葛藤すべて忘られよ
しかして吾の語ること しかと聴き留め沈思して
深き神意をつかまれよ インドラ神の妨害の
表面だけに捉われて いつも記憶にとどむなば
怒りの思いたかぶりて 無明の闇に落ちるらん






269

十九章 プリトゥ王の百馬供犠


kratur viramatam esa
devesu duravagrahah
dharma-vyatikaro yatra
pakhandair indra-nirmitaih
19-35




おおプリトゥよこの供犠は 百に届かぬこの回で(99回)
中止するのがよろしかろう クシャトリヤなる御身おんみゆえ
天の神なるインドラと 肩並べるを遠慮して
インドラ神が腹癒はらいせに 撒き散らしたる異教種を
刈り取り ダルマ教える(法令遵守)が 今のそなたの務めなり




ebhir indropasamsrstaih
pakhandair haribhir janam
hriyamanam vicaksvainam
yas te yajna-dhrug asva-mut
19-36




天の神なるインドラが 悪のみたる衣服 棄て
それを拾いし人々に さも楽し気な異教徒の
教え 浸透させた上 まどわせしこの罪深き
さまを見届くプリトゥよ ダルマ遵守の正当を
国民くにたみひろむべし




bhavan paritratum ihavatirno
dharmam jananam samayanurupam
venapacarad avaluptam adya
tad-dehato visnu-kalasi vainya
19-37




おお偉大なるプリトゥよ 最高神の一部なる
御身おんみが肉のうつわ持ち この世に誕生いたせしは
ヴェーナの如き悪行あくぎょうを この世界から払拭ふっしょく
規定されたる法則(ダルマ)を 時や事情に照合し
生きる人等が如何様いかように 遵守すべきか導きて
良き人の世を造るため



270

十九章 プリトゥ王の百馬供犠


sa tvam vimrsyasya bhavam prajapate
sankalpanam visva-srjam pipiprhi
aindrim ca mayam upadharma-mataram
pracanda-pakhanda-patham prabho jahi
19-38




万象のはえ つかさどり 生きる者等の守護神よ
宇宙創造されし主の 御意志によりてこの穢土えど
誕生されし御方おかたゆえ インドラ神に由来する
幻想によるよこしまな 異端の教え断ち切りて
ダルマのしるべ 立てるべし〉」



maitreya uvaca
ittham sa loka-guruna
samadisto visampatih
tatha ca krtva vatsalyam
maghonapi ca sandadhe
19-39





マイトレーヤは述べられり
「斯くの如くにプリトゥは 宇宙の教師ブラフマーに
こと こまやかに指示さると 人々の長 王として
如何にすべきか熟慮され インドラ神に対しても
敬愛の情 示しつつ 忌憚きたんなき意を述べらると
インドラ神も王の意を よくとりりょうとさる





krtavabhrtha-snanaya
prthave bhuri-karmane
varan dadus te varada
ye tad-barhisi tarpitah
19-40




プリトゥ王は然るのち 供犠の最後の沐浴を
済ませて祭祀 終えられり 神々たちも満足し
有徳の王に祝福と 恩寵の品 与えらる





271

十九章 プリトゥ王の百馬供犠


viprah satyasisas tustah
sraddhaya labdha-daksinah
asiso yuyujuh ksattar
adi-rajaya sat-krtah
19-41




偉大な王にあがめられ 多くの謝礼贈られて
ブラーフマナは満足し おおヴィドゥラよ斯くのごと
王を祝福いたしたり





tvayahuta maha-baho
sarva eva samagatah
pujita dana-manabhyam
pitr-devarsi-manavah
19-42




〈おお偉大なる武士もののふよ 御身おんみの供犠の招待で
ピトリローカの住人や 神々 聖者 聖仙や
俗世に住まう人間の 斯くも多くが参集し
御身の慈悲を讃うなり おお徳高き大王に
<幸多かれ>と祝福す〉」




第十九章 終了









272