十章 神譚詩が語る十種の主題


第十章【神譚詩が語る十種の主題】





s'rî-s'uka uvâca
atra sargo visargas' ca
sthânam poshanam ûtayah
manvantares'ânukathâ
nirodho muktir âs'rayah
10-1





【栄えあるシュカは語られり】
「このプラーナで語られる 主題は以下の如くなり
サルガ ヴィサルガ スターナと
ポーシャナ ウーティ マンヴァンタラ
イーシャーヌカター ニローダと
ムクティそして アーシュラヤ
これら十種の命題を 順次そなたに語るらん





Das'amasya vis'uddhy-artham
navânâm iha lakshanam
varnayanti mahâtmânah
s'rutenârthena cân'jasâ
10-2




傑出けっしゅつしたる聖者らは 斯くの如くに申されり
「初めに教示きょうじなされたる 九項目の特徴は
このプラーナを聴聞し その真髄しんずい希求ききゅうして
〔アーシュラヤ〕なる第十の 正しき叡智 得るため」と














119

十章 神譚詩が語る十種の主題


bhûta-mâtrendriya-dhiyâm
janma sarga udâhritah
brahmano guna-vaishamyâd
visargah paurushah smritah
10-3




多様な姿 意図いとされて プラクリティの均衡きんこう
破りし御主みすの御意思にて 転変てんぺんしたるマハトから
ブッディー(識別)そして自意識の アハンカーラやトリグナで
創りだされし諸要素(粗大元素.微細元素.インドリヤ.マナス)
〔サルガ〕と名付け 述べ聴かせ ブラフマー神の被造物ひぞうぶつ
そは〔ヴィサルガ〕と呼ばるなり




sthitir vaikunthha-vijayah
poshanam tad-anugrahah
manvantarâni sad-dharma
ûtayah karma-vâsanâh
10-4




主が創られしサルガでは すべてを御主みす掌握しょうあく
そを〔スターナ〕(スティーティ=主の勝利)と呼ばうなり
御主みすから賜う厚き庇護ひご その恩寵が〔ポーシャナ〕ぞ
規律正しきマヌの期を 〔マンヴァンタラ〕と呼びらし
行為の香菓かく希求ききゅうする 心に潜む欲望を
〔ウーティ〕の名で呼ばるなり




avatârânucaritam
hares' câsyânuvartinâm
pumsâm îs'a-kathâh proktâ
nânâkhyânopabrimhitâh
10-5




聖クリシュナが化身され その一連いちれん御事績ごじせき
それに従う帰依者らの 様々さまざまな物語
〔イーシャヌカター〕と名付けらる






120

十章 神譚詩が語る十種の主題


nirodho s'yânus'ayanam
âtmanah saha s'aktibhih
muktir hitvânyathâ rûpam
sva-rûpena vyavasthitih
10-6




宇宙が帰滅する時に 個我(ジーヴァ)御主おんしゅ恩恵おんけい
吸気と共にはいりこむ そを〔ニローダ〕と言いしなり
そして個魂ここんのジーヴァーが 虚妄きょもうの姿(自己と肉体との同一視)放棄して
おのが姿(梵我一如)の真実を 悟りしときが〔解脱〕(ムクティ)なり





âbhâsas' ca nirodhas' ca
yato 'sty adhyavasîyate
sa âs'rayah param brahma
paramâtmeti s'abdyate
10-7




宇宙創造 維持 そして 破壊に至る道程みちのり
全て幻出げんしゅつされる方 そを〔アーシュラヤ〕と呼ばうなり
傑出けっしゅつされしその方を 最高原理ブラフマン
パラマートマー 太霊と 呼び名をつけてたたうなり





yo 'dhyâtmiko 'yam purushah
so 'sâv evâdhidaivikah
yas tatrobhaya-vicchedah
purusho hy âdhibhautikah
10-8




最高神のぶんこん(ジーヴァ)を 〔アヂャートミカ〕と称すなり
器官(感覚.行為器官)を制す神々は 〔アディダイヴィカ〕と呼ばるなり
斯く分離せる二要素の 感官をもつ肉体を ジーヴァの容器 とて用いられ
〔アーディバウティカ〕と呼びしなり







121

十章 神譚詩が語る十種の主題


ekam ekatarâbhâve
yadâ nopalabhâmahe
tritayam tatra yo veda
sa âtmâ svâs'rayâs'rayah
10-9




(ジーヴァ)感官かんかん(肉体=器) その維持者いじしゃ(支配神)
いずれか一つ欠けたれば 御主おんしゅ知覚ちかく) 出来得できえなし
これら三者が在りてこそ 至上の御主みす(アーシュラヤ)に達すなり
万象ばんしょうぬし 御主おんしゅこそ 吾が身を託すアーシュラヤ(避難場所)  




purusho 'ndam vinirbhidya
yadâsau sa vinirgatah
âtmano 'yanam anvicchann
apo 'srâkshîc chucih s'ucîh
10-10




唯一者(根原主)より分割わけられし
純粋意識(プルシャ)とプラクリティ(根本原質)
その開展かいてんで生まれたる 
らんとなられしヴィシュヌ神(マハーヴィシュヌ)
それ(黄金の宇宙卵)を出でたるその時に 休息の場を探されり
そして創造されたのが 聖なる清き水(原水)なりき





tâsv avâtsît sva-srishthâsu
sahasram parivatsarân
tena nârâyano nâma
yad âpah purushodbhavâh
10-11




御身自身おんみじしんが創られて 休息されしその場所(水上)
しゅはそののちの千年を そのままそこで眠られり
故に御主おんしゅ御名おんみな
〔ナーラーヤナ〕(ナーラ=水.に住む者)名付なづくなり





122

十章 神譚詩が語る十種の主題


dravyam karma ca kâlas' ca
svabhâvo jîva eva ca
yad-anugrahatah santi
na santi yad-upekshayâ
10-12




物質要素 そしてまた
カルマ(行為)に カーラ(時) スワバーヴァ(本質)
主の分身のジーヴァ(個魂)は 主の恩寵で存在す
その恩遇おんぐうが得られずば 消滅するはさだかなり





eko nânâtvam anvicchan
yoga-talpât samutthitah
vîryam hiranmayam devo
mâyayâ vyasrijat tridhâ
10-13




静態せいたいの眠り(ヨーガニドラー)から 目覚められたる至上主は
唯一ただひとつなるおのが身の 多様な姿 求められ
主のエネルギー マーヤーを 思うがままに駆使くしされて
光り輝く御身体おからだ(黄金の宇宙卵)を 三つに分割なされたり





adhidaivam athâdhyâtmam
adhibhûtam iti prabhuh
athaikam paurusham vîryam
tridhâbhidyata tac chrinu
10-14




唯一ゆいいつである至上主の 光り輝く御身体おからだ
アディダイヴァ(器官の支配神)と アヂャートマ(個魂=ジーヴァ)
アディブータ(生類)三様さんように 分割されしその方途ほうと(方法)
今から御身おみ(パリークシット国王)に語るゆえ とくと聴聞なさるべし






123

十章 神譚詩が語る十種の主題


antah s'arîra âkâs'ât
purushasya viceshthatah
ojah saho balam jajn'e
tatah prâno mahân asuh
10-15




しゅ(黄金の宇宙卵)御身体おからだの内部から
オージャス サハス バラという
三つの力 生み出さる
しこうしてのち 至上主は その三力さんりきを統合し
生命せいめいもと プラーナを 創出そうしゅつされてもちいらる





anuprânanti yam prânâh
prânantam sarva jantushu
apânantam apânanti
nara-devam ivânugâh
10-16




王の従者の全員が 王の指令にふくすごと
生類しょうるいは皆 プラーナが 活動すれば 活動し
そのプラーナが活動を めればすべて まるなり





prânenâkshipatâ kshut trid
antarâ jâyate vibhoh
pipâsato jakshatas' ca
prân mukham nirabhidyata
10-17




自由自在に闊達かったつに 激しく動くプラーナに
刺激されたる宇宙体 飢えと渇きを覚えらる
<そをいやさん>とされし時 主に口腔こうこう(口)が生じたり










124

十章 神譚詩が語る十種の主題


mukhatas tâlu nirbhinnam
jihvâ tatropajâyate
tato nânâ-raso jajn'e
jihvayâ yo 'dhigamyate
10-18




その口からは口蓋こうがい(上あご)が  しかして舌が生じたり
それらによりて様々な あじを味わう能力の
味覚器官が顕われり





vivakshor mukhato bhûmno
vahnir vâg vyâhritam tayoh
jale caitasya suciram
nirodhah samajâyata
10-19




しゅはそれまでの長きを 水の上にてりたまい
深き静寂しじま只中ただなかで 静態せいたいを過ごされり
御主みすが<御言葉ことばを発せん>と 意図いとなされたるその時に
その御口おくちから火の神と 言葉が共に発せらる





nâsike nirabhidyetâm
dodhûyati nabhasvati
tatra vâyur gandha-vaho
ghrâno nasi jighrikshatah
10-20




 うちよりプラーナ 噴出ふんしゅつし 鼻孔びこう一対いっつい 生まれ出で
ここに呼吸が始まりぬ
鼻で<匂いを嗅ぎたし>の 意図を持たれしその時に
風に乗りたる芳香が 主に嗅覚きゅうかくをもたらせり









125

十章 神譚詩が語る十種の主題


yadâtmani nirâlokam
âtmânam ca didrikshatah
nirbhinne hy akshinî tasya
jyotis' cakshur guna-grahah
10-21




常夜とこよの闇に包まれし 宇宙に在りて至上主は
己が姿や他の姿 <見たし>のきざし感じらる
その瞬間についの眼が 御主みすのお顔に穿うがたれり
しこうして眼と太陽(視覚.2-1-30参照)で 物質界を認知さる





bodhyamânasya rishibhir
âtmanas taj jighrikshatah
karnau ca nirabhidyetâm
dis'ah s'rotram guna-grahah
10-22




原水げんすい上にまどろまる 主を起こさんと聖者らは
御主みすの讃歌をうたいたり
<聞き取らん>とのしゅの御意思 きざせし刹那せつな 一対いっつい
外耳みみ(音の方向感の認知)聴道ちょうどう(聴覚) 現出げんしゅつ
しかして御主みすは方角や 音声すべて認知さる





vastuno mridu-kâthhinya-
laghu-gurv-oshna-s'îtatâm
jighrikshatas tvan nirbhinnâ
tasyâm roma-mahî-ruhâh
tatra cântar bahir vâtas
tvacâ labdha-guno vritah
10-23







そして御主おんしゅ物象ぶっしょうの 硬柔こうじゅう 軽重けいちょう 寒暖かんだん
<体感したし>の 御思念ごしねんが え出でし時 一瞬に
皮膚が御主おんしゅを包みこみ そこに体毛たいもう 生えしなり
そしてグナより創られし タンマートラが開展かいてん
しょく(微細体) ふう(五大元素) 触覚しょっかく(感覚能力) 生じたり


126

十章 神譚詩が語る十種の主題


hastau ruruhatas tasya
nânâ-karma-cikîrshayâ
tayos tu balavân indra
âdânam ubhayâs'rayam
10-24




宇宙の起原 創造神 <行為なさん>と意図さるや
即座に両手 生じたり
そして偉大な力 持つ インドラ神(腕.2-1-29参照)と両の手の
その両方に依存ることで 
つか(捕捉する操作器官)行為が生まれたり





gatim jigîshatah pâdau
ruruhâte 'bhikâmikâm
padbhyâm yajn'ah svayam havyam
karmabhih kriyate nribhih
10-25




宇宙の御主みすが<動かん>と ほっせられたる瞬間に
二本の足が生じたり
斯くて御主おんしゅに捧ぐべき 供物調達くもつちょうたつするための
人々の足 創られり





nirabhidyata s'is'no vai
prajânandâmritârthinah
upastha âsît kâmânâm
priyam tad-ubhayâs'rayam
10-26




連綿れんめんとしてせいぐ <子孫を得ん>と意図されし
まさにその時 創始者に 男性性器 生じたり
斯くて御主おんしゅしゅ(男性)たい(女性)の 目合まぐわ(性交)ことで双方に
甘露(アムリタ)のごとき喜びが 得られることになされたり






127

十章 神譚詩が語る十種の主題


utsisrikshor dhâtu-malam
nirabhidyata vai gudam
tatah pâyus tato mitra
utsarga ubhayâs'rayah
10-27




たいまりし不浄物 <放棄したき>と意図さるや
それらの物を出すために まさに肛門 穿うがたれり
しこうしてのち人間は 放棄したしの感覚(感覚器官)
排泄(行為)器官の両方に 依りて生命いのち(プラーナ)たすくなり





âsisripsoh purah puryâ
nâbhi-dvâram apânatah
tatrâpânas tato mrityuh
prithaktvam ubhayâs'rayam
10-28




宇宙に在りし創始者が より良きほかの乗り物(器)
<移動したき>と望まるや ほぞのくぼみが生じたり
斯くてほぞにはアパーナ(出息.吸気)と 
そを絶つ神が生まれけり
この両方が相俟あいまちて 生と死界を分つなり




âditsor anna-pânânâm
âsan kukshy-antra-nâdayah
nadyah samudrâs' ca tayos
tushthih pushthis tad-âs'raye
10-29




宇宙の始原 創造神 <食物うけと飲み物 欲する>や
腹腔ふくこう(胃.腸.肝臓.膵臓.腎臓.脾臓.膀胱など)と腸 
脈管みゃくかん(体液を通す管の総称)
瞬時に形作かたちづくられて 海(腹腔と腸)と河(脈管)との両方に
依りて豊かな飲食いんしょくを 受け取る幸を与えらる




128

十章 神譚詩が語る十種の主題


nididhyâsor âtma-mâyâm
hridayam nirabhidyata
tato manas' candra iti
sankalpah kâma eva ca
10-30




しゅが御自身のマーヤーを <熟慮じゅくりょしたし>と意図いとさるや
主の胸奥きょうおうにフリダヤ(未顕現なる御主の座)が  忽然こつぜんとして顕われり
マナス(インドリヤの司令塔)の意志(サンカルパ)と欲望(カーマ)
そして情緒じょうちょげつりんが しゅ御胸みむね(フリダヤ)より出現す





tvak-carma-mâmsa-rudhira-
medo-majjâsthi-dhâtavah
bhûmy-ap-tejomayâh sapta
prâno vyomâmbu-vâyubhih
10-31




五大元素の〔〕〔すい〕〔〕が
表皮ひょうひ 真皮しんぴと肉や血と そして脂肪とずいや骨
七つの要素 生み出して その身体しんたいを構成し
生命力なるプラーナは 〔くう〕〔すい〕〔ふう〕で生ずなり





gunâtmakânîndriyâni
bhûtâdi-prabhavâ gunâh
manah sarva-vikârâtmâ
buddhir vijn'âna-rûpinî
10-32




全能の主が転変てんぺんし 創りだされしマハトから
創造されしかく(ブッディ)自我じが(アハンカーラ)
自我(アハンカーラ)より生まるトリグナ(サットヴァ・ラジャス・タマス)
タマスさがなるインドリヤ(感覚器官と行為器官)
それを制すはブッディの 理知より生まるマナスなり






129

十章 神譚詩が語る十種の主題


etad bhagavato rûpam
sthûlam te vyâhritam mayâ
mahy-âdibhis' câvaranair
ashthabhir bahir âvritam
10-33




壮大にして偉大なる 主の御姿みすがた(宇宙卵)をこの吾は
御身おんみにすべて語りたり
その外側をおおうのは 地 水 火 風とエーテル(空)
アハンカーラ(自我意識)とマハットヴァ(大=覚=ブッディ) 
プラクリティ(根本原質)の八層ぞ





atah param sûkshmatamam
avyaktam nirvis'eshanam
anâdi-madhya-nidhanam
nityam vân-manasah param
10-34




この御姿みすがたの内にある 非具象ひぐしょうにして 無属性むぞくせい
始めが無くて終わりなく その中間ちゅうかんもさらに無く
マナスや言葉(具象)届き得ぬ 遠き常世とこよにおすのは
幽玄ゆうげんにして微細びさいなる 原初げんしょの神であらせらる





amunî bhagavad-rûpe
mayâ te hy anuvarnite
ubhe api na grihnanti
mâyâ-srishthe vipas'citah
10-35




斯くのごとくに吾は今 壮大にして微細なる
主の御姿みすがたを国王に 事 こまやかに述べしなり
しかれどもこの両方(壮大.微細)
主がマーヤーを駆使くしされて 創造されしものゆえに
そを熟知じゅくちする賢者らは 姿(具象)を主とは認めざり




130

十章 神譚詩が語る十種の主題


sa vâcya-vâcakatayâ
bhagavân brahma-rûpa-dhrik
nâma-rûpa-kriyâ dhatte
sakarmâkarmakah parah
10-36




非具象ひぐしょう不滅ふめつの至上主が 言うべきことを話すべく
ブラフマー神の姿り 名前と姿 行動を 
具象の界に示されり
ああ然れども国王よ 超絶的な至上主は
これらのものにいささかも 影響受けることはなし





prajâ-patîn manûn devân
rishîn pitri-ganân prithak
siddha-cârana-gandharvân
vidyâdhrâsura-guhyakân

kinnarâpsaraso nâgân
sarpân kimpurushân narân
mâtri rakshah-pis'âcâms' ca
preta-bhûta-vinâyakân

kûsmândonmâda-vetâlân
yâtudhânân grahân api
khagân mrigân pas'ûn vrikshân
girîn nripa sarîsripân

dvi-vidhâs' catur-vidhâ ye 'nye
jala-sthala-nabhaukasah
kus'alâkus'alâ mishrâh
karmanâm gatayas tv imâh
10-37・38・39・40


























プラジャパティ(造物主)や マヌ(人類の始祖)そして
天上界の神々や 聖仙たちや祖霊群
シッダ(魔術者)チャーラナ(天上の役者) ガンダルヴァ(天界の音楽士)
ヴィディヤーダラ(半神の一種)や アスラ(悪魔)たち
グヒヤカ(ヤクシャ) キンナラ(楽人) アプサラス(天女・妖精)
ナーガ(蛇族)や 蛇や キンプルシャ(妖精)
ナラ(人類) マートリ(女神たち)や ラクシャス(魔物)
死霊しりょう(プレータ) 亡霊ぼうれい(ブータ・ヴィナーヤカ) 悪魔族(ピシャーチャ)






131

十章 神譚詩が語る十種の主題

悪魔(クースマーンダ) 狂人きょうじん(ウンマーダ) ヴェーターラ(悪魔)
ヤートゥダーナ(悪霊) グラハ(魔物)など
鳥類 野獣 家畜 樹木きぎ 山々そして爬虫類
動かざるもの 動くもの この二種類の生き物や
胎生たいしょう 卵生らんしょう 湿生しっしょうや 化生けしょうと言わる生れ(四生ししょう)でも
そして水中 地の上や そらのいずれに住もうとも
善と悪またその混合 いずれの場所に生きようと
それら全ては ああ王よ 個我(ジーヴァ)辿たどりし過去世での
行為(カルマ)香菓かく(結果)の顕れぞ





sattvam rajas tama iti
tisrah sura-nri-nârakâh
tatrâpy ekaikas'o râjan
bhidyante gatayas tridhâ
yadaikaikataro 'nyâbhyâm
sva-bhâva upahanyate
10-41






パリークシット国王よ 輪廻転生する個我(ジーヴァ)
その本来の特質が 三つのグナの属性ぞくせい(善.激.暗)
如何に影響されたかで 神々かまた人類か
はたまた地獄の住人か その出生しゅっしょうが決まるなり




sa evedam jagad-dhâtâ
bhagavân dharma-rûpa-dhrik
pushnâti sthâpayan vis'vam
tiryan-nara-surâdibhih
10-42




根本原主クリシュナは 全ての界を維持せんと
動物 人間 神々の 姿をりて化身さる
しかしてダルマ(法則)制定し 種々の御事績ごじせき 顕わさる
斯くて御主おんしゅは意のままに 宇宙を保持し把捉はそくさる



132

十章 神譚詩が語る十種の主題


tatah kâlâgni-rudrâtmâ
yat srishtham idam âtmanah
sanniyacchati tat kâle
ghanânîkam ivânilah
10-43




御自おんみずからが意図されて 創造されしこの宇宙
〔時〕至りなば始原主は
厚き黒雲くろくも 吹き払う 嵐の神(ヴァーユ神)のさまのごと
破壊の神(ルドラ=シヴァ神)の姿とり 宇宙絶滅なさるらん  





ittham-bhâvena kathito
bhagavân bhagavattamah
nettham-bhâvena hi param
drashthum arhanti sûrayah
10-44




斯くの如くに至上主の 卓越したる御姿みすがた
御身おみ熟々つらつら語りしが
主を心眼しんがんで拝観す まこと優れし聖者らは
かる御主おんしゅ御事績ごじせきに る事は無かりけり





nâsya karmani janmâdau
parasyânuvidhîyate
kartritva-pratishedhârtham
mâyayâropitam hi tat
10-45




かかるすぐれし聖者等は 宇宙うちゅう創始そうし具象化ぐしょうか
根原主なる至上主の 所為しょい(行為)に非ずと熟知じゅくちせり
故に御主おんしゅの本質を 秘してまどわすマーヤーを
賢者は常に否定する  







133

十章 神譚詩が語る十種の主題


ayam tu brahmanah kalpah
savikalpa udâhritah
vidhih sâdhârano yatra
sargâh prâkrita-vaikritâh
10-46




吾がそなたに語りたる 宇宙創始と絶滅は
ブラフマー神の1日(昼日=1カルパ)と
マハーカルパ(ブラフマー神の一生)のことなりき
プラクリティが転変てんぺんし 創りだされし〔サルガ〕でも
その創造と絶滅の 手法はすべて同じなり




parimânam ca kâlasya
kalpa-lakshana-vigraham
yathâ purastâd vyâkhyâsye
pâdmam kalpam atho s'rinu
10-47




〔時〕の長さやそしてまた 〔カルパ〕(劫)の個々の形態を
すべて語りて聴かすらん はてさて先ずは国王に 
パードマカルパ(紅蓮華カルパ)に関してを
つぶさにお話しいたすべし」




s'aunaka uvâca
yad âha no bhavân sûta
kshattâ bhâgavatottamah
cacâra tîrthâni bhuvas
tyaktvâ bandhûn sudustyajân
10-48





シャウナカは斯く申したり 「おおスータ師よ 吾たちに
主の最高の帰依者なる ヴィドゥラにつきて語られよ
捨て去りがた親族しんぞくの 愛のきずなを打ち払い
ひとり故郷を旅立ちて 何故なぜに聖地を巡りしや









134

十章 神譚詩が語る十種の主題


kshattuh kaus'âraves tasya
samvâdo 'dhyâtma-sams'ritah
yad vâ sa bhagavâms tasmai
prishthas tattvam uvâca ha
brûhi nas tad idam saumya
vidurasya viceshthitam
bandhu-tyâga-nimittam ca
yathaivâgatavân punah
10-49・50









マイトレーヤ(クシャールの息子)は その彼に
至高の御主みすの本質を 問われて如何に説きたるや
親族うからえにし 絶ち切りて 故郷ふるさと 捨てしその理由りゆう
そして再び帰郷かえりしは 如何なる理由わけがありたるや
おおスータ師よ 我々に ヴィドゥラにつきて語られよ」




sûta uvâca
râjn'â parîkshitâ prishtho
yad avocan mahâ-munih
tad vo 'bhidhâsye s'rinuta
râjn'ah pras'nânusâratah
10-51





≪聖仙スータ語られる≫
パリークシット国王も かつて聖なる シュカ仙に
斯くの如くに問われたり
それにこたえて説かれたる 聖仙シュカの応答おうとう
吾 今 まさに伝えなん とくと聴聞なさるべし



第十章 終了









135