十章 ドゥルヴァ王とヤクシャの戦い


第十章【ドゥルヴァ王とヤクシャの戦い】




maitreya uvaca
prajapater duhitaram
sisumarasya vai dhruvah
upayeme bhramim nama
tat-sutau kalpa-vatsarau
10-1





マイトレーヤは述べられり 「ドゥルヴァ王はその後に
プラジャーパティ(シシュマーラ)の娘なる ブフラミ姫を娶りたり
そして夫妻の間には 二人の息子(カルパとヴァトサラ)誕生す




ilayam api bharyayam
vayoh putryam maha-balah
putram utkala-namanam
yosid-ratnam ajijanat
10-2




更に益荒男ますらおドゥルヴァは ヴァーユ(風神)の娘 娶りたり
しかして二人の間から ウトカラという令息と
宝石のごと美しき 娘が誕生したるなり




uttamas tv akrtodvaho
mrgayayam baliyasa
hatah punya janenadrau
tan-matasya gatim gata
10-3




義理の弟ウッタマは まだ結婚もせぬうちに
ヒマラヤ山へ狩りに行き 強きヤクシャに殺されり
母のスルチも後追いて 山に入りて死に至る






148

十章 ドゥルヴァ王とヤクシャの戦い


dhruvo bhratr-vadham srutva
kopamarsa-sucarpitah
jaitram syandanam asthaya
gatah punya janalayam
10-4




兄弟の死を聞き知ると ドゥルヴァは悲憤ひふん 激怒して
勝利導く吉兆の 二輪車に即 飛び乗ると
ヤクシャが住む集落しゅうらくを 目指して出撃なされたり



gatvodicim disam raja
rudran ucara-sevitam
dadarsa himavad-dronyam
purim guhyaka-sankulam
10-5




北に向かいしドゥルヴァ王 やがてルドラの従者等が
住む城塞じょうさいを見つけらる そのヒマラヤのとりでには
グヒヤカ(ヤクシャ)たちも住まいたり



dadhmau sankham brhad-bahuh
kham disas canunadayan
yenodvigna-drsah ksattar
upadevyo 'trasan bhrsam
10-6




“武勇”で名を成すドゥルヴァの 太きかいなで法螺貝が
大空に向け高々と 吹き鳴らさると八方に
響きわたりて広がれり おおヴィドゥラよ それを聞き
ヤクシャの妻ら驚きて おびおののき打ちふる



tato niskramya balina
upadeva-maha-bhatah
asahantas tan-ninadam
abhipetur udayudhah
10-7




下位の神(半神とも言う、クベーラ・ヤクシャ・ガンダルヴァ等)でも強力な
偉大な武力持つ者は 法螺貝のいどまれて
受けて立たんと武器を手に 急ぎ戸外こがいに飛び出しぬ

149

十章 ドゥルヴァ王とヤクシャの戦い


sa tan apatato vira
ugra-dhanva maha-rathah
ekaikam yugapat sarvan
ahan banais tribhis tribhih
10-8




勇猛ゆうもうにして果敢かかんなる 大なる戦車ぎょす王は
おそい掛かりしヤクシャ等に
三本の矢を諸共に 弓につがえて射放いはなてり



te vai lalata-lagnais tair
isubhih sarva eva hi
matva nirastam atmanam
asamsan karma tasya tat
10-9




彼等(半神)は己がに向けて 矢鳴りを挙げて飛来ひらいする
強き矢玉に恐怖して ドゥルヴァ王の強弓ごうきゅう
武力を讃え自らの 敗北認め 身を退けり



te 'pi camum amrsyantah
pada-sparsam ivoragah
sarair avidhyan yugapad
dvi-gunam pracikirsavah
10-10




しかれど彼等半神は 己が敗北 口惜くやしがり
踏まれし蛇がしゅうすごと 執念深く戦いを
いどみて王に六本(倍返し)の 矢を一斉いっせいに射かけたり



tatah parigha-nistrimsaih
prasasula-parasvadhaih
sakty-rstibhir bhusundibhis
citra-vajaih sarair api

abhyavarsan prakupitah
saratham saha-sarathim
icchantas tat pratikartum
ayutanam trayodasa
10-11・12








150

十章 ドゥルヴァ王とヤクシャの戦い

武勇勝れし二輪車の 馭者ぎょしゃ(ドゥルヴァ王)を妨害せんとして
十三万の半神は 鉄棒 つるぎ 手斧ておの 槍
三叉さんさほこやブシュンディー(武器の一種) 多彩な羽を持つ矢玉
雨やあられが降るごとく ドゥルヴァ王に浴びせたり



auttanapadih sa tada
sastra-varsena bhurina-
na evadrsyatacchanna
asarena yatha girih
10-13




多量な武器を絶え間なく 投げつけられしドゥルヴァは
豪雨で山がかすむごと 武器に覆われ 視界から
消えて見えなくなりにけり




haha-karas tadaivasit
siddhanam divi pasyatam
hato 'yam manavah suryo
magnah punya janamave
10-14




この戦いを眺め居た シッダローカの住人は
〈マヌの家系の太陽が ヤクシャによりて大海たいかい
沈められし〉と悲痛なる 叫びを挙げて嘆きたり




nadatsu yatudhanesu
jaya-kasisv atho mrdhe
udatisthad rathas tasya
niharad iva bhaskarah
10-15




ヤクシャの者等 喜びて 高くどきげし時
霞が晴れて太陽が 現われて地を照らすごと
武器の山からドゥルヴァの たけし戦車が出現す



151

十章 ドゥルヴァ王とヤクシャの戦い


dhanur visphurjayan divyam
dvisatam khedam udvahan
astraugham vyadhamad banair
ghananikam ivanilah
10-16




ドゥルヴァ王は強弓ごうきゅうの げんを鳴らして半神を
威嚇いかくし恐怖 募らすと 多量の矢玉 放射して
雲霞うんかの如き敵軍を 風神のごと吹き飛ばす



tasya te capa-nirmukta
bhittva varmani raksasam
kayan avivisus tigma
girin asanayo yatha
10-17




ドゥルヴァ王の放ちたる それらの武器は雷光らいこう
落雷おち岩山いわやま裂く如く 半神達がまといたる
甲冑かっちゅう よろい たてなどを その尖頭せんとうつらぬきて
敵の身体からだを裂きにけり



bhallaih sanchidyamananam
sirobhis caru-kundalaih
urubhir hema-talabhair
dorbhir valaya-valgubhih

hara-keyura-mukutair
usnisais ca maha-dhanaih
astrtas ta rana-bhuvo
rejur vira-mano-harah
10-18・19











地面のあちらこちらには 矢玉によりて断ち切らる
ヤクシャや他の半神の 耳の飾りを付けたまま
切り落とされし頭とか 金のパラムのごとき腿
見事な腕輪付けし腕 真珠や花の首飾り
ターバン 王冠 その他にも 高価な金や宝石が
散乱したる戦場は 勝利を得たる英雄の
心を魅する景色なり


152

十章 ドゥルヴァ王とヤクシャの戦い


hatavasista itare ranajirad
rakso-ganah ksatriya-varya-sayakaih
prayo vivrknavayava vidudruvur
mrgendra-vikridita-yuthapa iva
10-20




最も強きクシャトリヤ その武士たちの矢によりて
多数のヤクシャ 殺されり 生き残りたる兵士等も
四肢ししの一部を負傷して あたかも獅子ししやぶれたる
子象のごときていたらく 四方しほうに散りてのがれたり




apasyamanah sa tadatatayinam
maha-mrdhe kancana manavottamah
purim didrksann api navisad dvisam
na mayinam veda cikirsitam janah
10-21




しかしてドゥルヴァ大王は 荒涼こうりょうとした戦場に
弓を有する敵兵は 誰一人とて無きを見て
ふと<敵の都市見たし>との 心の動き感ずれど
妖術ようじゅつに富む半神の 仕掛けは誰も知り得ず》と
おのれりっし 入城はいらざり




iti bruvams citra-rathah sva-sarathim
yattah paresam pratiyoga-sankitah
susrava sabdam jaladher iveritam
nabhasvato diksu rajo 'nvadrsyata
10-22




武功ぶこうを立てて輝ける 馬車に乗りたるドゥルヴァは
〈敵の逆襲ぎゃくしゅう そなえよ〉と 従者に懸念けねん 伝えたり
その時彼は荒海の 怒涛どとうの響 感知せり
更にあらゆる方角に 風で舞立つ塵を見る




153

十章 ドゥルヴァ王とヤクシャの戦い


ksanenacchaditam vyoma
ghananikena sarvatah
visphurat-tadita diksu
trasayat-stanayitnuna
10-23




突如とつじょ 天空黒雲てんくうこくうんに おおいつくされ真の闇
漆黒しっこくまく 引き裂きて 鋭き光輝(稲妻) 放射され
雷鳴とどろきわたるなり





vavrsu rudhiraughasrk-
puya-vin-m utra-medasah
nipetur gaganad asya
kabandhany agrato 'nagha
10-24




反撃に出たヤクシャ等は 血の雨降らせ 粘液を
洪水のごと浴びせかけ 排泄物やのうなどを
空から降らせ続けたり おおヴィドゥラよドゥルヴァの
前には首なし死体まで ヤクシャは投下したるなり





tatah khe 'drsyata girir
nipetuh sarvato-disam
gada-parigha-nistrimsa-
musalah sasma-varsinah
10-25




更に突然空中に 山が出現したるなり
その山からは棍棒や 鉄棒 つるぎ ほこ 槍や
大きな石や岩などが 豪雨ごううのごとく降り落つる







154

十章 ドゥルヴァ王とヤクシャの戦い


ahayo 'sani-nihsvasa
vamanto 'gnim rusaksibhih
abhyadhavan gaja mattah
simha-vyaghras ca yuthasah
10-26




更に多くの蛇のむれ 憤怒の眼から火を放ち
雷鳴のごと荒き息 吹き出しながら来襲し
たけり狂いし象や獅子 ドゥルヴァ目掛けて走り来る




samudra urmibhir bhimah
plavayan sarvato bhuvam
asasada maha-hradah
kalpanta iva bhisanah
10-27




カルパの終わり思わせる 怒涛逆巻どとうさかまく大波は
津波の如き水鳴みなり立て 土地を侵食しんしょくはじめたり




evam-vidhany anekani
trasanany amanasvinam
sasrjus tigma-gataya
asurya mayayasurah-
10-28




斯くの如くに様々な 邪悪きわまる現象を
悪魔の魔術 利用して 彼らは 幻出げんしゅつしたるなり




dhruve prayuktam asurais
tam mayam atidustaram
nisamya tasya munayah
sam asamsan samagatah
10-29




半神たちがドゥルヴァに 仕掛けし魔術 知覚した
聖仙 聖者集まりて 年若き王ドゥルヴァに
祝福 そして激励げきれいを 斯くのごとくに与えらる


155

十章 ドゥルヴァ王とヤクシャの戦い


munaya ucuh
auttanapada bhagavams tava sarngadhanva
devah ksinotv avanatarti-haro vipaksan
yan-namadheyam abhidhaya nisamya caddha
loko 'njasa tarati dustaram anga mrtyum
10-30





聖仙達は述べられり
〈ウッターナパーダ大王の その後裔のドゥルヴァよ
帰依する者を救われる 至高の御主みすは必ずや
御身おんみの敵の一切を 掃討そうとうされる事ならん
おおドゥルヴァよそれ故に 御主おんしゅ御名みな称名しょうみょう
ひたすら専注せんちゅうすべきなり さすれば御身おみは勝ち難き
敵が幾万いくまんたれども 打ち勝つことが出来ようぞ〉」




第十章 終了
















156