二十七章 プルシャとプラクリティ

第二十七章【プルシャとプラクリティ】
sri-bhagavan uvaca
prakrti-stho 'pi puruso
najyate prakrtair gunaih
avikarad akartrtvan
nirgunatvaj jalarkavat
27-1





至高の御主みす(主カピラ)のたまわく
『水に映りし太陽が その(水の)性質に染まぬごと
プラクリティが開展かいてんし 具象化ぐしょうかしたる人間の
フリダヤに住む至高者が そに染まること あり得なし

sa esa yarhi prakrter
gunesv abhivisajjate
ahankriya-vimudhatma
kartasmity abhimanyate
27-2




プラクリティが開展し 生み出されたる自我意識(アハンカーラ)
三つのグナを転変てんぺんし 肉体身を具象せり
その肉の身をまといたる 個我こが(ジーヴァ)は次第に物質の
影響を受け 吾こそが 行為者こういしゃなりと錯覚さっかく

tena samsara-padavim
avaso 'bhyety anirvrtah
prasangikaih karma-dosaih
sad-asan-misra-yonisu
27-3




斯くの如くに分魂ぶんこん(ジーヴァ)は 行為者なりと錯覚し
肉体の持つ三グナと 深くかかわり持つ故に
善と悪(三グナの性)とが混交こんこうす 俗世の渦に巻きこまる
斯くて行為の結果(カルマ)積み
生死を絶えず繰り返す 輪廻りんねふちに落ちるなり



374

二十七章 プルシャとプラクリティ

arthe hy avidyamane 'pi
samsrtir na nivartate
dhyayato visayan asya
svapne 'narthagamo yatha
27-4




夢の中でも損得そんとくを 一喜一憂いっきいちゆうするけれど
行為の香菓かくは 積まざりき
斯くのごとくに現世うつつよ
感覚による対象は 実態のなきものなるに
在るかの如く錯覚し 輪廻のかせに縛られる



ata eva sanais cittam
prasaktam asatam pathi
bhakti-yogena tivrena
viraktya ca nayed vasam
27-5




故に智慧ある者達は 実態の無き対象に
魅惑されるをいましめて 離欲につとめ布施を為し
常に至高の根原に 真摯に専注いたすなり



yamadibhir yoga-pathair
abhyasan sraddhayanvitah
mayi bhavena satyena
mat-katha-sravanena ca
27-6




ヤマやその他の聖者らは ヨーガ体系よく学び
あれを信じて恭順きょうじゅんし 深く帰依して真剣に
の物語り 聴聞す






375

二十七章 プルシャとプラクリティ

sarva-bhuta-samatvena
nirvairenaprasangatah
brahmacaryena maunena
sva-dharmena baliyasa
27-7




平等観びょうどうかん立脚りっきゃくし 敵意を持たず 他とさず(付和雷同せず)
禁欲 無言をつらぬきて 自身の義務をよく果たし
行為の香菓かく(善行為=三施など)を捧ぐべし

yadrcchayopalabdhena
santusto mita-bhun munih
vivikta-saranah santo
maitrah karuna atmavan
27-8




作為さくいを持たず偶然ぐうぜんの 所得しょとくもちて満足し
僅かな量の食をり 人里離れ 隠棲いんせい
静穏せいおんにして慈悲深く 冷静にしてるぎ無し


sanubandhe ca dehe 'sminn
akurvann asad-agraham
jnanena drsta-tattvena
prakrteh purusasya ca
27-9




プラクリティとプルシャとの そのかかわりや真実を
叡智によりて識別し 身(個我・ジーヴァの)に纏いたる肉体を
おのが有する実在”と しゅうする愚昧ぐまい 脱却す


nivrtta-buddhy-avasthano
duri-bhutanya-darsanah
upalabhyatmanatmanam
caksusevarkam atma-drk
27-10




かかる境地に在る者は ブッディ(理知・識別・智識)からも超越し
遠く離れし地(ヴァイクンタ)に住まう 至高のぬしをありありと
肉眼で太陽を見るごとく 自身で知覚 するならん
376

二十七章 プルシャとプラクリティ

mukta-lingam sad-abhasam
asati pratipadyate
sato bandhum asac-caksuh
sarvanusyutam advayam
27-11




しこうしてこの聖者等は 真と非真を織り交ぜし
光り輝く宇宙卵 その根原の唯一者
無属性むぞくせいにて(肉体を持たない)無原因むげんいん(無カルマ)
光り輝く至高者を ひとしき友と悟るなり




yatha jala-stha abhasah
sthala-sthenavadrsyate
svabhasena tatha suryo
jala-sthena divi sthitah
27-12




水中みなかにあらば仄揺ほのゆれて 幻影のごと 城壁じょうへき
陸に建てれば揺るぎなき 城の護りとなりぬべし
水に映りて仄揺ほのゆらぐ 太陽もまたそらならば
自ら光り輝ける 不動光基ふどうこうきらるべし




evam trivrd-ahankaro
bhutendriya-manomayaih
svabhasair laksito 'nena
sad-abhasena satya-drk
27-13




アハンカーラのトリグナが 転変したる肉体や
インドリヤとかマナスとか それらによりて造られし
個我が纏いし入れ物(器・肉体)は ジーヴァ(個我)自身の輝きで
その存在が認められ 有徳うとくの者は光明で その本質が認めらる


377

二十七章 プルシャとプラクリティ

bhuta-suksmendriya-mano-
buddhy-adisv iha nidraya
linesv asati yas tatra
vinidro nirahankriyah
27-14




識別心(ブッディ)を始めとし 微細 粗大な元素やら
インドリヤとかマナスなど 眠り(死)のなかでけ合えど
無所有にして唯一の 〔根原〕のみは眠らざり(不変・不死)




manyamanas tadatmanam
anasto nastavan mrsa
naste 'hankarane drasta
nasta-vitta ivaturah
27-15




アハンカーラの諸要素(肉体)が 眠りのなか(死)け込むと
(肉体)われ(ジーヴァ・個我)なりと 誤謬ごびゅうした
個我(ジーヴァ)はあたかも財産を くした者が嘆くごと
自己の矜持きょうじ(主の分魂であるという誇り)うしないて 苦悩のふちに沈むなり




evam pratyavamrsyasav
atmanam pratipadyate
sahankarasya dravyasya
yo 'vasthanam anugrahah
27-16




これらの事実 熟慮した 智に優れたる者達は
アハンカーラの真の理(多様化)を 瞑想により知覚して
安らぎのさと(ヴァイクンタ・根原主)見つけ出し その恩寵にひたるなり』




378

二十七章 プルシャとプラクリティ

devahutir uvaca
purusam prakrtir brahman
na vimuncati karhicit
anyonyapasrayatvac ca
nityatvad anayoh prabho
27-17





デーヴァフーティは述べられり
〈おお 神聖な聖仙よ プラクリティとプルシャとは
互いに持ちつ持たれつの 無くてはならぬ関係で
永久とわに離れぬ仲ならん




yatha gandhasya bhumes ca
na bhavo vyatirekatah
apam rasasya ca yatha
tatha buddheh parasya ca
27-18




こう微細元素〕と〔粗大元素〕そして
微細元素〕と〔すい粗大元素〕は
切っても切れぬ仲なりき
此れらのごとくブッディ(覚=プラクリティから最初に生まれた)
プルシャとのへだて無し




akartuh karma-bandho 'yam
purusasya yad-asrayah
gunesu satsu prakrteh
kaivalyam tesv atah katham
27-19




せい〕の本質 持つプルシャ
濃きかかわりを持つという プラクリティの〔どう〕要素
かかる異質の影響で 非行為者なる本分ほんぶん
プルシャは阻害そがい されざるや

379

二十七章 プルシャとプラクリティ

kvacit tattvavamarsena
nivrttam bhayam ulbanam
anivrtta-nimittatvat
punah pratyavatisthate
27-20




しかりてプルシャ しかる時 真の本質 熟考し
寂静じゃくじょう乱す原質げんしつ(プラクリティ)の 影響ひびきを除き得たとても
トリグナという原因が プラクリティに在る限り
再びそれは起きるらん 隔絶かくぜつさせるすべありや?〉




sri-bhagavan uvaca
animitta-nimittena
sva-dhamaenamalatmana
tivraya mayi bhaktya ca
sruta-sambhrtaya ciram
27-21





至高の御主みす(主カピラ)のたまわく
『プラクリティ(肉体)を纏う プルシャの分魂わかれ ジーヴァは
行為の香菓かく(自分の為の結果)を求めずに 自分の義務を遂行すうこう
あれに〔献身〕捧ぐべし




jnanena drsta-tattvena
vairagyena baliyasa
tapo-yuktena yogena
tivrenatma-samadhina
27-22




智識によりて〔真理〕を観 堅固な〔離欲〕つらぬきて
〔苦行〕を行じ〔瞑想〕し 根本原主〔讃う〕べし




380

二十七章 プルシャとプラクリティ

prakrtih purusasyeha
dahyamana tv ahar-nisam
tiro-bhavitri sanakair
agner yonir ivaranih
27-23




斯くの如くに熱心に への専注深めれば
プラクリティ(肉体)とプルシャ(ジーヴァ)とは
深き関わり持ちながら 徐々に疎遠そえんになりゆかん
まさに火付けの木片もくへんが 火に燃やされて尽きるごと




bhukta-bhoga parityakta
drsta-dosa ca nityasah
nesvarasyasubham dhatte
sve mahimni sthitasya ca
27-24




プラクリティ(肉体)の影響を ジーヴァは払い退しりぞけて
肉体の持つ感覚の その悦楽を放棄する
しかして個我(ジーヴァ)は本来の プルシャの質を受け継ぎて
燦然として輝けり



yatha hy apratibuddhasya
prasvapo bahv-anartha-bhrt
sa eva pratibuddhasya
na vai mohaya kalpate
27-25




人が眠りに在る時に 悪しき夢見てあがきても
目覚めし後はさわりなく 迷いに堕ちることは無し





381

二十七章 プルシャとプラクリティ

evam vidita-tattvasya
prakrtir mayi manasam
yunjato napakuruta
atmaramasya karhicit
27-26




斯くのごとくにこのあれ
心をしかと専注し 真の本質よく知りて
個我(プルシャの分魂・ジーヴァ)の誇りを得た者は
プラクリティ(肉体・物質界)の影響を
受ける恐れは無かりけり


yadaivam adhyatma-ratah
kalena bahu janmana
sarvatra jata-vairagya
abrahma-bhuvanan munih
27-27




斯くておのれ抑制よくせいし 自己啓発じこけいはつ何生なんじょう
精進したる賢人は 世俗のすべて 放擲ほうてき
ブラフマー神の領域(ブラフマローカ)
到達するはさだかなり


27-28・29
mad-bhaktah pratibuddhartho
mat-prasadena bhuyasa
nihsreyasam sva-samsthanam
kaivalyakhyam mad-asrayam
prapnotihanjasa dhirah
sva-drsa cchina-samsayah
yad gatva na nivarteta
yogi lingad vinirgame








しこうしてのち 開悟かいごした あれに帰依する者達は
あれの大なる恩寵で 〔至幸のさと〕の名で知らる
究極の地(ヴァイクンタ)に至るらん
微細体びさいたい(タンマートラ)より派生はせいした 肉体を持つヨーギーも
悟りで得たる叡智にて すべての疑念 払拭ふっしょく
到達したるこの地から 世俗へ戻ることは無し
382

二十七章 プルシャとプラクリティ

yada na yogopacitasu ceto
mayasu siddhasya visajjate 'nga
ananya-hetusv atha me gatih syad
atyantiki yatra na mrtyu-hasah
27-30




おお母君よ ヨーギーが ヨーガを修め 熟達し
神通力じんつうりきを得たとても そのマーヤーにとらわれず
への融合深めれば ヤマの力も及ばざる
不易不変ふえきふへんさとへ 到達するは定かなり



第二十七章 終了

















383