一巻 四章 ヴィヤーサの熟慮じゅくりょ懊悩おうのう
第四章【ヴィヤーサの熟慮じゅくりょ懊悩おうのう
4-1
vyâsa uvâca
iti bruvânam samstûya
munînâm dîrgha-satrinâm
vriddhah kula-patih sûtam
bahvricah s'aunako 'bravît
「ヴェーダ ヴィヤーサ口述こうじゅつの 神の真譚しんたん 口伝くでんせん」
聖仙スータおもむろに 語り初めしその時に
長期の供儀くぎに従事せる 聖賢たちの長老で
リグ ヴェーダを研鑽けんさんす シャウナカ 彼(スータ)賞賛しょうさん
斯くのごとくに語りたり
4-2
s'aunaka uvâca
sûta sûta mahâ-bhâga
vada no vadatâm vara
kathâm bhâgavatîm punyâm
yad âha bhagavân' chukah
シャウナカはかく申したり
「おお偉大なる聖スータ 祝福されし御方おんかた
サンヒーター(聖典 詩篇)の学識に 傑出したる御身おんみゆえ
ガンジス河のほとりにて 聖仙シュカが国王(パリークシット)
お説きなされし神譚(バーガヴァタ プラーナ)
我らのために語られよ
4-3
kasmin yuge pravritteyam
sthâne vâ kena hetunâ
kutah san'coditah krishnah
kritavân samhitâm munih
この神譚が語らるは 如何いかなる時代 場所なるや
如何なる動機わけでなされしや
さらに聖仙ヴィヤーサは 誰のすすめにこたえられ
サンヒーター(バーガヴァタ プラーナ)まれしや
35

一巻 四章 ヴィヤーサの熟慮じゅくりょ懊悩おうのう

4-4
tasya putro mahâ-yogî
sama-drin nirvikalpakah
ekânta-matir unnidro
gûdho mûdha iveyate
彼の息子の聖シュカは 偉大なヨガの行者ぎょうじゃゆえ
平等観びょうどうかん立脚りっきゃくし 差別さべつの思いえてなし
唯一者ゆいいっしゃのみ崇敬し 自己に覚醒めざめし聖シュカは
名を名乗られることもなく あたかも愚者ぐしゃのごとく見ゆ
4-5
drishthvânuyântam rishim âtmajam apy anagnam
devyo hriyâ paridadhur na sutasya citram
tad vîkshya pricchati munau jagadus tavâsti
strî-pum-bhidâ na tu sutasya vivikta-drishtheh
遊行ゆぎょうのために森へ行く 息子の後をいかける
ヴィヤーサ仙を見かけると
みずびしたる乙女おとめらは 恥じらいて身をおおいたり
先に通りし聖シュカは 裸なりしに乙女おとめらは
気にもめざる風情ふぜいなり
不審に思いヴィヤーサが 〈理由わけ如何いかに〉とたずねると
〈シュカの瞳はせいを超え 男女の区別なきゆえに
わらべの如く澄みいたり
 なれど御身おんみの視線には 性の差別が残りしに〉
4-6
katham âlakshitah pauraih
samprâptah kuru-jângalân
unmatta-mûka jadavad
vicaran gaja-sâhvaye
クル ジャンガラの地をうて 聖仙シュカがまちなかを
あたかも愚者ぐしゃ狂人きょうじんか はたまた聾唖ろうあ よそおいて
流離さすらい歩くさまを見し ハスティナープラ住民は
如何でか(どうして)リシと認めしや

36

一巻 四章 ヴィヤーサの熟慮じゅくりょ懊悩おうのう

4-7
katham vâ pândaveyasya
râjarsher muninâ saha
samvâdah samabhût tâta
yatraishâ sâtvatî s'rutih
親愛捧ぐスータ師よ
ヴェーダのずいきわめたる このプラーナの朗誦ろうしょう
ガンガー河畔かはんで食をつ パリークシットに届けたる
聖仙シュカと王仙(パリークシット)
いかなる出会いありたるや
その劇的げきてき邂逅かいこうを とくとお語りくだされよ
4-8
sa go-dohana-mâtram hi
griheshu griha-medhinâm
avekshate mahâ-bhâgas
tîrthî-kurvams tad âs'ramam
神聖なりし聖シュカは 家長かちょうにあるまいでは
牛乳しぼる間だけ 戸口に立ちて聖化せいかさる
4-9

abhimanyu-sutam sûta
prâhur bhâgavatottamam
tasya janma mahâs'caryam
karmâni ca grinîhi nah
主への献身際立きわだちて ほまれも高き帰依者なる
アビマンニュそく 王仙(パリークシット)に まつわる稀有けうな物語
誕生の秘話ひわ語られよ その素晴らしき生誕せいたん
主の恩寵おんちょうにほかならず
ああスータ師よ語られよ その生涯の様々さまざま
37

一巻 四章 ヴィヤーサの熟慮じゅくりょ懊悩おうのう

4-10
sa samrâth kasya vâ hetoh
pândûnâm mâna-vardhanah
prâyopavishtho gangâyâm
anâdrityâdhirâth-s'riyam
パーンダヴァちょうの栄光を いや(一層)高めたる皇帝が
ガンガー河畔かはんめて 何ゆえ食を断ちたるや
なぜに覇王はおうえいを捨て 死の到来とうらいをただ待つや
4-11
namanti yat-pâda-niketam âtmanah
s'ivâya hânîya dhanâni s'atravah
katham sa vîrah s'riyam anga dustyajâm
yuvaishatotsrashthum aho sahâsubhih
敵でさえもが庇護ひご求め 彼の足下そっかにひざまずき
多くの富を捧げしに パリークシットは何ゆえに
若き覇王はおうの栄を捨て すべての放棄ほうき 望みしや
おおスータ師よ語られよ 命までをも断たんとす
おおその理由わけかされよ
4-12
s'ivâya lokasya bhavâya bhûtaye
ya uttama-s'loka-parâyanâ janâh
jîvanti nâtmârtham asau parâs'rayam
mumoca nirvidya kutah kalevaram
クリシュナ神へ帰依深く
献身奉仕する王(パリークシット)
世界の幸と繁栄に ただひたすらに尽力じんりょく
私利を望まぬ高潔こうけつな 君主を慕う国民くにたみ
その信頼を振り切りて ああ何ゆえに王仙おうせん
わが身捨てんとなされしや


38

一巻 四章 ヴィヤーサの熟慮じゅくりょ懊悩おうのう

4-13
tat sarvam nah samâcakshva
prishtho yad iha kin'cana
manye tvâm vishaye vâcâm
snâtam anyatra chândasât
語りたまえよ聖スータ
すべての謎をき明し 我らにしんを示されよ
この場に座せる御身おんみこそ ヴェーダ朗誦ろうしょう のぞきては1.
全ての 奥義おうぎ 伝承でんしょうの もっともすぐかたなりと
我は得心とくしんせしゆえに 伏して懇願こんがんたてまつる」
1. ヴェーダ朗誦除きては… 「ヴェーダの朗誦については、祭祀を行なう
       ブラーフマナのなかに長じている者がいる
       かもしれないが、奥義伝承については学識
       ある遊行者スータが最高で、その道の第一
       人者であると私は認識しております」の意。
4-14
sûta uvâca
dvâpare samanuprâpte
tritîye yuga-paryaye
jâtah parâs'arâd yogî
vâsavyâm kalayâ hareh
≪聖仙スータ語られる≫
ユガの移行いこう時期ときが来て 第三のユガ ドワーパラ
そが始まりしその時に 聖クリシュナの小部分
偉大なヨギー ヴィヤーサが パラーシャラなる父をもち
サティヤヴァティーの子に生まる
4-15
sa kadâcit sarasvatyâ
upaspris'ya jalam s'ucih
vivikta eka âsîna
udite ravi-mandale
ある朝のことヴィヤーサは 東の空がめて
日が昇るのを拝しつつ
サラスワティーの聖流せいりゅうで 一人静かに身を清め
して瞑目めいもくしたるなり
39

一巻 四章 ヴィヤーサの熟慮じゅくりょ懊悩おうのう
4-16
parâvara-jn'ah sa rishih
kâlenâvyakta-ramhasâ
yuga-dharma-vyatikaram
prâptam bhuvi yuge yuge
ヴィヤーサ デーヴァ聖仙は 過去と未来を知りつくし
すべて見通みとおすおかたゆえ あまたの星霜せいそう 過ぎる間に
眼には見えざる力にて 定められたる道徳が
乱れ衰退すいたいするさまを つぶさにごらんなされたり
4-17
bhautikânâm ca bhâvânâm
s'akti-hrâsam ca tat-kritam
as'raddadhânân nihsattvân
durmedhân hrasitâyushah
それらによりて人間の 力が次第にえゆきて
信と徳なき者が増え 理知にとぼしく短命に
おちいる者が多き様子さま 天眼まなこに浮かび消えゆかず
4-18
durbhagâms' ca janân vîkshya
munir divyena cakshushâ
sarva-varnâs'ramânâm yad
dadhyau hitam amogha-drik
不幸な人が多くなり 苦しむさまを天眼てんがん
透視とうしなされしヴィヤーサは
すべての人が(ダルマ)に目覚め
四姓しせい1.四住期しじゅうき2.遵守じゅんしゅして 安寧あんねいな世をきずくには
いかなる手立てあらんやと 思いめぐらせ熟慮じゅくりょさる
1. 四姓…… 4つのカースト
      =バラモン、クシャトリヤ、ヴァイシャ、シュードラ。
  2. 四住期… 人生の生活周期=学生期家長期林住期、遊行期。
40

一巻 四章 ヴィヤーサの熟慮じゅくりょ懊悩おうのう

4-19
câtur-hotram karma s'uddham
prajânâm vîkshya vaidikam
vyadadhâd yajn'a-santatyai
vedam ekam catur-vidham
四人の主なる祭官さいかんの ヴェーダの供儀くぎが人々の
行為を浄化するさまを ご覧になりしヴィヤーサは
供儀の功徳くどくひろめんと ただ一種なるヴェーダ書を
よっつの章に分けられて 教義きょうぎ枝葉えだは 整理さる
4-20
rig-yajuh-sâmâtharvâkhyâ
vedâs catvâra uddhritâh
itihâsa-purânam ca
pan'camo veda ucyate
ヴィヤーサ仙はヴェーダ書の 髄をけリグ ヤジュル
サーマ アタルヴァ斯く名付け よっつの章に分けられる
叙事詩じょじし プラーナ 古伝こでんしょは 第五ヴェーダと呼ばるなり
4-21
tatrarg-veda-dharah pailah
sâmago jaiminih kavih
vais'ampâyana evaiko
nishnâto yajushâm uta
かくてヴェーダが分けられて
リグ ヴェーダ(詩又は讃歌)には聖仙の パイラが任を与えられ
サーマ ヴェーダの詠唱は 聖ジャイミニが教えらる
ヤジュル ヴェーダ(祭詞)会得えとくした 唯一の人とたたえらる
聖者ヴァイシャンパーヤナが 祭詞さいしの教授 たくされる
41

一巻 四章 ヴィヤーサの熟慮じゅくりょ懊悩おうのう
4-22

atharvângirasâm âsît
sumantur dâruno munih
itihâsa-purânânâm
pitâ me romaharshanah
ダールナ子息スマントゥ アタルヴァ ヴェーダゆだねられ
ローマハルシャナ我が父が 叙事詩じょじし古伝こでん 託される
4-23
ta eta rishayo vedam
svam svam vyasyann anekadhâ
s'ishyaih pras'ishyais tac-chishyair
vedâs te s'âkhino 'bhavan
ヴェーダ聖典たくされし 聖仙たちはそれぞれを
さらに細かく組み立てて
弟子から弟子へ その弟子へ 学派によりて受け継がる
4-24
ta eva vedâ durmedhair
dhâryante purushair yathâ
evam cakâra bhagavân
vyâsah kripana-vatsalah
理知にとぼしき者たちの 無明むみょうの闇を晴らさんと
憐れみ深きヴィヤーサは
ヴェーダの深き 御教えを
理解しやすく整理して 斯くの如くにまれたり
42

一巻 四章 ヴィヤーサの熟慮じゅくりょ懊悩おうのう
4-25
strî-sûdra-dvijabandhûnâm
trayî na s'ruti-gocarâ
karma-s'reyasi mûdhânâm
s'reya evam bhaved iha
iti bhâratam âkhyânam
kripayâ muninâ kritam
そして女性やシュードラや
再生族さいせいぞく堕落者だらくしゃ(ドヴィジャ バンドゥ)1.
ヴェーダ聖典 聴聞を 許されざりし人々は
善を行うすべ知らず
憐れみ深きヴィヤーサは マハーバーラタ2.編纂へんさん
光明の道示されて それらの人を導かる
1. ドヴィジャ バンド 再生者の家系に生まれながられに足る
      資格を持たない者。非再生者。
         *再生者… 師弟関係を結んで二度目の誕生をして
      再生した者(バラモン、クシャトリヤ、
      ヴァイシャの階級の者のみ)
  2. マハーバーラタ……… 大叙事詩女性やシュードラ非再生者も
      聴聞が許されている物語。
4-26
evam pravrittasya sadâ
bhûtânâm s'reyasi dvijâh
sarvâtmakenâpi yadâ
nâtushyadd hridayam tatah
斯くの如くにヴィヤーサは 人々の幸 願われて
あらゆる手立てだて尽くされり ああそれなるにバラモンよ
師の胸奥きょうおうたされず 鬱々うつうつとしてたのしまず
4-27
nâtiprasîdadd hridayah
sarasvatyâs tate s'ucau
vitarkayan vivikta-stha
idam covâca dharma-vit
ヴィヤーサ仙は胸奥が たされぬまま清らかな
サラスワティーの河岸に ひとりすわりて思索しさくさる
ダルマの本義ほんぎ 熟知じゅくちする 聖師はおの心中しんちゅう
深くかえりつぶやかる
43

一巻 四章 ヴィヤーサの熟慮じゅくりょ懊悩おうのう
4-28
dhrita-vratena hi mayâ
chandâmsi guravo 'gnayah
mânitâ nirvyalîkena
grihîtam cânus'âsanam
われは厳しき誓いたて ヴェーダおさめてずいを知り
祭火を捧げそしてまた グルをうやまい よく仕え
戒律かいりつ まさ遵守じゅんしゅせり
4-29

bhârata-vyapades'ena
hy âmnâyârthas' ca pradars'itah
dris'yate yatra dharmâdi
strî-s'ûdrâdibhir apy uta
そしてヴェーダの高邁こうまいな 趣旨しゅしつたえんと思い立ち
マハーバーラタ物語 編みてじんに与えしは
女性 シュードラ他の者(非再生者)
それぞれの義務 す上の しるべを示すためなりき
4-30
tathâpi bata me daihyo
hy âtmâ caivâtmanâ vibhuh
asampanna ivâbhâti
brahma-varcasya sattamah
聖智せいちにおいて卓越たくえつし 神通力じんずうりきそなえたる
われにしあれどこの日頃 心晴れぬは何故ぞ
ああそれなるはわが心(個我こが)
いまだ大我たいが(ブラフマン)を感知せず
梵我ぼんが一如いちにょ1.さとぬ もうあかしでありたるや
1. 梵我一如… インドの哲学書ウパニシャッド(ヴェーダーンタ)
      に代表されるバラモンの根本思想で宇宙の
      根本原理であるブラフマン(梵)と個人の本体で
      あるアートマン(我)とは同一であるという考え方。
44

一巻 四章 ヴィヤーサの熟慮じゅくりょ懊悩おうのう
4-31
kim vâ bhâgavatâ dharmâ
na prâyena nirûpitâh
priyâh paramahamsânâm
ta eva hy acyuta-priyâh
吾が多くの人々に
主への奉仕(バクティ)真髄しんずいを 語り尽くさぬゆえなるや
唯一ゆいつの神にでられて 悟り開きし聖者らの
帰依きえ全託ぜんたく(バクティ)の美徳こそ 慈悲をたまわもとなるに>
4-32
tasyaivam khilam âtmânam
manya-mânasya khidyatah
krishnasya nârado 'bhyâgâd
âs'ramam prâg udâhritam
斯くの如くに聖仙が 不足ふそくもとさぐらんと
おのが心をかえりみし まさにそのときナーラダ(神仙)
ヴィヤーサ仙と語るため いおりの前に近づきぬ
4-33
tam abhijn'âya sahasâ
pratyutthâyâgatam munih
pûjayâm âsa vidhivan
nâradam sura-pûjitam
ヴィヤーサ デーヴァ聖仙は たかき神仙ナーラダが
あんとばりけらるや ただちに立ちてねんごろに
心をこめて迎え入れ 礼節れいせつつくしはいされり
第四章 終了
45