五巻 二十二章 惑星の位置とその関り


第二十二章【惑星の位置とそのかかわり】



22-1
rājovāca
yad etad bhagavata ādityasya meruṁ dhruvaṁ ca pradakṣiṇena parikrāmato rāśīnām abhimukhaṁ pracalitaṁ cāpradakṣiṇaṁ bhagavatopavarṇitam amuṣya vayaṁ katham anumimīmahīti.







パリークシットはたずねらる
「崇敬すべき御方よ 太陽神は〔スメール〕と
〔北極星〕を右に見て
廻っているかに見ゆれども まことのところ 太陽は
黄道上おうどうじょう十二宮じゅうにきゅう 通りつ〔メール〕左に見
回りしものと 御尊師の お説 拝聴いたしたり
はてさて吾は 如何様いかように 理解すべきや 戸惑とまどいぬ」





22-2
sa hovāca
yathā kulāla-cakreṇa bhramatā saha bhramatāṁ tad-āśrayāṇāṁ pipīlikādīnāṁ gatir anyaiva pradeśāntareṣv apy upalabhyamānatvād evaṁ nakṣatra-rāśibhir upalakṣitena kāla-cakreṇa dhruvaṁ meruṁ ca pradakṣiṇena paridhāvatā saha paridhāvamānānāṁ tad-āśrayāṇāṁ sūryādīnāṁ grahāṇāṁ gatir anyaiva nakṣatrāntare rāśy-antare copalabhyamānatvāt.











【聖なるシュカは答えらる】
轆轤ろくろ旋転せんてんする上を 蟻が一匹歩く時
回る轆轤の方向と まるで無縁に動くらん
斯くの如くに太陽や 黄道上の各宮かくみや(12宮)
〔時の車輪(カーラ・チャクラ)〕に支配され
スメール山や北極星 右にながめて周回す
ゆえに宇宙を保護される 太陽神を始めとし
の惑星は見るたびに 異なる星座 めぐるなり






201

五巻 二十二章 惑星の位置とその関り

  
22-3
sa eṣa bhagavān ādi-puruṣa eva sākṣān nārāyaṇo lokānāṁ svastaya ātmānaṁ trayīmayaṁ karma-viśuddhi-nimittaṁ kavibhir api ca vedena vijijñāsyamāno dvādaśadhā vibhajya ṣaṭsu vasantādiṣv ṛtuṣu yathopa-joṣam ṛtu-guṇān vidadhāti.






太陽こそは根源主 ナーラーヤナであらせらる
人類にさち 与えんと スリーヴェーダを研鑽けんさん
行為の香菓かくで人生の 苦楽をわかつ原因を
きわめんとする聖者等を 援助たすけるために おのが身を
十二ヶ月に分割し 春より始め六季節
季節固有の在り方を 示して真理 教えらる






22-4
tam etam iha puruṣās trayyā vidyayā varṇāśramācārānupathā uccāvacaiḥ karmabhir āmnātair yoga-vitānaiś ca śraddhayā yajanto ’ñjasā śreyaḥ samadhigacchanti.



死する運命さだめの人類も スリーヴェーダをよく学び
四姓四住期しせいしじゅうき 遵守して ダルマによりて定めらる
瞑想 そして苦行など 高次 低次の行為こういして
偉大な御主みすに専注し 献身 奉仕するならば
究極の幸 ることは 容易なこととなりべし







22-5
atha sa eṣa ātmā lokānāṁ dyāv-āpṛthivyor antareṇa nabho-valayasya kālacakra-gato dvādaśa māsān bhuṅkte rāśi-saṁjñān saṁvatsarāvayavān māsaḥ pakṣa-dvayaṁ divā naktaṁ ceti sapādarkṣa-dvayam upadiśanti yāvatā ṣaṣṭham aṁśaṁ bhuñjīta sa vai ṛtur ity upadiśyate saṁvatsarāvayavaḥ.













202

五巻 二十二章 惑星の位置とその関り


生きとし生ける物の主は 太陽神の姿 採り
地 空 天なる三界の 〔時の車〕にしまして
黄道上の十二宮 一年かけて巡られり
その一年の一部分 一ヶ月には昼と夜
半分ずつにかたれり しこうしてその時間とは
太陽神が星宿せいしゅく(二十七又は八ある)の 二つとそして四分の一
通る時間と言わるなり
而してまた太陽が 全ての軌道きどう通過する
六分の一 相当が 〈一季節いちきせつよ〉と 言わるなり






22-6
atha ca yāvatārdhena nabho-vīthyāṁ pracarati taṁ kālam ayanam ācakṣate.


しこうしてまた太陽が 天の軌道の半分を
移動なされるその距離を アヤナと名づけ 呼ばうなり






22-7
atha ca yāvan nabho-maṇḍalaṁ saha dyāv-āpṛthivyor maṇḍalābhyāṁ kārtsnyena sa ha bhuñjīta taṁ kālaṁ saṁvatsaraṁ parivatsaram iḍāvatsaram anuvatsaraṁ vatsaram iti bhānor māndya-śaighrya-sama-gatibhiḥ samāmananti.






世の賢者等は天と地と その中間の空界を
太陽神がゆるやかに 迅速じんそくにそしてまた
その中間の速さにて 不変の時を刻むのを
サンヴァトサラやパリヴァトサラ
イダーヴァトサラ アヌヴァトサラ
ヴァトサラなどと 呼ばうなり






203

五巻 二十二章 惑星の位置とその関り


22-8
evaṁ candramā arka-gabhastibhya upariṣṭāl lakṣa-yojanata upalabhyamāno ’rkasya saṁvatsara-bhuktiṁ pakṣābhyāṁ māsa-bhuktiṁ sapādarkṣābhyāṁ dinenaiva pakṣa-bhuktim agracārī drutatara-gamano bhuṅkte.






同様にして太陽と 十万ヨージャナ離れたる
月は星宿 引き連れて 太陽神が移動する
一年間を迅速に 二ヶ月間で巡るなり
太陽神が一ヶ月 かけて巡らるその距離を
二日ふつか四分しぶん一日いちにちで 二週間にて(太陽が)巡るのを
月は一日ひとひで速やかに その道程みちのりを通過せり




22-9
atha cāpūryamāṇābhiś ca kalābhir amarāṇāṁ kṣīyamāṇābhiś ca kalābhiḥ pitṝṇām aho-rātrāṇi pūrva-pakṣāpara-pakṣābhyāṁ vitanvānaḥ sarva-jīva-nivaha-prāṇo jīvaś caikam ekaṁ nakṣatraṁ triṁśatā muhūrtair bhuṅkte.





生ける全ての生命いのちにて 個魂の主たる ソーマ神(月)
その輝きが増すとき(白分)と 光が減ず黒分を
半月ごとに繰り返し 昼と夜とを神々と
空界に住む祖霊とに かちつ 二十四時間で
星宿せいしゅく一つ 通過さる




22-10
ya eṣa ṣoḍaśa-kalaḥ puruṣo bhagavān manomayo ’nnamayo ’mṛtamayo deva-pitṛ-manuṣya-bhūta-paśu-pakṣi-sarīsṛpa-vīrudhāṁ prāṇāpy āyana-śīlatvāt sarvamaya iti varṇayanti.





十六部分 具現さる 至上主映す〔月神げっしん〕は
人のマナス(心)の守護神で  しこうしてまた食物や
アムリタとなり 神々や ピトリ 人類 精霊や
動物や鳥 爬虫類 植物などの呼吸とか
生存の為 必須ひっすなる 物のすべてを包含ほうがん
与え給わる慈悲神と 世の賢者等は語りたり



204

五巻 二十二章 惑星の位置とその関り


22-11
tata upariṣṭād dvi-lakṣa-yojanato nakṣatrāṇi meruṁ dakṣiṇenaiva kālāyana īśvara-yojitāni sahābhijitāṣṭā-viṁśatiḥ.




月よりさらに上方に 二十万ヨージャナ離れたる
アビジター星含みたる 二十と八の 星宿ほしが存り
至高の御主みすのご意志にて 〔時の車輪〕に結ばれり
而してその星宿せいしゅくは スメール山を右手めてに見て
この天体を巡るなり




22-12
tata upariṣṭād uśanā dvi-lakṣa-yojanata upalabhyate purataḥ paścāt sahaiva vārkasya śaighrya-māndya-sāmyābhir gatibhir arkavac carati lokānāṁ nityadānukūla eva prāyeṇa varṣayaṁś cāreṇānumīyate sa vṛṣṭi-viṣṭambha-grahopaśamanaḥ.






星の群より上方に 約二十万ヨージャナの
距離をへだてる〔金星〕は 迅速じんそく 遅速ちそくそしてまた
その中間の速度にて 移動しながら太陽の
前になりたり 後となり はたまた共に動きつつ
宇宙すべての天体に 善き影響を与うなり
金星はほぼ確実に 降雨こうう 邪魔する働きを
消滅させて人々に 慈雨じうをもたらせ 喜ばす




22-13
uśanasā budho vyākhyātas tata upariṣṭād dvi-lakṣa-yojanato budhaḥ soma-suta upalabhyamānaḥ prāyeṇa śubha-kṛd yadārkād vyatiricyeta tadātivātābhra-prāyānāvṛṣṭy-ādi-bhayam āśaṁsate.





この金星の更に上 二十万ヨージャナへだてたる
月の息子の〔水星〕も 宇内うだいに住まう人々に
き影響をもたらすが 太陽からの距離により
嵐 干ばつ 荒天こうてんの 予兆を示す こともあり






205

五巻 二十二章 惑星の位置とその関り


22-14
ata ūrdhvam aṅgārako ’pi yojana-lakṣa-dvitaya upalabhyamānas tribhis tribhiḥ pakṣair ekaikaśo rāśīn dvādaśānubhuṅkte yadi na vakreṇābhivartate prāyeṇāśubha-graho ’gha-śaṁsaḥ.






その水星の上方に 約二十万ヨージャナを
へだてて位置す惑星の 〔火星〕が認められるべし
この惑星は逆行ぎゃっこうを しない限りは黄道の
十二の宮のその一つ 四十五日で通過せり
されど火星は時として 不吉なきざし見せる故
しき星とて忌避きひされり




22-15
tata upariṣṭād dvi-lakṣa-yojanāntara-gatā bhagavān bṛhaspatir ekaikasmin rāśau parivatsaraṁ parivatsaraṁ carati yadi na vakraḥ syāt prāyeṇānukūlo brāhmaṇa-kulasya.






そして火星の上方に 約二十万ヨージャナを
隔てて位置す〔木星〕は がいして幸をもたらすと
ブラーフマナに好まれり この木星は逆行を
しない限りは十二ある 黄道上の一宮いちみや
一年かけて通過せり




22-16
tata upariṣṭād yojana-lakṣa-dvayāt pratīyamānaḥ śanaiścara ekaikasmin rāśau triṁśan māsān vilambamānaḥ sarvān evānuparyeti tāvadbhir anuvatsaraiḥ prāyeṇa hi sarveṣām aśāntikaraḥ.






それより更に上方に 約二十万ヨージャナを
隔てて位置す惑星は 〔土星〕と呼ばれ それぞれの
黄道上の十二宮 三十ヶ月 とどまりて
全十二宮巡るのに 三十年をかけるなり
ゆっくり進むこの土星 “不吉な星”とおそれらる





206

五巻 二十二章 惑星の位置とその関り


22-17
tata uttarasmād ṛṣaya ekādaśa-lakṣa-yojanāntara upalabhyante ya eva lokānāṁ śam anubhāvayanto bhagavato viṣṇor yat paramaṁ padaṁ pradakṣiṇaṁ prakramanti.




土星の更に上方の 百二十万ヨージャナに
偉大なリシの安息地 〔北斗七星〕耀かがやけり
なな聖仙はこの宇宙 全ての幸を祈りつつ
御主みすの顕現 ヴィシュヌ神 鎮まり給う北辰ほくしん(北極星)
右方うほうに置きて回るなり




第二十二章 終了


















207