十九章 ヒラニヤークシャの帰融


第十九章【ヒラニヤークシャの帰融きゆう




maitreya uvaca
avadharya virincasya
nirvyalikamrtam vacah
prahasya prema-garbhena
tad apangena so 'grahit
19-1





マイトレーヤは続けらる
「ブラフマー神が語られし アムリタのごと愛深き
言葉聞かれし至上主は 心の底から喜ばれ
愛の溢れし一瞥いちべつを ブラフマー神に投げかけて
その願望を叶えらる




tatah sapatnam mukhatas
carantam akuto-bhayam
jaghanotpatya gadaya
hanav asuram aksajah
19-2




ブラフマー神の鼻孔から あらわれましし野猪神やちょしん
不敵なつらで大胆に 所かまわず闊歩かっぽする
のダイティヤの面前めんぜんに 跳び上がりざま 武器(槌矛)かざし
あごに狙いを定めらる




sa hata tena gadaya
vihata bhagavat-karat
vighurnitapatad reje
tad adbhutam ivabhavat
19-3




しかれどもああ至上主が 打ち降ろされし槌矛は
ヒラニヤークシャに払われて(槌矛で)
御主みす御手みてから滑り落ち 回転しつつ下に舞う
思いもよらぬ出来事に みいる者はおののきぬ


245

十九章 ヒラニヤークシャの帰融


sa tada labdha-tirtho 'pi
na babadhe nirayudham
manayan sa mrdhe dharmam
visvaksenam prakopayan
19-4




ヒラニヤークシャは攻撃の 絶好ぜっこうを得たるのに
いくさ規約きやく 遵守して 武器失いし至上主を
とうとはせず黙過もくかせり それを見られし至上主は
ヒラニヤークシャの慢心まんしんに 激しき怒り おぼえらる





gadayam apaviddhayam
haha-kare vinirgate
manayam asa tad-dharmam
sunabham casmarad vibhuh
19-5




の槌矛で至上主の 武器が払わる有様ありさま
眼前がんぜんに見し者等から 悲嘆の声が湧き立つや
さも正義ぶり慣例かんれいを 守りて見せるダイティヤを
ご覧になりし至上主は スダルシャナなる円盤を
すぐさま御手みてにとられたり





tam vyagra-cakram diti-putradhamena
sva-parsada-mukhyena visajjamanam
citra vaco 'tad-vidam khe-caranam
tatra smasan svasti te 'mum jahiti
19-6





かつてはおの従者じゅうしゃにて 献身的けんしんてきつかえしに
呪詛じゅそでディティのたいり ダイティヤとして生まれたる
ヒラニヤークシャと対峙たいじして 円盤えんばんを持たる主に
その経緯いきさつをつゆ知らぬ 見つめる者ら叫びたり
〈おお至上主よ逸早いちはやく 彼を殺害なされよ!!〉と



246

十九章 ヒラニヤークシャの帰融


sa tam nisamyatta-rathangam agrato
vyavasthitam padma-palasa-locanam
vilokya camarsa-pariplutendriyo
rusa sva-danta-cchadam adasac chvasan
19-7




蓮華れんげのごときお目許めもとの 御手みて円盤持えんばんもたるしゅ
面前めんぜんに立たれると ヒラニヤークシャは感官かんかん
敵愾心てきがいしん刺激しげきされ 激しき怒り 燃えたたす
しかして彼は歯がみして 鼻息荒く身構みがまえり






karala-damstras caksurbhyam
sancaksano dahann iva
abhiplutya sva-gadaya
hato 'sity ahanad dharim
19-8




恐ろしげなる牙をき 燃えるがごときりょう
主を睨みたるダイティヤは 槌矛強く握り締め
今にも攻撃こうげきなさんとて 斯くの如くに叫びたり
〈もはやきさまは生きられぬ 既に死したも同然ぞ!!






pada savyena tam sadho
bhagavan yajna-sukarah
lilaya misatah satroh
praharad vata-ramhasam
19-9




野猪やちょの姿をらるしゅは 疾風しっぷうのごとび来たる
槌矛つちほこ一瞥いちべつし おおヴィドゥラよ 稚気おさなげ
たわむれるかのさまにして 左の足で蹴られたり





247

十九章 ヒラニヤークシャの帰融


aha cayudham adhatsva
ghatasva tvam jigisasi
ity uktah sa tada bhuyas
tadayan vyanadad bhrsam
19-10




しかして御主みすは申されり 『さあ武器ぶき拾い 打ちかかれ!
を殺さんといどみたる 道化どうけのごときもの!!
斯くの如くに至上主に 挑発ちょうはつされしダイティヤは
怒髪天どはつてんつく形相ぎょうそうで 再び武器を振りかざす






tam sa apatatim viksya
bhagavan samavasthitah
jagraha lilaya praptam
garutman iva pannagim
19-11




おのれ目指して跳び来たる 彼の槌矛見られても
微動びどうだにせず たるしゅ
ガルダがへびとらうごと たやすくそれをつかまれり






sva-pauruse pratihate
hata-mano mahasurah
naicchad gadam diyamanam
harina vigata-prabhah
19-12




主が掴まれし槌矛を 返却せんとなされても
武勇を誇るダイティヤは その自負心をくじかれて
光輝失い 自失して 受け取る事も出来ぬさま







248

十九章 ヒラニヤークシャの帰融


jagraha tri-sikham sulam
jvalaj jvalana-lolupam
yajnaya dhrta-rupaya
viprayabhicaran yatha
19-13




常軌逸じょうきいっしたダイティヤは 野猪の姿を採らる主に
業火ごうかを燃やし対抗し 三叉さんさほこを取りだすや
まるで復讐するごとく 燃え立つ矛を投げつけり





tad ojasa daitya-maha-bhatarpitam
cakasad antah-kha udirna-didhiti
cakrena ciccheda nisata-nemina
harir yatha tarksya-patatram ujjhitam
19-14




力を誇るダイティヤが
三叉さんさほこしゅに向けて 力一杯とうずると
その光跡こうせきは天空の 果てに向かいて広がりぬ
しかるに御主みすはインドラが ガルダの翼 折りしごと
スダルシャナなる利器りきにより いとも容易たやすく断ち切らる





vrkne sva-sule bahudharina hareh
pratyetya vistirnam uro vibhutimat
pravrddha-rosah sa kathora-mustina
nadan prahrtyantaradhiyatasurah
19-15




御主おんしゅの利器の円盤(スダルシャナ)
己が三叉の投げ槍(矛)が 切り落とさるを見し彼は
憤怒の思い 燃え上がり 唸るがごとき声挙こえあげて
金の巻き毛の女神めがみの座 シュリーヴァッツァの主の胸を
こぶしで強く打擲ちょうちゃくし そのまま姿 隠したり





249

十九章 ヒラニヤークシャの帰融


tenettham ahatah ksattar
bhagavan adi-sukarah
nakampata manak kvapi
sraja hata iva dvipah
19-16




おおヴィドゥラよ 斯くのごと 
ヒラニヤークシャに打たれても
原初の野猪に化身さる 主はいささかも痛まれぬ
象が花環で打たれても 何も感じぬ如くなり





athorudhasrjan mayam
yoga-mayesvare harau
yam vilokya prajas trasta
menire 'syopasamyamam
19-17




身を隠したるダイティヤは マーヤーのもと 至上主に
あやしき術を仕掛けたり
それらを見たる群生ぐんじょう(被造物)は “この世の終り来たれり”と
恐怖にかられおののきぬ





pravavur vayavas candas
tamah pamsavam airayan
digbhyo nipetur gravanah
ksepanaih prahita iva
19-18




激しき風が吹きすさび ほこりを天に巻き上げて
あたりを闇にざしたり
そこかしこから岩石がんせきが 銃器じゅうきによりて打たるごと
しげく激しく飛びいぬ






250

十九章 ヒラニヤークシャの帰融


dyaur nasta-bhaganabhraughaih
sa-vidyut-stanayitnubhih
varsadbhih puya-kesasrg-
vin-mutrasthini casakrt
19-19




暗雲あんうん 深く垂れ込めて つき  星宿せいしゅく失われ
てん雷鳴らいめい なりひびき  閃光せんこう 闇を引き裂きぬ
雨に混じりて血や膿や 髪や糞尿 骨までが
幾度いくたびとなく降りしきる





girayah pratyadrsyanta
nanayudha-muco 'nagha
dig-vasaso yatudhanyah
sulinyo mukta-murdhajah
19-20




更に戦う武器などが 山のごとくに現れる
おおヴィドゥラよ そしてまた
三叉さんさほこで武装した 裸のままの魔女たちが
髪 振り乱し 飛び出しぬ





bahubhir yaksa-raksobhih
patty-asva-ratha-kunjaraih
atatayibhir utsrsta
himsra vaco 'tivaisasah
19-21




そして残酷ざんこく 非道ひどうなる ヤクシャ ラクシャの悪漢あっかん
徒歩とほで 或いは騎乗きじょうして はたまた象や戦車にて
威嚇いかくの声を張り挙げつ 手当り次第 破壊せり







251

十九章 ヒラニヤークシャの帰融


praduskrtanam mayanam
asurinam vinasayat
sudarsanastram bhagavan
prayunkta dayitam tri-pat
19-22




全三界を支配さる 全ての守護者 至上主は
この有様を見られるや 悪の妖術ようじゅつ めっせんと
直ぐに円盤(スダルシャナ)投げられり






tada diteh samabhavat
sahasa hrdi vepathuh
smarantya bhartur adesam
stanac casrk prasusruve
19-23




まさにその時ディティ妃(ヒラニヤークシャの母)
つま(カシュヤパ)の言葉が鮮烈せんれつに 心に浮かび おののけり
しかして母(ディティ妃)の乳房から 血潮 したたり落ちしなり






vinastasu sva-mayasu
bhuyas cavrajya kesavam
rusopaguhamano 'mum
dadrse 'vasthitam bahih
19-24




おのが発せし妖術が 泡沫うたかたのごと消え去るを
見たる悪魔は激怒して 再び姿 現すと
御主おんしゅを強く絞めあげり しかれど彼はその時に
おのかいなの外側に 立ちし御主おんしゅを見つけたり






252

十九章 ヒラニヤークシャの帰融


tam mustibhir vinighnantam
vajra-sarair adhoksajah
karena karna-mule 'han
yatha tvastram marut-patih
19-25




驚愕したるダイティヤは 撲殺ぼくさつせんとたくらみて
ヴァジュラ(金剛杵)の如きこぶしにて  御主おんしゅいどみかかりたり
しかれども主はさながらに インドラ神がヴリトラを
たれし如くの耳を 平手(前足)で強くたれたり





sa ahato visva jita hy avajnaya
paribhramad-gatra udasta-locanah
visirna-bahv-anghri-siroruho 'patad
yatha nagendro lulito nabhasvata-
19-26




斯くのごとくに至上主に 打擲ちょうちゃくされしダイティヤの
身体たいはぐるぐる回転し 目は眼窩がんかより飛び出せり
手足は折れて髪乱れ 強風により倒されし
巨木のごとく地にどっと 落ちて悪魔は息絶えぬ





ksitau sayanam tam akuntha-varcasam
karala-damstram paridasta-dacchadam
ajadayo viksya sasamsur agata
aho imam ko nu labheta samsthitim
19-27




その場をいしブラフマーや 随行したる聖者等は
唇閉じてきば覆い 顔の輝き失わぬ 悪魔を眺め申されり
〈斯くのごとくに至上主に 融合したる死顔に
いまだ出会いしことはなし






253

十九章 ヒラニヤークシャの帰融


yam yogino yoga-samadhina raho
dhyayanti lingad asato mumuksaya
tasyaisa daitya-rsabhah padahato
mukham prapasyams tanum utsasarja ha
19-28




おのれ自身を束縛す くびきを解きてはなたんと
ヨーガ行者は隠遁いんとんし 主を瞑想し 沈思ちんしせり
しかるに彼は至上主の 御足みあしで打たることにより
主のかんばせを見詰めつつ その肉の身を脱ぎ捨てり





etau tau parsadav asya
sapad yatav asad-gatim
punah katipayaih sthanam
prapatsyete ha janmabhih
19-29




ヒラニヤークシャとその兄(ヒラニヤカシプ)
かつて聖者の呪詛により 悪魔種族におとされし
御主みすの愛さる侍者じしゃなりき 故に彼等はしかる後
再び御主みす御許おんもとに 戻りて来るは定かよ〉と





deva ucuh
namo namas te 'khila-yajna-tantave
sthitau grhitamala-sattva-murtaye
distya hato 'yam jagatam aruntudas
tvat-pada-bhaktya vayam isa nirvrtah
19-30





神々は斯く申されり
〈おお供儀の主よ かしこみて 御主おんしゅ帰命きみょう たてまつ
この世の維持を意図なされ 至純の姿 採らる主よ
世界を害し苦しめる この悪漢は今まさに
御主おんしゅによりてちゅうされり ああ有難き主の御業みわざ
蓮華の御足あし専注せんちゅうし 主を寿ことほぎて礼拝す〉」



254

十九章 ヒラニヤークシャの帰融


maitreya uvaca
evam hiranyaksam asahya-vikramam
sa sadayitva harir adi-sukarah
jagama lokam svam akhanditotsavam
samiditah puskara-vistaradibhih
19-31





マイトレーヤは述べられり
「原初の野猪とならる主は 強力無双ごうりきむそう 屈強くっきょう
ヒラニヤークシャを討ち取ると
ブラフマー神や神々が めてたたえてうたうなか
常世とこよさとの蓮の座に 粛然しゅくぜんとして帰えられり





maya yathanuktam avadi te hareh
krtavatarasya sumitra cestitam
yatha hiranyaksa udara-vikramo
maha-mrdhe kridanavan nirakrtah
19-32




親しく愛すヴィドゥラよ 化身なされし至上主が
蛮勇ばんゆうるう悪漢と 恐れられたるダイティヤを
赤子の腕をひねるかに いともたやすくちゅうされり
この御事績のあらましを 聴きしがままに伝えたり」





suta uvaca
iti kausaravakhyatam
asrutya bhagavat-katham
ksattanandam param lebhe
maha-bhagavato dvija
19-33





≪聖仙スータ語られる≫
マイトレーヤ聖者から 斯くのごとくに至上主の
聖なる事績 拝聴し 偉大な帰依者ヴィドゥラは
おおバラモン(シャウナカ)よ 最高の 喜悦きえつ 歓喜かんきに浸りたり





255

十九章 ヒラニヤークシャの帰融


anyesam punya-slokanam
uddama-yasasam satam
upasrutya bhaven modah
srivatsankasya kim punah
19-34




比類ひるいなき帰依者”との 名高き人の噂さえ
聴けば喜び沸き立つに して御胸みむねしるし(シュリーヴァッツァ)持つ
御主みすの事績の物語 喜ばぬ者 たらんや





yo gajendram jhasa-grastam
dhyayantam caranambujam
krosantinam karenunam
krcchrato 'mocayad drutam
19-35




水中に棲む大鰐おおわにに とらえられたる象王は
牝象めすぞう達が叫ぶなか 静かに御主みす御足おみあし
ひとつに想いたり 主はたちまちにこたえられ
彼の危急ききゅうを救われり





tam sukharadhyam rjubhir
ananya-saranair nrbhih
krtajnah ko na seveta
duraradhyam asadhubhih
19-36




主は 心より崇拝し どころとて献身す
帰依する者を愛される 斯様かよう御主みすに感謝せぬ
被造の者がこの界に りようはずは なかりけり








256

十九章 ヒラニヤークシャの帰融


yo vai hiranyaksa-vadham mahadbhutam
vikriditam karana-sukaratmanah
srnoti gayaty anumodate 'njasa
vimucyate brahma-vadhad api dvijah
19-37




海に沈みしこの地球 救わんために野猪の姿
お採りになりし至上主の まこと稀有けうなる物語
聴きて 謳いて 讃えれば 主は喜ばれ すみやかに
僧侶そうりょ(バラモン)殺しの罪さえも 罪科ざいかゆるめたもうなり





etan maha-punyam alam pavitram
dhanyam yasasyam padam ayur-asisam
pranendriyanam yudhi saurya-vardhanam
narayano 'nte gatir anga srnvatam
19-38




“聖クリシュナの神譚詩” この物語 聴く者は
富や名声 長命や すべての願望満たされて 大なる幸が与えらる
いくさの場では強健きょうけんで 豪胆ごうたんとなり勝利得ん
臨終りんじゅうの場で聴くならば おおシャウナカよ その者は
主の御足おみあしに避難所を 見出みだして安息あんそく 得らるらん



第十九章 終了









257